白髪染めトリートメントはアレルギー体質でも使えます!おすすめ商品3選を紹介

白髪染めトリートメント アレルギー

白髪染めによるアレルギーで苦しんでいる方は多くいらっしゃいますよね。

頭がヒリヒリして赤くかぶれたり、炎症したりとかなりの苦しみです。

かく言う私もその一人で、若い頃にヘアカラーの白髪染めで散々遊んでいたせいもあり、ジアミンアレルギーになってしまいました。

一度アレルギーになると使える白髪染めの種類は限られてしまい、自分に合った白髪染めを見つけるのも一苦労。

そこで今回は全国の白髪染めアレルギーに苦しむ方のため、アレルギー体質でも安心して使える白髪染めトリートメントの商品をご紹介していきます。

白髪染めトリートメントの特徴

白髪染めトリートメント アレルギー

白髪染めトリートメントは近年どんどん人気が出てきて、髪や頭皮に優しい白髪染めだということは何となく知っている方も多いのではないでしょうか。

そこで改めて白髪染めトリートメントがどんな特徴を持った白髪染めなのかをわかりやすくお伝えします。

ノンジアミンの白髪染め

白髪染めトリートメントが髪や頭皮に優しいと言われる大きな理由は、ジアミンが一切使われていないからです。

ジアミンとはヘアカラーに使われている成分で、短時間で染まりを良くする働きがあります。

しかしその一方で、とても強い刺激を持ち、かぶれなどのアレルギー反応を起こしやすい危険な成分でもあるんです。

このことから白髪染めトリートメントは安全を第一に考慮し、ジアミンを一切使わずに作られた白髪染めです。

無添加の白髪染め

白髪染めには先ほどのジアミンも含め、様々な添加物が配合されています。

そして刺激が強く体に害をなす成分はアレルギーを引き起こす可能性も高いんです。

しかし白髪染めトリートメントは、体に少しでも害を与える添加物は一切使わない無添加の白髪染めとなっています。

ですから肌が弱い人でも安心して使用出来るんです。

トリートメント効果を持った白髪染め

名前の通り、白髪染めトリートメントはトリートメントが含まれた白髪染めです。

そしてトリートメントの中には様々な効果を持った美髪成分が配合されています。

例えば髪に艶を出したり、ダメージ補修してサラサラな手触りにしたりと女性にとって嬉しい成分が豊富に配合された白髪染めなんですよ。

アレルギー体質でも安心!おすすめ白髪染めトリートメント3選

白髪染めトリートメント アレルギー

白髪染めトリートメントの特徴が分かったところで、さっそくアレルギー体質の人でも使えるオススメの商品を紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

髪や頭皮に優しい白髪染めの中でも特に安全性が高く、アレルギーの人にもおすすめなのが利尻ヘアカラートリートメントです。

成分を詳しくチェックしてみても、以下のようにアレルギーの元となる刺激の強い成分は一切使われていません。

  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 4級アミン不使用

ジアミン・タール・酸化剤が不使用というだけでも、多くのアレルギー体質の方が安全に使用することが出来ます。

また利尻では「シコン」「クチナシ」「ウコン」「アナトー」といった天然染料を使用しているので、髪や頭皮をいたわりながら染めてくれるんです。

そして利尻を語るうえで忘れられないのが、トリートメントに配合されている利尻昆布エキス「フコイダン」になります。

フコイダンというのは昆布の表面にあるネバネバを構成する成分であり、とても高い保水効果を持っているんです。

そのため、利尻を使えば使うほどフコイダンの力でどんどん潤いのある艶髪に仕上がります。

利尻を使ってみたレビュー

素手で使っても皮膚に異変はなく、続いて実際に髪に塗ってみてもアレルギー反応はありませんでした。

ちなみに私は極度の敏感肌なので白髪染めトリートメントでも質が悪いものだとヒリヒリするときがありますが、利尻は全然そんな感じはなかったです。

また染色力も問題なく、使い始めは2回で生え際までしっかり染まり、それ以降は2週間に1、2回の頻度で染められます。

白髪染めアレルギーに悩んでいる方はまず初めに利尻からトライしてみることを強くおすすめします!

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

ルプルプヘアカラートリートメントも、利尻と同じく安全性が高く染まりやすい人気の白髪染めトリートメントです。

成分を確認しても、アレルギーを引き起こしやすい危険な成分は使われていませんでした。

  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油

またルプルプは天然染料(チナシ、アイ、ベニバナ)や、天然植物油(ラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油)など多くの植物性成分を使って体に優しい作りとなっています。

そして一番の特徴はトリートメントに含まれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」で、フコイダンの持つ高い保水効果によって艶のある指通りのいい髪にしてくれるんです。

ルプルプを使ってみたレビュー

ルプルプは素手でも使えると使用書に書かれていたので、素手で使ってみることにしました。

確かに安全面では敏感肌の私でも素手で問題なく使えましたが、ちょっと問題発生。

爪の間の染料が落ちない・・・

まぁそれだけルプルプは染まりが強いということでしょう。

ですが使う際は手袋をしたほうがいいですね。ちなみに手袋は無料で付いてきます。

肝心の髪に使ってみた結果ですが、ヒリヒリ感はまったくなし!

それどころか使うほど髪がサラサラになっていき、大満足の使用感でした。

第3位 マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

★★★★☆
主な成分
水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキス、HC染料、塩基性染料など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

女性向け育毛剤で有名なマイナチュレから2018年3月に発売された注目の白髪染めが、マイナチュレ オールインワン カラートリートメントです。

成分を見ても、安全性はしっかり確認できました。

  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • パラベンフリー
  • シリコンフリー
  • 無鉱物油
  • 合成香料不使用
  • 紫外線吸収剤フリー
  • サルフェートフリー

マイナチュレは、オールインワンとあるように何とこれ1本で「白髪ケア」「スカルプケア」「ヘアケア」「エイジングケア」の4つの効果を得ることが出来ちゃいます。

つまりマイナチュレで白髪を染めるだけで、傷んだ髪が修復され、頭皮環境が良くなり、年齢のお悩みまで解決してくれるんです。

ちなみにこのようなオールインワンの白髪染めは業界初となります。

マイナチュレを使ってみたレビュー

まだ発売されて日が浅い商品なので若干の不安はありましたが、使ってみてその不安は一掃されました。

頭皮トラブルは一切なく、使い心地も髪の指通りがなめらかで気分よく染められました。

そして染めた後のスッキリ感が確かに感じられ、スカルプケア効果も実感出来ました。

頭皮の荒れが気になる方にマイナチュレは是非おすすめです。

アレルギーの人のための白髪染めトリートメントの選び方

白髪染めトリートメント アレルギー 選び方

白髪染めトリートメントは、基本的にアレルギー体質の人でも使える髪や頭皮に優しい商品ばかりですが、それでもアレルギーが出てしまう場合があります。

そんな人は以下の3つを意識して白髪染めトリートメントを選んでみるといいですよ。

アレルギー成分を含んでいないか要チェック!

一番手っ取り早いのは、自分のアレルギー原因となる成分が入っていないかどうか成分表を見てチェックすることです。

例えばジアミンアレルギーと医師に診断されているのであれば、ジアミンが含まれていない白髪染めトリートメントなら安心ということになります。

またアレルギー体質の人の中には植物がアレルギーとなる場合もあるので、白髪染めトリートメントでも頻繁にヒリヒリする人は、一度病院の診断を受けることをおすすめします。

主なアレルギー成分

  • パラフェニレンジアミン(要注意)
  • パラアミノフェノール
  • パラベン
  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
  • インディゴ

ダメージケア成分が入っているか

今までアレルギー反応を起こしてきた人の髪や頭皮はボロボロに傷んでいるので、そのまま放置しているとどんどん症状が悪化してしまいます。

それを防ぐために、白髪染めトリートメントを選ぶ際はダメージケア成分が配合された商品を選ぶといいですよ。

特に保水効果を持った成分がダメージケアにはおすすめで、今回紹介した中では高い保水効果を持ったフコイダンを配合している利尻が一押しになります。

PH10以下の白髪染めを選ぶ

白髪染めトリートメントは酸性とアルカリ性の割合を示すPHで染まりやすさや傷みやすさが変わります。

具多的にはPHが高いほど染まりやすく、そして傷みやすい白髪染めとなるんです。そしてアレルギー体質の人でも安心して使える目安がPH10以下の白髪染めトリートメントになります。

ちなみに利尻のPHは7で染まりやすく、傷まない絶妙なバランスが取られているんです。

これこそが利尻が安全で染まりやすい人気の秘訣となります。

まとめ

一度白髪染めでアレルギーを起こしてしまった人は、本当に白髪染め選びに苦労しますよね。

しかし私のように自分に合ったベストな白髪染めトリートメントを見つけることが出来れば、もう白髪染めで苦労することはありません。

髪や頭皮の痛みを気にすることなく、自宅で手軽に気分よく白髪を染められるようになるんです。

また、もしどの白髪染めトリートメントにしようかお悩みの方はより安全性の高い利尻をおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です