白髪染めトリートメントなら経皮毒の心配なし!白髪染めと経皮毒の関係性

白髪染めトリートメント 経皮毒

「白髪染めは体に良くない」という話を一度は聞いたことがあるはずです。

でも具体的に何がどう良くないのか。その答えの一つが「経皮毒」になります。

そこでこれから経皮毒がなんなのかわかりやすくお伝えしたうえで、その経皮毒から逃れて安心して白髪染めを染められる「白髪染めトリートメント」についてもご紹介していきましょう。

白髪染めによる経皮毒って何?

白髪染めトリートメント 経皮毒

まずは白髪染めによる経皮毒とはなんなのかをわかりやすく紹介していきます。

頭皮や皮膚から有害成分が体内に蓄積すること

経皮毒とは簡単に言うと白髪染めに含まれる有害成分が頭皮や皮膚から体内に浸透し、それがどんどん蓄積することでやがて健康被害を引き起こすことを指します。

具体的に経皮毒で引き起こされる健康被害は「ガン」「内臓障害」「再生不良貧血」など恐ろしいものばかりです。

主にヘアカラーに含まれるジアミンなどが該当する

次に白髪染めに含まれる経皮毒とされる有害成分はどんなものがあるのか見ていきましょう。

主に市販の安いヘアカラーの白髪染めに含まれている成分が体に悪いとされ、有名な有害成分として以下のものが挙げられます。

  • パラフェニレンジアミン(ジアミン系)
  • パラアミノフェノール
  • レゾルシン

特にジアミンは染色力を上げるためにほぼ全てのヘアカラーの白髪染めに含まれているので、経皮毒を防ぐならヘアカラーは絶対に避けるべき白髪染めなんです。

経皮毒はデマという噂もあるが・・・

経皮毒の危険性を述べてきたわけですが、実は経皮毒はデマだという話もあります。

というのもそもそも経皮毒という学術用語は存在せず、ある学者が提唱して広まっただけで科学的根拠はまだ認められていないんです。

しかし、だからといって安心できるものでは決してありません!

白髪染めに含まれる有害成分は頭皮や皮膚に触れるだけで、ときにかぶれや炎症などのアレルギー反応を起こします。

つまり白髪染めに含まれる有害成分が体に悪いのは紛れもない事実であることには変わりないのです。

また金属アレルギーなど実際に皮膚を経由した健康被害は実在するので、経皮毒の存在も0とは言えないでしょう。

ボタン

ヘアマニキュアでも経皮毒の可能性がある

白髪染めトリートメント 経皮毒 ヘアマニキュア

経皮毒の噂の真偽はさておき、白髪染めが危険な成分を含んでいることには変わりない以上、私たちはより安全な白髪染めを選ぶ必要があります。

その中の選択肢としてヘアマニキュアが挙げられますが、ヘアマニキュアにはある問題点があるんです。

ヘアマニキュアはタール色素を使っている

良くヘアマニキュアは頭皮や髪に安全な白髪染めだとインターネット上でも宣伝されていることがあります。

確かに有害成分のオンパレードのヘアカラーに比べると、ヘアマニキュアは脱色を行わずに低刺激の成分のみで安全性の高い白髪染めと言えるでしょう。

ただしヘアマニキュアには一つだけ欠点があり、それが染料に使われているタール色素です。

タール色素は海外では使用を規制されていることもあり、発がん性のある成分でもあります。

そのためいかに少量とはいえ、このさき幾度もヘアマニキュアを使っていれば経皮毒として体内に蓄積していく可能性は0とは言えないのです。

ボタン

白髪染めトリートメントなら経皮毒の心配なし!

白髪染めトリートメント 経皮毒 

ヘアカラーもダメ、ヘアマニキュアもダメ。では、どの白髪染めなら安全に白髪染めを行うことが出来るのか。

それが「白髪染めトリートメント」になります。

脱色を行わないで髪を優しく染める

白髪染めトリートメントはヘアカラーと違って脱色を行わずに髪の表面をコーティングすることで白髪を染めます。

ですから髪を保護するキューティクルを傷めることなく、ノーダメージで飲めることが出来るのです。

低刺激の成分のみで頭皮を傷めない

ヘアカラーにもヘアマニキュアにも含まれていた有害成分ですが、白髪染めトリートメントは刺激のある成分は一切使われていません。

だからこそ毎日のトリートメントとして安全に使うことが出来、経皮毒の心配もないのです。

トリートメント成分でダメージケアもしてくれる

白髪染めトリートメントの最大のメリットは安全性にあらず。安全なのはもはや当たり前であり、より優秀な白髪染めトリートメントはトリートメント効果にこだわりを持っています。

特に保水効果を持った様々な成分を配合することで、ヘアカラーなどで傷んだ髪に潤いを与えて、ダメージを補修してくれるんです。

安全に染められる!おすすめの白髪染めトリートメントはコレ

白髪染めトリートメント 経皮毒 おすすめ

最後に私が実際に使ってみた白髪染めトリートメントの中で特におすすめの商品を紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

利尻は白髪染めトリートメントの中でも特に高い安全性と染色力、そしてトリートメント効果を持ち、一番売れている白髪染め商品をなっています。

まずどれくらい安全性が高いのか成分表を確認してみました。

その結果が以下の通りです。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 4級アミン不使用
  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 酸化剤不使用

このように利尻では体に害を及ぼすような危険な成分は一切使わずに、髪や頭皮に優しい成分のみで作られています。

更に利尻は高い安全性に加えて、様々な美髪効果を持った成分がトリートメントに配合されているんです。

特に注目なのが利尻昆布エキス「フコイダン」と呼ばれる高い保水効果を持った天然成分で、傷んだ髪に潤いを与えてダメージを補修し、さらに艶のある美しい髪にしてくれます。

髪や頭皮を傷めることなく白髪を染めれるのはもちろん。トリートメント効果によって髪をキレイな状態にすることができる満足の1本です。

興味を持った方はぜひ利尻ヘアカラートリートメントをお試しください!

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,834円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

ルプルプも今、とっても人気のある白髪染めトリートメントで高い安全性と染まりやすさを兼ね備えています。

無添加・ノンジアミン・タール色素不使用なのはもちろんの事、多くの天然植物性の成分を使うことで体に優しく白髪を染めてくれるんです。

またトリートメントに含まれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」が傷んだ髪を補修して、艶のある若々しいサラサラヘアーにしてくれますよ。

第3位 マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

★★★★☆
主な成分
HC染料、塩基性染料、水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキスなど
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

女性向け育毛剤で人気のマイナチュレシリーズから最近(2018年3月)発売されたのが「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」です。

マイナチュレは白髪染め業界初の「白髪ケア」「スカルプケア」「ヘアケア」「エイジングケア」の4つの効果を同時に得られる白髪染めで、発売すぐに品切れになるほどの人気があります。

また安全性もとっても高く、以下のような体に害を与えるような成分は一切使わずに作られているんです。

  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • パラベンフリー
  • シリコンフリー
  • 無鉱物油
  • 合成香料不使用
  • 紫外線吸収剤フリー
  • サルフェートフリー

より安全に、そして髪や頭皮の悩みを一度に解決したい人にぜひおすすめの白髪染めトリートメントです。

まとめ

白髪染めで経皮毒になるという噂は今でも流れています。しかしそれがデマであれ、真実であれ白髪染めが体に害を及ぼす可能性があるのは紛れもない事実です。

そしてすべての白髪染めが危険なのではなく、白髪染めトリートメントのように安全に美しく髪を染めてくれる白髪染めだってあります。

健康でいつまでも美しい見た目を保ちたいのであれば、体に害をなすヘアカラーでなく白髪染めトリートメントをぜひともおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です