白髪染めは成分で見ちゃダメ!?染めたい人必見のヤバい理由に迫っちゃいましょう!

白髪染めは成分で見ちゃダメ!?染めたい人必見のヤバい理由に迫っちゃいましょう!

まだまだ白髪染めを続けたいとは思っているけど、頭皮に付いちゃってピリピリ傷んだり、染めた後にジュクジュク膿が出たりするのも避けたい!

そう思った時に真っ先に気にすることと言えば…そう!成分ですよね。

確かに白髪染めの成分が原因でかぶれることがほとんど。

だから次に使う白髪染めを選ぶときに、成分を見てしまう方も多いはず。

でも、ちょっと待って!

実は白髪染めってそんな成分を見て選んじゃうと、確実に失敗しちゃうんですよ!

えっ!?じゃあどこを見て選べばいいの?

なんて思った方に向けて今回は、白髪染めで本当に失敗しない成分についてお話しちゃいます。

カラー剤だと良かったのに、白髪染めに切り替えたらなぜかかぶれた…なんて人もこれからお話することを参考にすれば失敗しなくなると思いますよ。

白髪染めとヘアカラー、成分的に見ればほぼ一緒!

白髪染めとヘアカラー、成分的に見ればほぼ一緒!

「ヘアカラーは良かったのに、白髪染めにしたら急に痛い目をみた」

なんて時につい気になって見ちゃうのが、白髪染めやヘアカラーの成分って人は多いはず。

何か異常があると、気になるのって結局中身なんですよね。

おそらく名称が違うから、成分も違うのでは?って思うかもしれませんが、それは大きな間違い!

実をいうと白髪染めもヘアカラーも、成分ってほぼ一緒なんですよ!

『染める力』が強いか『色を抜く力(脱色力)』が強いかくらいの違いしかない

というのも、実は白髪染めもヘアカラーも基本的には配合されている刺激の強い成分が化学反応を起こして、キューティクル(髪を守るバリア)を開き髪の中までしっかり染めるっていう工程は一緒。

このキューティクルが開くのがいわゆる髪染めの時の髪が傷む原因の1つなので、染めた後はバサバサになりやすいんですよね。

ただここまで見ると、じゃあ結局一緒なんだと思うかもしれませんが、ヘアカラーと白髪染めは唯一違うところが1個だけあります。

それが、白髪染めは元々白い毛に色を付けるため染める力が強いのに対し、ヘアカラーは元の髪の色を脱色してから色を付けるから脱色する力が強いって部分です。

つまり、染まりが良い方を選ぶのなら白髪染め一択になります。

超やばい!?白髪染めとヘアカラーに含まれる成分は絶対避けた方がいい。

でもこうやって染まる仕組みを見てみると、染めたら髪や頭皮に影響が出たっていうのは、そもそも使われている成分が大きく影響していると思いませんか?

という事は、中身さえわかれば危険な白髪染めやヘアカラーを避けることが出来るってことにもなるんです。

実は刺激の強い成分って、下のように超ヤバいものを使っていたんですよ!

ジアミン

皆さん知っての通りジアミンは髪を染めるうえでは特に重要で、濃い色に染めるには欠かせないものになります。

しかし、パラフェニレンジアミンと言う成分が含まれていると顔がパンパンに腫れることやジュクジュクと膿が出て痒くてたまらなくなることもあるんです。

パラベン

ジアミンと同様に聞いたことがある人もいるかもしれませんが、パラベンは一般的には防腐剤として使われることが多いです。

ほとんどの化粧品・ヘアケア商品などに使用されており、当たり前のようになっていますがこれもアレルギー反応が起こりやすい成分のため大変危険なんですよ。

過酸化水素水

さらに、ヘアカラーに配合されている過酸化水素水と言う成分は髪を染めるうえで脱色するために必要なものですが、皮膚に付着すると痛みを伴い異常が出てくる可能性があります。

この成分によって白髪が増える研究結果も出ているため、出来れば配合されていないものを使った方が良いんですよ。

つまり、ヘアカラーでかぶれたら白髪染めもほぼ同じ成分を使っているわけだから、同様にかぶれる可能性が高いってことです。

よくヘアカラーは全然かぶれもなくて平気だったのに、白髪染めだとかぶれて痒くなってダメだったって人もいますが、同じような成分を使っている以上そういうのはまずないってことは覚えておきましょうね!

まだまだある白髪染めのヤバい成分、一気にまとめてみてみよう!

まだまだある白髪染めのヤバい成分、一気にまとめてみてみよう!

しかし、危険なのはそれだけではありません!

実は白髪染めに含まれることが多い成分の中にも危険度に大小があり、気を付けておきたいものは様々。

ここでは特にヤバい成分から紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

代役が少ないレゾルシン

あまりなじみのない言葉かもしれませんが、このレゾルシンと言う成分は殺菌剤・鎮痛剤・防腐剤に使われていることも多く、治療薬にも使われることが多いです。

でも、殺菌作用が強すぎるため逆に刺激を伴うこともあり、頭皮にダメージを与える原因になることがあります。

ヘアマニキュアに含まれるタール色素も超やばい!

そしてヘアマニキュアや化粧品にも使われている事が多いタール色素は、道路の舗装にも使われている事もあり、本来は人にあまり使って良いものではないんです。

そのため発がん性があるとも言われており、使いすぎはガンが発症する危険性が高いため、使用を禁じている国もあるほどです。

オハグロ式に含まれる○○も実は避けた方がいい

しかも安全性が高いと言われているオハグロ式白髪染めも、実はかぶれる可能性があります。

確かに今まで紹介してきたヘアカラーや白髪染めに比べたら安全性は高いですが、オハグロ式に配合されている鉄塩と言う成分でかゆみが出ることもあるんです。

特に金属アレルギーなどがある人はこの鉄塩に反応する可能性が高いので、使うのは避けた方が良いですね。

ヘナは植物アレルギーの引き金になることも!

その他ヘナも安全で良い!と言われることが多いですが、ヘナは植物を中心に使っているため、漆でかぶれたことがある人や植物アレルギーがある人なんかは確実にかゆみを発症することがあります。

場合によってはジアミンなどにかぶれるときよりもひどくなることも考えられるので、リスクを避けるのなら使わないようにした方が無難だと思いますよ。

4-ヒトロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

最後にチェックして欲しいのが、ジアミンに似ていると言われているこちらの成分。

名前が長いため、見たことがあっても覚えていないという人が多そうですが、ジアミンと似ているだけあってこの成分もアレルギーが発症する可能性があります。

しかし、ジアミンよりはまだ安全性が高いと言われているので、使わない方が良いというよりは出来れば使うのは控えた方が良い成分と言えますね。

つまり、この事からいくら安全だと言われている白髪染めでも、成分で見るとどれも多少なりとも危険がつきもの。

特に、上記を踏まえたうえでヤバい順から商品を並べていくと、下のような感じになります。

危険度順に並べるとこのようになる

こうやって見るとメジャーな商品も多く、じゃあ一体何を使えば良いのかますますわからなくなりそうですが、今あげた危険な成分たちはあくまで一部。

まだまだ危険性が高いものは沢山あるので、成分を重視しながら白髪染めを選ぶのは難しい事だっていうのはお分かりいただけたでしょうか。

髪にも頭皮にも安全な白髪染めを見分けるポイントはズバリ○○かどうか!?

髪にも頭皮にも安全な白髪染めを見分けるポイントはズバリ○○かどうか!?

という事は、中身重視で見ると結構小難しいことにもなるし、1つ1つ危険なものの名前を覚えるのも面倒…。

いちいち白髪染めを手に取るたびに成分表をくまなくチェックするなんて、時間もかかりそうですし実際に素人目で全部確認するのは難しい事ですよね。

でも、実は手っ取り早く『安全かどうか』を見極める方法があるんです!

一番わかりやすいポイントが『素手』で扱えるかどうか

それがコレ!

普通の市販の白髪染めだと直接手につくとかぶれることがあるため、素手で扱うのは厳禁、手袋は必須にしているのがほとんどです。

これを踏まえて逆に考えると、素手で扱えるってことはかぶれる危険性がないってことになるから髪にも頭皮にも優しくて、いわゆる『失敗』がほとんどないことにもなります。

つまり、たとえ危険な成分が含まれていたとしても、一番危険度が低い4-ヒトロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールくらいしか配合されていない。

そう考えると、安全な白髪染めの見極め方って成分で見るよりも、別の視点から見た方が楽だと思いませんか?

これで完璧!!成分で白髪染めを選ぶなら見ておきたいポイント

他にも安全な白髪染めを選ぶうえで見ておきたいポイントが3つ程あるので、1個ずつ簡単に説明していきます。

きっとこれを知ると、超簡単に安全で使いやすい白髪染めを選べるようになりますよ!

① 1回で『ある程度』染まるか

まず踏まえたいのが、安全=染まりを良くする成分がないから染まりにくいってこと。

つまり、安全性ばかり見ていると染まり具合に満足できない白髪染めを選んでしまうため、白髪を隠すことに特化したものを選ぶと、ある程度染められる商品を選べるようになるんです。

② 肌に付いてもピリピリしにくいか

今までの内容を見てきた人なら当然のことなのはわかると思うので、簡単に安全性のある商品の見極め方を教えます。

頻繁に使うものだからこそ、無添加(健康に害のある防腐剤などが使われていない事)と書かれているものを選ぶようにするとリスクを減らせますよ!

③ 髪・頭皮を労わることができるか

確かにかぶれないかどうかを見るのも大事ですが、髪や頭皮を保護する力が高いものを選ぶと傷みも防げるので、染め上がりがきれいな髪になります。

若々しい髪は髪質を整えるのも大事なので、保護・補修してくれるものを選びましょうね!

成分的に見て「コレだ!」と思える白髪染めは○○タイプの白髪染め

成分的に見て「コレだ!」と思える白髪染めは○○タイプの白髪染め

そして、上の条件を全て満たしている商品が白髪染めトリートメントです。

と言うのも、白髪染めトリートメントって『白髪を染めるタイプ』ではなく『白髪を隠すタイプ』のため、最初に紹介してきた危険な成分が含まれておらず、安全に染めることが出来ます。

逆にトリートメント効果によって髪を保護・補修し、頭皮にも潤いを与えてかぶれないようにしてくれるため、守る力もバッチリ備わっているんですよ!

カラートリートメントは白髪をコーティングして染めるタイプのため、ヘアカラータイプの白髪染めほど染まらないにしても、白髪を目立たなくさせるくらいには十分染まります。

おまけに素手で扱って普通のトリートメントのように直接髪に塗ることも出来るため、安全性はかなり高いものなんです!

中でもオススメの商品がコレ!

そんな中でも特におすすめしたい白髪染めトリートメントが、利尻ヘアカラートリートメント!

おすすめの商品は利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラーはトリートメントタイプの白髪染めの中でもかなり染まりがよく、無添加で危険性がない成分を使っていないにも関わらずなんとここまでしっかり染まります!

利尻ヘアカラーのブラックで染めると1回目からきちんと色がつく

今回は白髪100%の毛束を使って、ブラックで染めてみましたが1回でかなり白髪が染まっているのが分かりますね。

特に利尻ヘアカラーは使えば使うほど色濃くなるのが特徴のため、使い込めば使い込むほど白髪がきっちり隠れていくんですよ。

しかもトリートメント効果も高いため、1回使っただけで潤いあるツヤツヤした髪に仕上がるのも良いところ。

お風呂場で濡れた髪に直接塗って染めることも出来るので、素手で扱うことに関しても問題なしなんです。

つまり、利尻ヘアカラーは数ある白髪染めの中でも一番無難に使える安全性の高い白髪染めってことになりますよ!

まとめ

白髪染めに含まれている成分のせいでかぶれやかゆみが出ることは事実です。

しかし、成分だけ見ていると大事な部分を見落とす可能性もあるため、何よりも重要視して見るべきは素手で扱えることや肌に異常がないか、髪や頭皮を労わることが出来るかなどになります。

これらの条件を全て満たしている白髪用のトリートメントの中でも利尻ヘアカラーが特におすすめなので、本当に安全で失敗しない白髪染めをしたい人はぜひ使ってみることをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です