天然成分で白髪を染めたい!市販品で買えるおすすめのヘナとは?

ここ近年で白髪染めの種類って本当に増えましたと思いませんか?

ひと昔前の白髪染めといえば、白髪用ヘアカラー、ヘアマニキュアが主流でしたが、現在はヘアカラートリートメント、植物染料のヘナなども徐々に勢力を伸ばしてきました。

しかし、勢力をのばしてきたと言っても、まだまだヘナはドラッグストアなどに行っても端っこにポツンと置かれているレベル。

ヘアカラートリートメントは使ったことがあっても、手間や時間のかかるヘナは使ったことがない、といった方が多いよう。

そこで今回は、市販品のヘナのすばらしさを伝えるために、私がおすすめしたいヘナ染料をいくつかご紹介したいと思います!

知ってほしい!ヘナはこんなに優等生

市販品のヘナをご紹介する前に、まずはヘナの魅力について少しお勉強していきましょう。

化学の力に頼らず白髪を染める

ヘナはとっても歴史の古い染料。ヘアカラーやヘアマニキュアのような化学染料が生まれるずっと前から、エジプトやインドなどの海外で使われていたんですよ。

染まる仕組みはヘナの葉に含まれるオレンジの色素、ローソン(ヘンノタンニン酸とも呼ばれます)。この色素が、髪の成分“ケラチン”と合体して髪を染色していきます。

ローソンはケラチン意外にも、タンパク質と結びつく性質があるので、皮膚、爪、体毛など、私たちの体のあるとあらゆる部分を染めることができます。

かのクレオパトラも、ヘナを使って自分の爪をオレンジ色に染めていたそうです。現代でいうマニキュアですね。

白髪を染めるだけじゃない

他にもヘナには驚きの効果が。先程お話したように、ヘナは古くから海外で使われてきました。染料としてもそうですが、実は怪我や火傷を治す薬としても使っていたんですよ。

現在でも、インドでは水虫に悩まされたときはヘナの葉を患部に塗っているそうです。

ヘナはそういった皮膚の炎症を抑える力も持っているんですよ。

健康な頭皮環境をつくり、髪にハリやコシを与える

また、ヘナの葉に含まれるローソンは、皮脂を吸収する力も持っています。ですから、頭に塗ることによって余分な皮脂をとり除き、毛穴の汚れを落とすことができるってわけです。

界面活性剤を使っているシャンプーとは違い、天然の成分のみで皮脂をとり除くわけですから、清潔で健康な頭皮環境に生まれ変わることができますよ♪

さらに、ヘナにはトリートメント効果もあるため、使っていくうちにハリやコシのある、元気な髪質に変化していきます。

皮脂だけではなく、紫外線も吸収する

白髪が生えてしまう原因のひとつに、紫外線によるダメージが関係しています。

紫外線に長時間当たることにより、頭皮の奥にあるメラノサイト(髪の色素をつくる細胞)に悪影響を与えてしまうのです。しかし、ヘナは紫外線を吸収する効果もありますので、白髪を間接的に予防することもできると言えますね。

他にもヘナには嬉しい効果がたくさん。詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

市販品のおすすめヘナ3つ

ヘナの魅力を知ってもらえたでしょうか?では、ドラッグストアや百貨店で購入できる、おすすめのヘナをご紹介したいと思います。

テンスター・ファインへナ

 

商品名:ファインへナ

内容量:40g×2袋

価格:1,000円(税抜)

白髪を暗い髪色にするために、ヘナ以外の成分も含まれていますが、植物染料100%を謳っている通り、化学染料は一切使用していません。容器をそのまま使ってヘナのペーストを作ることができますので、容器を準備する必要がなくて楽ちんですね。

テンスター・ファインヘナに関しては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

ナイアード・ヘナ

商品名:ヘナ+木藍(もくらん)

内容量:100g

価格:1,500円(税抜)

インド・ラジャスタン州ソジャットでとれたグレードの高い良質なヘナに加え、10種類のハーブと髪を暗くする木藍が入っています。自然な髪色に染めることができるため、白髪に悩む男性にもおすすめのヘナです。

マック・ヘナ

 

商品名:マック・ヘナ ナチュラルブラウン

内容量:100g

価格:1,500円(税抜)

こちらも白髪を暗い髪色にするためのもの。内容成分も他社のヘナと同じように余計な化学成分を使っていません。しかし、他社のヘナより髪を染める時間がかからないため、時間を短縮させて染めたいオーガニック思考の方から絶大な支持を集めています。

ダイソー ナチュラルヘナ

 こちらの商品は現在販売しておりません。

商品名:ナチュラル・ヘンナ

内容量:80g

価格:100円(税抜)

みなさんもよくご存知であろう100円ショップ、ダイソージャパン。実はこんなところにもヘナが売っているんです。

ところが残念なことに、現在はどこのダイソーにもヘナは置かれていません。ヘナはお茶やお米と同じ農産物。1年間の収穫量によって日本に供給される量も大きく左右されます。おそらく現在、ヘナの供給量が足りないのでしょう。今後再び販売されるのを心待ちにしていましょう。

ヘナ入りシャンプーの商品に関しては、以下の記事をご参照ください。

市販品のヘナ、選ぶときのポイントは?

では最後に、ヘナを選ぶ際の注意点をいくつかお話したいと思います。

内容成分は要確認!

内容成分のチェック、ヘナを購入する際の絶対条件は何といってもこれでしょう。

たとえパッケージに「天然100%」「ヘナ配合」と記載されていても、裏面の内容成分は必ず確認して下さいね。

中にはヘナの含有量が数パーセント、残りの成分は化学染料…という場合もあります。これらのヘナは“ケミカルヘナ”(ブラックへナなどと呼ばれる場合もあります)と呼ばれ、髪にも頭皮にも決して安全なものとは言えませんので、注意してくださいね。

気をつけたい化学染料

今はかなり少なくなりましたが、ヘナの内容成分に、以下の化学染料が含まれている場合は要注意。

ジアミン系染料

パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなど、語尾に“ジアミン”とつくもの

タール系色素

“〇色△号”というように、色と数字が記載されているもの

塩基性染料

 “塩基性〇△”というように色と数字が記載されているもの

HC染料

“HC(色)(番号)”と表記されているもの

心配な人は口コミも参考にしてみよう

まだ白髪染め界ではメジャーな存在とは言えないヘナ。周りで使っている方も少ないと思います。

そこで参考にしたいのは、インターネットなどの口コミ投稿です。髪の質や状態によって染まり具合も変わってきますので、全ての情報を鵜呑みにする必要はありませんが、染めた後の写真などを載せている方もいらっしゃいますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まだまだ認知度が低い白髪染め、ヘナ。実際私がヘナの存在を知ったのもここ最近なんです。

しかし、ヘナについて調べてみたり、実際使ってみたりした結果、本当に髪や頭皮にいい影響しか与えないということがわかりました。手間や時間はかかってしまいますが、健康な髪や地肌を手に入れるためにも、是非ヘナを使ってみてはいかがでしょうか。まずは簡単に手に入り、かつ安心安全な市販品のヘナから使ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です