白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

ヘアカラー

美容院ではどんなヘアカラーを使って白髪染めをしているの?

投稿日:

みなさんは普段、美容院での白髪染めとセルフでの白髪染め、どちらを選んでいますか?

美容院の白髪染めといえば、市販品の白髪染めと違って、仕上がりも手触りも文句なしですよね。

もちろん、プロの手によって染めてもらっているからということもありますが、仕上がりの良さはそれだけの理由ではないんですよ。

実は、使っているカラー剤にも秘密が隠されているってご存知でしたか?

そこで今回、美容院ではどんな白髪染めを使っているのか調査してきました!

美容院でのグレイカラーはどんなカラー剤を使用しているの?

美容院では一般的なおしゃれ染めのことをファッションカラー、白髪染めのことをグレイカラーと呼んでいます。グレイカラーをする際はどんなカラー剤を使っているのでしょうか?

基本はクリームタイプのヘアカラー

ドラッグストアや百貨店で販売している白髪染めの中で、最も多いのはクリームタイプのヘアカラーです。では、美容院で使用している白髪染めは何かと言いますと・・・。

同じくクリームタイプのヘアカラーなんですね。しかし、市販品の白髪染めと違って、どんな髪質でも染まるようなヘアカラーは使っていません。1人1人の髪質やダメージ状態に合わせたヘアカラーを調整してつくっています。

敏感肌・アレルギーの人にはヘアマニキュア

ヘアカラーでかぶれやすい方、アレルギーを引き起こす方は、ヘアマニキュアで白髪染めをしてもらいます。

ヘアマニキュアはヘアカラーと違って、髪の外側のみに色をつけるカラー剤。そのため、色落ちはやや早くなってしまいますが、髪へのダメージを大幅に軽減することができます。また、ヘアマニキュアは地肌につけないため、頭皮への負担もかかりません。

ヘナや香草カラーを使う場合も

お客さんの希望や、相談によってはヘナ(植物染料)や香草カラーを使用する場合もあります。

ただ、全ての美容院がヘナや香草カラーを扱っているわけではありません。ですから、使いたい場合は、事前にヘナや香草カラーを扱っているのか確認するようにしましょう。

美容院で使っているヘアカラーとは?

美容院で使っているヘアカラー、気になりますよね。ドラッグストアや百貨店で買うことができない美容院の白髪染め、どんなものを使っているのか少しだけ覗いちゃいましょう。

ヴィラロドラ・カラー(ミルボン)

健康志向や環境保護について意識の高いオーガニック思考の方のためにつくられた、92%天然由来のヘアカラーです。世界初のオーガニック認証機関「ICEA」の認証を取得しています。

ヤシ由来のロウを配合して、白髪染め独特のにおいも大幅にカットされているところも嬉しいポイント。アルカリ剤や過酸化水素水の配合量を減らし、植物の力を利用して髪を染めるため、繰り返し使用しても艶やかな髪が続きます。

カラーストーリーiプライム(アリミノ)

ローズウォータージェルとオーガニックシアバターを配合し、アルカリ剤の配合量を抑えてつくられたダブル美容液ヘアカラー。潤いを与えながら白髪染めをするため、髪への負担もかなり軽減されます。

ケアテクト・OG・クイックカラー(ナプラ)

ヘアカラー頻度が高い方、できるだけ早く染めてしまいたい方に対応したヘアカラーです。従来のケアテクト・OG・カラーの品質はそのままに、放置時間がたった10分という速さに短縮された白髪染めです。幅広いニーズにお応えできるのも魅力的ですね。

コレストン・パーフェクト・リッチ(ウエラ)

色彩学に基づいた色設計で、ファッションカラーと同じようにグレイカラーを行うことができます。明るい髪色を保ちながらも、濁りなく綺麗に白髪を染めることができるヘアカラーです。

 

美容院で扱っているヘアカラーのほとんどはサロン専売品なので、手軽に手に入れることができません。たまにネット通販で販売していることもありますが、偽物や類似品を売っている悪質なサイトもありますので注意が必要です。

また、今紹介したヘアカラーは市販品の白髪染めに比べて値段も少し高いため、使いたいのであれば美容院で直接使用してもらった方がベストだと思います。

美容師がおすすめする市販品のヘアカラーとは?

では、もっと簡単に手に入るベストな白髪染めはどんなものがあるのでしょうか?最後に、美容師がおすすめする市販品の白髪用ヘアカラーをいくつかご紹介していきたいと思います!

ビゲン・香りのヘアカラー・贅沢アロマの香り・クリーム(ホーユー)

パッケージ通りの自然な髪色に染めることができますが、白髪は少しキラキラ目立つかもしれません。しかし、付属のアイテムが使いやすいので、初心者の方にもおすすめできるヘアカラーです。余った薬剤は保管することができますので、部分染め、リタッチカラーにも適しています。ツンとしたにおいがないのもGOOD。

ブローネ・ワンプッシュカラー(花王)

名前の通りワンプッシュで2つのクリームが出てくる白髪染めです。薬剤を混ぜ合わせる必要がないので便利ですね。傷みも他のカラー剤に比べると少ない方なので、こまめに使っても安心できるでしょう。

サロンドプロ・ワンプッシュクリーム・ヘアカラー(ダリヤ)

こちらも薬剤を混ぜなくていい、ワンプッシュタイプ。染まり具合が良く、臭いも少ない優秀な白髪染めと言えます。この商品もパッケージ通りの色に染めることができますよ♪

使っちゃだめ!な白髪染め

泡タイプの白髪染めは使いやすく全体染めに適しているため、初心者から人気ですが、正直おすすめできませんし、美容院でもこのタイプのヘアカラーは扱っていません。

髪が傷んだり軋んだりしてしまうので、手間がかかってもクリームタイプの白髪染めを使った方がダメージは少ないでしょう。

まとめ

セルフカラーに比べて仕上がりや手触りが最高な美容院の白髪染め。

美容師さんのテクニックもですが、使用するヘアカラーによってもここまで差が出るものなんですね。どうせ白髪を染めるなら質の良いヘアカラーで染めたいところですが、美容院で扱っているヘアカラーは値段も高く、サロン専売品が多いため、なかなか手に入れることができません。やはり、良質なカラー剤で白髪染めを行うのであれば美容院で染めてもらうのが一番良いでしょう。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-ヘアカラー

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.