生え際の一部分だけの白髪染めは1分で完璧?ゼロテクで超簡単に染める秘訣、教えます

こめかみや耳元、襟足におでこなどなど…

一部だけにちょこちょこっとまとまった白髪って、意外と厄介ですよね。

抜いたり切ったり出来ないくらいの量だけど、ぶっちゃけ染めるほどの量でもない。

そんな超中途半端に白髪が生えた状態だけど、放っておけばそこだけ妙に浮くからかなり恥ずかしいし、誰かに見られたくもない!

かといってその部分だけ染めようとしても…

  • テクニックが必要でうまく染められない
  • しっかり塗ったはずなのに、きちんと色が入ってくれない
  • 染めてもすぐにまた白髪が目立つ!

なんて納得できずに何度も何度も部分染めに挑戦しては失敗する負の連鎖にドハマりしている人、結構多いのではないでしょうか。

でもたった1分だけ、それもテクニックなしで誰でもキレイで完璧に染められる方法があるとしたら…

今回はそんな不器用な人でも気軽にできる方法を、皆さんに紹介していこうと思います。

「1日だけここの白髪をどうにかしたい!」

なんて思っている人も、是非参考にしていってくださいね。

心当たりがあるはず!部分染めで失敗してしまうのはやり方が悪い!

そもそも、なぜ生え際の部分染めって失敗しやすいんでしょうか。

失敗するのは何かしらの理由が必ずありますし、解明しておかないとまた同じ失敗を繰り返すだけ。

これでは意味がないですし、挑戦→失敗の連鎖から抜けることは出来ないですよね。

だからこそまずは、部分的な白髪の染め方について、もう一度考え直してみましょう。

色が入りきらないのは当たり前?微妙な仕上がりになる部分白髪染めはコレだ!

こめかみや襟足、もみあげ等の耳元やおでこに生えて目立ち始める白髪。

実は”白髪”って撥水性が高く、白髪染めをはじきやすい性質を持っています。

つまりどれだけ染料を付けても、色が入りきらないことが多いんです。

その上、生え際の白髪は塗ること自体がとても難しい場所。

髪のプロである美容師ですら染め残してしまうこともあるのに、自分で染めてしまうってことはウルトラCの難易度になってしまうってワケです。

そう考えるとカラー剤やヘナなどの、一般的に知られる白髪染めを使っても、「一部分だけを染める」のはかなり難しいと言えます。

なぜ『染めること』にこだわるの?ササッと隠せれば問題はないはず!

そもそもなぜ白髪を染めること自体に、こだわる必要があるのでしょうか。

わざわざ白髪を染めなくても、”目立たない位の自然な髪色になれば”問題はないはずです。

それなのに、1部にだけ生えた白髪を何度も染めていくのは面倒ですし、何より手間がかかります。

だからこそ「白髪を染めること」にこだわらず、「白髪をなるべく目立たなくする」ために、やり方を変えていくことがキレイな髪を維持する秘訣、そう捉えることが出来るのではないでしょうか。

部分染めで完璧に白髪を隠すならヘアマニキュアが実は最強!?

そして白髪をなるべく目立たなくするため、特にこめかみや頭頂部の生え際などの1部分にだけ生えた白髪を隠すためには、

“ヘアマニキュア”

これが実は最強のサポートアイテムなんです!

一部の白髪だけ染めるならヘアマニキュアが優れている?そのワケ

と言うのも、先ほども軽く触れたカラー剤やカラートリートメントなどの白髪染めは、髪全体に塗ることを前提に考えられており、コームや櫛も比較的大きな形状になっていることが多いです。

そのため、頭頂部の生え際のような場所なら気軽に塗布することはできますが、細かい場所に塗ること自体がかなり難しくなっています。

しかしその一方でヘアマニキュアは、小さな櫛タイプや筆タイプになっていることが多いです。

つまり、ヘアマニキュアは元々生え際などの一部分だけを、しっかり染められるように作られているってワケ。

また、ヘアマニキュアはその名の通り、「髪に塗るマニキュア」のような物

髪の表面にカラーをコーティングして白髪を目立たなくさせるので、ただ気になった部分にだけちょちょっと塗るだけですぐにキレイな髪色に仕上げることが出来るんです。

そう考えるとヘアマニキュアは、生え際などの一部だけに生えた白髪を目立たず、自然な色合いに変えてくれる頼もしいサポートアイテムと言えるのではないでしょうか。

ただし!ヘアマニキュアも選び方一つで失敗することもあります!

ただ、ヘアマニキュアと一括りにしても、ヘアカラーと同じように使うタイプのものや、カラートリートメントなどなど…『カラーをコーティングする』タイプの白髪染めは種類は様々あります。

要は選び方一つで失敗の種につながることも多いんですよ。

だからこそヘアマニキュアを選ぶときはすこーしだけ慎重になる必要があります。

…と言っても、下の3つのポイントをおさえておけば特に問題はありませんよ。

①タール色素が含まれていないこと

『タール色素』はヘアマニキュアの中でも良く使われる成分の一つ。

しかし、発がん性海外では発がん性の疑いがあり、使用禁止としている国もあるちょっと安全性を疑いたくなる成分でもあるんですよね。

その上、頭皮や肌についてしまうとかなり色が残ってしまうのも注意したい理由の一つ。

パッケージには”黒401号”、”紫401号”等と表記されることが多いので、購入する前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

②細かいところを染められるかどうか

先ほどもお話したように、ヘアマニキュアと一言で言ってもその種類は様々。

カラートリートメントも実はヘアマニキュアの1つです。

そのため、ただ適当に商品を選んでも一部だけを染めることが出来ない、なんてことも考えられます。

だからこそ、ヘアマニキュアを選ぶときは筆状、もしくはかなり小さな櫛(コーム)状になっているかどうかは見ておいて損はないですよ。

③肌に付いてもすぐに落とせること

また、白髪の生えている一部分だけ染める時ってどれだけ工夫しようと思っても、周りの頭皮または肌に付着してしまうことが多いです。

例えばおでこなんかに飛び散ってしまったら、髪をおろしてもけっこう気になってしまいますよね。

そんなことがないように、もし肌に付着した場合でも拭くだけですぐに落とせるかどうかは確認しておきましょう。

ゼロテク・1分で出来るヘアマニキュア、超鉄板なのはこれだ!

そして、上で紹介した3つの条件のすべてを満たしている商品の中でも、特にイチ押しの鉄板商品なのが利尻白髪隠し。

 

※商品の詳細は画像をタップすると確認できます。

タッチペン(筆)タイプとなっている為、手袋やケープ等のいわゆる「白髪染めセット」を用意する必要がなく、具を塗るような感じで気になるところに塗るだけ。

超簡単に扱うことが出来るため、難しいテクニックは全くいりません。

筆の太さも程よくマッキーくらいの大きさで、こめかみや耳元等の気になるところだけを塗ることができるため、塗る時間も1分程度で済みます。

つまり、一部分だけ生えて気になった白髪も、お出かけ前の短い時間でにサクッと簡単に染めることが出来るってワケです。

また、使い続けることで少しずつ白髪が目立たなくなるのもポイント。

一度シャンプーしてしまうと色落ちが早いのがヘアマニキュアの良くないところですが、利尻白髪隠しは使うたびに色が定着してくれるので、より自然でキレイな髪色に仕上げていくこともできるんです♪

カラーバリエーションも明るめの色合いから暗めの色合いまで用意されていますし、試してみて損はないと思いますよ。

まとめ

染めるほど全体的にあるわけでもなく、かといって切る・抜くにしては多い。

こめかみや耳元、おでこや頭頂部の生え際の1部分にだけ中途半端にある白髪って結構厄介な存在。

しかし、そんな気になる白髪は別に染めなくても、ヘアマニキュアで目立たなくさせるだけで良いんです!

その中でも特に、利尻白髪隠しは使い勝手も良いですし、徐々に色が定着して白髪が目立たなくなるのでおすすめ。

もちろん、塗ったその日も白髪の無いキレイな髪色に仕上げてくれますよ。

「こんなところにちょっとだけ白髪があるのがイヤ!」

なんて思ったら、是非一度試してみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です