肌荒れしない白髪染め方法とおすすめ商品はコレ!

調染まる&絶対に肌荒れしない白髪染め

増えてきた白髪をどうにかしたくて染めるのに、染めた数だけ肌が荒れてしまい、頭皮もボロボロでひどい状態に。

だからといって染めずにいたらいたで、めっちゃ気になるくらい白髪が目立つし…
もうどうすれば良いのか分からない!

こんな風に『染めたいけど肌荒れが怖くて染められない』方、結構多いのでは?

確かに白髪染めといえば、手っ取り早くしっかり白髪を隠せて楽ではありますが、安全な物が分からないから、結局頭皮がピリピリ痛むものを使ってしまう…。

だから肌が荒れると知っていても白髪をそのままにするのはみっともないから、白髪染めを使うしかない…そう考えてしまいますが!

所長

実は白髪染めで肌荒れすることって、まずありえない話なんですよ。

いやいやいや、なに言ってんの!?

なーんて思うかもしれませんが、これからお話することを参考にすれば今まで考えていたことがいかに間違っていたか気づけるはずですよ。

是非、最後までお付き合いください!

無添加が肌荒れしない白髪染めというわけではありません

無添加=肌荒れしない白髪染めと言うわけでありません!

そもそも、皆さんが思っている『肌荒れしない白髪染め』って、ジアミンやパラベンといった、高刺激で危険な成分が一切入っていない商品を連想すると思います。

でも、実はその考え自体が大間違いなんです!

所長

確かに成分でかぶれた!という人もいますが、注目すべきは成分の中身ではなくもっと別のところで、白髪の『染め方』に注目することが何よりも重要なんです!

だから白髪染めを付けたとたんにかゆくなったり、膿が出たりして泣く羽目になっていたんです!

無添加の白髪染めでも『髪を染めている』なら肌荒れする可能性は高い

というのも、実はジアミン・パラベンといった危険な成分って単体でも確かに危険ではあるんですが、頭皮をはじめとした肌が荒れる可能性って少ないんですよ。

そもそも肌って体に有害な成分から守る場所でもありますし。

所長

『成分』だけでかぶれるほど、お肌はヤワな作りにはなっていないんですよ。

しかし、ジアミンやパラベンなどの成分が『化学反応』するなら話は別。

成分同士で結合した影響で肌のバリア性能が小さくなり、結果膿が出て痒みの原因につながってしまいます。

そのため、例えジアミンやパラベンといった成分が使われていなくても、『化学反応』を引き起こして髪を染める商品なら、肌が荒れる可能性は十分にあり得るんです。

所長

要は、化学反応を起こさずに白髪を隠せる白髪染めが一番安全なんです。

肌荒れする白髪染めで『染める』必要、本当にある?

そのことを踏まえて皆さんに一つ聞きたいんですが、

所長

そもそも本当に髪を『染める』こと自体にこだわる必要ってあるんでしょうか?

確かに、白髪を『染める』ことは一番手っ取り早い方法で何より簡単です。

化学反応で髪を開いて髪の内部にある色素を『染める』だけですし。

それなのに肌がボロボロ荒れるのを承知で白髪染めを続ける…

このことに意味は全くないはず。

仮にきれいな髪色に染まったとしても頭皮は膿が出てボロボロ、首や背中が無性にかゆくなって顔には粉が吹く、なんて状態になっても結局『老けた』印象を与えてしまいますし。

そう考えると、わざわざ白髪を染めることがなくても、白髪が目立たなくなれば何も問題はないといえませんか?

つまり、『染める』ことよりも『白髪を目立たなくさせる』ことに意識を変えていく。

これが本当の意味で「肌荒れしない白髪染め」ということになるのではないでしょうか。

所長

こう考えることで、絶対に肌荒れしない白髪染めが出来ます!

利尻バナー画像①
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

肌荒れゼロ!安心して使える白髪染め!

肌荒れゼロ!安心して使える白髪染めはここを見ろ

ただ、『染める』ことからいかに『白髪を目立たなくさせる』ことに意識を変えていくとなると、これから使う白髪染めもちょっと違った見方で選ばないといけなくなりますよね。

適当に白髪染めを選んでも失敗するだけですし。

でも、実は「肌荒れしない白髪染め」って下の3つのポイントさえ押さえておけば、すぐに見つけることができるんですよ。

ポイント① 毎日使えるもの

普通の白髪染めは1回染めただけでも頭皮がヒリヒリして肌荒れが起きるので、

毎日使うだなんて考えられない!

と言う人が多いはず。

実際に普通の白髪染めは、1回染めたら必ず1ヵ月半以上は間を開けないと、髪や頭皮へのダメージが大きくなって危険なんです。

その分肌荒れも起きやすくなるので、毎日使うなんてほぼ不可能です!

なんですが、

所長

実は肌荒れしない白髪染めって、ほとんどのものが毎日使えるよう安全に作られているんです!

つまり、毎日使える=肌に危険な影響がない、という事になると思いませんか?

ポイント② 髪や頭皮(肌)を保湿してくれるもの

きっとこれだけ聞くと、

え?白髪染めで保湿効果?

ありえない!

なんて思うはず。

所長

実は白髪染めをする時に保湿効果があるかどうかって、とっても重要な事なんです。

と言うのも、保湿ってただ潤いを逃がさないようにするだけだと思いがちですが、実はそうではありません。

なんと潤いを与えた他に、髪や肌に良いものが逃げないようカバーしてくれる効果も期待できちゃうんです!

つまり、保湿効果があればあるほど肌を守ってくれるので、白髪染めの肌荒れも起きにくくなるってワケ。

白髪染めで肌荒れしないためには髪だけではなく、頭皮も保湿する効果があるものを選ぶとまず間違いありませんよ!

ポイント③ 極端に染め時間が短いこと

実は染める時間を長くとっているのって、それだけ化学反応を起こして白髪をきっちり染めているってことになるんです。

つまり、染める時間が短ければ短いほど安全な白髪染めという事になるので、15分以上放置するものは、肌荒れが起きやすいことに!

しかも染める時間が短いという事は、それだけ肌に染料が密着する時間も短いので、結果的にかぶれる可能性もグンと下がるんです。

所長

このように肌荒れしない白髪染めを選ぶためには、限られた条件を知っておく必要があるので、しっかりと覚えておきましょうね!

利尻バナー画像②
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

肌荒れしない白髪染めの中でも、おすすめ商品はこれ!

肌荒れ知らずの白髪染めの中でもおすすめの商品はこれ!

そして、この3つの条件を満たしているおすすめのものが、トリートメントタイプの白髪染めです。

実は白髪用のカラートリートメントって、普通の白髪染めと同じぐらいしっかり染まるので、1回で満足のいく仕上がりに

そしてなんと言ってもトリートメント効果で補修・保護してくれるので、毎日使っても肌荒れが起きることもなく安心して使えちゃいます。

では、その白髪染めカラートリートメントの中でも当ラボのおすすめ商品を2つ紹介します。

おすすめ白髪染め① 利尻ヘアカラートリートメント

その中でも特に当ラボのおすすめは、利尻ヘアカラートリートメント。

潤い効果がバッチリ期待できる商品なんです。

利尻商品画像

特に昆布に含まれているフコイダンと言うネバネバ成分が密着し、髪に与えたトリートメントの潤いをぎゅっと閉じ込めて、そのまま保湿することも出来ちゃいます。

所長

という事は白髪染めとしてだけではなく、普通のトリートメントとしても十分な効果を期待できるってワケです。

しかも他の同じタイプのものよりトリートメント効果が強いため、毎日使っても肌荒れが起きず、むしろ毎日使う方が髪質が良くなっちゃうことも。

それになんと言っても染まりが良いので、白髪も元の髪色と同じくらいがっつり染まるんです!

利尻実験画像

今回は白髪100%の毛束を使って染めましたが、全色かなりしっかり染まっているのが分かりますね。

所長

画像ではわかりにくいですが実際に染めた毛束に触れてみると、指通りがよくツヤツヤと髪のハリが感じられる髪の毛になりました。

これ一本で白髪染めとトリートメントが出来るのなら、かなり安全に使える白髪染めだと思いませんか?

利尻バナー画像③
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

おすすめ白髪染め② LPLP(ルプルプ)

次に紹介したいのが『ルプルプ』という白髪用のカラートリートメントです。

LPLP 商品のイメージ画像

パッと見た感じ、白髪用のカラートリートメントに見えない!

と思った方も多いはずではないでしょうか。(笑)

そんな『ルプルプ』は利尻ヘアカラーと同様に、白髪用のカラートリートメントとしては超優秀で、個人的には特にダークブラウンやナチュラルブラウンが白髪を目立たなくさせることが出来ていると思います。

下の検証画像を見てください。

LPLP 各商品の染まり具合について

※白髪30%の毛束に放置時間30分で使用しています。

実際の染まり具合をみてみると、1回の使用でかなりしっかり色が定着していることがわかるはず。

ルプルプも肌荒れを起こす成分は入っていませんし、化学反応を起こして染めるタイプではありません。

なので、安心して使えます。

所長

白髪用カラートリートメントで白髪対策をすることも検討してみてください。

確実に肌荒れする白髪染めも見ておこう

逆に確実に肌荒れする原因になる白髪染めも見ておこうも

さて、ここまでは『本当の意味での肌荒れしない白髪染め』についていろいろとお話してきましたが、ここでちょっと逆に『確実に肌荒れする白髪染め』ってどんなのか、気になった方も多いはず。

所長

これを知らずにもし間違って手に取って、またかぶれでも起こしたら辛いですよね。

どんな白髪染めがヤバいのか、その理由と一緒に肌荒れする白髪染めも確認していきましょう。

肌荒れする白髪染め① ヘアカラータイプ

まずヘアカラータイプで肌荒れが起きる理由は、配合されている成分が化学反応を起こすのが理由。

特にジアミンや過酸化水素水と言った成分が結合して化学反応を起こすので、それが肌を傷めつけて結果肌荒れが起きてしまうんです!

ヘアカラータイプはほぼこの方法で染めているので、肌荒れを起こしたくない人は使わない方が良いですよ!

肌荒れする白髪染め② ヘアマニキュア

次はヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアの何がヤバいのかと言うと、一見するとヘアカラーと違ってジアミン等の成分が配合されていないため、安心出来そうに見えます。

しかし、ヘアマニキュアはジアミンなどの代わりに、『タール色素』と言うもので髪を染めています。

このタール色素の原料は、道路の補正などに使われるコールタール。

つまり、本来なら人に使わないものを原料に、髪を染めているってことなんです。

そんなもので髪を染めているわけですから、髪が傷み、肌荒れを起こすのも納得出来ちゃいますね。

肌荒れする白髪染め③ オハグロ式

そしてオハグロ式は一度でもかぶれたことがある人でも染められるものですが、実は鉄イオンとポリフェノールによる化学反応で白髪を染めているので、ヘアカラーと同じ仕組みで肌荒れが起きてしまうんです。

これも白髪を染める過程では外せないことなので、どうしても避けられない、仕方のない事になっちゃいます。

肌荒れする白髪染め④ ヘナ

最後はヘナです。

実はヘナの場合、何よりも『植物を使っている』という事が、肌荒れが起きる一番の原因に!

つまり漆にかぶれたことがある人や植物アレルギーがある人は、ヘナを使うとかぶれを起こしてしまうんです!

特にインディゴが含まれているものは高確率でかぶれが起きるので、リスクがかなり大きい白髪染めと言えますね。

所長

化学反応が起きないものは安全に見えるかもしれませんが思わぬところに落とし穴があるので、もう二度と肌荒れを起こしたくない人ほど、今回上げた4つの白髪染めには気を付けるようにしましょうね!

利尻バナー画像④
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

肌荒れしない白髪染め方法まとめ

このページのまとめ

・ジアミンやパラベンなどの成分が化学反応して染めるから肌が荒れてしまいます。

・染めることは化学反応を起こすことなので、白髪を「染める」ではなく「目立たなく」することに意識を向ける。

・目立たなくする白髪染めのおすすめは白髪用カラートリートメントです。

・当ラボのおすすめ商品は「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」です。

今まで肌荒れしない白髪染めについて見ていきましたが、肌荒れを起こさないためには様々な条件が必要だという事が分かりましたね。

特に肌荒れを起こさない白髪染めを見極める条件は、

「毎日使えること」

「髪や頭皮を保湿してくれる物」

「染め時間が短い事」

でした。

この3つの条件を満たした白髪染めが『利尻ヘアカラートリートメント』と『LPLP(ルプルプ)』なので、もう二度と肌荒れを起こしたくない人ほど、試しに使ってみると良いですよ!

他の白髪染めは様々な要因により肌荒れが起きるので、『利尻ヘアカラートリートメント』と『LPLP(ルプルプ)』でかぶれ知らずの白髪染めを初体験してみましょう!

所長

きっと傷みもかゆみもない白髪染めに新しい視界が開けますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。