白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

ヘアカラー

白髪用ヘアカラー、正直おすすめできません!その理由とは?

投稿日:

白髪が生えてお困りのみなさん、現在どんな白髪染めをお使いでしょうか?

泡タイプの白髪染め、クリームタイプの白髪染め、液状タイプの白髪染め…。

えっ!まさか白髪用のヘアカラーを使っているんですか!?

その白髪染め、実は髪や頭皮に大きなダメージを与えていることをご存知ですか?今回は白髪用ヘアカラーに隠された、恐ろしい悪影響についてお伝えしていきたいと思います。

髪がどんどん傷む!?ヘアカラーはハイリスクローリターン

みなさんが現在使っている泡タイプやクリームタイプ、液状タイプの白髪染めは、全て【ヘアカラー】というジャンルのカラー剤に該当します。

ヘアカラーは黒髪を染めるタイプのものだけではなく、白髪を染める白髪用ヘアカラーもあるんですよ。詳しい内容はこちらの記事に書いてあります。

ヘアカラーって?

白髪染め界のみならず、髪を染めるカラー剤の世界では最もポピュラーなものです。

染毛力がとっても優れているので、いったん染めると2ヵ月~3カ月ほどは色が持ちます。もちろん、髪を洗ってもすぐに色は落ちません。カラーバリエーションも豊富で、明るい色から暗い色まで、様々な髪色を楽しむことができます。

と、ここまで聞くとなんだか魅力的なカラー剤ですが、実はこのメリット以上に恐ろしいデメリットが潜んでいるのです。では次に、ヘアカラーが髪を染める仕組みについてお話していきましょう。

髪が染まる仕組み

髪の表面には【キューティクル】と呼ばれる、保護膜のような門があります。

ヘアカラーには、この門をいとも簡単に開いてしまう【アルカリ剤】が入ったタイプと、入っていないタイプのものがありますので、それぞれのタイプで髪が染まる仕組みをお話していきますね。

アルカリ性タイプ

まず、ヘアカラーに含まれているアルカリ剤で髪のキューティクルを開いていきます。

そこへ手下の【過酸化水素水】を送り出します。アルカリ剤は過酸化水素を酸素と水に分解させて、先に酸素で髪の色素をドンドン破壊していきます。

そしてその後、酸化染料を突入させて、酸素の力で発色し、髪を染めていくのです。酸化染料は発色すると、体のサイズが大きくなるため、キューティクルが開いていても外に出ることができません。従って、色が髪の内部で定着していくのです。

髪の色素を破壊する力が強いため、明るい髪色に染めるヘアカラーはこのような仕組みになっているものが多いです。

酸性・中性タイプ

アルカリ剤が入っていないタイプは、酸性・中性タイプと呼ばれます。

今回は親分のアルカリ剤がいないため、過酸化水素と酸化染料だけで何とか髪を染めなくてはいけませんね。しかし、過酸化水素水と酸化染料は息ぴったりのパートナー。

まずはヘアカラーの水分を利用して少しずつキューティクルを開きます。そこに、過酸化水素が自らの力で分解して発生させた酸素を送り込んでいきます。あとは先程のアルカリ性タイプと同じ仕組みで、酸化染料が発色し、髪が染まっていくってわけです。

でもやっぱり、親分のアルカリ剤がいないとまだ半人前な過酸化水素水。自らの力だけでは酸素を発生させるスピードも遅いため、髪の色素をたくさん破壊することはできません。従って、暗い髪色に染めるヘアカラー(髪色戻しなど)はこのような仕組みになっているものが多め。

髪の色素を破壊するほど髪への負担は大きい

ヘアカラーが髪を染める仕組みは何となく理解できましたか?

しかし、何がデメリットなのかよくわからないという方が多いと思います。

先程伝えた髪が染まる仕組みの中で「髪の色素を破壊する」とお話しましたね。まさしくこれが髪へのデメリットナンバーワンなんです。

髪を脱色する【ブリーチ】という施術は、縮毛矯正の次に髪へダメージを与えると言われています。

驚くことに、白髪染めにもこのブリーチ効果はあるんです。特に、明るい髪色に染めるタイプの白髪染めは、黒髪を脱色させるブリーチ力、白髪をしっかりと染める染毛力と、ともに強くなっています。なので、せっかく白髪が染まっても、その分かなりのダメージが髪に襲い掛かってしまうんです。

怖すぎ!ヘアカラーの内容成分

ヘアカラーが悪影響を与えるのは髪だけではありません。頭皮にだってしっかり打撃を与えてきます。

かぶれ危険度ナンバーワン!酸化染料

特に注意したいのが、ヘアカラーに含まれる酸化染料です。なぜならば、こいつは私たちの髪をしっかり染めながらも、ある日突然アレルギー物質として私たちを苦しめる裏切り者に変身してしまうことがあるからです。

語尾に“ジアミン”は要注意

酸化染料の中でも、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンといった、語尾に“ジアミン”とつく成分には注意してくださいね。

このジアミン系染料たちは、染毛力に大変優れていますが、一度アレルギーにかかってしまうと容赦ありません。痒みや赤み、湿疹などのかぶれ症状から始まり、ひどい場合は吐き気や頭痛などを引き起こすことも。

もちろん語尾にジアミンとつかない酸化染料も注意が必要です。気をつけてほしい酸化染料は以下のものがあります。

パラフェニレンジアミン、パラトルエンジアミン、オルトフェニレンジアミン、パラアミノフェノール、メタアミノフェノール、オルトアミノフェノール など

その他の化学成分にも十分警戒して

アレルギーを起こす可能性はあまりありませんが、酸化染料以外の成分にも警戒していかなければいけません。

酸化染料のパートナー、過酸化水素水も刺激が強く、頭皮へかなりのダメージを与えます。他にもアルカリ剤や過硫酸アンモニウムなどが含まれているヘアカラーは十分注意してください。

美容師が語る!市販品の白髪用ヘアカラー

アレルギー体質の方ならともかく、美容院に行くと大半の方はヘアカラーで白髪染めをされますよね。

しかし、先程までお話していた白髪染めの恐ろしさは、あくまでも“市販品の”白髪染めについてですから安心してくださいね。

確かに美容院で使うヘアカラーにも、アルカリ剤や酸化染料は含まれていますが、美容院ではキチンとみなさんの髪や頭皮の状態に合わせて、美容師さんが使う薬剤を変えてくれています。さすが髪のプロですね。

そんな髪の専門家に、市販品の白髪用ヘアカラーの恐ろしさを聞いてみました。

使ってはいけない白髪染め第1位とは?

使ってはいけない白髪用ヘアカラー第1位はなんと“泡タイプ”の白髪染めだそうです。

泡タイプの白髪染めは部分染めというより、髪全体を染めるのに適していますよね。どうやらこれがダメなようです。

と言うのも、白髪が目立ってきた根元以外は、本来染める必要がないからです。染める必要のない箇所にもカラー剤をつけることによって、髪が傷み、ゴムのように伸びてしまうため、使うのはおすすめできないとのことでした。

暗い髪色に染まる白髪染めでも安心しないで!

髪を脱色させない白髪染めは、髪が傷まないと思っている方が多いようですが、これは大きな間違いなんだそう。

美容院のヘアカラーはお客さんの髪質や痛み具合によって薬剤を変えることができますが、市販品の白髪染めはそうもいきません。どんな髪質でもしっかり染まるように薬剤を強くしているので、暗い髪色にする白髪染めだからといって使い続けていると、髪がどんどん傷んでしまうみたいです。

まとめ

ヘアカラーは、百害あって一利なし!までとは言いませんが、メリットは染毛力に優れていて、色持ちが長いということだけ。使い続けることによって、髪は傷み、頭皮はボロボロ…そんなの嫌ですよね。この先も長い付き合いになる白髪。髪や頭皮を守っていくためにも、白髪用のヘアカラーを使うのは今日でおしまいにするべきです。どうしてもヘアカラーをしたい場合は、美容院でプロにお任せしちゃいましょう♪

-ヘアカラー

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.