白髪染めが肌(皮膚)についたときの正しい落とし方を場所別にご紹介

「うわ~!白髪染めが皮膚についちゃった!」という経験をお持ちの方、どんな落とし方をこれまで試しましたか?

色々な落とし方を実践してみたけど、どれもあんまり効果なかった…という方は、正しい落とし方ができていないのかもしれません。

そこで今回は、白髪染めが肌についてしまったときの正しい落とし方を、みなさんに共有していきたいと思います!

白髪染めを肌につけると、どうして色が残ってしまうの?

白髪染めの正しい落とし方をご紹介する前に、まずはどうして白髪染めが肌につくと、色素が残ってしまうのか、その仕組みについて解説していきましょう。

髪と肌が同じ成分でできている=色素がつくのも当たり前

ヘアカラーや白髪染めで髪の毛が染まる仕組みのカギはたんぱく質です。

私たちの体の外側、髪の毛・爪・肌の角質などは、固い性質を持つケラチンタンパクが主体です。

一方、体の内側、肌内部や内臓は、柔らかい性質のコラーゲンタンパクが主体で構成されています。

髪の毛と肌は同じたんぱく質…つまり、髪の毛に色がつくなら、肌にも色がついてしまうわけですね。

ただし、髪の毛はキューティクルをはがして、内部に色をつけるので持続しますが、肌に付着したものは一時的に色がつくだけなので、新陳代謝とともに剥がれ落ちます。

放っておくのはNG!白髪染めは色素沈着型のかぶれも招く可能性アリ

皮膚についても新陳代謝で落ちるから大丈夫・・・と安心するのはまだ早いですよ~。

白髪染めには、毛皮・羊毛の染色やインクのブルーブラックの原料としても使われている“ピロガロール”という化学物質が長年使われています。

この成分が皮膚につくと、アレルギーの原因になるだけでなく、何と色素沈着も起こしてしまうことがあるんですね。

また、白髪染めには他にもジアミン系の染料や過酸化水素水、アンモニアなどかぶれ(接触皮膚炎)の原因物質がたくさん入っています。

接触皮膚炎は、たいてい皮膚が赤くなったり痒くなったりするものですが、稀にこういった症状が出ない「色素沈着型かぶれ」を起こしてしまうこともあるんです。

白髪染めが皮膚についたらどれぐらいで落とすのがベスト?

色素沈着を防ぐためにも、白髪染めが肌についたら、まずは白髪を染めることよりも肌の汚れを落とすことを優先しましょう。

ここで一旦、小テストを出したいと思います。

  1. 洗顔したてのすっぴんの肌に毛染め剤が付いた(皮膚本来の保護がない)
  2. メイクした肌の上に毛染め剤が付いた(メイクのおかげで皮膚に保護がある)

上記のうち、どちらがより早く、白髪染めを落とせると思いますか?

そうです、②なんですね。

白髪染めが肌に付着してから落とすまでの時間が同じでも、そのときの肌状態で、毛染め剤の付着はスピードが異なります。

つまり、①の何も塗っていないまっさらな肌は、毛染め剤の付着が加速しますから、②のメイク後よりも、白髪染めが肌に残りやすいということなんですね。

とはいえ、白髪染めはついたらできる限り早く落とすことが一番。

もしも肌に色が残ってしまったトキは、肌の新陳代謝を良くする食事で、身体の内側から栄養補給に努めましょう。

それでは、場所別に最適な落とし方を次の項目でご紹介していきます。

場所別の落とし方

落とし方は巷で様々な方法を紹介しています。クレンジング、灰、除光液、歯磨き粉などなどですね。

しかし、汚れを落としたいからといって、ゴシゴシ擦り、肌を傷めてしまっては本末転倒。

負担が軽く、かつ効果が発揮できる方法が一番なので、場所別(皮膚別)に、最適な落とし方を見ていきましょう。

頭皮に白髪染めがついたときの落とし方

頭皮についた白髪染めは、放置時間内は落とせません(白髪も染まらなくなっちゃいますからね)。

そこで、放置時間が過ぎてシャンプーをする前に、「乳化」をしっかり行いましょう。乳化をすることで頭皮についた染毛剤をきれいに落とせます。

乳化のやり方

まずぬるま湯を少量、髪の毛にたらし、乳液状の硬さになるように、染毛剤となじませていきます。

このとき、指の腹を使って、地肌や生え際に円を描くように軽いマッサージをします。

10分程度行ったら、染毛剤の色が出なくなるまでよくすすぎシャンプー&トリートメントです。

乳化をしてシャンプーしたにもかかわらず、まだ地肌に染毛剤が残っているときは、一端髪の毛を乾かしてから、地肌全体にクレンジングオイルを塗ってそのまま少し放置⇒優しくマッサージして洗い流しましょう。

このとき使うクレンジングオイルは、水で洗い流せるタイプがおススメです。

繰り返し行っても効果は期待できませんので、翌日もう一度シャンプー前に行ってみてください。

こめかみに白髪染めがついたときの落とし方

こめかみについた染毛剤の落とし方は2通りです。

染毛中にこめかみについた

染毛中、こめかみに白髪染めが付着した際は、すぐにティッシュかコットンでふき取ります。

その直後、水で濡らしたコットンなどでもう一度ふき取っておくと安心です。

染毛後、こめかみについていたのを発見した

白髪染めを終えてホッとしたのも束の間、鏡を見てこめかみに白髪染めが付いているのを発見したら、すかさずクレンジングオイル(油性のメイク落としなら他の物もOK)と蒸しタオルをご用意ください。

そして蒸しタオルで肌を柔らかくした後に、クレンジングオイルを馴染ませていきましょう。

2、3分そのまま放置したら、蒸しタオルまたはコットンなどでふき取って、せっけんなどで洗います。

手に白髪染めがついたときの落とし方

手についた染毛剤も、油性のメイク落としを手に馴染ませてから石鹸で洗い落とします。

爪に白髪染めがついたときの落とし方

爪の場合は、まず手についた染毛剤の落とし方で一度汚れを落とし、次に爪の部分だけ歯磨き粉を使い指の腹で爪磨きをします。

耳や耳の後ろ、襟足に白髪染めがついたときの落とし方

顔周りの染毛剤の落とし方は、こめかみと同じ方法がおススメです。

落とし方のコツ

落ちにくい汚れは油を使うのが一番なので、基本は油性のメイク落としが肌にやさしくてかつ洗浄力に優れています。そのあとに石鹸で洗い流すのがよいでしょう。

先に石鹸で洗い、そのあとメイク落としというのは、汚れを浮かすことができにくいので効果が半減します。

また、一度に何度繰り返しても効果は出ませんので、数時間開けてまた試す方が効果的です。

白髪染めは種類によって色の残り方が違う!?

白髪染めの色が肌に残る仕組みや危険性をお伝えして参りましたが、これまでお話してきたのは、あくまでも白髪染めヘアカラーのお話です。

実はヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなど、使う毛染め剤が変われば、肌への色素沈着を最小限に抑えることができます。

それではここで、各白髪染めが肌に付着した際、どれほど色が残ってしまうのか比較してみた写真をご紹介致しましょう。

白髪染め 肌に付着

写真は左から白髪染めヘアカラー、オハグロ式白髪染め、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントを塗り、5分放置してから水だけで洗い流しているときの様子です。

いかがでしょう?クッキリと色が残っている白髪染めヘアカラーやヘアマニキュアに対し、唯一ヘアカラートリートメントのみ、そこまで色が残っていませんね。

つまり、ヘアカラートリートメントなら、前項でご紹介したような手間暇かけることなく白髪染めを落とすことができ、かつ白髪もしっかりと染めることができるというわけです。

色素沈着を避けたい人必見!肌についてもすぐに落ちる白髪染めBEST3

それでは、肌についてもすぐ落ちる、安全性の高い白髪染めをランキング形式で3つご紹介致しましょう。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

染料

  • イオン色素
  • ナノ分子カラー
  • 天然由来 植物色素

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

髪や頭皮への負担が少ない3つの染料を配合している『利尻ヘアカラートリートメント』は、肌にうっかり付着しても安心の白髪染め。

利尻ヘアカラートリートメント 肌 付着

ご覧のように、生え際に付いても、あまり色が残りません。さらに、ご使用前に手を水で濡らしておけば、素手でお使いいただいても汚れが簡単に落ちます♪

「え~、そんな簡単に落ちるなら、染まりもイマイチなんじゃないの?」と思ったみなさん!

安心してください、利尻ヘアカラートリートメントは染まりもバッチリです。

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン 2

画像は一番人気のダークブラウンを使って、白髪50%の毛束を染めたものです。

1回目でしっかりと色が入り、2回目は、より自然な髪色に仕上がっていることがわかりますね。

また、トリートメント効果の高い天然成分がたくさん配合されているので、指通りもなめらか♪

特に、トリートメント成分には利尻の特徴とされる利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されています。

フコイダンは昆布のネバネバに含まれている成分で、驚きの保水効果を持っているんです。

そのため、髪の水分をしっかりとキープして、ツヤのある髪に仕上げることができるってわけですね。

こちらの商品は現在、公式サイトにて初回価格1,000円オフで購入することができます。肌に汚れを残したくない方や、肌質が弱い方は、是非お試しいただくことをおすすめします。

【第2位】ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

染料

  • 塩基性染料
  • HC染料
  • 天然染料

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

『ルプルプ(LpLp)ヘアカラートリートメント』は、皮膚だけでなく、浴槽や洗面台に付いてしまったときも、流すだけで簡単に落とせる白髪染めです。

肌にべったり付いてしまっても、石鹸を付けて洗えばOK!頭皮や生え際に付いてしまった場合も、シャンプーや洗顔料で楽々落とすことが可能です。

ルプルプ LPLP 口コミ 評判 2回

こちらも利尻同様、1回目でしっかりと色が入ります。

ルプルプの場合は、天然成分がキューティクルを保護してくれるため、色持ちが長いのも特徴。

さすがに白髪染めヘアカラーやヘアマニキュアに比べると色持ちは長くありませんが、それでも約1週間ぐらいは白髪をキチンとカバーすることができます。

【第3位】プリオール カラーコンディショナー

プリオール カラーコンディショナー

染料

  • 酸性染料

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

薬局やドラッグストアでも見かける『プリオール カラーコンディショナー』は、上位2商品とは違い、酸性染料を使った白髪染めです。

プリオール ヘアカラーコンディショナー 手

染料だけで見るとヘアマニキュアに該当しますが、染毛力はいたってマイルドなので、手に付いてしまったときも比較的すばやく落とすことができます。

プリオールは試供品用のミニサイズも販売していますから、手に付いてもすぐ落ちるのか確かめたい方は、そちらを利用してみてもいいかもしれませんね。

ちなみに公式サイトからですと、本品+ケアシャンプー+特性ブラシがセットでお得に購入できます。

こちらの限定セットキャンペーンは色がなくなり次第終了となりますから、お早めにご注文くださいね!

【番外編】白髪染めが皮膚についたときの落とし方【海外版】

ヘアスタイルに悩む人は日本人だけではありません。

ヘアカラーや白髪染めは世界中で使われていますから、皮膚についたときの落とし方のお悩みはどこの国でも同じようです。

そこで最後に、ファッションやコスメで注目されるフランスのカラー剤の落とし方をご紹介します。

お国柄で使われる品物も違いますが、これは使えそう、という面白い一品もありますよ。

フランス流白髪染めの落とし方
  • 灰・歯磨き粉・除光液⇒肌に乗せて落とす(粒子が反応して落ちるとか…)
  • オキシフル⇒2滴ほど、シャンプーに混ぜて使う
  • レモン⇒柔らかい布にしぼり汁をしみ込ませ、白髪染めが付いた部分をふき取る
  • アストリンゼン(引き締め化粧水)⇒アルコール成分で落とす
  • 塩⇒おおさじ1杯のオリーブ油に対し、小さじ1杯の塩を混ぜて使う
  • 砂糖⇒少量のクレンジングミルクに砂糖を少しだけ加えて使用する
  • バナナの皮⇒内側の白い部分で皮膚をひたすら擦る

かなり過激じゃない?という方法や、笑える方法もありますね。

なぜ、クレンジングミルク+砂糖なのかはわかりませんが、バナナの皮というのはアフリカ移民の多い国なので、バナナが多く取れる国の簡単な汚れ落としが移民と一緒にフランスに渡ったのかもしれません。

とはいえ、皮膚を擦ることは肌を傷めてしまうことになるので、試してみたい方は、十分注意して行ってくださいね!

まとめ

皮膚も髪の毛も同じたんぱく質でできているので染毛剤の色がついてしまうのですね。

ついてしまったら、「時間をおかずにすぐ落とす」を基本にしましょう。

そして、場所別に適した肌に負担をかけない、かつ効果的な落とし方を利用しましょう。

番外編でご紹介した落とし方は、ぜひ笑い話に使ってくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です