白髪染めでアトピー症状が出る前に!信用すると後悔する落とし穴を見つけておこう!

白髪染めでアトピー症状が出る前に!信用すると後悔する落とし穴を見つけておこう!

ちょっとした刺激ですぐ湿疹が出来たり、我慢できないくらい痒くなったりするアトピーって本当にツラいですよね。

白髪を染めようにも美容院や市販のカラー剤じゃ刺激が強すぎるし、普通の白髪染めも痒くなることが目に見えていますもん。

かといって、白髪はかなり目立つからそのままにはしておけないのも事実ですよね。

「どこのメーカーなら大丈夫?」

「アトピー体質にもおすすめできる商品はある?」

なんて疑問を持ちながら、アトピーでも使える白髪染めを探している人って多いはず。

でも、ちょっと待ってください!

あなたが安全そうに思える白髪染めって、もしかするとまたかぶれや髪を引き起こしちゃうかも…。

だからこそ今回は、アトピー症状を引き起こさないように気を付けるべき白髪染めと、おすすめできる商品を紹介したいと思います。

美容院に相談したら断られた…なんて方も、参考になるので是非読んでいってくださいね。

ノンジアミンだから。そんな白髪染めだとアトピー症状が出る可能性は高い!

ノンジアミンだから。そんな白髪染めだとアトピー症状が出る可能性は高い!

「白髪染めがアトピーやかぶれを引き起こす原因は?」と言われた時、みなさんがパッと思い浮かべるのはまずジアミンだと思います。

だからこそ安全性をアピールしたジアミンフリーの商品も売られているわけです…が!

ジアミンフリーだからと安心して手に取ってしまえば、またアトピー症状が出る可能性があるんです。

アトピー症状のきっかけは何もジアミンだけとは言い切れません!

というのも、白髪染めってジアミン以外にもアトピーを引き起こす刺激成分がたくさんあります。

例えば、

  • パラベン
  • 過酸化水素水
  • タール色素
  • アルカリ剤

などなど、これ以外にもさまざまな成分が髪や頭皮に刺激を与えて、痒くなったり湿疹ができたりするんです。

つまり、一見安全そうに見える商品でもアトピーを引き起こす原因はたくさんあるので油断してはいけないんですよ。

アトピーが不安なら『染める』ことを辞めましょう!

ドキッとしちゃったかもしれませんが、白髪染めを諦めろってことではありません。

上の方でアトピーを起こす成分についてお話しましたが、これらの成分って要は『髪を染める』ための成分がほとんどなんです。

例えば、過酸化水素水は髪をしっかり染める為の化学反応に使わるものですし、アルカリ剤も髪を明るくするために使われます。

早い話白髪を『染める』商品を使えば、どうしてもアトピー症状が出る可能性があるってワケ。

でも、あなたが白髪染めをしたいそもそもの理由って「白髪を目立たなくさせる」のが目的であって、きっちり染めなくてはダメというわけではないはず。

つまり、これからの白髪染めは『染める』のではなく、『ぼかす』目的で選ぶようにすること。

これこそが本当の意味で二度とアトピーに悩まされない、白髪染めとの向き合い方と言えるのではないでしょうか。

こうすれば白髪染めをしてもアトピーに悩むことが無くなりますし、若々しい髪色も簡単に手に入れることができますよ。

これで安心!アトピーに悩まされないための白髪染めの注目ポイント

これで安心!アトピーに悩まされないための白髪染めの注目ポイント

とは言え、白髪を『染める』から『ぼかす』ことに目を向けた時に気になるのって、やっぱり「どんな商品を選べばいいか」ですよね。

適当に選んじゃえば、アトピー症状を引き起こすハズレを引いちゃうかもしれないですし。

そこでここでは、白髪染めを選ぶときに注目すべき3つのポイントを紹介します。

ポイントさえ押さえておけば後は大丈夫!安心して白髪を目立たなくさせることができますよ。

染まり具合・色持ちが『そこそこ』良い

いくら安全に白髪を目立たなくするとは言っても、あまりにも色付きや色持ちが悪いようじゃ不自然に見えて目立ちますし、満足もできず意味がありません。

そのため、目立たなくする商品の中からある程度染まって色持ちも良い商品を選ぶのが重要ですよ。

放置時間の調整をしやすいかどうか

また、安全な白髪染めとはいってもある程度の刺激はあるので、放置時間が長いとアトピー症状が出る可能性があります。

かといって放置時間が短すぎると全然染まらないことが多いので、放置時間を調整できる商品を選ぶといいですよ。

例えば、入浴中にサっと使えたり乾いた髪に塗ったりと染めるタイミングや、放置時間がある程度自由かどうかをチェックするといいでしょう。

髪や頭皮を労わることもできる

そもそも、アトピーになりやすい人って肌のバリア機能が弱いので、いくら安心できる商品を使ってもかぶれてしまった、なんてことは残念ながらあります。

だからこそ、これから選ぶべき白髪染めは髪や頭皮をしっかり守ったり補修もしてくれたりする成分をたっぷり使った、刺激を抑えられる商品を選ぶのがおすすめです。

そして、紹介した条件を全て満たしている商品が白髪染め用のヘアカラートリートメント!

この商品は低刺激な染料を使っている為アトピーの方でも安心して使えるのはもちろん、

少ない放置時間でもしっかり色を付けることができるんです。

また色持ち具合もかなり優秀で、頻繁に染め直してお肌を傷めてしまう心配もありません。

さらに『トリートメント』という名前どおり、髪や頭皮を優しく守り補修するトリートメント成分が豊富なため、白髪染めの中でも限りなく刺激を抑えて白髪染めができちゃう優れものなんです。

アトピーで悩む人にはまさにピッタリと言える白髪染めなので、興味がある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

定番中の定番!アトピーに悩む人が使い続ける白髪染めはこれ!

定番中の定番!アトピーに悩む人が使い続ける白髪染めはこれ!

そんな白髪染め用ヘアカラートリートメントの中でもおすすめなのが利尻ヘアカラートリートメントです。

この商品はHC染料や塩基性染料、植物染料といった刺激の少ない染料をバランスよく配合しているので安心して染めることができるのはもちろん、染まりの良さにも定評があります!

染まりの良さにも定評がある利尻ヘアカラートリートメント

このようにまばらに生えた白髪も、たった30分髪に付けただけでパパッとキレイに染めることができるんです。

それだけでなく、色持ち具合も抜群なのが利尻ヘアカラートリートメントのポイント!

色持ち具合も抜群なのが利尻ヘアカラートリートメントのポイント

一週間以上経ってもまったく色落ちを感じさせないので、頻繁に染める必要がなく染め直すときも髪色に合わせて染料を少なくしたり、放置時間を短くしちゃったりもOK!

その分髪や頭皮の刺激を抑える事もできるので、髪や頭皮にかなり優しい白髪染めってことが分かると思います。

また、画像ではわかりにくいですが利尻ヘアカラートリートメントには髪や頭皮を守る成分をたっぷり配合しているので、髪がツヤツヤになったりまとまりも出来たりと仕上がりに満足できることは間違いありません!

つまり利尻ヘアカラートリートメントって、安心できる条件をばっちり押さえたアトピーの方でも満足できる白髪染めなんです。

染料を塗っている最中はもちろん、染めた後も痒みや湿疹に怯えることなく白髪をキレイにできるので、アトピーに困っていた方は是非利尻ヘアカラートリートメントに頼ってみてはいかがでしょうか。

アトピーの方でも白髪染めして自然な髪色を楽しむ人は多いです!

アトピーの方でも白髪染めして自然な髪色を楽しむ人は多いです!

さて、ここまででアトピーに悩む人でも白髪用のカラートリートメントを使えば気軽に白髪対策できる!

なんてお話してきましたが、正直なところこの方法ってメジャーなのか、みんなやっていることなのか気になった方もいるのではないでしょうか。

でも、ご安心ください!

 

p=1007_twitter1 p=1007_twitter2 p=1007_twitter3

実は美容院などで一度痒くなってしまった人でも、白髪用のカラートリートメントにした途端症状が出なくなったと驚かれる方が多いんです。

それに、こうして見てみると白髪用のカラートリートメントって、低刺激で安全な定番中の定番。

こんな印象を受けた方も多いはず。

その中でも特に利尻ヘアカラートリートメントを使っている方は多く、安全性に満足する声も多く挙がっています。

そう考えると、アトピーで困っているなら利尻ヘアカラートリートメントを使ってみるとあっという間に悩みを解決できそうですね。

まとめ

アトピー症状の方は白髪染めの選択肢が限られています。

そこで、ジアミンフリーならば大丈夫だろうと判断する方も多いですが大きな間違い!

ジアミン以外にもアトピーを引き起こす成分はたくさんあるので、かぶれてしまう可能性が高いんです。

ただ、今回紹介した白髪用ヘアカラートリートメントならそういった成分が含まれていませんので安心して白髪を目立たなくさせることができます。

その中でも利尻ヘアカラートリートメントなら、染まり具合も抜群なので興味が湧いた方は是非手に取ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です