白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

ヘアカラー

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?白髪染めにはどちらが適している?

投稿日:

「今までヘアカラーを使ったことがあっても、へマニキュアは使ったことがない。」

毛染め経験者の大半は、このような方が多いと思います。

そしてここ最近チラホラ目立ち始めてきた白髪、あなたはどんなカラー剤で白髪を染めたいと考えていますか。

えっ、今まで通り、ヘアカラー?うーん、どうせなら髪や頭皮へダメージの少ないヘアマニキュアにチェンジしてみませんか。

今回はヘアカラーとヘアマニキュア、白髪染めに適しているのはどちらなのかを見ていきたいと思います!

知っておこう!ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

まずはヘアカラーとヘアマニキュア、この2つのカラー剤の違いについて見ていきましょう。

ヘアカラー

ドラッグストアや百貨店に多く置かれている一般的な白髪染めは、ヘアカラーに該当します。ヘアカラーって、黒髪の色を変えるだけじゃないの?そう思った方もいらっしゃるとおもいますが、ヘアカラーは黒髪用だけではなく、白髪用のものもあるんです。

黒髪用ヘアカラーと白髪用ヘアカラーの違いについてはこちらの記事をご覧ください。

髪が染まる仕組み

ヘアカラーは髪の内側に色を浸透させるカラー剤です。

1剤の酸化染料(酸素の力で発色する染料)と、2剤の酸化促進剤(過酸化水素水)を混ぜ合わせて使います。

さらに詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

髪の内部にあるメラニン色素(髪を黒く見せている色素)を破壊して、代わりに希望している色の染料を入れていきます。

メリットとデメリット

白髪用ヘアカラーのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 一度でしっかりと色が入る
  • 色持ちが長い(2~3カ月)
  • カラーバリエーションが豊富で、明るい髪色から暗い髪色まで楽しめる

【デメリット】

  • 髪や頭皮へ負担がかかる
  • かぶれ症状を引き起こす可能性がある
  • 準備・片付けが面倒

髪の内側へ色素を入れるため、一度で髪がしっかりと染まり、色持ちが長く続くのは非常に嬉しい点ですね。

また、ひと昔前は髪全体を真っ黒に染めるタイプの白髪染めしかありませんでしたが、ここ近年は薬剤の開発が進み、明るい髪色を楽しめる白髪染めも増えてきました。

おしゃれの幅が広がる一方で、こんなデメリットも。

ヘアカラーはどんな髪質でも色が入るように、強い薬剤が使われています。そのため、髪や頭皮へかなりの負担がかかってしまうんです。特に先程伝えた髪色を明るくするタイプの白髪染めは、髪の色素を破壊する“アルカリ剤”が多く含まれているため、髪へかなりのダメージがかかってしまいます。

さらに、白髪染めに高確率で含まれている“パラフェニレンジアミン”や、“トルエン-2,5-ジアミン”などの化学染料は、アレルギーを引き起こす可能性があります。

へアマニキュア

同じく、ヘアマニキュアもドラッグストアや百貨店に数多く置かれています。

クリームタイプやコームジェルタイプのヘアカラーと見た目が少し似ていますが、実際のところは髪が染める仕組みから入っている成分まで、全く異なる白髪染めです。

髪が染まる仕組み

髪の内側に色素を入れるヘアカラーとは違い、ヘアマニキュアは髪の外側に色をつけていきます。

髪の内側にあるメラニン色素を破壊せず、イオン結合を使用して色をのせていきます。

さらに詳しい内容についてはこちらの記事をご覧ください。

メリットとデメリット

ヘアマニキュアのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 髪や頭皮にやさしい
  • かぶれ症状が起きることがほぼない
  • いやなにおいがしない

【デメリット】

  • 色持ちが短い(2~4週間)
  • 明るい髪色にすることができない
  • 汗で色落ちしやすい

ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングして色をつけるので、痛みやダメージはほぼありません。

また、ヘアカラーに含まれているアレルギー物質が入っていないため、かぶれ症状が起こる可能性もかなり低いです。さらに、ヘアカラー独特のツンとしたにおいの成分、アルカリ剤も入っていないのでいやなにおいがしません。

一方、髪の内側に色を入れるわけではないので褪色がやや早め。そして、髪の色素を抜かずに、もともとの髪色に色をのせていくので、明るい髪色にすることができません。

よく髪色を紫にしている年配の方がいらっしゃいますが、あれは白髪頭に紫のヘアマニキュアをつけているためです。従って、まだ白髪が少なく黒髪が多い人は、あのようにカラフルな髪色にすることができません。

どちらが白髪を染めることに適しているの?

ヘアカラーとヘアマニキュア、それぞれの違いは大体お分かり頂けましたか?

では、あなたの白髪はどちらで染めればいいのでしょう。気になるところですね。

年代や髪・頭皮の状態によって使用する白髪染めを決めていきましょう。

若白髪が生えている場合

白髪が生えてくる平均年齢は35歳前後と言われていますが、それよりも若い世代(10代~20代)に生えてくる白髪を“若白髪”と呼んでいます。

若白髪が生えてくる原因のほとんどは、ストレスや食生活の乱れによるものです。そのような場合は、まだ髪や頭皮は健康に近い状態。そのため、ヘアカラーとヘアマニキュア、どちらを使っても構いません。

おしゃれに敏感な年頃でしょうから、頻繁に使用しないのであれば、明るい髪色にする白髪用ヘアカラーを使っても大丈夫です。

白髪が生え始めてくる30代~40代

ポツポツと白髪が気になり始めてくる30代~40代の方は、加齢が原因であることがほとんど。髪や頭皮が徐々に衰えてきた証拠なので、この先のことも考えるのであれば、ヘアマニキュアを使った方が良いでしょう。

まだ白髪の本数が少ない場合でもヘアマニキュアの使用をおすすめします。

白髪率が高くなってくる50代以降

白髪が髪全体の2割~3割を占めるようになってきたら、ヘアカラーはもうやめてヘアマニキュアを使いましょう!

先程もお話しましたが、ヘアマニキュアはもともとの髪色に色をのせていくため、白髪面積が増えるほど、カラーバリエーションが増えてきますよ♪

髪が傷んでいる・頭皮が荒れている

髪や頭皮の状態が良くない人も、ヘアカラーの使用はやめて、ヘアマニキュアを使いましょう。ヘアマニキュアは髪をコートするので、髪が傷んでいても艶を出して、きれいに見せることができますよ。

また、ヘアマニキュアは地肌につけずに髪を染めるものなので、頭皮環境が悪化している方にもおすすめ。

どうしてもヘアカラーを使いたい!そんな人は

髪や頭皮にやさしいとは言え、明るい髪色にできない・色持ちが短いのが弱点のヘアマニキュア。

「ヘアカラーのようにもっと明るい髪色にしたい」

「忙しくて白髪染めをしている時間がなかなかないから色持ちは長い方がいい!」

そのような意見のヘアカラー派もいらっしゃると思います。そんなときは、頭皮に負担をかけない技【ゼロテク】と、髪を傷ませないヘアケアをしていきましょう。

ゼロテクとは?

ゼロテクとは、地肌にカラー剤をつけずに髪に色をのせていくテクニックです。

プロの美容師さんが行っている技なので、素人の私たちにはかなり難易度の高いものだと思います。特に1人で行うのはかなり難しいため、この作業を行う場合は、誰かにカラー剤を塗布してもらいましょう。ゼロテクではありませんが、根元に油分の多いクリームを塗ってカラー剤が付くのを防ぐのもひとつの手です。

ちなみに美容院ではヘアマニキュアを使う際に、このゼロテクという技を使っています。

髪を傷ませないヘアケアとは?

ヘアカラーに含まれる化学成分は髪を傷ませる力が強いため、徹底的なヘアケアを行う必要があります。まずは洗浄力の強いシャンプーの使用は控え、アミノ系シャンプーに切り替えるところから始めていきましょう。

また、洗髪後は毛先にオイルタイプのトリートメントを揉みこんで、キューティクルが傷むのを防ぎましょう。髪の保護膜であるキューティクルは、外部の刺激に弱いため、日頃からドライヤーの熱、紫外線などにも気をつけていかなければなりません。

まとめ

案外使ったことがないという人が多い白髪染め、ヘアマニキュア。

色持ちは短いし、明るい髪色にすることはできませんが、それでもこの先ヘアカラーを使っていくよりかは、うんと髪や頭皮へのダメージを抑えることができますよ。

白髪が気になり始めてきたみなさん、今後は是非、髪や頭皮に負担が少ないヘアマニキュアを使ってみてはいかがでしょうか。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-ヘアカラー

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.