白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの違いは?どっちが良いの?

「ヘアカラーの白髪染めは髪が痛むからできるだけ使いたくない」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

ヘアカラーの白髪染めはキューティクルを無理やり壊して色素を入れるため、髪や頭皮にとても大きなダメージを与えます。

そんな人達にオススメできるのが、白髪染めトリートメントとヘアマニキュアです。

この2つは髪の表面に色素を付着させることで髪を染めるので、ヘアカラーのように髪を痛めずに白髪を染めることができます。

では、白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの違いにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回はみなさんが白髪染めで迷わないように、白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの違いについてご紹介していこうと思います。

白髪染めトリートメントってどんな商品?

白髪染めトリートメント 特徴

まず初めに、白髪染めトリートメントとはどういうものなのか、3つの特徴をご紹介していきます。

自然な髪色に仕上げられる

白髪染めトリートメントの1つ目の特徴は“自然な髪色に仕上げられる”というところです。

ヘアカラーの白髪染めって発色が強い分、どうしても不自然な仕上がりになってしまうのがデメリットです。

ヘアカラーを使った後の、いかにも「白髪染めをしてきました!」という仕上がりがイヤな方も多いのではないでしょうか?

しかし白髪染めトリートメントは、使い続けることで髪の表面に徐々に染料を付着させていく商品ですので、急に髪色が真っ黒になったり明るくなったりする心配なく白髪染めを行うことができます。

天然の染料で白髪を染めている

白髪染めトリートメントは安全に白髪染めを行っていただくために、天然の染料を使用しています。

白髪染めトリートメントで使用している主な天然の染料には以下のものがあります。

白髪染めトリートメントで使用している主な天然の染料

・アナトー

・クチナシ

・シコンエキス

・ウコンエキス

・ベニバナ

・藍

白髪染めトリートメントではこれらの天然の染料を配合することで、安全性を確保しただけでなく、しっかりと白髪を染めることもできるようになりました。

手軽に白髪染めができる

白髪染めってなんだか面倒くさいイメージがありますよね。

白髪染めトリートメントでは、そんな白髪染めの“手間”までをも省くことができるんです。

なぜなら、白髪染めトリートメントは、普段みなさんがお風呂で使っているトリートメントの代わりとして使うだけで白髪染めができちゃうから!

放置する時間も約10分程度ですので、お風呂に浸かっているだけであっという間にキレイな黒髪に仕上がりますよ。

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアって何が違うの?

白髪染めトリートメント ヘアマニキュア 違い

では白髪染めトリートメントとヘアマニキュアはどう違うのでしょうか?

2つの商品の異なるポイントを比べてみました!

 

ヘアマニキュア

白髪染めトリートメント

 

染料

タール系色素

天然の染料

トリートメント効果

なし

あり

色持ち

3週間程度

2週間程度

地肌への優しさ

髪への優しさ

安全な染料を使っているか

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの大きな違いと言えば“安全な染料”をつかっているかどうかです。

上記でもご説明してきましたが、白髪染めトリートメントでは天然の染料を使用しています。

一方、ヘアマニキュアで使用している染料は“タール系色素”と呼ばれるもの!

タール系色素というのは石油から抽出された染料のことで、シミの原因になったり発がんの危険性を伴ったりする、みなさんの体にはとても害のある成分です。

ですので、できるだけ安全に白髪を染めたい方でしたら、白髪染めトリートメントが有効と言えるでしょう。

どのぐらい色持ちがするか

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアには“色持ち”の違いもあります。

お互いの一般的な色持ちの長さを比べてみると

・白髪染めトリートメント⇒2週間程度

・ヘアマニキュア⇒3週間程度

と1週間ほどの差があります。

つまり色持ちの観点から見てみると、少しだけヘアマニキュアの方が勝っていると言えますね。

トリートメント効果を得られるか

白髪染めトリートメントのメリットは、白髪染めをしながらトリートメント効果をも得られるところにあります。

白髪染めトリートメントによく配合されているトリートメント成分は、以下のようなものです。

白髪染めトリートメントに配合されているトリートメント成分

・フコイダン

・ローヤルゼリーエキス

・アルギン酸

・アルテア根エキス

・アルニカ花エキス

・加水分解ケラチン

・加水分解シルク

・ミツロウ

・キトサン

・ステアリン酸グリセリル

・ミリスチン酸

・グルタミン酸

白髪染めトリートメントではこれらの成分が配合されていますので、使えば使うほどツヤのあるキレイな髪質を手に入れることができます。

一方でヘアマニキュアは白髪染めのことのみを考えて作られた商品ですので、一切トリートメント効果を得られることができません。

せっかく白髪染めを行っても、髪がぼさぼさになってしまったら逆効果ですので、トリートメント成分が配合されているかどうかはとっても大切なポイントと言えるでしょう。

白髪染めトリートメントはこんな人にオススメ

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアを比べてみて、白髪染めトリートメントはどんな人にオススメできる商品なのか、ご紹介していきます!

白髪染めトリートメントがオススメできる人

・これまでにヘアカラーで肌荒れを起こしたことがある人

・髪の痛みが気になる人

・妊娠中・授乳中の人

・薄毛や抜け毛を気にしている人

白髪染めトリートメントは上記のような方にオススメすることができます。

これまでの内容を見てもわかる通り、白髪染めトリートメントは髪や地肌に優しく、身体にも安全な商品です。

上記の方以外でも、できるだけ刺激のない成分の商品を使いたい方や、ツンとしたニオイがイヤな方でしたらぜひ白髪染めトリートメントのご使用をオススメしますよ!

私のオススメする白髪染めトリートメントランキング!

白髪染めトリートメント オススメ ランキング 

白髪染めトリートメントがとっても優れている商品だとわかったところで、私のオススメする白髪染めトリートメンをトランキング形式でご紹介していきます!

各商品にどんなトリートメント成分が配合されているのかも記載しましたので、一緒に見ていきましょう。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

私が一番にオススメする商品が“利尻ヘアカラートリートメント”!

この商品は利尻産昆布に含まれている“フコイダン”という成分に着目して作られた製品で、その安全性から今話題沸騰中の白髪染めトリートメントです。

このフコイダンという成分は、髪にハリやコシを与えてくれる成分のことで、強い粘り気により髪や地肌を優しく守ってくれます。

利尻ヘアカラートリートメントは総売上本数1,800万本をも記録していますので、間違いなく白髪染めトリートメント界ナンバーワンの商品と言えるでしょう。

利尻のトリートメント成分を確認

利尻に配合されているトリートメント成分は以下の通りです。

利尻に配合されているトリートメント成分

・フコイダン

・ミツロウ

・アルニカ

・アルギン酸

・ミネラル

・グルタミン

・加水分解ケラチン

・加水分解シルク

これらの表をみてもわかる通り、利尻にはトリートメント成分が豊富に配合されていますので、使えば使うほどキレイな髪になること間違いありません!

まだ白髪染めトリートメントを使ったことがない方や、どの商品しようか迷っている方でしたら利尻ヘアカラートリートメントは1番にオススメしたい商品ですよ。

【第2位】ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

オススメの白髪染めトリートメントランキング第2位の商品は“ルプルプヘアカラートリートメント”です。

ルプルプは一切添加物を使っていない商品ですので、敏感肌の方にでも安心して白髪染めを行っていただくことができます。

またこの商品は、香りが良いというのもポイント!

ヘアカラー特有のツンとしたニオイがなく、ほのかにラベンダーの香りがしますので、楽しみながら白髪染めを行うことができます。

ルプルプのトリートメント成分を確認

ルプルプのトリートメント成分を見ていきましょう。

ルプルプに配合されている美髪成分

・ガゴメエキス(フコイダン)

・アルギン酸

・キトサン

・セルロース

・ステアリン酸グリセリル

・グルタミン酸

ルプルプにも利尻と大差がないぐらいトリートメント成分が配合されていますね!

ルプルプの公式サイトを見てみると全体の成分の94%はトリートメント成分からできているそう!

多少、染毛力では利尻に劣る部分がありますが、美容と白髪染めを一緒に行い方でしたらぜひ使っていただきたい商品です。

【第3位】マイナチュレオールインワンカラートリートメント

★★★★☆
主な成分
水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキス、HC染料、塩基性染料など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

最後にご紹介する商品が、マイナチュレオールインワンカラートリートメントです。

この商品は名前の通り“オールインワン”の商品で

・白髪ケア

・スカルプケア

・ヘアケア

・エイジングケア

がすべて1本で行えちゃいます。

通常価格が3,980円+送料750円と比較的高めに設定されていますが、その分良質な成分が豊富に配合されているということですので、美容に関心のあるママさんなんかにはオススメできる商品ですよ

マイナチュレの安全性を確認してみました

マイナチュレには害のある成分が配合されていないのか、見ていきましょう。

・ジアミン不使用

・タール系色素不使用

・過酸化水素水不使用

・香料不使用

・シリコン不使用

・鉱物油不使用

・パラベン(防腐剤)不使用

惜しくも白髪染めトリートメントランキング第3位になってしまったマイナチュレオールインワンカラートリートメントですが、実力はしっかりとしたものがあります。

マイナチュレの最大の特徴はオールインワン商品であるというところで、白髪ケア・スカルプケア・ヘアケア・エイジングケアがすべて1本でできちゃうところ!

パッケージも可愛く持ち運びも便利ですので、まさに女性の味方と言える商品でしょう。

マイナチュレのトリートメント成分を確認

マイナチュレに配合されている美髪成分

・ウコン根茎

・アシタバ葉

・ローズマリー

・アルテア根

・アルガンオイル

・ホホバオイル

・アルニカ花

・オドリコソウ花

・カミツレ花

さすがオールインワン商品というだけあって、トリートメント成分は抜群に多いですね!

単純にトリートメント成分の配合量だけで見てみると、白髪染めトリートメント界でもトップクラスの量じゃないでしょうか。

値段が少し高めの3,980円+送料750円という設定ですが、その分良質な商品になっていますので、白髪染めとお肌のケアをしたい方には特におすすめしたい商品ですよ。

まとめ

今回は、白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの違いについてご紹介してきました。

白髪染めって種類がいっぱいあって、どれが自分にあった染め方なのか迷ってしまいますよね。

これまでの記事でもご紹介してきたように白髪染めトリートメントはヘアマニキュアよりも安全で、髪や地肌をも守ってくれる商品です。

各商品の詳細については公式サイトでもっと詳しく見ることができるので、興味を持った方でしたらぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です