白髪染めトリートメントで髪全体を茶髪・茶色にすることは可能なの?

白髪染めトリートメント 茶髪 茶色

「白髪染めトリートメントは“白髪染め”だから、真っ黒な髪色にしかできないの?」
「キレイな茶髪に憧れているんだけれども、白髪染めトリートメントは髪全体を茶髪にすることはできるの?」

この記事を読んでくれている方の中には、こんな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために今回は、白髪染めトリートメントではどんな髪色に染めることができるのか、もともと明るめの茶髪に白髪染めトリートメントを使用したらどうなるのか、についてご紹介していこうと思います。

白髪染めトリートメントで茶髪は染まるの?

白髪染めトリートメント 茶髪 可能

白髪染めトリートメントで茶髪は染められるのか。

結論から言いますと「白髪染めトリートメントで茶髪を染めることは可能です。」

しかし、これは今みなさんの髪がどのような色であるかによって、染めた後の結果が異なってきます。

そこで、ここでは白髪染めトリートメントでキレイな茶色に染められるいくつかの髪色について解説していきます。

髪染めトリートメントで茶髪は染まる

白髪染めトリートメントでは、今の髪の色よりも明るく染めることはできません。

しかし、今の髪色がすでに明るい茶髪の場合には、その髪色同等か少し暗めぐらいの白髪染めを使うことで、髪全体をキレイな茶髪に染めることができます。

白髪染めトリートメントでは、ヘアカラーのように発色の強い染料は使っていませんので、不自然に真っ黒な髪色になる心配もありません。

ヘアカラーをした髪も染まる

白髪染めトリートメントでは、ヘアカラーをした髪でも染めることができます。

例えば「ブリーチをしたんだけれども、訳があってまた黒い髪に戻したい!」と思っている方でも、白髪染めトリートメントを使えばブリーチ前の髪色に逆戻り!

美髪効果のある成分も豊富に配合されていますので、ヘアカラーやブリーチでひどく痛んでしまった髪でも、染める前の髪と同じような髪質になりますよ。

もちろん、白髪染めトリートメントには様々なカラーバリエーションがありますので、真っ黒ではなく少し明るめの茶髪なんかにすることも可能です。

黒髪を明るくすることはできません

白髪染めトリートメントは脱色を行わず、髪の表面に色素を付着させることで白髪を染めていく商品です。

つまり今の髪色が黒である以上、どんなに白髪染めトリートメントに染毛力の強い染料が配合されていても、発色の強い黒には勝つことができないんですね。

そのため、黒髪の人が茶系の白髪染めトリートメントを使っても「まったく変化がない・全然染まらない」と言った状況になってしまいます。

茶髪に有効な白髪染めトリートメントの選び方

茶髪 有効 白髪染めトリートメント 選び方

茶髪に有効な白髪染めトリートメントを使いたい!と思っている方でしたら、商品の選び方が最も大切です。

そこでここでは、茶髪の方に有効な白髪染めトリートメントの3つの選び方について解説していきたいと思います。

染毛力の強い商品を選ぼう

茶髪に有効な白髪染めトリートメントを選ぶ際には“染毛力の強さ”が大切なポイントです。

せっかく白髪染めトリートメントを使ったのに「髪色が全く染まってない!」なんてことになってしまうのは嫌ですよね。

白髪染めトリートメントでよく使われている、染毛力の強い成分には以下のものがあります。

白髪染めトリートメントで使われている染毛力の強い成分

  • アナトー
  • クチナシ
  • シコンエキス
  • ウコンエキス
  • ベニバナ

これらの染料はすべて天然由来の成分から作られた染料ですので、みなさんの髪や頭皮を優しく守りながら白髪染めを行うことができます。

また上記の他にも「塩基性染料」「HC染料」という染料が使われていることもあります。

塩基性染料とHC染料は、天然の染料と比べると少し肌に刺激がありますが、染める力はとっても強い!そのため過度の敏感肌以外の方でしたら使っても安全でオススメできる染料と言えるでしょう。

美髪成分の量も大切

これまでもご紹介してきましたが、白髪染めトリートメントは美髪効果をも得られる商品です。

それならみなさん、できるだけ美髪成分が多く配合されている商品を選びたいですよね。

白髪染めトリートメントに配合されている、主な美髪成分を見ていきましょう。

白髪染めトリートメントに配合されている主な美髪成分

  • フコイダン
  • ローヤルゼリー
  • ミツロウ
  • キトサン
  • アルギン酸
  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク
  • グルタミン酸
  • ミネラル

みなさんはこれらの成分ができるだけ多く配合されている白髪染めトリートメントを選ぶことで、白髪染めをしながらツヤのあるキレイな髪質を目指すことができます。

添加物には注意しよう!

白髪染めトリートメントに限らずヘアカラー全体で注意しなければいけないのが、肌荒れやアレルギー反応です。

せっかく白髪を染めたとしても、かぶれやかゆみが出てしまっては、「白髪染めをしないほうが良かった」なんて事にもなりかねません。

これらの症状は、以下の添加物によって引き起こされています。

体に害のある添加物

  • ジアミン
  • タール系色素
  • 過酸化水素水
  • 香料

表の添加物の中でも特に気を付けなければいけないのが、“ジアミン”です。

ジアミンは軽度な肌荒れだけでなく、人によって命の危険にも関わる重度のアレルギー症状を引き起こしてしまう危険性があります。

みなさんが安全に白髪染めを行うためにも、上記の添加物には十分注意するようにしましょう。

茶髪に効果を発揮する白髪染めトリートメントランキング!

茶髪 有効 白髪染めトリートメント ランキング

それではみなさんのお待ちかね!茶髪に効果を発揮する白髪染めトリートメントランキングをご紹介します。

各商品にどんな染料や美髪成分が配合されているのかも確認しましたので、一緒に見ていきましょう。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

利尻ヘアカラートリートメントは今一番売れている白髪染め商品で、染まりやすさ・美髪効果・安全性のすべてにおいて、ナンバーワンの効果を持っています。

この商品の最大の特徴と言えるのが美髪成分として配合されている「フコイダン」でしょう。

利尻ヘアカラートリートメントのフコイダンは、利尻昆布から抽出された高品質なもののみを使用していますので、みなさんの髪や頭皮を優しく守ってくれます。

利尻ヘアカラーシリーズは合計販売本数1,800万本をも記録した実績を持っていますので、「とりあえず白髪染めトリートメントを試してみたい!」と思っている方には1番にオススメしたい商品です。

利尻の配合成分を確認してみました

利尻に配合されている成分を表にまとめてみました。

利尻ヘアカラートリートメント

染料

美髪成分

添加物

  • アナトー
  • クチナシ
  • シコンエキス
  • ウコンエキス
  • フコイダン
  • ミツロウ
  • アルニカ
  • アルギン酸
  • ミネラル
  • グルタミン酸
  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク
  • ジアミン不使用
  • タール系色素不使用
  • 過酸化水素水不使用
  • 香料不使用
  • パラベン不使用
  • シリコン不使用
  • 4級アミン不使用
  • 鉱物油不使用
  • 酸化剤不使用

これらの配合成分を見てもわかる通り、利尻ヘアカラートリートメントは染毛力・美髪効果・安全性すべてが高水準の白髪染めトリートメントと言えますね。

私も実際に利尻ヘアカラートリートメントを使ったことがありますが、肌荒れなども一切起こらず白髪もきっちりと染めてくれましたので、これは白髪染めトリートメントランキング第1位の商品で間違いありません!

【第2位】ルプルプヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

白髪染めトリートメントランキング第2位はルプルプヘアカラートリートメント。

染める力が特に強く、しっかりと白髪を染めてくれることから、大手通販サイトの総合部門で堂々の第1位を獲得したことも。

ルプルプは香りも良く、ヘアカラー特有のツンとした刺激臭もありませんので、お手軽に白髪染めをしたい方にはぜひオススメしたい商品です。

ルプルプの配合成分を確認してみました

ルプルプにはどんな成分が配合されているのか。見ていきましょう!

ルプルプヘアカラートリートメント

染料

美髪成分

添加物

  • クチナシ
  • ベニバナ
  • ガゴメエキス(フコイダン)
  • アルギン酸
  • キトサン
  • セルロース
  • ステアリン酸グリセリル
  • グルタミン酸
  • ジアミン不使用
  • タール系色素不使用
  • 過酸化水素水不使用
  • 香料不使用

ルプルプは染料・美髪成分をたくさん配合していましたので、利尻に負けないぐらいの効果があると言っても良いでしょう。

添加物については、危険性の高い添加物4つはすべて不使用ということでしたので、安全性の高い白髪染めトリートメントで間違いありませんね。

【第3位】マイナチュレオールインワンカラートリートメント

★★★★☆
主な成分
水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキス、HC染料、塩基性染料など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

女性向けの育毛商品で有名なマイナチュレから、満を持して2018年3月に発売された商品が“マイナチュレオールインワンカラートリートメント”です。

マイナチュレは白髪のケアだけでなく、他にも「スカルプケア」「ヘアケア」「エイジングケア」すべてを1本でできちゃうとっても優れた商品。

品質の高い成分が豊富に配合されていますので、髪質や地肌にお悩みを抱えている方でしたら、1度はお試しする価値のある商品でしょう。

マイナチュレの配合成分を確認してみました

最後にマイナチュレに配合されている成分を見ていきましょう。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

染料

美髪成分

添加物

  • 塩基性染料
  • HC染料
  • ウコン根茎
  • アシタバ葉
  • ローズマリー
  • アルテア根
  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • アルニカ花
  • オドリコソウ花
  • カミツレ花
  • ジアミン不使用
  • タール系色素不使用
  • 過酸化水素水不使用
  • 香料不使用
  • シリコン不使用
  • 鉱物油不使用
  • パラベン不使用
  • 紫外線吸収剤不使用
  • サルフェート不使用

マイナチュレは染料に「塩基性染料」と「HC染料」を使用していますので、白髪染めの効果は十分なものですね。

美髪成分も白髪染めトリートメント界トップクラスの配合量がありますので、染料による刺激も問題ないと言えます。

口コミを見てみると「マイナチュレは肌にも潤いを与えてくれる」という評価が多数ありましたので、特に美容に興味のある女性なんかにでしたら、とっておきの白髪染めトリートメントでしょう。

白髪染めトリートメント3つの魅力

白髪染めトリートメント 魅力 3つ

最後になりましたが、そもそも白髪染めトリートメントにはどんな魅力があるのでしょうか?

白髪染めトリートメントの3つの特徴についてご紹介していきます。

自然な髪色に仕上げられる

これまでにヘアカラーの白髪染めを使ったことがある方ならわかると思いますが、ヘアカラーっていかにも「昨日白髪染めをしてきました!」みたいな不自然な髪色になってしまいますよね。

しかし白髪染めトリートメントでは、使えば使うほど徐々に白髪を染めていきますので、もともとその髪色だったかのような自然な髪色に仕上げることができるんです。

簡単に白髪染めが行える

次にご紹介する白髪染めトリートメントの特徴は“簡単に白髪染めが行える”というところ。

白髪染めトリートメントは、普段みなさんがお風呂で使っているトリートメントの代わりに使うだけで白髪が染められちゃうんです。

特別な準備やあと片付けも一切必要ありませんので、毎日忙しい主婦の方なんかでも手軽に白髪染めが行えますよ。

美髪効果を得られる

最後にご紹介する特徴は“美髪効果をも得られる”というところです。

これまでの記事でも十分、説明してきましたね。

白髪染めトリートメントでは植物由来の天然成分を豊富に配合していますので、現在すでにキシキシに傷んでしまっている髪でも、補修しながら白髪染めをすることが可能です。

まとめ

今回は白髪染めトリートメントと茶髪のについてご紹介してきました。

せっかくお金を出して白髪染めをするのですから、しっかりと効果のある商品を購入したいですよね。

今回白髪染めトリートメントランキングでご紹介した3つの商品はすべて、茶色い髪に使ってもしっかりと効果を発揮する商品ばかり。

それぞれの商品の詳細については、各商品の公式サイトで確認することができますので、ぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です