白髪染めって妊娠した時でも使えるの?どうしても気になった白髪の対処法とは

20代前半から気になり始めた白髪。

鏡を見るたびに老けたな…と、ちまちまと白髪染めを始め、そろそろアラサーかー、なんて思っていた時に妊娠が発覚!

その時は夫と二人で泣くほど喜んだけど…ふと鏡に映った自分を見たら、白髪がキラ浮きして目立っていた!

無性に白髪を染めたくなったけど、危ない成分も入っているみたいだし、胎児にも影響が出てしまうかも…って思うと、染めたくても染められない。

かといって、白髪を放置しておくとストレスで白髪が増えたようにも見られるし、マタニティフォトを撮って赤ちゃんの成長を記録に残しておく、なんてことも恥ずかしくてできない!

何なら出産するときに、周りから『高齢出産?』なんて思われるのも嫌!

…そんな悩みを抱えている人に向けて今回は、同じような悩みを抱えていたプレママさんが実践していた白髪対策を紹介しつつ、おすすめの白髪染めを紹介していこうと思います。

一緒に妊娠中もキレイな髪色をキープして、年相応の母親の姿で赤ちゃんを迎え入れる準備をしていきましょう。

>>妊婦さんイチ押しの白髪染めを見てみる

妊娠中のママさんが実践している白髪染めって何?

「大事な赤ちゃんが自分のおなかに…」

そう思うと、どんなものに対しても赤ちゃんの健康が第一。

添加物や成分に危険なものが使われていないか気になるし、できることなら危ないものは使いたくない!と思う方も多いですよね。

その中でも白髪染めは特に、「赤ちゃんに悪影響を与えそうな成分」がとにかくてんこ盛り。できれば使いたくはないものではありますが、高齢出産・老けて見られる象徴の白髪も何とかしたい…

そんなときに、妊娠を経験した人はどのようにして乗り越えていたか、ちょっと気になりますよね。

まずは実際に、プレママさんが実践していた白髪対策を見てみましょう。

プレママさんが実践していた白髪染め対策って何!?

34歳・妊娠中期

20代後半から市販の白髪染めを使っていたんですが、妊娠中の現在は全てヘアマスカラで対応しています。

カラー剤って結構ジアミンもそうだし、なんか危ない成分とか入ってそうじゃないですか。

でもかなり白髪があるので…ってことで、付ける時間も短くて危険な成分も入っていないモノを探して使っています。

28歳・産後

元々白髪がまとまって生えてくるので、定期的に白髪染めを使っていたんですが、流石に妊娠が分かった時は使おうとは思えませんでしたね。

でも、マタニティフォトを撮って思い出も残したいし、毎月の健診に行くたびに、周りから高齢出産って見られているんじゃないかって思って、ヘアカラートリートメントを利用していました。

確かに色落ちは早いけど、そこまで家から出る方でもないし、出かける前の日にサッと塗っておけばいいから安心して使うことが出来ましたね。

37歳・妊娠初期

不妊治療を乗り越え、やっとの思いで妊娠することが出来たのに、わざわざ危ない成分がたくさん入っている白髪染めを使うってことが考えられない。

正直夫には申し訳ないけど、お医者さんもリスクを考えるなら辞めた方が良いって言ってくれたし、自分の見た目より赤ちゃんの方が大事なので、わざわざ悪影響になりそうな白髪染めをする必要はないかなって思って、何もしていません。

30歳・妊娠後期

妊娠が分かったからといって、特に白髪対策は変わりませんでした。

というのも、市販の白髪染めだとかぶれてしまうんですよ、私。だから元々ジアミン不使用の白髪染めトリートメントを使っていたんです。

出産まであとわずかですが、出産のときに高齢出産だと思われたくないので、ちょこちょこ使って染める生活をしていますよ

27歳・妊娠中期

対策という対策はしてないですね。普通に染めています。

ただ、お医者さんから妊娠初期は染めること自体避け、安定期に入ったら染めること。ただし市販の毛染めは安定期に入ってもNGって言われていたので、美容院に行って、ノンジアミンカラーや漢方カラーで染めるようにしたのが対策といえば対策ですね。

妊娠中の白髪染め対策はヘアカラートリートメントがベスト

こうして見てみると、妊娠中の白髪染め対策は低刺激で危険な成分が使われていない、「ヘアカラートリートメント」や「ヘアマスカラ」を利用していることが分かりますね。

その中でも特に人気なのが、ジアミンやパラベンなどの、強力な染料や成分を使用していない商品。

おなかの赤ちゃんのことを考えつつ、白髪を徐々に染めていくことで、自然な仕上がりを実現しているようです。

また、その一方で特に気にせず白髪を染めるという声も、意外に多いことが分かります。

ただ、プレママさんの中には「かぶれるようになった」、「体調を崩しつわりもひどくなった」といった意見も見られました。

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、お肌も敏感になる時期。

つまり、刺激の強いカラー剤でかぶれる危険性が高くなってしまうワケです。

そう考えると、どうしても白髪が気になる、周りの人に老けて見られたくない!なんて思う人は、低刺激で扱いやすいヘアカラートリートメントやヘアマスカラを利用した方がベスト、そう言えるのではないでしょうか。

妊娠したらコレ!オススメの白髪染めを見てみよう!

妊娠中でも白髪が気になるけど、赤ちゃんに与える影響のことを考えると使いたくても使えない。

そんな方でも安心して使える、ヘアカラートリートメントやヘアマスカラですが、「おすすめのヘアカラートリートメントを知りたい!」そう感じた方も多いはず。

そこでここからは、妊娠中でも安心・安全に髪を染めることができ、その上髪質も良くしてくれる『利尻ヘアカラートリートメント』を紹介していこうと思います。

妊娠が分かったけど、同時に目立つ白髪が気になってしょうがない方は、一度試してみてはどうでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

27歳・産後
★★★★★ 5

元々白髪が多い方だとは思っていたんですが、妊娠中期頃から爆発的に白髪が出てきて、健診のたびに周りの目線が気になりストレスだったんです。

そんな自分を見て旦那が買ってきてくれたのが、こちらの商品でした。

カラー剤の独特なツンとしたニオイもなく、お風呂に入る前にサッと塗るだけで、しっかり染まる♪

おかげでストレスフリーで出産し、元気な赤ちゃんを産むことが出来ました!

それに美容成分がたくさん入っているから、髪質もかなり良くなったのもうれしかったです。

31歳・妊娠中期
★★★★★ 5

カラー剤は危ない成分がたくさん入っているから…って思って、一度も白髪染めを使えず。

おかげで一時期もの凄く白髪が増え、鏡を見るたびに悲しくなっていた時に、ジアミン系の成分が入っていないこちらの商品を見かけて、買ったんですがかなり良いです!

赤ちゃんに影響を与える成分が入っていないから、お風呂前にサッと気軽に使えるし、染まり具合も大満足。

個人的にはかなり気に入ったので、これからも愛用していこうと思います。

35歳・妊娠後期
★★★★☆ 4

30を過ぎてからちらほらと白髪が出始め、現在では2週に1回白髪を染めていた時に妊娠が分かったんですが、今まで怖くて白髪染め出来なかったんです。

その時に利尻ヘアカラートリートメントのことを知って使ってみたんですが、かなり良いです!

白髪もしっかり染まってくれるし、保湿成分が配合されているから髪質が使うたびに良くなるんですよね。

ちょっと色落ちが早いのは気になりますが、赤ちゃんに悪い影響を与える成分も入っていないので、妊娠10週目くらいの時から愛用させてもらっています。

30歳・産後
★★★☆☆ 3

10代の頃から若白髪に悩まされ、ちょこちょこと白髪染めをしてたんですが、妊娠が発覚した時に染めたくても染めれないなって思って放置。

そしたら、全体的にかなり白髪が目立ち…流石に出産するときにキレイで居ようと思い、危険な成分が少なくて安心できるこちらの商品を使い始めたんです。

染まり具合や使い勝手の良さは満足できるんですが、結構早く色落ちするんで、ロングヘアの私が使うと少々コスパが悪い気が…。

そう思ってしまったので、妊娠中は使っていたんですが、今では使うのを辞めてしまっています。

29歳・妊娠中期
★★☆☆☆ 2

若いころから白髪が多く、ここ2、3年は白髪染めで髪を染めていたんですが、そろそろ染めなきゃな~って思っていた時に、妊娠が発覚。

その時に利尻ヘアカラートリートメントのことを知って、赤ちゃんのためにも安全なものを…と考えて購入したんです。

でも、やっぱりカラー剤みたいにきちんと染まることはなかったし、3日くらいで色落ちしちゃったのもあって、1週間に何回も染めるのも面倒だなと思って使わなくなってしまいました。

今は、外出するときは帽子をかぶってごまかしています。

26歳・妊娠後期
★☆☆☆☆ 1

妊娠してから一気に白髪が生えるようになったんですが、赤ちゃんにも悪そうだしなって思って染めるに染められず。

そんなときに、ネットで利尻ヘアカラートリートメントのことを知って、安全そうだし使ってみよう…と思って妊娠中期に買ってみたんですが…正直失敗。

染料は低刺激って言っていたのにかぶれちゃったし、美髪成分が入っているからよくなるはずなのに、髪はパサパサ。

正直、買ったことを後悔しました。

口コミから見てわかる、利尻の魅力とおすすめポイント

利尻ヘアカラーの口コミを見てみると、妊娠中でも安心してしっかり染めることが出来たという意見もあれば、反対に全く染まらなかった・かぶれたといった意見もあり、評価は両極端に分かれていることが分かりますね。

そこで成分を詳しく見てみると、利尻ヘアカラートリートメントに含まれている染料は自然由来の天然色素に加えて、低刺激の化学染料を使っているんですよね…。

そのため、ホルモンバランスが乱れてしまう妊娠中の、特に敏感肌の方が使うことでかぶれを引き起こしてしまうことが考えられますが、使われている染料はジアミンよりもかなり低刺激。

その上、ジアミンやパラベン、酸化剤といった気になる成分が無添加なのもポイント。

口コミであるようなかぶれを引き起こすことは、ほとんどないと考えてもいいでしょう。

また、利尻ヘアカラートリートメントは強力な染料を利用していないため、市販のカラー剤と比べて色落ちはどうしても落ちてしまいますが、天然の美髪成分が28種類も配合しているので、色落ちしたと思ったときに使うたびに上質な髪質に仕上げることが出来るんです。

そう考えると利尻ヘアカラートリートメントは、妊娠中でも安心して使うことができ、何かとストレスが溜まりがちな辛い時期を乗り越える一つのアイテムとしてオススメできるもの言えるのではないでしょうか。

妊娠中に白髪染め出来てよかった?実際に使ってみた人に聞いてみた!

さて、ここまででプレママさんが実際に試した妊娠中の白髪対策から、おすすめの白髪染めまでを紹介してきましたが、「早速使ってみよう!」と思った方もいれば、まだちょっと自分が使って後悔しないか不安…と考えている人もいるはず。

そこで最後に、妊娠中から利尻ヘアカラートリートメントを使い始め、出産後の現在も愛用しているママさんに実際にインタビューしてきた内容を紹介しちゃいます!

利尻ヘアカラートリートメントを使い始めたタイミングはいつ?

安定期に入ってからですね。

私は24の時に結婚したんですが、実は10代の頃から遺伝なのか、月に1回白髪染めをしないといけないくらい白髪がありました。

だから、28歳の時に妊娠が発覚した時は泣くほど喜んだけど、2日くらい経った後にふと鏡を見て、実際の年齢よりもかなり老けて見えてショックを受けたんです。

実際に健診へ行ったとき、周りからジロジロ見られてる気がして辛かったし、夫もストレスから白髪が増えたと思われたから、正直「かなり染めたい!」って思っていました。

でも、市販のカラー剤って危険な成分が使われているし、万が一おなかの子供に影響が出たら…って思って染めたくでも染められず…

ここだけの話、つわりもひどかったしかなりイライラしていたと思います。

そんな妊娠初期の頃を見ていたからか、旦那が買ってきてくれたのが、利尻ヘアカラートリートメントでした。

私もネットを見てた時に気になってて、安全そうだからっと思って使い始めたんですよね。

妊娠中に使ってみて、どんな変化がありましたか?

まず感じたのが、やっぱり使いやすさ。

お風呂に入る前にサッと塗って、テレビを見たり家事をしたりしていても、液だれしないし頭皮がひりつくこともなかったんです。

しかも染まり具合もかなり良くて、気になっていた白髪も使うたびに自然に仕上がってくれるから、鏡を見ても落ち込むことがなくなりましたし、外出してもジロジロ見られる感じがなくなってかなり気が楽になりました。

そのおかげで、今まで膨らんでいくおなかだけ撮っていたマタニティフォトも、夫と二人で笑いながらの写真になりましたし、出産まで割とストレスフリーで過ごしていくことが出来ましたよ(笑)

最後に…利尻ヘアカラートリートメントを使ってよかったですか?

私は良かったかな。

だって、カラー剤ってそもそもパッケージを見ても「妊婦のご使用はお控えください」って書かれているし、ネットでも危険だから使わないで!って言っていることが多いじゃないですか。

だから、白髪って妊娠中にケアしたくでもできない…って感じる人が多いと思います。

妊娠中ってただでさえつわりとか、貧血とかで体調を崩すことが多くて、本当に元気な赤ちゃんを産めるんだろうかって不安になることも多いです。

その時に、さらに鏡に映る自分が老けて見えると、余計に落ち込んでストレスに感じちゃいますよね。

でも、利尻ヘアカラートリートメントだと、低刺激な染料が使われていたり、天然成分をたくさん使っていたりでカラー剤の中でも安全だから、安心して白髪を染めることが出来て、気持ち的に楽になると思うんです。

私は出産した後も愛用させてもらっているんですが、子供の世話をしている合間にサッと塗ることが出来て、年相応の母親として過ごすことが出来ています。

子供と一緒に外出したときも、孫と間違われることもないですし(笑)

あの時利尻ヘアカラートリートメントを使い始めてなかったら、たぶん出産後も落ち込んだりイライラしたりして、家の中がかなり険悪になっていたと思うんです。

そう考えると、あの時利尻ヘアカラートリートメントを使い始めたことは、あながち間違いではなかったかなって思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

妊娠中はつわりや貧血など、体調を何かと崩してしまったり、元気な赤ちゃんを産むことが出来るのか不安になってしまったりと、体調も心も不安定になってしまう時期。

そんなときに、白髪交じりの髪色になってしまうと、余計に気持ちも落ち込んでしまいますよね。

だからこそ、キレイな髪色を保つことも、妊娠中にやっておきたい心の安定剤の一つになってくれると言えるんです。

何かと写真を撮る機会が増える妊娠中の今だからこそ、赤ちゃんに影響が少なく、低刺激で安全な「ヘアカラートリートメント」や「ヘアマスカラ」を、白髪対策として使ってみてはいかがでしょうか。

その中でも、利尻ヘアカラートリートメントはおすすめですよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です