ヘアカラーでかぶれた場合の薬や治療法、今後の白髪対策を解説!

ヘアカラーしたらかぶれた!なんて時の治療法は?確実にかぶれから解放されるならコレ

髪を染めた後からどうも耳の後ろやうなじ、首がヒリヒリして痛痒い…

そこでふと鏡を見てみたら「皮膚が真っ赤にかぶれている!」なんて酷い有様になったことはありませんか?

そう、ヘアカラーって見た目をオシャレにするのには大変役に立ちますが、かぶれるリスクもあって望んだ姿とは全く別ものになってしまうこともあるんです。

時間が経てば治るかなぁ…

こんな感じで安易に考える方もいますが、それではずっとかぶれたまま。

治っては腫れて治っては腫れて…と対策をしないといつまで経っても治りません。

だからこそ今回は、かぶれを治して元のきれいな自分に戻る方法についてお話したいと思います。

「すぐにかぶれを治したい」
「かぶれる心配がない方法があるならもう一度髪を染めたい」
なんて今思っていた方は必見ですよ!

所長

しっかり治して、またヘアカラーをしましょう。
かぶれないヘアカラーも後ほど紹介しますね。

ヘアカラー直後にかぶれた時の治療法は「とりあえず病院」に!

ヘアカラー直後にかぶれた時の治療法は「とりあえず病院」に!

早速ですが、結論から先に言うとヒリヒリ傷んだり痒くなったりなどのかぶれ症状が出たときは、どんな状態でもまず病院へ行ってくださいね。

というのも、実はかぶれって軽重問わず結構厄介な存在で、自分でなんとかすることができないんですよね。

今からその理由について詳しくお話したいと思います。

ヘアカラーによる「かぶれ」はどの程度でも病院へ絶対行くこと

ひどいかぶれが起きた場合は病院へすぐ向かう方が多いと思いますが、かぶれの症状が軽い場合は、

家で放置していれば治るかも…

なんて考える方もいるでしょう。

でも、自分の判断で放置しちゃうと本当はすぐ治ったはずの症状がいつまで経っても治りませんし、悪化してしまうこともあります。

だからこそヘアカラーして以下のようなかぶれの症状が起こったら、まずは病院へ向かってくださいね。

ヘアカラーによるかぶれの症状
頭皮にヒリヒリとした痛み

頭皮にヒリヒリとした痛み

頭皮や耳周り、首の後ろなどに起こるヒリヒリとした痛み。

激しいかゆみ

激しいかゆみ

我慢できないような痒み。

腫れていなくても痒みだけがあることもあります。

皮膚に赤みがでる

皮膚に赤みがでる

ヘアカラー剤に触れた部分に赤みが出来ます。

この場合はアレルギーの可能性があるので要注意

顔や頭が腫れる

顔や頭が腫れる

手だけなく髪や頭が腫れてきたら重症です。

アレルギー性皮膚炎の確率が高いので、ただちに病院へ向かいましょう。

皮膚から水が出る

皮膚から水が出る

自然と皮膚から水が出る他、かきすぎて出ることもあります。

いずれにせよ病院での処置が必要です。

こうして見てもらうとわかるように、安易にかぶれの程度が弱いからと放置してしまうと深刻なアレルギー症状が起こるなどもっと酷い目にあってしまうかもしれません。

これ以上症状を悪化させないためにも。

そしてすぐにキレイな状態に戻すためにも病院へ行くのが早期解決の近道となりますよ。

病院で処方されるお薬(塗り薬)はこんなものが多いです

ただし、病院で治療を受けたとしてもすぐにかぶれが治るわけではないということ。

これは覚えておいた方がいいですね。

というのも、ヘアカラー剤でかぶれの症状が起きたときはまず皮膚科へ治療を受けることになるんですが、このときに処方される薬は以下のような薬です。

病院で処方される薬

・ステロイド軟膏剤

抗ヒスタミン剤

これらの塗り薬はかぶれの湿疹などを抑える効果はあるものの、原因まで取り除けるわけではないんですよ。

そのため、病院で治療を受けてもすぐには治りませんし、もう一度白髪染めをすれば同じようにかぶれの症状がでてしまいます。

つまり早い話、「病院へ行けばすぐに治る!」なんてことには決してならないので気を付けてくださいね。

市販の塗り薬は買ってはダメです

病院で処方される薬は「ステロイド軟膏剤」「抗ヒスタミン剤」ということが分かりましたが、これらをドラッグストアなどで購入するのはおすすめしていません。

所長

というよりも絶対に買わないでください

かぶれの原因が素人で判断することが出来ない以上、市販の塗り薬を使うことは症状を悪化させてしまう可能性もあるのです。

お医者さんから、市販のこの薬を買っても良いなどのアドバイスがあれば別ですが、ちゃんと処方された薬を使ってください。

かぶれの原因は医者でも判断することは不可能

また、病院で治療を受けるときに注意してほしいのが、お医者さんでもかぶれの原因を突き止めるのは難しいという事。

というのも、かぶれた患者の状況を確認して原因の推測まではできますが、具体的な原因の特定や根本的な解決をすることまではできないんです。

お医者さんに出来ることは、

「ヘアカラーでかぶれた?それならもう染めない方が良い」

という忠告や、お薬を出してかぶれの症状を和らげることだけ。

つまり、かぶれの症状を完璧に治しきる治療法は今のところないということは覚えておいてくださいね。

所長

なので、最初からかぶれない方法を知っておく必要があったんですね。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

かぶれたら2度とヘアカラー出来ないってわけじゃない!

かぶれたら2度とヘアカラー出来ないってわけじゃない!

さて、かぶれたときの対処方法についてお話していきましたが、「また腫れるかもしれないけど、安全な方法があるならもう一度髪を染めたい!」って思っている方は多いはず。

ご安心ください!

一度ヘアカラーでかぶれてしまっても、次に安全なヘアカラーをきちんと選んで使えばかぶれる可能性は少なくなります。

ただ、同じ失敗を繰り返す可能性も当然あるので、今からお話するヘアカラーには気を付けてください。

かぶれの原因は成分もだけど化学反応をしているのも充分危険です

かぶれの原因といったらみなさんはまず何を思い浮かべますか?

おそらくぱっと思い浮かんだのは、ジアミンといった刺激成分や防腐剤などの添加物をイメージする方が多いでしょう。

確かに、これらの成分は髪や頭皮に触れるとかぶれの原因になります。

でも実はそれだけが原因じゃないんですよ。

というのも、ヘアカラー剤の中には1剤と2剤を混ぜて染めるタイプや既に混ぜ合わせているワンプッシュタイプのものがあります。

これって仕組みとしては、化学反応を利用して髪を染めているんです。

化学反応のおかげで髪にはしっかりと色が付きますが、代わりに化学反応で新たな刺激成分が生まれ、触れた肌に傷みや痒みといったかぶれの症状がでます。

所長

リスクを背負って髪を染めているのがヘアカラーなんです。

ドラッグストアなどでよく見かけるヘアカラー剤

つまり、ドラッグストアなどでよく見かける上の画像のような1剤と2剤を混ぜ合わせるヘアカラー剤はかぶれた経験が一度でもある人は使ってはいけないんです。

重度のかぶれは「染める」ことは避けた方がいい

そう考えると、染めることがいかに刺激を与えてかぶれの原因になっているかわかると思います。

つまりかぶれてしまった人がもう一度ヘアカラーをしたいなら、化学反応を使って染めるのではなくもっと安全な方法、要するに自然な髪色へ安全に「目立たなくする」方法に注目する必要があるってワケです。

でもそんな方法ってある?

と疑問に思っちゃうかもしれませんが自然な髪色へ安全に目立たなくさせる方法として、たった一つおすすめがあります。

所長

当ラボで最もおすすめしている方法です。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

かぶれた人必見!優秀なのは白髪染めカラートリートメント!

かぶれた人必見!かなり優秀なのは『白髪用』のカラートリートメントだった!

「染めるのではなくかぶれないように目立たなくさせる」

その方法は既に紹介した白髪染めではなく、ズバリ『白髪用』のヘアカラートリートメントです。

と言われても、なんでおしゃれ染め用ではなく白髪用をおすすめするのか疑問に思うと思うので、今からそのワケについてお話していきたいと思います。

白髪用のカラートリートメントをおすすめするワケ

単刀直入に白髪用のカラートリートメントをおすすめするのは、おしゃれ染め用カラートリートメントよりも髪や頭皮を保護する成分がたっぷりと使われているからです。

例えば、炎症を抑える効果や抗菌作用のある成分が白髪染め用カラートリートメントには含まれているんですが、おしゃれ染め用カラートリートメントには残念ながら含まれていないことがほとんど。

要するに、一度でもかぶれたことのある人は徹底的に安全なヘアカラーを選ばないといけないわけですが、その点は髪や頭皮に優しい成分がたっぷりと含まれている白髪染め用ヘアカラートリートメントが一番ってワケです。

だからこそ、

「もう一度ヘアカラーをしたいけどまたかぶれないか心配…」

なんて人は白髪染めトリートメントを使うことで安心して自然な髪色にすることができますよ。

カラートリートメントで少しでもかぶれを避けるために見ておきたいポイント

ただ気を付けておきたいのが、白髪染め用のヘアカラートリートメントの中にもかぶれてしまう商品もあるんです。

せっかく安全だと思って買ったのにまたかぶれてしまったら、もう怖くて染める事なんてできなくなってしまいます。

だからこそこれ以上失敗しないように以下のポイントは特に気を付けて選んでくださいね。

ポイント① 素手でも扱えること

まず初めに、白髪染め用ヘアカラートリートメントを選ぶときは「素手でも扱える商品」を選ぶのが基本です。

同じ白髪染め用ヘアカラートリートメントでも刺激があって素手で触れてはいけないものもあります。

一度でもかぶれてしまった方がそんな商品を使ってしまうと、またかぶれ症状が起こる可能性もあるので素手で触れても大丈夫か確認しておきましょう。

所長

見分け方はビニールの手袋を使わないといけないかどうかです。

安全な白髪用のヘアカラートリートメントもビニール手袋の使用をおすすめしていますが、これは薬剤が手に触れたらヤバいからではなく、手に色が付着してしまうからなんです。

ポイント② 頭皮につける時間が短いこと

また、染料を頭皮につける時間も重要です。

白髪染めヘアカラートリートメントの中には長い時間付けておかないと色が付かないものや、少しの時間でも色が付くものもあったりします。

いかに刺激が弱いと言っても付ける時間が長ければ、その分痒みなどの症状が出ることもありますので、選ぶときは比較的付ける時間を短い商品を選んでくださいね。

ポイント③ お肌を守る成分がきちんと含まれていること

白髪染め用のヘアカラートリートメントは髪や頭皮に優しい成分が含まれていると既に話しましたが、商品によってその種類や量は違いがあります。

そのため、同じ白髪染め用でもケア効果が強い弱いといった差があるので、選ぶときは成分を見比べながら安心できる商品を選ぶといいでしょう。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

ヘアカラーかぶれから解放!利尻ヘアカラートリートメント!

かぶれから解放!自然な色に仕上げるなら利尻ヘアカラートリートメントを試してみて

そんな3つのポイントをバッチリ押さえた当ラボのイチオシが利尻ヘアカラートリートメント。

このトリートメントには素手で触れても大丈夫なHC染料や塩基性染料といった刺激の弱い染料の他に、植物性染料も使っているのがポイント。

気になる染まり具合は完璧の一言です♪

利尻ヘアカラー染まり具合

真っ白く目立った白髪も染料を30分程度付けただけであら不思議!あっさりキレイな色が付いちゃいます。

染める回数を増やすたびにじっくり自然な色になるのも利尻ヘアカラートリートメントの大きな魅力!

そして、実際に頭皮にガッツリと塗ってかぶれないか試してみましたが、少し赤みが出ただけで気になる症状はまったく起きませんでした。

利尻ヘアカラーを頭皮に塗ってかぶれないか試してみた

また、利尻ヘアカラーには髪や頭皮をケアし、キレイにする成分がたっぷりと含まれていますので、画像ではわかりにくいですが染めた髪には艶やまとまりも生まれます。

これなら一度かぶれてしまって不安だった人も安心してキレイに染めることができるのではないでしょうか!

お肌トラブルの心配は少ないですし髪の染まり具合にも太鼓判が押せる商品なので、

「かぶれの心配がない安全な方法で染めたい!」

と思っていた方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

ヒリヒリとした痛みや痒みとはもうオサラバ。

鏡を見たときにとってもキレイで満足笑顔のあなたがそこに映るはずですよ。

また色の方も、

「ブラック」

「ダークブラウン」

「ナチュラルブラウン」

「ライトブラウン」

と4つあるので、ヘアカラーとして楽しみたい人には明るめの「ライトブラウン」などもおすすめです。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

ヘアカラーでかぶれた場合の薬や治療法、今後の白髪対策まとめ

このページのまとめ

①ヘアカラーでかぶれたら病院に行く。薬は医者から処方されたものを使用すること。

②ジアミンなどの成分以外に化学反応を起こす製品が「かぶれの原因」になる。

③「染める」から「目立たなくする」に意識を変えること。

④ヘアカラートリートメントはかぶれるリスクを最大限抑えた商品。

⑤なかでも『利尻ヘアカラートリートメント』は成分的にも当ラボおすすめ!

ヘアカラーでかぶれるリスクって結構ありますが、それでも「もう一度髪に色を付けてキレイにしたい…」なんて思っちゃいますよね。

でもまず病院で症状を少しずつ治していきましょう!

そして、今回紹介した利尻ヘアカラートリートメントなら安心して自然な髪色を付けることができます。

こちらは普通のヘアカラー剤と違ってかぶれる心配も少ないので、これからもオシャレを楽しみたい方はぜひ試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。