白髪染めトリートメントは白髪だけ染まるの?白髪だけキレイに染めるコツは?

白髪染めトリートメント 白髪だけ染める

「そんなに白髪が多いわけじゃないんだけど、ところどころにある白髪が気になる」

「ヘアカラーの白髪染めを使うと全体が暗くなりそうだし、どうにか白髪だけを染める方法はないの?」

白髪が少しずつ増えてくる年代になると、このようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

そんな時にオススメできるのが“白髪染めトリートメント”です。

そこで今回は、白髪染めトリートメントが部分的な白髪染めに有効な理由についてご紹介していきたいと思います。

白髪染めトリートメントが選ばれる理由はコレ!

白髪染めトリートメント 選ばれる 理由

白髪染めトリートメントは今、話題沸騰中の白髪染め商品です。

ではどうしてそんなに人気が出るようになったのでしょうか?白髪染めトリートメントが選ばれる理由について解説していきます。

自然な髪色に仕上がる

白髪染めトリートメントが選ばれる理由の1つ目は、自然な髪色に仕上がるからです。

ヘアカラーの白髪染めって発色が強い分、どうしても染め上がりが不自然になってしまいますよね。

しかし、白髪染めトリートメントは使えば使うほど徐々に白髪を染めていきますので、とっても自然な髪色に仕上がります。

急に髪色が暗くなったり明るくなりすぎたりすることもありませんので、安心して白髪染めが行えますよ。

手軽に白髪染めができる

白髪染めが人気の秘訣は“手軽に白髪染めができる”というところにもあります。

これまでにヘアカラーをつかったことがある方ならわかると思いますが、ヘアカラーって使用する前に部屋や服を汚さないように、下準備をする必要がありました。

しかし、白髪染めトリートメントは、普段みなさんがお風呂で使っているトリートメントの代わりとして使用するだけで白髪染めが行えちゃいます!

おかげで仕事や家事で毎日忙しい方でも、簡単に白髪染めができますよ。

トリートメント効果が得られる

白髪染めトリートメントは名前の通り、トリートメント効果をも得られる商品です。

このトリートメント効果も、白髪染めトリートメントが人気の商品になった理由の1つと言えます。

白髪染めトリートメントで使用されている主なトリートメント成分は以下の通りです。

白髪染めトリートメントで使用されている主なトリートメント成分

  • フコイダン
  • ローヤルゼリー
  • ミツロウ
  • キトサン
  • アルギン酸
  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク
  • グルタミン酸
  • ミネラル

これらの成分はすべて天然由来のものですので、みなさんの髪や地肌を優しくいたわってくれます。

それぞれの商品にどんな成分が配合されているのかは、各商品の成分表や公式サイトで確認することができますよ。

白髪染めトリートメントは白髪だけ染まるの?

白髪染めトリートメント 白髪だけ染まるの?

これまでご紹介してきたように、たくさんの方から好評をいただいている白髪染めトリートメントですが、白髪以外の髪を染めることはできるのでしょうか?

いくつかのパターンに分けてみていきましょう。

黒髪は染まらない

白髪染めトリートメントは黒い髪を染めることはできません。

これは、白髪染めトリートメントで白髪を染めるときの仕組みに理由があります。

というのも、ヘアカラーの白髪染めは、1度脱色を行ってから再度色素を入れることで白髪を染めています。

ですので、もともとは黒かった髪でも色素が抜けていますので、染料がはっきりと発色してくれるんです。

一方で、白髪染めトリートメントは脱色を行わず、髪の表面に色素を定着させることで白髪を染めていますので、黒髪の色素の強さに負けてしまうんですね。

結果的に、黒髪に白髪染めトリートメントを使った場合には“髪色に変化があらわれない”という状況になります。

ヘアカラーをした明るい髪は染まる

上記でご説明してきたことから見てもわかる通り、白髪染めトリートメントで黒髪が染まらないのは、黒の発色が強いのが原因です。

つまり、ヘアカラーをした明るい髪には有効に働くということ!

白髪ではないけれども、ヘアカラーで明るくした髪を「痛めずにもう1度黒くしたい!」と思っている方なんかには、ジャストマッチした商品と言えるでしょう。

地毛が茶髪の人も染まる

白髪染めトリートメントは、地毛が茶色い人にも効果を発揮します。

これまでの記事を読んでくださったみなさんでしたら、もうお分かりですよね。

白髪染めトリートメントは自然な髪色に仕上げてくれる商品ですので、地毛が茶色い方もキレイな黒髪にすることができます。

「茶色い地毛を自然な形で黒くしたい!」と思っている方にはオススメの商品ですよ。

私オススメの白髪染めトリートメントランキング!

白髪染めトリートメント 白髪だけ染める ランキング

それではみなさんのお待ちかね、オススメの白髪染めトリートメントランキングをご紹介します!

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

利尻ヘアカラートリートメントは今1番売れている白髪染めトリートメントで、安全性・染める力共にトップクラスの実力を持っています。

この商品の特徴は、なんといっても「フコイダン」という成分です。

利尻産昆布のみから抽出された良質な成分のみを使っていますので、みなさんの髪や頭皮を力強く守ってくれます。

さらには染毛力の強い「アナトー」「クチナシ」「シコンエキス」「ウコンエキス」という天然の染料を豊富に使用していますので、絶大な白髪染め効果を発揮すること間違いありません!

【第2位】ルプルプヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

次にご紹介する白髪染めトリートメントランキング第2位の商品が“ルプルプヘアカラートリートメント”です。

この商品も、ランキング第1位の利尻と同じくらいの人気を誇っている商品で、特に「しっかりと白髪を染めたい!」というような方からご好評をいただいています。

さらにルプルプの特徴と言えるのが、香りが良いところ!

ヘアカラー特有のツンとする刺激臭はなく、ほのかにラベンダーの良い香りがしますので、ニオイに敏感な方なんかにはぜひ使っていただきたい商品ですね。

【第3位】マイナチュレオールインワンカラートリートメント

★★★★☆
主な成分
水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキス、HC染料、塩基性染料など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

最後にご紹介する商品が“マイナチュレオールインワンカラートリートメント”です。

この商品は上記の2商品と違い、白髪染めを行いながら美容の手入れもできちゃう白髪染めトリートメントです。

実際にマイナチュレでどのような効果が得られるのかというと、

  • 白髪ケア
  • スカルプケア
  • ヘアケア
  • エイジングケア

がすべてこの1本で可能!

他の商品と比べると少し値段が高くなってしまいますが、その分良質な美容成分が配合されていますので、白髪・髪質・頭皮の悩みを同時に解決したい方なんかにはオススメできる白髪染めトリートメントですよ。

部分的な白髪をキレイに染めるコツ

白髪染めトリートメント 部分的な白髪 染める コツ

最後になりましたが、部分的に生えている白髪をキレイに染めるためのいくつかのコツについてご紹介していきたいと思います。

クシを使う

部分的な白髪を染めるコツとしては、クシを使う方法があります。

特に新しく生えてきた根元の白髪や、どうしても塗りにくい耳の後ろの白髪を染めるときにはクシがとっても役に立つんです。

どのご家庭にでもあるクシを使い、髪をとかしながらトリートメントを塗るようにすると、1本1本まんべんなく塗ることができますよ。

放置時間を長くする

次にご紹介するキレイに染めるためのコツは“放置時間を長くする”という方法です。

ヘアカラーの白髪染めだと髪がひどく痛みますので、むやみやたらに放置時間を長くすることはできません。

しかし、白髪染めトリートメントは髪を優しく守りながら白髪染めを行っていく商品ですので、放置時間を長くし染まりを良くするという方法はとっても効果的なんです。

特に使いはじめのうちは髪が染まりにくい状態になっていますので、染料をできるだけ多く定着させるためにも30分以上は放置するようにしましょう。

ケチらずに使う

これは最も単純な話になってしまいますが、白髪染めトリートメントはケチらずに使うようにしましょう。

白髪染めトリートメントはヘアカラーの白髪染めと違い使い切りの商品ではありませんので、どうしてもみなさんケチってしまう傾向にあります。

しかし、それではしっかりと髪全体に塗ることができません!

後から色ムラを染め直すとなると、さらにたくさんのトリートメントを使うことになり、逆効果となってしまいます。

みなさんの髪をキレイに染めるためだけでなく、染め直す労力や時間を無駄にしないためにも、白髪染めトリートメントは初めからたっぷり使うようにしましょう。

まとめ

今回は、白髪染めトリートメントが白髪だけ染まる商品なのかについて解説してきました。

白髪染めトリートメントは、黒髪は染めることができませんが、地毛が茶色い髪やヘアカラーをした後の髪にも有効に働いてくれます。

今回ご紹介した白髪染めトリートメントは、今売られている白髪染めの中でもトップクラスの人気がある3商品です。

各商品の詳細については公式サイトで確認することができますので、少しでも興味を持った方でしたら、ぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です