かぶれの原因はジアミンだけじゃないんです!ヘアカラーで知っておきたいこと

念願のヘアカラーで染めたのに、直後に肌がガサガサ…赤く腫れあがった…。

好きな色に染めたのにこんなことがあると「ジアミンのせいかも」と思ったり、「二度と染められないんじゃ…」と不安になりますよね。

「念願の髪染めをしたのにかぶれて頭皮がボロボロ…」

「髪染め後に急にかゆくなってフケが凄いことになっちゃった」

「赤く腫れあがって痛いしかゆい…」

ジアミンでかぶれるともう二度とヘアカラーが出来ないとも言いますし、おしゃれの幅が狭くなってしまう…と考える人は多いでしょう。

けれど実際のところ、かぶれの原因はジアミンのせいとは限りません。

ヘアカラーを使ったら土偶のようにまぶたが腫れた。初めて使った時は平気だったのに、今回染めたらかゆみが酷くて耐えられない。

実はこれらの症状は、ジアミンのせいによるかぶれとは言えないんです。

髪染めのかぶれはジアミン以外が原因でなることもあり、他のものが原因でも同じようにかぶれてしまうことがあります。

「自分のかぶれはジアミンのせいかも…」と悩んでいる人のために、この記事でははっきり安心出来る答えを用意しました!

このかゆみ…もしかしてジアミンのかぶれ?実はジアミン以外にも原因が!

ジアミン かぶれ キャッチ画像①

ヘアカラーをしてかぶれると、ほとんどの人はジアミンのせいだと考えることが多いかもしれません。

実はかぶれの原因はジアミン以外にもあって、必ずしもかぶれ=ジアミンとはならないんです。

まずはジアミンアレルギーの症状を確認!

ジアミンアレルギーになるとどのような症状が出るのか知っていますか?

かゆくなる・赤みが出る・腫れてくる…大まかに見るとこのような症状が代表的ですが、もっと細かく見てみましょう。

ジアミンアレルギーによる症状

  • 頭皮がヒリヒリ痛む
  • 激しいかゆみを感じる
  • 皮膚が赤くなってくる・発疹が出てくる(水ぶくれなど)
  • 顔や頭が腫れてくる
  • 皮膚から水が出てくる

頭皮がヒリヒリ・激しいかゆみ・皮膚が赤くなる・発疹が出てくる等の症状は髪を染めた6時間後~半日後くらいに反応が現れるようになっています。

特に染毛48時間後が最も症状が重く出ると言われているんです。

重い症状が出ると顔や頭が腫れてきて皮膚から水が出てくることもあり、ヘアカラー剤が触れていないところにも症状が広がってしまいます。

アレルギーによるかぶれを繰り返すと症状が重くなるので、一度でもひどい症状が出た場合はヘアカラーを使用しないようにして下さい。

放っておけば治るものではないので必ず病院へ行くようにしましょう。

酸化染料によるかぶれって知ってます?

実はかぶれの原因ってジアミンによるかぶれよりも、酸化染料によるかぶれの方が多いんです。

酸化染料とは

  • ジアミンと同じ仲間。けれどジアミン=酸化染料には必ずしもならない
  • 髪の内部にまで色を浸透させ、染まりが良く広く使われる

酸化染料はジアミンと同じ仲間なので、かぶれの症状はほぼ同じです。

酸化染料もアレルギーによるかぶれなので、ヘアカラーを使う時はどういった成分が使われているのかきちんとチェックする必要があります。

ジアミンも酸化染料もほとんどのヘアカラー剤に使われているものです。

ヘアカラー自体、酸化染料・ジアミンによるかぶれがいつ起きてもおかしくないもの、と考えるのが妥当でしょう。

そのかゆみ本当にアレルギー?実はアレルギー性じゃないかぶれもあるんです

今まで話してきたのはジアミン・酸化染料によるかぶれ(アレルギーの可能性)でしたが、実はかぶれの中にはアレルギー性のないかぶれも存在するんです。

「アレルギー性のないかぶれとアレルギーのあるかぶれってどう違うの?」と思う人もいるでしょう。

具体的な違いは、ヘアカラーを継続して使えるか・使えないかになります。

アレルギーによるかぶれ

アレルギー性のないかぶれ

  • ジアミンや酸化染料などによってアレルギー反応が起こり、継続して白髪染めを使う事はやめた方が良い状態
  • 白髪染めの成分が体質に合わず、一時的にかぶれて皮膚炎が起こる状態

アレルギーになった人は成分に反応してかぶれたので、以後その成分が使われているものは全て使うことが出来ません。

アレルギーは命にかかわる危険性もあるからです。

一方でアレルギー性のないかぶれは、成分が単純に肌に合わずかぶれただけなので、またヘアカラー剤を使用することが出来ます。

アレルギー性のないかぶれの症状

  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚に刺激を感じる・痛みを感じる

アレルギー性のかぶれに比べると症状が軽く見えますが、これはあくまで一例です。

人によってはアレルギー性のかぶれと同じく、顔が腫れあがったりすることもあるので注意が必要になります。

顔が腫れたり、赤みや痛みが引かない等のひどい症状は病院に行くようにして下さい。

今まで平気だったのに…こんな時はジアミンによるかぶれが起きることが!

ジアミン かぶれ キャッチ画像②

ジアミンによるかぶれが起きてしまった人の中には、もしかすると「今まで平気だったのに…」と言う人もいるかもしれません。

実はかぶれは今まで平気だった人でも、突然発症してしまう事もあります。

特に体調が思わしくないとき等、特定の状態になっているとかぶれが起きやすいときがあるので、体調には十分気をつけましょう。

妊娠中・生理中の髪染めは要注意!

女性に限った話をすると、妊娠中・生理中の髪染めは望ましくありません。

ジアミンが配合されていないヘアカラー剤でも、特にこの時期は使用しない方が良いでしょう。

ちなみに、髪染めが赤ちゃんに影響があるといった噂話は全て根拠がないデマです!

妊娠中・生理中はヘアカラーを控えた方がいい理由

  • ホルモンバランスが崩れやすい時期のため、肌が敏感になりやすい。今まで平気だったものに突然肌荒れを起こすことも

ホルモンバランスが崩れると、肌荒れになりやすくなります。

今まで平気だったものに急に反応してしまうこともあるので、妊娠・生理中は自分の体のことも考え髪染めは控えるようにしましょう。

特に妊娠中は赤ちゃんを抱えているので、お母さんは非常に体力を使います。肌荒れを起してかゆみを感じると、それだけで体力が消耗されてしまう事も。

お母さんの健康が損なわれると赤ちゃんにも良くないので気を付けましょう。

風邪をひいているとき髪は染めないように!

女性に限った話をしていきましたが、もちろんかぶれが起こりやすい状況はそれだけではありません。

風邪をひいた・風邪気味のときも髪染めは控えた方が無難です。

というのも風邪をひいた・もしくは風邪気味の時は免疫力が落ちています。

免疫力が落ちているという事は菌などに対する抗体も弱くなっているので、今まで平気だったものに敏感になっている可能性があります。

薬剤がしみやすくなることもあるので気をつけましょう。その他なるべく髪染めを控えた方がいいときは

  • 頭痛がひどいとき
  • 持病で体調が思わしくないとき
  • 風邪でも熱が出ている状態のとき等…

自分の体調は自分にしかわかりません。

「今日具合が悪いかも…」と思ったときは、髪染めを控えるようにしましょう。風邪に限らず「免疫力が落ちているかも」等と感じたときは、髪染めは控えた方がいいです。

分かる範囲で「無理かも」と思った時は、無理に続けないようにして下さい。

何もなくても突然ジアミンアレルギーになることも

「体調不良も特になく今まで平気だったのに急にかぶれた…」

こんな人もいるでしょう。

はっきりとしたかぶれる原因がなくても、急に症状が出てしまうこともあります。とくにアレルギー性のかぶれは突然発症することもあるので、注意が必要です。

アレルギーは突然発症する!

  • アレルギー成分は使い続けることで体内に蓄積される
  • アレルギー成分に一度でも敏感になると反応してしまう
  • 誰でもなるわけでなく、アレルギー成分に敏感になった人のみ症状が現れる

突然アレルギーになった人はアレルギー成分に敏感になっている状態です。

一度でも敏感になると成分に触れただけで症状が現れるので、ジアミン入りの髪染めは使えません。

アレルギーによる症状(かぶれ)が不安な人は、ジアミン・酸化染料が使われていないものを使用しましょう。

ジアミン等のアレルギーによるかぶれが不安な人に…おすすめ髪染めベスト3

ジアミン かぶれ キャッチ画像③

かぶれはいつ起きるか分かりません。

全く平気な人もいますが、重い症状が不安な人はジアミンや酸化染料が使われていないものを使うと良いです。

ここではジアミン・酸化染料が使われていない髪染めを紹介していきます。

1位 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント 画像

利尻ヘアカラートリートメント

内容量200g

通常価格

3,000円(税抜)

 

 

送料

540円

(10,000円以上お買い上げで送料無料)

(2本セット以上お買い上げで送料無料)

キャンペーン・特典

 

 

・初回購入時、通常価格3,000円から1,000円オフ

・2本以上のまとめ買いは1本につき1,000円オフ+初回送料無料+限定特典付き(オリジナルコーム)

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

①     無添加で髪と頭皮に優しく染まりやすい成分配合

②     天然由来の植物色素使用

③     天然成分豊富な利尻昆布を使用

④     肌に優しい天然由来植物エキス

⑤     ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックから選べるカラー

第1位は利尻ヘアカラー。

こちらもトリートメントなので髪をケアしながら染めることが出来ます。

ジアミン不使用ですが、利尻ヘアカラーに配合されている塩基性染料でかぶれを起こす人もいるので注意してください。

利尻ヘアカラーはルプルプに比べると染まりが良くありません。

トリートメントは何回も染めて色を付ける必要があるので、染める手間がかかるんです。

その代わり利尻ヘアカラーは色持ちが良いので、染まりさえすれば長持ちさせることが可能になります。

染まりよりも色持ちを重視したい人は利尻ヘアカラーがおすすめ。

利尻ヘアカラーおすすめの特徴

  • トリートメントの中では色持ちが良い方
  • ジアミン不使用なので、ジアミンによるかぶれを心配しなくてもいい
  • 使用している素材は気を使っているので、アレルギー体質の人に優しい

2位 ルプルプ

ルプルプ 画像

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリーメント

内容量 200g

通常価格

3,000円(税抜)

送料

500円

キャンペーン・特典

・2本限定定期便キャンペーンで6,480円のところ半額の3,240円になる。(全額返金保証・送料無料

・定期便キャンペーンは2回目以降も毎回10%オフ+毎回送料無料+1年継続でスペシャルプレゼントあり。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリーメントの特徴

①     オーダーメイド定期便あり

②     届いたらすぐに使える毛染め5点セットプレゼント

③     ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ソフトブラック、ナチュラルブラックから選べる5色

④     体につけるものだから無添加処方、貴重な原料・成分使用

⑤     美容成分配合を94%配合し、良い香りで使いやすい

第2位はルプルプという商品。

こちらの商品はヘアカラートリートメントになっており、ヘアマニキュアと同じ扱いなので髪にも頭皮にも優しい成分を使用しています。

トリートメントタイプはヘアカラーに比べると頭皮に優しいですが、その代わり何回も染めないと色がつきません。

そんな中ルプルプは1回でしっかり色がつくので、染まりを重視したい人に特におすすめです。

ルプルプおすすめの特徴

  • トリートメントタイプの中でも染まりが良い
  • 頭皮に優しいため何度も使っても安心
  • トリートメントなので髪もケアしてくれる

3位 プリオールカラーコンディショナーN

プリオールカラーコンディショナーN 画像

プリオールカラーコンディショナーN

内容量230g

通常価格

1,280円(税抜)

送料

無料

プリオールカラーコンディショナーの特徴

①     天然海藻エキス使用で保湿もばっちり

②     ナチュラルでフローラルな香りで心地よく使える

③     値段が安いのでコスパはかなり良い

④     塩基性染料を不使用でアレルギーの心配を極限まで減らす

⑤     ブラウン・ダークブラウン・ブラックから選べるカラー

第3位はプリオール。

ルプルプ・利尻ヘアカラーと同じくトリートメントなので、安心して使えることが出来ます。

このプリオールの凄いところは、ジアミン・酸化染料が不使用なのでアレルギーによるかぶれはほぼないと言えるところです。

どちらも不使用なので安心して染められますが、その代わり染まりが良くありません。

トリートメントタイプの中でも染まりがイマイチなので、「髪染めよりもアレルギーによるかぶれが心配!」という人におすすめしたい商品です。

プリオールおすすめの特徴

  • 酸化染料・ジアミン不使用なので断トツで頭皮に優しい
  • 送料無料・コストも安く購入できるので買いやすい
  • 塩基性染料も不使用のため、かぶれがとことん心配な人に安心して使える髪染め

まとめ

ジアミンにかぶれて大変な目に合っている人はとても多いです。

ジアミンのかぶれはただのかぶれではなくアレルギーの一種になるので、ヘアカラーが出来なくなってしまうというのも困りものだと思います。

異常を感じた場合は病院に行くのが一番大事なので、髪染め後に少しでも「変だな」と思ったら、へカラー剤をすぐに洗い流して病院へ行くようにしましょう。

アレルギーは全員発症するわけではないので、「もしかしたら自分もアレルギーになるかも…」と気にしすぎないようにして下さいね!

あなたが楽しく綺麗に髪を染められたのなら幸いです。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です