初めての白髪染めを必ず成功させるためのコツとおすすめはコレ!

初めての白髪染め 0

35歳を過ぎたころから、早い方だと20代のうちにちらほらと顔をのぞかせ始める白髪。 

お肌のシミのように、ファンデーションなどで手っ取り早くカバーできない白髪、皆さんはどのように対処されているでしょうか。 

目に入るたびに抜く、なんて人もいますが、故意に髪の毛を抜いてしまうと、頭皮と毛穴が痛みます。ますます白髪が生えやすい頭皮環境になってしまうのです。 

年々白髪は増えてきますから、抜くのが得策とは言えませんよね。 

所長

今回は、これから白髪染めを始めようとしている方のために、初めての白髪染めを成功させる方法をお伝えしていきます。 

おすすめの白髪染め商品やテクニック、アフターケアなど、白髪染めとは何たるかをマスターできるほどのボリューミーな内容になっています。

 

目次

初めての白髪染め、商品を選ぶポイントは? 

初めての白髪染め 選ぶポイント

白髪染め、経験者にとっても結構な重労働だったりします。 

①髪を洗う ⇒ ②乾かす ⇒ ③ブロッキングしてまんべんなく薬剤を塗布

という一連の作業は、初心者にはなかなか難しいんですよね。 

プロの美容師さんにとっても、カラーリング技術の習得は数年かけて行うものです。

初めて白髪染めを行う素人が美しくカラーリングするというのは、きわめて難しいということです。 

所長

白髪染めに慣れないうちは、本格的な白髪染めよりも扱いが簡単で、かつ髪の毛も痛まない『ヘアカラートリートメント』がおすすめです。 

ヘアカラートリートメントは、普段お使いのトリートメントと置き換えて使用することで、徐々に白髪に色を入れていくカラー剤です。

染料の刺激も少なく、髪の痛みを抑える成分も豊富であることから、初心者にとって最適な白髪染めと言えるでしょう。 

というわけで、トリートメントタイプの白髪染めを選ぶ際に注目しておきたい、4つの条件をご紹介します。

条件① 1度目のトリートメントタイプでしっかり染まる

本来カラートリートメントは、数回連続して使用することで白髪を染めていきます。

しかし商品によっては、何度使用しても白髪がキラキラと浮き出ることが…。

反対に、良いものであったら1回目の仕上がりで満足のいくこともあります。

所長

理想は、白髪染め1回目にして、深く深く染まるものです。

条件② 髪の痛みを補修してくれる 

せっかく【トリートメント】と名が付くアイテムを選ぶのですから、どうせならキューティクル(髪の表面)を補修してくれる成分が多く入ったものを選びましょう。

傷んだ髪の毛では、せっかく内部に浸透した色も、素早く流出してしまいます。 

所長

長く色持ちをさせたいのであれば、キューティクルをパタンと閉じさせ、すき間を埋めてくれるような成分を配合した白髪染めがマストです。

条件③ カラーバリエーションが豊富 

地毛もなりたい髪色も、人それぞれです。

自分の理想に近づけたり、ちょっとした微調整を行ったりできるように、色の種類が多いものを選びましょう。 

所長

クチナシ・ウコン・アナトー・ベニバナなど、天然由来の植物染料を配合しているカラートリートメントは、色の種類も多く、安全性も高いのでおすすめです。

条件④ コスト的に継続して使用できる 

美容院で染めてもらうよりはお手頃なセルフカラーですが、タダではありません。

継続していくのに無理のない価格なのか、まずはお財布と相談です。 

所長

少しでもコスパの高い商品を選びたいところです。

ボタン
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

初めての白髪染めにピッタリな商品(カラートリートメント)を紹介

初心者向け 白髪染め 紹介

それでは、さきほどの条件である、

良いカラートリートメントの条件

・1度目でしっかり染まる

・髪の痛みを補修してくれる

・カラーバリエーションが豊富

・コスト的に継続して使用できる

この4つで判定した白髪染めを2つご紹介いたします。

おすすめ商品① 利尻ヘアカラートリートメント(★★★★★)

利尻ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

【カラーバリエーション】
ブラック、ダークブラック、ナチュラルブラウン、ライトブラウンの4種類

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,200円(税込)
通常価格3,300円(税込)
送料550円(2本セットで無料)

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

利尻ヘアカラートリートメントは、2009年に登場してから累計2,000万本販売されているロングセラー商品です。

当ラボが行った実験では、1回目でしっかり色が入った上に、トリートメント効果が高くキューティクルの補修がなされていたために、色の流出が少なく済みました。

しっかり白髪が染まる上に、利尻昆布エキスをはじめとしたトリートメント成分で髪にツヤが出て、色落ちのスピードも遅いので、まさに初めての白髪染めに相応しいと言えますね!

しかも無添加でノンシリコンなので、安心してご利用いただけます。

標準の放置時間は10分ですが、髪が太い人は、20~30分置いておけば納得のいく仕上がりに。

4種類カラーバリエーションがあり、色の選び方としては以下になります。

利尻ヘアカラー色の選び方

【ライトブラウン】髪全体の印象を明るくしたい。赤系にしたい

【ナチュラルブラウン】髪全体の印象を明るくしたい。黄色系にしたい

【ダークブラウン】全体を濃く染めたいが茶色系も入れておきたい

【ブラック】白髪を黒髪と同じくらい暗く染めたい

という感じで、自分の理想に近づけるタイプを選びましょう。

定番はダークブラウンです。

始めてWEBで購入される方は、1,100円オフで購入することができますので、ぜひキャンペーン中にお申込みいただけたらと思います。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

おすすめ商品② ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント(★★★★★)

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)、ガゴメ昆布エキス

【カラーバリエーション】
ソフトブラック、モカブラウン、ダークブラウン、ブラウン

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,178円(税込)
通常価格3,300円(税込)
2本定期便1,782円(税込、送料無料)

LpLpは染まりが良く、カラーバリエーションも豊富なので、利尻ヘアカラーの次に使っていただきたい白髪染めです。

利尻ヘアカラーは無香料ですが、LpLpはアロマ成分配合。香り付き白髪染めをご所望でしたら、こちらがおすすめです。

当サイトが行った実験では、利尻と同レベルで一度の使用でしっかり染まりました。

ルプルプが他と比較して優れているのは、なんといっても「潤い力」でしょう。

ガゴメ昆布由来のねばり成分「フコイダン」が、健康な頭皮環境を作り、髪にも潤いを与えてくれます。

色の流出が最低限に抑えられて、色もちがピカイチな白髪染めと言っても過言ではありません。

使用後、髪のまとまりが良くなったことで、効果を実感する人も多いようです。

現在、初回お試しキャンペーン実施中で、46%オフ価格で使用できる上に、満足できなかった場合に「全額返金」も可能です。

リスクゼロで始められるのが嬉しいですよね。

利尻ヘアカラートリートメントと同じく、初回限定価格になっていますのでご注意ください。

今回は初心者さんにおすすめなカラートリートメントを厳選してご紹介しましたが、優秀な白髪染めトリートメントはまだまだ他にもたくさんあります。

以下の記事に、自宅で簡単に行えるヘアカラートリートメントをたくさん掲載していますから、是非こちらも参考にして頂けたら幸いです。

白髪染めカラートリートメントの使い方とコツ

白髪染め トリートメント コツ

トリートメントとしても使えるトリートメントタイプの白髪染めですが、扱い方が全く一緒とはいきませんよね。

初めての方でもスムーズにうまくいく、使い方やコツを細かく解説していきます。

ビニール手袋を準備しよう

白髪染め トリートメント 着色

素手OKと記載している商品がほとんどですが、付着している時間によっては色が皮膚にうつってしまうこともありますから、ビニール手袋で扱うことがベストでしょう。

そして、髪の毛のたんぱく質に薬剤が浸透することで白髪が染まりますが、爪もたんぱく質。

爪が染まってしまう可能性があるのです。

所長

爪についた白髪染めは、皮膚よりも落ちにくいため、接客業などで指を見られる機会のある人は特に注意しましょう。

髪の状態を整えよう

髪は、一見汚れていないように見えても、油分やほこりがついているものです。

ワックスやムース、オイルなどがついている場合もあるでしょう。

汚れた髪ではカラートリートメントが髪に密着できなくなり、きれいに染められなくなります。

所長

染める前に一度洗って、髪を清潔な状態にしてください。

塗りはじめと大事な部分

白髪染め 塗り始め 生え際

最初に塗り始める部位ですが、一般的には体温が低くて染まりが悪い「後ろの下」部分(後頭部)から染めるように言われます。

ただ、トリートメントタイプの白髪染めは、通常のヘアカラーのように黒髪を明るく発色させるわけではありませんから、体温の影響はさほど受けません。

ですから、最初にのせるのは一番白髪が見えてほしくない部分にしましょう。

気になる箇所に最初に塗ることで、白髪と染料の密着時間が長くなり、しっかりカバーすることができます。

所長

白髪を最も隠したい部分と言えば、頭頂部(分け目)やフェイスライン(前方から見える箇所)など、人の目に触れる部分だと思います。
染まってほしい部分、染まらないと困る部分から塗布してください。

塗り漏れが多い箇所

自宅で白髪を染めるセルフカラーだがカットは美容室、という方に多い塗り漏れ箇所が、フェイスラインなんだそう(美容師さん情報)。

頭頂部は塗りやすく、白髪を自覚しやすい場所ですが、フェイスラインは自分ではそこまで目がいきません。

顔にトリートメントがついてしまいやすい位置でもあるので、無意識のうちに避けており、塗り漏れが多くあるようです。

おでこの生え際の中心やもみあげまで、しっかりもみ込んでください。

所長

利尻ヘアカラーはジアミンやパラベンなどの危険な成分を使っていないので、安心して塗ってください!

以上、染まりと塗り忘れを踏まえた手順をおさらいしておきましょう。

染める手順

①フェイスラインを塗る

②頭頂部を塗る

③全体を塗る

④もう一度フェイスラインを塗る

という流れでされることをおすすめします。

この手順で進めていけば、よく見える部分の白髪を隠せていない、なんてことがなくなりますよ。

白髪染めカラートリートメントの適正な放置時間とは?

白髪染め トリートメント 放置時間

放置時間は商品によって違いますし、それぞれが持つ髪質でも変わります。

髪の太さ、硬さ、傷み具合などには本当に個人差があるものです。

商品ごとの放置時間は、あくまで目安だと考えてください。

所長

まずは説明書通りの時間で染めてみて、染まりに満足できなくなってきたらプラス10分、20分というように、出来栄えと相談しながら時間を調節していきましょう。

白髪染めトリートメントは、白髪だけを染めるもので黒髪の色は抜きません。

化学反応を起こしているわけではありませんから、放置時間を長くしても髪へのダメージはほとんどナシ。

安心して放置時間を調整することが可能です。

しかし、通常のカラー剤は髪へのダメージが強く、放置時間を長くすることで悲惨な髪の状態になってしまいますから、絶対にやめましょう。

白髪染めをする頻度・間隔は?

一度トリートメントでしっかりと染まったら、次に染めるまでの期間は、通常7~10日に1度くらいになります。

始めに白髪が多く、完全に染まっていない状況であれば、2~3日は連続で使用する必要があります。

深く染まり終わったあとは、色落ち度合いと新しく生えてきた部分の状態を見つつ、染めましょう。

放置時間が長いほどに色もちも良くなりますが、新生部が目立ってきますから、2週間以上の間隔は開けないようにしましょう。

所長

ヘアカラートリートメントは刺激が少ないので、基本的に毎日使用しても問題ありません。
色がしっかり入っていたとしても、髪のダメージ修復や艶コシを求めるのであれば、こまめに使用することをおすすめします。

きれいに染めるテクニック

白髪染め トリートメント コツ

自宅でのセルフカラーは、プロの手によるカラーリングとは違い、染め残しや色ムラがつきものです。

よくある悩み

生え際だけあまり染まっていない…

髪全体を見ると色ムラがわかる

思うように白髪が染まらない…

そんなお悩みを解消するテクニックをいくつかご紹介いたしましょう。

テクニック① 手で揉んで馴染ませる

髪の毛に薬を塗った後に馴染ませておけば、塗り漏れができにくく色ムラが抑えられます。

手でもみ込めば、髪と薬液が絡み、体温も伝わって深く染まります。

トリートメントが頭皮についても、キレイさっぱりとれますから心配ありません。

テクニック② クシやブラシにつけてとかす

クシやブラシ(コーム)に薬剤をのせてとかすことで、髪一本一本に密着させることができます。

全体に白髪がある場合に、まだら染まり防止になります。

テクニック③ ラップ・ヘアキャップで保湿・保温

塗り終わって放置している間、ラップやヘアキャップで保温すれば、薬剤が浸透しやすくなります。

美容成分も髪に浸透しやすくなるので、ツヤ髪への一歩になります。

テクニック④ ドライヤーであたためて髪に浸透しやすくする

ドライヤーも、熱を加えて浸透を助けて美しく染めるためには使えるアイテムです。

少々面倒に思えますが、染まりが悪いと感じたら試してみましょう。

出来栄えがアップするので、捨てようと思っていたトリートメントが復活、なんてこともなくなるかもしれません。

白髪染めカラートリートメント 染める場所のポイント

ヘアカラートリートメントはとろみがあって飛び散りづらくはありますが、やはり絶対はありません。

部屋で塗るときには、新聞紙を敷くなどして周りに色が付いてしまわないようにしましょう。

所長

お風呂で染める際も、床をあらかじめ濡らしておけば、薬剤が飛び散っても落としやすいですよ。

白髪染め後のアフターケアをしっかり行う

白髪染め トリートメント アフターケア

トリートメントを馴染ませて時間をおいた後は、まずはキチンと洗い流しましょう。

薬剤が付いた状態では、頭皮の炎症や異臭など、悪影響が懸念されます。

そして、しっかりと乾燥させてください。

濡れたままでは服やお布団に色移りしてしまいますし、髪も痛みます。

自然乾燥の習慣がある人は要注意です。

白髪染め後は、うるおいを与えてキューティクルを閉じさせるためにも保湿をします。

もともと保湿作用があるヘアカラートリートメントもありますが、追加ケアがおすすめです。

また、トリートメントで染めた白髪の色落ちは、シャンプーによって度合いが変わってきます。

市販品の多く見られる、石油系界面活性剤(ラウリル硫酸Na)が入っているシャンプーは、洗浄力が高すぎて、髪に必要な潤いや油分が根こそぎ奪われ、せっかくきれいに染めた白髪から色素も奪われます。

所長

色落ちを防ぐためにも、シャンプーは石油系でなく、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーで優しく洗い上げられるものにしましょう。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

【自宅でセルフカラー】白髪染めの種類と特徴

初めての白髪染めということで、ヘアカラートリートメント商品と扱い方をお伝えしてきましたが、セルフカラーは他にも種類がありますので解説します。

白髪染めヘアカラー(初心者おすすめ度 ★☆☆☆☆)

商品数も多く流通している白髪染めです。

髪は非常に傷みますが、色の自由度が高く、黒髪でも明るく染めることができます。

また、白髪染めの中で最も色が長持ちします。

髪のメラニン色素を壊して脱色して、明るい印象にできますので、黒髪と白髪の両方を染めておきたい、髪の毛全体の色を均一にしたいという方におすすめです。

ただし、化学反応をフルに起こしますから、髪と頭皮への刺激はかなり強め。

将来的に薄毛を心配されている方には向きません。

所長

そして、「ジアミン」という染料にアレルギー反応を起こすこともありますから、必ずパッチテストを行う必要があります。

セルフ用の白髪染めヘアカラーも、美容院で使うサロン用カラーも、薬剤のメカニズムだけを見ると同じです。

とは言え、セルフ用はどんな髪の状態でもしっかりと染まるように、薬剤が強めに調整されていることを認識しておきましょう。

白髪染めシャンプー(初心者おすすめ度 ★★★★☆)

利尻ヘアカラーシャンプー

白髪染めシャンプーは、シャンプーとして使用することで、白髪を染めるものです。

使われている染料も髪の表面に色素を入れていくメカニズムも、ヘアカラートリートメントとほぼ同じです。

ただ、カラートリートメントと違って待ち時間はありませんので、トリートメントする習慣のない男性に人気があります。

所長

トリートメント効果はないので、髪の長い女性はヘアカラートリートメントを使用するか、白髪染めシャンプーと併用するといいでしょう。

ヘアマニキュア(初心者おすすめ度★★☆☆☆)

タール系色素を髪表面に付着させて白髪を隠すのが、ヘアマニキュアです。

髪の毛が痛みにくく、ツルツルと輝く質感に仕上がります。

ただしトリートメントと比較すると、白髪に付着して発色は良いのですが、皮膚についてしまったらなかなか取れません。

根元を染めるのは難しいというデメリットがあります。

市販で販売もされていますが、自分で塗るのは難しいので、基本的に美容院でやってもらうのが良いでしょう。

所長

タール系色素は刺激も強く、初めてのセルフ白髪染めには向きません。

ヘナカラー(初心者おすすめ度★★☆☆☆)

ヘナカラーは、ヘンナという植物性の染料の、髪のたんぱく質に絡みつく特性を使って白髪染めを行う方法です。

髪の毛に染料が入り込むと、疎水性トリートメントという現象が起こるので、髪の毛にハリとコシが与えられます。

緑っぽく染まる、独特のニオイがする、放置時間が長い(1~2時間)、ラップで保湿してドライヤーで温める必要があるので面倒といったデメリットがあります。

髪を傷めることはないですが、黒や茶系にはならないので、日本ではあまり使われていません。

白髪染めを安く購入する方法

白髪染め 購入方法

種類ごとに白髪染めを見直してみましたが、初めての白髪染めはトリートメントがベストだと分かりました。

こちらでは、1円でも安くトリートメントを購入する方法をお伝えしていきます。

以下の2点を実施していただければ、なんの商品・サービスでもこの方法でお得に入手できます。

ECサイトで検索する

商品をまとめて検索して購入することができるWEBサイトのことを、ECサイトと言います。

今回のような白髪染めは、amazonと楽天市場をチェックしておけば十分でしょう。

公式WEBサイトを確認する

もう一つ欠かせないのは、販売元のメーカーの公式WEBサイトをチェックすること。

どこからも手数料(マージン)をとられないので、純粋にメーカーが提供したい価格で入手できる可能性が高いです。

所長

ちなみに、利尻ヘアカラートリートメントは公式サイトが一番安いです。

まとめ

このページのまとめ

・初めての白髪染めに適しているのは白髪用カラートリートメントです。

・中でも当ラボのおすすめは『利尻ヘアカラートリートメント』と『ルプルプ(LPLP)』です。

・白髪染めはヘアカラー剤、白髪染めシャンプー、ヘアマニキュアなどの種類がありますが、初めての場合はトリートメントがおすすめです。

・このページで説明した染め方のコツでキレイな髪を手に入れてください。

成分や染め方で、白髪染めには沢山の種類があります。

その中で、最も初心者向きで、

条件

・1度目でしっかり染まる

・髪の痛みを補修してくれる

・カラーバリエーションが豊富

・コスト的に継続して使用できる

4つの条件を満たしているのが『利尻ヘアカラートリートメント』です。

健康な髪と頭皮でこれからも輝き続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。