ちょっと待った!本当に肌に優しい白髪染めは市販されてなんかいませんよ!

何気なく使っている市販の白髪染め。

いつものように市販の白髪染めを使ったらピリピリ痛みがしたし、染めた後は頭だけじゃなく耳や顔まで痒くなってしまった…

一度でもそんなかぶれを経験してしまうと、市販だろうが美容院だろうが白髪を染められない!そう思ってしまいますよね。

かといって増えた白髪をそのままにしておくにも、なんだか『老い』を突き付けられた気がするからイヤ!

そんな人が注目するのが『低刺激でかぶれない、肌に優しい白髪染め』

これなら頭皮へのダメージを気にせず、さらにキレイな髪を維持できる…

そう思って『市販』の白髪染めを使おうと思っている方、ちょっと待って!

もしかしたら手に取った商品は、またかぶれを引き起こす原因になるかも…

今回は市販されている白髪染めが本当に肌に優しいのか、そして「本当に肌に優しい白髪染め」はどこで購入すればよいのかをお話していこうと思います。

市販されている”肌に優しい”白髪染めってどんな商品なの?

そもそも、市販されている肌に優しい商品ってどんな商品なのか、あまりピンと来ていない方は多いのでは?

そこでまずは市販されている白髪染めの中でも、どんな白髪染めが危険なのか簡単にまとめてみたので一緒に確認してみましょう。

商品 危険度 ヤバい成分
ヘアカラー ★★★★★
  • ジアミン
  • パラベン 他多数
ヘアマニキュア ★★
  • タール色素
オハグロ式 ★★★
  • 鉄イオン
  • ポリフェノール
カラートリートメント 特になし!

※危険度は5段階で表示しています。

こうして見てもらうとわかると思いますが、
1番陳列棚に多いカラー剤は危険度MAX!

頭皮に甚大なダメージを与えてかぶれの原因となる、『ジアミン』や『パラベン』『過酸化水素』といった薬剤が使われている為、当然と言えば当然ですね。

続けて多いのが、オハグロ式。
ノンジアミンでかぶれる心配はなさそう…と思いきや鉄イオンとポリフェノールの化学反応で染めるため、頭皮に付くとかぶれてしまうことも!

また、意外と見落とす方が多いのですが、実はヘアマニキュアもやや危険。

ヘアマニキュアに含まれるタール色素と呼ばれる色素はかぶれを引き起こす可能性は少ないですが、発がん性のある物質としても話題に挙がることが多いです。

そう考えると、上記のような成分が入っていることが少ない、カラートリートメントが肌に優しい白髪染めって言うことになりますね。

市販商品を使うと後悔の元!本当に肌に優しい白髪染めを使うなら『通販』がマストな理由

ただ、ここではっきり言っておきたいのがそんなカラートリートメントも、「市販されている白髪染め商品は正直おすすめできない」ということ。

”本当に肌に優しい白髪染め”を使うのであれば、市販商品よりも通販で購入できる白髪染めの方が良い商品がたくさんあるんです。

価格は確かに安い!でも市販の良いところってそれだけなんです!

市販の白髪染め、それもヘアカラートリートメントのような肌に優しい白髪染めは、確かにお手頃価格で購入出来るため手に取りやすいことが多いです。

しかし、成分や原料といった商品自体の良さで見たら話は別。

実は市販されているカラートリートメントって、最低限の『染める』ための成分しか入っていないんです。

というのも、ドラッグストアやスーパーなどで市販するってことは、人件費や品質を保つための固定費などなど…必要となる費用が結構多いんですよね。

つまり市販するがために白髪を染める成分以外にかける、お金の余裕がないってワケ。

しかし、通販商品ってこういった費用が一切かからないため、しっかり染まるための工夫がされていたり髪や頭皮を補修・保護する成分を豊富に使っていたりと、より満足する仕上がりになるための工夫にコストをかけることができます。

そのため、市販商品よりも質の高い商品が多いんです。

そう考えると、本当に『肌に優しい白髪染め』って言えるのは、通販で購入できる白髪染めと言えませんか?

そもそも肌に優しいかどうか調べるのって『ネット』じゃない?

もっと言うと、そもそも「その白髪染めが本当に肌に優しいのか」なんてよくわからないからこそ、例えば”肌に優しい白髪染め 市販”なんて検索をして、どんな白髪染めが肌に優しいのかを調べているはずです。

だったら、市販商品を購入しなくても通販商品を手始めに使ってみた方が、わざわざお店に足を運んで購入しなくても良いと思いますし、本当に肌に優しい白髪染めがどんなものなのか理解することもできると思います。

それに今のご時世、市販されている商品もネットで気軽に購入することも可能ですし、わざわざ店頭で購入する必要もあまりないといえますよ。

通販の肌に優しい白髪染めで失敗する前に!良い商品と巡り合える条件を見ておこう

ただ、だからと言って適当に通販で購入できる『肌に優しい白髪染め』を選んでしまう…。

そんなことをしてしまうのは、本当に肌に優しいかさえわかりませんし、失敗したと後悔することにもつながります。

だからこそ、以下の3つには注目しておくことが重要です。

① 刺激性の強い成分が入っていないこと

『肌へのやさしさ』を特に注目するなら、成分チェックは大前提。

というのも、実は『肌に優しい白髪染め』として紹介したカラートリートメントにも上で紹介した成分が使われている可能性もあるからなんですよね。

だからこそ、特に上で紹介した成分は基本的に入っていないかどうかは見ておくようにしましょう!

ちなみに、キーポイントとして『素手で扱えるほど』かどうかを見ておけば、意外とわかりやすいと思いますよ。

② 染め時間が短時間であること

肌への優しさを考えるのであれば、塗布している時間にも注目したいところ。

白髪染めは薬剤の化学反応で髪を染めることが多いため、必然的に塗布すると髪や頭皮にもダメージが蓄積します。

早い話、『長くつけすぎれば確実に髪も頭皮もかぶれるしボロボロになる』ってワケ。

白髪染めは劇薬の宝庫。危険な薬剤の化学反応で染める商品が多いからこそ、塗布時間が短いのも、肌に優しい白髪染めを選ぶ重要ポイントです。

③ 髪や頭皮を保護することができること

肌に優しいからこそ、見落としがちなポイントになるのがここ。

実は『肌に優しい』と言われるカラートリートメントの中には、髪を染めるだけではなく髪や頭皮を保護・補修する成分が含まれていることがあります。

年を重ねると白髪もそうですが、髪のうねりやパサつきも気になってきますし、染めることだけではなくほかのことに意識を向けることも重要といえるんですよ。

条件を満たしている白髪染めの中でも、利尻ヘアカラートリートメントは無難でおすすめ

そして、上記を満たす白髪染めであるヘアカラートリートメントの中でも、特におすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント。

ジアミンやパラベンといった成分だけではなく、過酸化水素や鉱物油、シリコンといった危ないといわれる成分を使わず、植物由来の成分で髪や頭皮にアプローチ。

髪の表面をコーティングして白髪を目立たなくさせるだけではなく、美髪成分も豊富に含まれているため使うたびにきれいな髪色、そしてサラサラ・ツヤのある髪を手に入れることができるんです。

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン

また、上記の画像を見てもらうとわかるように、10~30分くらいの染め時間でもきれいに染まってくれるのもうれしいところ。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントは上記を満たしている白髪染めの中でも、特に試してみて損はない商品といえるのではないでしょうか。

肌に優しい白髪染めを求める人はみんなカラートリートメントで染めている!

さて、ここまで読んでみて『肌に優しい白髪染め』はヘアカラートリートメントが一番ってことはなんとなく理解できたけど…

本当にヘアカラートリートメントは肌に優しい白髪染めとして一般的なの?

そう思った方も多いはず。

しかし!安心してください!

実は一度でもかぶれた経験のある人こそ、肌に優しい白髪染めとしてカラートリートメントを利用しているんですよ!

こうしてみてもらうとわかりますが、一度でもかぶれを経験した方や敏感肌だと思っている方にとっては、カラートリートメントは定番中の定番。

そう考えると、肌に優しい白髪染めとして特におすすめしている利尻ヘアカラートリートメントを使ってみるのも無難な方法と考えることができるのではないでしょうか。

まとめ

最後にはっきりと言います。

肌への優しさを考えているのであれば、市販で白髪染めを買うよりも通販で購入できる白髪染めを使うのがおすすめ。

確かにお手頃価格で買うことができる市販商品とは違いますが、成分や原料などより細かいところにこだわっているため、”本当の”肌に優しい白髪染めが多く存在します。

だからこそ、市販で購入する前にまずは通販商品を使ってみてはどうでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です