人気の白髪染めトリートメントランキング10選をご紹介!実力のある商品を選ぼう

白髪染めトリートメント 人気

今や市場ではいろんな種類の白髪染めトリートメントが売られているので、

「どの商品を購入すればいいの?」
「自分に合った商品はどれ?」

などの理由から、1つの商品に絞るのは非常に難しいです。

そこで今回は、みなさんが白髪染めトリートメントを選ぶときに迷わないよう、人気のある白髪染めトリートメントをランキング形式でご紹介していきます。

あなたに合った商品を見つけることができますから、参考にしてみてくださいね。

 

人気で選んだ白髪染めトリートメントランキング!

白髪染めトリートメント 人気 ランキング

それではみなさんのお待ちかね!人気で選んだ白髪染めトリートメントランキングをご紹介します。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

・天然染料(シコンエキス、ウコンエキス、アナトー、クチナシ)

トリートメント成分

利尻昆布エキス(フコイダン)、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定価格2,000円

通常3,000円

50g(ミディアム程度)のコスト

約750円

人気のある白髪染めトリートメントランキング第1位の商品は“利尻ヘアカラートリートメント”です。

利尻は天然の成分を豊富に配合していますので、安全なうえしっかりと白髪を染めることができます。

また、28種類もの植物由来トリートメント成分は髪や頭皮に潤いを与え、毎日使っても大丈夫なくらい安心・安全な商品です。

ヘアカラーなどに入っている、肌に害を与える添加物

  • ジアミン
  • タール系色素
  • 過酸化水素水
  • 香料

も一切使用していませんので、肌荒れやアレルギー症状の心配もなく白髪染めを楽しむことができますよ。

【第2位】ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

 ルプルプ

染料

・塩基性染料

・HC染料

・天然染料(ベニバナ、クチナシ、藍)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス(フコイダン)、ステアリン酸グリセリル他

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定1,833円(39%OFF)

通常価格3,000円

2本定期便1,500円

50g(ミディアム程度)のコスト

約750円

白髪を染められるだけでなく、頭皮のケアまでもができてしまうと人気急上昇中の商品が“ルプルプヘアカラートリートメント”です。

ルプルプは口紅の原料として使われている「ベニバナ」や、藍染めの原料として知られている「藍」を染料として使っていますので、とっても染める力が強い!

また香りも良く、ヘアカラー特有のツンとしたニオイも一切しませんので、気持ちよく白髪染めを行うことができます。

【第3位】マイナチュレオールインワンカラートリートメント

 

染料

・HC染料

・塩基性染料

トリートメント成分

ステアリン酸グリセリル、ウコン根茎、ローズマリー、アルテア根、ホホバオイル、アルガンオイル、アルニカ花、オドリコソウ花、カミツレ花

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

内容量

200g

価格

web限定3,380円

初回限定3,000円(1,730円オフ)

通常4,730円

送料無料

50g(ミディアム程度)のコスト

約1,000円

 

この1本だけで、美容の手入れまでもができると人気を誇っているオールインワンの白髪染め商品が、“マイナチュレオールインワンカラートリートメント”です。

実際にどんな効果が得られるのかというと

  • 白髪ケア
  • スカルプケア
  • ヘアケア
  • エイジングケア

の4つのケアをすべて、マイナチュレ1つで行うことができます。

マイナチュレは他の商品と比較すると少し強気の価格設定です。しかしその分だけ良質な美容成分が配合されているということなので、価格が高くても良い商品を使いたい!という女性にオススメできます。

【第4位】プリオールカラーコンディショナー

 プリオールカラーコンディショナー 市販

染料

・タール系色素

トリートメント成分

コラーゲン、褐藻エキス、緑藻エキスなど

 

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

内容量

230g

価格

1,280円

50g(ミディアム程度)のコスト

約280円

「低価格で白髪染めができる!」と人気がある白髪染めトリートメントが“プリオールカラーコンディショナー”です。

プリオールは染料としてタール系色素を使っていますので、多少肌に刺激を与えてしまう可能性があります。しかしその反面、白髪染めとしての染める力は高い商品と言えるでしょう。

また、トリートメント成分は豊富に配合されていますので、髪質はしっかりと保護してくれます。

「ヘアカラーに入っているような危険な成分は使いたくないけれども、白髪を1度でしっかりと染めたい!」と思っている方には、とっておきの商品です。

【第5位】レフィーネヘッドスパ白髪染めトリートメント

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

トリートメント成分

アロエ、カンゾウなど

カラーバリエーション

ダークブラウン

ライトブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

通常3,334円

50g(ミディアム程度)のコスト

約555円

名前の通り、白髪染めとしての効果だけでなく「ヘッドスパ」の機能も兼ね備えている商品が、レフィーネヘッドスパ白髪染めトリートメントです。

その効果の高さから、通販サイトカラーリング部門で160週連続1位を獲得し続けた記録を持っています。

レフィーネは頭皮に優しい成分がたくさん配合されていますので、頭皮の状態を改善しながら白髪染めを行いたい方には、満足していただけるはずですよ。

【第6位】髪萌 HATSUMOE

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

・天然染料(クチナシ)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス(フコイダン)ローズマリー、アロエ、ツバキオイルなど

内容量

200g

価格

初回価格1,920円(20%OFF)

50g(ミディアム程度)のコスト

600円

髪萌は、「ツヤのある美髪は、健やかな頭皮があってこそ」をモットーに、髪の毛だけでなく地肌をもいたわりながら白髪染めを行ってくれる商品です。

植物性オイル3種類と植物性成分12種類を配合していますので、頭皮の乾燥を防いでくれる効果を持っています。

添加物を一切使用していないうえ香りがとっても良いですので、地肌のかさつきが気になる方にはオススメできる商品です。

【第7位】POLAグローイングショットカラートリートメント

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

トリートメント成分

セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

カラーバリエーション

ブラック

ブラウン

内容量

200g

価格

通常2,980円

50g(ミディアム程度)のコスト

725円

POLAと聞くと、化粧品メーカーとしてご存知の方も多いと思います。POLAの化粧品は高価なものがほとんどですよね。

しかし白髪染めトリートメントでは、できるだけたくさんの方に使っていただけるようにと、比較的安価な価格で提供されています。

この商品の1番の特徴は、“待ち時間の短さ”です。

一般的な白髪染めトリートメントでは、10~30分程度放置しなければいけないものが多い中、POLAは塗ってから5分程度放置するだけで白髪染めができちゃいます。

【第8位】アンファースカルプDボーテ

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

・天然染料(アカミノキ木エキス、グアイアズレンスルホン酸Na、カンゾウ根エキス)

トリートメント成分

浸透型コラーゲン、天然コーティング成分、ヒアルロン酸、アルガンオイルなど

カラーバリエーション

ナチュラルブラック

ダークブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

内容量

200g

価格

定期購入価格2,203円

通常2,592円

50g(ミディアム程度)のコスト

約650円

アンファーはシャンプーの開発で培った知識を応用し、髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントを開発しました。

アンファースカルプDボーテは男性用と女性用に分けられているのですが、「白髪がとっても良く染まる!」と、どちらの商品でも高い人気を誇っています。

色の定着率や色持ちの良さには少し難のある商品ですが、髪質を守りながら少しずつ白髪を染めていきたいという方にはオススメの商品ですよ。

【第9位】玉髪ヘアカラートリートメント

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

・天然染料(ベニバナ、アナトー、クチナシ)

トリートメント成分

ツバキ、バラ、ハチミツなど

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

内容量

160g

価格

通常3,364円

50g(ミディアム程度)のコスト

約1,050円

玉髪ヘアカラートリートメントは、白髪染めトリートメントの中でも唯一、全額返金保証がついている商品ですので、金銭的なリスクは何一つ負わずにお試しすることができます。

また、トリートメント成分や天然の染料も豊富に配合していますので、白髪染めとしての実力も確かのもの!

玉髪は、使い続けていくには少し高い価格ではありますが、“使用した方の96%”が効果に満足したと回答していますので、1度は試してみる価値がある商品と言えるでしょう。

【第10位】くろめヘアカラートリートメント

 

染料

・塩基性染料

・HC染料

トリートメント成分

くろめエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ローマカミツレなど

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

200g

価格

初回価格2,759円

通常3,009円

50g(ミディアム程度)のコスト

約750円

最後にご紹介する商品が“くろめヘアカラートリートメント”です。

この商品は、安全かつ手軽に白髪染めができると人気が出てきている商品!

特に、配合されている成分「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」が傷んだ髪のキューティクルをキレイに補修してくれる効果を持っています。

1つこの商品の難点と言えるのが、染める力の弱さです。髪や肌にできるだけ優しい成分を使っている分、どうしても染める力が弱くなってしまっています。

ですが、使い続けることで少しずつ髪に色はついてきますので、極度の敏感肌で「絶対に肌荒れは起こしたくない!」という方にはベストな商品と言えるでしょう。

人気の白髪染めトリートメントに不可欠な3つのポイント

白髪染めトリートメント 人気 不可欠 ポイント

人気の出る白髪染めトリートメントに不可欠な、3つのポイントをご紹介していきます。

このポイントを守ることで、白髪染めトリートメント選びに失敗する可能性をグッと低くすることができますよ。

高い安全性があるか

白髪染めトリートメントで最も大切なポイントと言えるのが、“高い安全性があるかどうか”ということです。

せっかく白髪染めでオシャレをしているのに、肌荒れやアレルギー反応を起こしてしまっていては意味がありませんからね。

白髪染め商品に配合されている、体に害を与える危険性がある成分は、以下の通りです。

体に害を与える危険性がある成分

  • ジアミン
  • タール系色素
  • 過酸化水素水
  • 香料

これらの成分はみなさんの体に害を与える危険性があります。

特に「ジアミン」という成分は肌荒れだけでなく、『アナフィラキシーショック』という重度のアレルギー症状を引き起こす危険性がありますので、絶対に避けるようにしましょう。

トリートメント成分の配合量

上記でもご紹介してきましたが、白髪染めトリートメントは白髪染めだけじゃなく、トリートメント効果をも得られる商品です。

ですので、トリートメント成分がどれぐらい配合されているのかも人気度を分けるポイントになっています。

それでは白髪染めトリートメントに配合されている主なトリートメント成分を見ていきましょう。

白髪染めトリートメントに配合されているトリートメント成分

  • フコイダン
  • ローヤルゼリー
  • ミツロウ
  • キトサン
  • アルギン酸
  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク
  • グルタミン酸
  • ミネラル

表に記載されている成分が多ければ多いほど、得られるトリートメント効果も高いと言えます。

各商品にどんな成分が配合されているのかは、商品パッケージの成分表や公式サイトで確認することができますので、購入する前にはぜひ確認しておくようにしましょう。

染毛力が強いか

白髪染めトリートメントは、基本的に白髪染めをする商品なのですから、もちろん染毛力もできるだけ強い商品を選びたいですよね。

白髪染めトリートメントはヘアカラーの白髪染めと違い脱色は行いませんので、染毛力が強いかどうかも人気の高さを分けるポイントになっています。

私がオススメしたい染料には以下のものがあります!

私がオススメしたい染料

  • アナトー
  • クチナシ
  • シコンエキス
  • ウコンエキス
  • ベニバナ

これらの染料はすべて天然のものですので、体に一切害を与えずに白髪染めを行うことができます。

また天然の染料ではありませんが、塩基性染料やHC染料という成分も染める力が強いながら肌への刺激も優しい染料ですので、ぜひオススメしたい染料です。

白髪染めトリートメントで上手に染めるための3つのコツ

白髪染めトリートメント 上手に染める コツ

いくら人気のある良い白髪染めトリートメントを選んでも、正しい使い方をしないと効果を引き出すことはできません。

そこで最後に、白髪染めトリートメントを使って白髪を上手に染めるための3つのコツについてご紹介していこうと思います。

使い始めは3回程度続けて使用する

白髪染めトリートメントの効果を引き出すための1つ目の方法は“3日間は毎日続けて使用する”ということです。

どうしても使いはじめの数回程度は、髪に白髪染めトリートメントの染料が付着しにくい状態になっています。

ですので、白髪染めトリートメントを使って、「1度で染まらない!」と使用をやめてしまうのはとてももったいない話!

1日1回、3回程度続けて使用することでほとんどの方が効果を実感することができますので、みなさんは諦めずに使い続けてみるようにしましょう。

30分程度放置する

次にご紹介する上手に染めるためのコツは、トリートメントを塗った後に“30分程度放置する”という方法です。

白髪染めトリートメントは商品にこと違いはあれ、10~20分程度放置するよう推奨されています。

しかし染まりにくい髪質をお持ちの方は、10~20分の放置時間だと十分に染まらないことが多いので、30分程度放置するのがオススメです!

白髪染めトリートメントはヘアカラーと違い、体に優しい成分のみを使用していますので、放置時間を長めにしても髪や地肌を傷めずキレイな髪色に染めることができますよ。

クシを使用する

どうしても手で塗りにくい場所にトリートメントを塗布する場合には、クシを使うという方法がおすすめ。

特に根元や耳の後ろの白髪などは塗り残しが多い場所になっていますので、クシを使うとキレイに塗ることができ染め上がりが違ってきます。

このクシはどのご家庭にでもある一般的なもので対応することができますので、ぜひみなさんも試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、人気の白髪染めトリートメントランキングをご紹介してきました。

白髪染めトリートメントランキングでご紹介した商品は、上位に行くにつれて売り上げ本数や良い口コミが多い傾向にありました。

とくに、ランキング第1位の利尻なんかは圧倒的な人気を誇る商品です!

今回ご紹介してきた商品のもっと詳しい情報については、各商品のホームページで確認することができますので、みなさんぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です