ジアミンだけじゃない!?白髪染めでかぶれる一番の原因とこれからの白髪対策、教えます!

ジアミン=かぶれる原因

白髪染めでかぶれたことがある人って、まずこのようなイメージを抱く人は多いと思います。

確かに白髪染めの”かぶれ”ってジアミンやパラベンと言った成分が原因となることは多いですし、

どれだけかぶれた白髪染めを使い続けるのがヤバいのかを紹介する画像

上のような重篤な症状に繋がる可能性がある…なんて知ってしまうと、怖くて白髪染めを続けていこうとは思えないですよね。

でも、実は白髪染めのかぶれって、ジアミンやパラベンと言った成分以外にも原因があるんです!

今回はそんな白髪染めでかぶれる原因と、かぶれた人のこれからの白髪対策についてお話していこうと思います。

かぶれも気になるけど、どうしても白髪がある状態が嫌!と考えている人はぜひ参考にしていってくださいね。

白髪染めの『かぶれ』は成分が原因じゃない!

白髪染めのかぶれは成分が一番の原因じゃない!

まず覚えておいてほしいのがココ!

白髪染めしてかぶれた人のほとんどが、ジアミンやパラベンといった成分が原因と考え、ジアミンフリーやノンジアミンといった商品に目が行くと思います。

…が、そもそもジアミンやパラベン不使用=かぶれない白髪染めと考える事自体が間違っているんですよ。

『かぶれ』の一番の原因は頭皮に染料や薬剤が付くこと

というのも、実は白髪染めでかぶれる一番の原因は、『頭皮に染料が付くこと』。

本来体にとって不必要な刺激のある異物が肌に付き、体が反応することでかぶれが起きてしまいます。

つまり、ノンジアミンと書かれている白髪染めでもかぶれることがあるってワケです。

そのため、ノンジアミンと書かれている白髪染めでも頭皮に付くことで下のような一時的、かつ軽度の症状があらわれる場合もあります。

  • 染料が付いた場所だけ、赤くなったり痒みが出たりする
  • 放置中に若干痒みがあったりピリピリ傷んだりする程度
  • ぱっと出るが治りも早い

そう考えるとかぶれずに白髪染めしていく為には、頭皮に付かないようにする、もしくは頭皮に付いても比較的安全な白髪染めに切り替えていくことが大切だと言えますね。

『頭皮に付かないようにする』事自体はとても難しい!

ただ、頭皮に付かないように白髪染めすること自体、かなり難易度は高いです。

美容師のようなプロでも、100%頭皮に付かないように白髪染めすることはできませんし、セルフ染めするのであれば、絶対に頭皮に染料は付いてしまいます。

早い話、完璧に白髪染めを頭皮に付けないようにすること自体が出来ないからこそ、頭皮に付いても比較的安全な白髪染めをすることが、かぶれを少しでも軽減する一番大切ってワケです。

だからこそ、かぶれを気にするのであれば商品の成分表をみて、過酸化水素・酸化剤・界面活性剤・鉱物油・タール色素などと言った成分が使われていないかどうかは、まずチェックしておくようにしましょう。

かぶれた人のこれからの白髪対策で気を付けてほしい3つのポイント

白髪染めでかぶれたことがある人はこれからの対策として3つのポイントが大切

とは言え、この先かぶれを気にせずに白髪染めしていく為には、成分だけに注意するだけでは意味がありません。

先ほども言いましたが、かぶれの根本的な原因は頭皮に染料が付いてしまう事。

だからこそ、これからお話する3つのポイントも大事になってくるんですよ。

塗布する時間が短い事

白髪染め商品の中には、ジアミンやパラベンが不使用と書かれている商品もあれば、無添加と書かれている商品も見かけることが多いですが、別な成分が原因でかぶれるかは個人差があります。

そのため、なるべくかぶれない白髪染めを選ぶときは、まず頭皮に付く時間が短いかどうかチェックしておくようにしましょう。

ちなみに具体的に言うと危険な薬剤不使用かつ、放置時間が長くて30分程度で済むかどうかで見ておくと良いですよ。

白髪を”染める”のではなく”目立たなくさせる”ことに注目する

そしてこれは意識的な話になりますが、かぶれを気にするのであれば”染まりの良さ”よりも、”どれだけ白髪が目立たなくなるか”に注目するのが大切です。

というのも、白髪染めってどれだけかぶれの症状に耐えながら行っても、ある程度日にちが経てば色落ちして白髪は目立ってしまいますよね。

もっと言うとそもそも白髪を”染めたい”理由って、『白髪の無い髪色にしたい』のが一番であって、『髪の中まで染め切る』行為は手段の一つなはず。

逆に考えると別に髪の中まで染め切らなくても、白髪が目立たなくなれば問題はないわけです。

だからこそ、かぶれを気にするのであれば白髪を目立たなくさせることが出来るかどうかに注目することが大切になってくるんですよ。

パッチテストの必要性を明記していること

ただ、かぶれの原因は先ほど話したようにジアミンだけが原因ではありませんし、『何が原因でかぶれが起きるのか』は人によって違います。

早い話、ジアミンフリーとかかれている商品であっても、別な成分が原因でかぶれる可能性は捨てきれないってワケです。

そのため『安全な成分を使っているけど万が一のことを考えてパッチテストはしておいてください』と明記している商品から試していくようにしましょう。

条件を満たしているのがズバリ『カラートリートメント』タイプの白髪染め

かぶれない為の条件を満たした白髪染めはズバリ『カラートリートメントタイプ』

そして、上記の条件を満たしているのがカラートリートメントタイプの白髪染め。

というのも、確かにかぶれにくい白髪染めだと、下のようなヘナやヘアマニキュアと言った商品も候補として浮上します。

ヘナやヘアマニキュアも『かぶれにくい』商品ではあるけど問題もある。

しかし、ヘナは植物性の染料で染めるとは言え長時間放置しなければいけないので、低刺激とは言えかぶれる可能性は少なからずあるんですよね。

加えてヘアマニキュアは染料にタール色素を使っていることもあり、頭皮に付くと落ちにくいためかぶれの原因となることもありますし。

その点カラートリートメントは1回では確実に白髪が目立たなくなる事はありませんが、放置時間が10~30分と比較的短い時間で済みますし、染料も落としやすいので頭皮の負担は少ないです。

何より、カラー”トリートメント”の為、髪や頭皮を保湿・保護してくれるので、白髪を目立たなくさせつつ綺麗な髪に仕上がってくれます。

そう考えると、これからの白髪対策として白髪用のカラートリートメントを使う事ってアリだと思えてくるはずです。

中でもまず試してほしいのが『利尻ヘアカラートリートメント』のような商品

ただ、白髪用のカラートリートメントって今まで使っていたヘアカラータイプの白髪染めと比べて染まり具合はピンキリで、中には全く染まらない商品もあります。

そこで注目してほしいのが、利尻ヘアカラートリートメントを基準にすること!

利尻ヘアカラートリートメントの商品画像

利尻ヘアカラートリートメントは、元々敏感肌の方やかぶれたことがある人でも使用できることを前提として作られていることもあって、かぶれの原因となりかねない成分は一通り使われていません。

100%の白髪毛束に利尻ヘアカラーの人気色のダークブラウンを使ってみた結果
50%の白髪毛束に利尻ヘアカラーの人気色のダークブラウンを使ってみた結果

※白髪100%・白髪50%の毛束に塗布し30分放置しています。

加えて1回でもしっかり染まってくれますし、傷んだ髪を補修・保湿する成分も多く含まれている為、使うたびに癖のないまとまった髪へ導いてくれます。

そう考えると、白髪用のカラートリートメントで悩んだら、利尻ヘアカラートリートメントから試してみるのも一つの手だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

最後にもう一度言います。

白髪染めでかぶれる原因としてジアミンやパラベンと言った成分が挙げられることが多いですが、そもそも『頭皮に染料が付くこと』自体が根本的な理由。

そのため、どの白髪染めを使ってもかぶれる人はかぶれます。

だからこそ、これからの白髪対策は『いかにかぶれの症状を小さくするか』に注目し、使う白髪染めも低刺激なものに切り替えていくことが大切です。

そしてご自身の身に起きたかぶれがこの先酷くなっていかない為にも、まずはカラートリートメントから試してみることをお勧めしますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です