白髪染めで重視するのはトリートメント効果?染まり具合?

白髪を染めることができ、さらには髪に艶やハリコシを出してくれる白髪染め、ヘアカラートリートメント。

そんな一石二鳥のヘアカラートリートメントですが、みなさんは普段購入する際、何を一番重視していますか?

髪をきれいに見せるトリートメント効果が高いものですか?それとも染毛力が高く、しっかり染まるもの?

今回は重視したいポイント別に、おすすめのヘアカラートリートメントをご紹介していきたいと思います。

髪をきれいにしてくれるヘアカラートリートメントとは?

みなさんは、髪をツヤツヤにしたり、痛みを補修したりするヘアカラートリートメントの条件って何だと思いますか?

私の考える絶対条件は、ズバリ“保湿効果の高い成分“を含んでいるかどうかです。

乾燥している髪はパサパサして静電気を帯びやすく、ちょっとした刺激にも弱い状態。それでは髪は傷んでいくばかりです。

そのため髪をきれいにするには、まず髪にうるおいを与えて保湿することが一番!

というわけで、保湿効果の高い成分を含んでいるヘアカラートリートメントは以下のものがおすすめです。

グローイングショット ヘアカラートリートメント(ポーラ)

5種類のセラミド、14種類のアミノ酸などと、髪の補修・保温する効果の高い成分がたっぷりと入っています。

さらに、ポーラオリジナル美容成分の黒米エキスのおかげでしょうか、洗って乾かした後も、髪がふっくらとしている感じがします♪

色もそこそこしっかりと入るので、少し価格はお高めですが使う価値は十分ありです。

ヘアカラートリートメント(ラサーナ)

赤・青・黄の3色、天然色素が使われていて、髪にも頭皮にもやさしいヘアカラートリートメントだということが伝わりますね。

他にも、加水分解コンキオリン、加水分解ケラチンなどの補修効果が高いものが使用されていて、洗った後も髪がサラサラ・ツヤツヤの状態。

また、ラサーナのヘアカラートリートメントは、他社のヘアカラートリートメントよりも色持ちが少し長いような感じがしました。

白髪がしっかりと染まるヘアカラートリートメントとは?

続けて、染毛力に優れたヘアカラートリートメントをご紹介していきましょう。

白髪の染まり具合は正直、個人の髪質によって違ってくると思います。

口コミを見ると分かる通り、1つの白髪染めに対して「今まで使った中で一番よく染まった!」と評価する方もいれば、「全く染まらなかった。もう二度と使いません」と酷評する方も。

なので今回は、私が今まで使用してきた・見てきた白髪染めで染毛力が高いと感じたものをご紹介していきます。

50の恵み 頭皮いたわりカラートリートメント(ロート製薬)

待ち時間が少なく、スピーディーに染めたい方におすすめ。1度でしっかりと暗い色が入ります。

ただし、1度の使用で白髪が完全に染まるわけでは染まりません。確かに色はしっかりと入りますが、光が当たると若干白髪がキラキラしています。

また、洗い上がりは少しキシキシした感じになるので、ドライヤー前にオイルトリートメント等使うとイイ感じです。

LABOMOスカルプアロマ ヘアカラートリートメント(アートネイチャー)

こちらも待ち時間たった3分と、スピーディーに白髪を染めることができます。

3分間でも白髪はかなり染まりますが、放置時間をもう少し延ばし5分にしてみると、白髪はもっときれいに染まりました。

1回でキチンと染めたい方は放置時間を長くしてみるといいでしょう。

また、他社のヘアカラートリートメントよりも染毛力があるので、使用する際は手袋をつけることをおすすめします。

ヘアカラートリートメント(ルプルプ)

保湿成分のフコイダンが入っているので洗い上がりの髪はしっとり。きしみを感じることもなく、手に色が残らないのもポイントが高いですね。

髪や頭皮にやさしい成分がたくさん含まれているルプルプは、乾いた髪に使っても問題ありません。

むしろ急ぎで白髪を隠したいのであれば、乾いた髪に使用した方がいいと思います。

低刺激で頭皮にもやさしいヘアカラートリートメントとは?

いくらトリートメント効果が高く染毛力に優れていても、かぶれ症状が出てきてしまっては台無し。

最後に、頭皮に負担の少ない低刺激なヘアカラートリートメントをご紹介していきます。

利尻ヘアカラートリートメント(自然派clubサスティ)

利尻ヘアカラートリートメントは

  • 香料
  • 鉱物油
  • パラベン(防腐剤)
  • ジアミン系染料(ヘアカラーに含まれるアレルギー物質)

などを一切使用していない無添加の白髪染め。

痒みや赤みを引き起こす人は本当に稀だと思います。染まり具合はまずまずといったところですが、利尻ヘアカラーシャンプーと併用していた頃はかなり色が入りましたよ♪

配合されている保湿成分・利尻昆布エキスは、毛髪だけではなく、頭皮にもうるおいを与えてくれるので、乾燥しやすい体質の方にも適していると思います。

くろめヘアカラートリートメント(サラヴィオ)

今回紹介した中で、最も頭皮にやさしいのでは?と思ってしまうぐらいのヘアカラートリートメントがこの商品でした。

他社のヘアカラートリートメントは、石鹸を使って手の汚れを落としていましたが、くろめヘアカラートリートメントは水洗いだけでスルンと落ちてしまいます。ただ、染まり具合は少しイマイチ。

肌が弱い方、時間をかけてでも頭皮に負担をかけずに白髪染めをしたい方には、是非こちらのヘアカラートリートメントを使ってみてほしいです!

まとめ

今回は重視したいポイントごとに白髪染めを紹介しましたが、その中でもさらに私がランキングをつけるとしたら、1位…ラサーナ、2位…ポーラ、3位…利尻といったところですね。

もちろん他のヘアカラートリートメントも、使ってみてあまり不満はありませんでしたし、どれも捨て難いのですが、私は髪に艶が出る白髪染めを良く好んで使用しています。みなさんも重視したいポイントで、自分に合った白髪染めを選んでみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です