※当サイトは記事広告・アフィリエイトプログラムによる収益を得ています

60代のおばさんぽくない髪型とは?60代だからこそできる対策

もしかしてわたしって老けてる?

同年代の人を見るとすごく若々しくて羨ましい。おばさんぽくならないためにはどうしたらいいの?

60代になると、年齢とともにヘアスタイルが納得いかなくなることは多いのではないでしょうか。

ヘアスタイルが決まらないと、老けて見えてしまい、気持ちが落ち込んでしまいますよね。

所長

本記事では、若々しいヘアスタイルを手に入れるために試行錯誤してみるものの、何がダメなのか分からずに悩んでいる方に向けて役立つ知識をお伝えします。

この記事を読んだら分かること

・髪型が「おばさんぽく」なってしまう原因

・60代で「おばさんぽくならない」ヘアスタイルのポイント

・60代におすすめのヘアスタイル

・60代に試してほしい白髪対策

本記事を読むことで、理想のヘアスタイルを手に入れる方法が分かり、明日からの生活が明るくなるはずです。

ぜひ参考にしてください。

60代で髪型がおばさんぽくなってしまう3つの原因

引用:O-DAN

60代の髪形でおばさんぽくなってしまう原因の主なものは以下の3つです。

おばさんぽくなってしまう3つの原因

  • 頭のてっぺん部分にボリュームがない
  • 髪の毛がパサついている
  • 白髪混じりで色味にムラがある

鏡を見たときに、この3つの原因に当てはまっていたら要注意。

所長

3つの原因のどれか1つでも当てはまっていると、実年齢よりも老けて見えてしまいおばさんぽくなってしまうのです。

おばさんぽくなってしまう3つの原因について、1つずつ解説します。

頭のてっぺん部分にボリュームがない

引用:O-DAN

おばさんぽくなってしまう原因の1つ目は、頭のてっぺん部分にボリュームがないからです。

若々しいヘアスタイルを作る上で、頭のてっぺんのボリュームはすごく重要です。ボリュームが下がってしまうと全体のパーツも下がって見え、老けた印象を与えてしまいます。

所長

頭のてっぺんにボリュームがないスタイルは、シルエットが平面的に見えてしまうため、顔が大きくなりバランスが良くありません。

頭のてっぺんにボリュームがなくなってしまう原因としては、以下の要因が考えられます。

頭のてっぺんにボリュームが出ない原因
①加齢によって毛のハリコシがなくなっている
②頭のてっぺんの毛量が少なくなっている

年齢を重ねると毛の太さが細くなり、立ち上がる力が弱くなります。これは頭皮環境が老化によって悪くなることで、髪の毛を支える土台である頭皮の柔軟性がなくなることが原因です。

さらに、頭のてっぺんは髪の毛が薄くなりやすいので、毛量が少ないことでボリュームが出づらくなるということも考えられます。

頭のてっぺんのボリュームはおばさんぽく見える要因となります。

髪の毛がパサついている

引用:O-DAN

おばさんぽくなってしまう原因の2つ目は、髪の毛に艶がなくパサパサしているからです。

髪の毛に細かなうねりがあったり、枝毛や切れ毛ができたりすると、表面にパサつきが出てきます。うねりや切れ毛も加齢による変化の一つです。

所長

パサついた髪の毛は潤いがなく乾燥して見えてしまったり、カラーリングも綺麗に見えなかったりとデメリットがたくさんあります。

「美容室に行ったばかりなのに、あんまり綺麗にならない……」

こんな経験がある方は髪の毛の状態が悪くなっているかもしれません。

60代になると、これまでの髪への負担がパサつきになって表れてくるので、一気に老いを感じてしまう要因となってしまいます。

白髪混じりで色味にムラがある

引用:O-DAN

60代でおばさんぽくなってしまう原因の3つ目は、白髪交じりで色味にムラがあることです。

白髪が多くなってくると、地毛と白髪の明暗が際立ち全体の印象が悪くなります。

所長

白髪染めで白髪を染めた後は一色になっていても、白髪の方から色味が落ちていき、1ヶ月も経たないうちに白髪が気になってくるでしょう。

白髪染めが落ちてくると、以下の3つのような色味が混在している状態になります。

白髪染め後1ヶ月の色味
①地毛の色味(黒)
②白髪染めが落ちて明るくなった色味(黄色〜茶色)
③白髪染めがまだ残っている色味(カラーリングの色味)

髪に3色〜4色の色味が混在すると、手入れがされていない印象を与えかねません。

退色後のカラーリングを綺麗に保つためには、色味の選定やカラーの入れ方が重要です。また先ほど紹介したように加齢による髪の毛のパサつきも相まって老けて見えてしまいます。

おばさんぽくならないカラーを見つけていくために、美容師さんなどの髪の専門家としっかり相談してみましょう。

60代でおばさんぽくならないオシャレなヘアスタイルのポイント

引用:O-DAN

60代で「おばさんぽくなってしまう原因」について解説してきましたが、

わたしにはこれが当てはまるかも!

このように感じた方もいるでしょう。

おばさんぽくなってしまう原因が分かると、次にこんな悩みが生まれたのではないでしょうか。

おばさんぽくなってしまう原因は分かったけど、どう対策したらいいのか分からない……。

どんなところを意識したらいいの?

解決策が分からなければ、美容師にオーダーすることも難しいでしょう。

ここからは、60代でおばさんぽくならないオシャレなヘアスタイルのポイントは以下の2つです。

おしゃれなヘアスタイルの2つのポイント

・髪にふんわりとしたボリュームを出す

・艶やかで輝くカラーリング

1つずつ解説します。

髪にふんわりとしたボリュームを出す

引用:O-DAN

さきほど60代でおばさんぽくなってしまう原因に、頭のてっぺんにボリュームがないことを挙げました。

「ボリュームがない=老けて見える」

という特徴があることから、髪の毛のボリュームがいかに大切かが分かるのではないでしょうか。

所長

おばさんぽくならないスタイルを目指すにはボリューム感のコントロールが重要です。

ボリュームを出すべき頭の部分は主に以下の4つです。

頭のボリュームを出すべき部分
①前髪(バング)
②てっぺん(トップ)
③横(サイド)
④後ろ(バック)

これらの部分にボリュームを出すと、若々しいスタイルを作ることができます。

前髪とてっぺんはもともと髪の毛が細くボリュームが出にくく薄くなりがち。

所長

ドライヤーなどでふんわりと根元を立ち上げながらセットするのがおすすめです。

横と後ろは髪質だけでなく骨格にも影響を受ける部分なので、ボリュームが出るようにカットやパーマで動きを出しながらボリュームを持たせるとメリハリのあるヘアスタイルになります。

また、ボリュームを出したい部分を引き立てられるように、ボリュームを押さえる部分も作りましょう。

頭のボリュームを抑える部分
①襟足
②ハチ周り

ボリュームを押さえたい部分は根元を潰してセットしましょう。

所長

ボリュームを出す部分と抑える部分を理解すると、綺麗なシルエットのヘアスタイルを作ることができるので、意識してヘアセットをしてください。

艶やかで輝くカラーリング

引用:O-DAN

白髪交じりでムラになったカラーリングは艶がなく老けて見えます。

白髪が生えてきたら、白髪が目だたくなるようなるべく早めにカラーリングをしましょう。

所長

1ヶ月間隔でカラーリングを行えるのであれば、一般的な白髪染めで白髪に色を入れ、全体を1色にまとめるのがおすすめです。

均等に染められたカラーリングは、光を綺麗に反射して艶やかな髪の毛を作ってくれます。

1ヶ月ほど経つと、根元が伸び毛先の色味も退色してくるので、1色で染めた場合は定期的に染め直して艶をキープできるようにしましょう。

続いては、60代におすすめの「おばさんぽくない」髪型を解説します。

60代でおすすめのおばさんぽくない髪型

ここからはおばさんぽくないトレンドのヘアスタイルをご紹介します。

60代女性の悩みに応えるヘアスタイルをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

当ラボが60代におすすめしたい髪型は3つです。

おすすめの「おばさんぽくない髪型」

・ひし形ショートヘア

・ショートボブ

・ミディアムボブ

1つずつ解説します。

ひし形シルエットが美しいショートヘア

ひし形ショートヘア(引用:O-DAN

ヘアスタイルのシルエットでバランスが良いとされているのが「ひし形」です。

ひし形シルエットを作りやすいショートヘアは60代女性と相性抜群。

髪の毛は長ければ長いほど重みで立ち上がりづらくなります。

ショートヘアは髪の毛の長さが短いので、60代女性の悩みである「ボリューム感」を解消しながらひし形シルエットを作ることが可能です。

所長

てっぺんの髪の毛を短くすることでふんわりと立ち上がりがつきやすくなり、ボリュームが出づらい部分もセットしやすくなるでしょう。

さらに、襟足を他の部分よりも短くしてボリュームをつぶすようにカットすると、メリハリがつきひし形シルエットに近づきます。

ボリューム感たっぷりのショートボブ

ショートボブ(引用:O-DAN

毛先の厚みを残したショートボブは、細い髪の毛でも裾の部分にボリュームが出しやすいヘアスタイルです。

所長

一般的なショートヘアと違い、ショートボブは表面の毛が長く残っているので女性らしい丸さを残しやすいです。

また、表面が長く残っているのでカラーリングとの相性が良く、色味を綺麗に見せたりハイライトやローライトを効果的に見せたりできます。

ただし、ショートボブは分け目が目立ちやすいので、てっぺんのボリュームが潰れないようにブローをするか根元からボリュームが出るようなパーマをかけるのもおすすめです。

ツヤツヤな毛流れを作るミディアムボブ

ミディアムボブ(引用:O-DAN

ショートヘアに抵抗がある方は、ミディアムボブスタイルがおすすめです。

鎖骨ほどの長さを残したミディアムボブは、大人女性の上品さを残しつつ、ボリューム感を作りやすいという特徴があります。

また、毛の長さが残っているので毛流れを作りやすく、ブローなどで動きを出したセットと相性が良いです。

毛先を内巻きにセットして上品にしたり、外ハネを織り交ぜてカジュアルな印象にしたりとバリエーションを持たせやすいです。

所長

普段からブローでセットすることが多い方には特におすすめです。

60代で「見ため年齢」を引き下げる具体的な3つの方法

少しでも若く見られたい。

若く見られるための具体的な方法を教えてほしい!

いつまでも若くいたいというのは、すべての女性に共通する願望ではないでしょうか。

そんな願いを叶えるために、見た目年齢を引き下げる具体的な方法をお伝えします。

見た目年齢を引き下げる方法は以下の3つです。

見た目年齢を引き下げる3つの方法

①細くなった髪の毛にハリコシを出す

②パーマで全体的にボリュームを出す

③カラーリングで色味を整える

1つずつ解説します。

①細くなった髪の毛にハリコシを出す

引用:O-DAN

髪の毛が細くなってくるとボリュームが出づらくなるので、ボリュームを出すためには髪質を変える必要があります。

髪質を変えることなんてできるの?

もちろん、老化によって細くなってしまった毛やダメージしてしまった毛を、若い頃の健康な状態に戻すことはできません。

髪の毛の細胞は頭皮の中で分裂が終わり、頭皮の外に出てきたときは既に死んだ細胞の集まりとなっています。

髪の毛はすでに活動を休止した細胞なので、皮膚のように自然に回復することはありません。

所長

そのため、ハリコシがなくなった髪の毛を強い髪の毛にするには疑似的に髪の毛を補強する必要があります。

ハリコシのない髪の毛は髪の毛の成分が少なくなっている状態です。

髪の毛の成分はケラチンというタンパク質からできているので、トリートメントなどで外からケラチンを入れ込むことで疑似的に髪の毛を補強できます。

成分を入れ込んだ髪の毛は健康な状態に近づき、触ってみるとしっかりとしたハリコシが感じられるでしょう。

ただし、あくまで疑似的に補給するだけなので、毎日のシャンプーや紫外線などの外部要因によって流出して元に戻っていきます。

1ヶ月を目安にトリートメントをするといいでしょう。

パーマで全体的にボリュームを出す

引用:O-DAN

継続的にボリューム感を出す方法として有効なのが「パーマ」です。

パーマの仕組みは薬剤で髪の毛の結合に変化を与え形をつけるというものなので、継続的にボリューム感と動きをキープできます。

パーマの種類はいくつかありますが、大きく分けると以下の2パターンが主流です。

ボリュームを出すパーマの種類
・コールドパーマ
・デジタルパーマ

コールドパーマは薬剤で髪の毛の結合を切断し、パーマのロッドを巻いた後に再度薬剤をつけて再結合させる方法です。

コールドパーマの特徴は、根元からかけることができる点と、濡れた状態で強くパーマが出てくるという点が挙げられます。

コールドパーマは、ドライヤーで乾かしながらセットすることを想定して、根元の立ち上がりがつくようにパーマをかけることも可能です。

所長

普段はぺたんこな髪の毛でも、パーマをかけるとドライヤーだけでふんわりとボリューム感のあるヘアスタイルを作れます。

一方、デジタルパーマは薬剤に加え「熱」をプラスしたパーマのかけ方です。

熱が加わることで髪の毛に艶を与え、まるでヘアアイロンを使ったかのような仕上がりになります。

乾いた状態でパーマが出てくるので、セットが苦手な方でも簡単にセットができるでしょう。

デジタルパーマは基本的に髪の毛の中間〜毛先にパーマをかけるものなので、根元のボリュームよりも横の広がりや裾に動きがほしい方におすすめです。

カラーリングで色味を整える

引用:O-DAN

カラーリングで色味が整っていると、光を綺麗に反射して艶が出たり、メリハリのあるヘアスタイルを作れます。

また、白髪が増えてきたと感じる60代女性は、カラーリングをすると白髪も隠れ一気に若々しく見えるでしょう。

白髪が染まるカラーリングの方法は以下の3つです。

カラーリングの方法
①グレイカラー(白髪染め)
②ヘアマニキュア
③ヘアカラートリートメント

一般的に白髪を染めたい場合はグレイカラー(白髪染め)をイメージするのではないでしょうか。

グレイカラーは地毛の黒い部分を明るくしながら白髪部分に濃い色を入れることで一色に染めるカラーの方法です。

最近は色味も増えていて、おしゃれ染めと変わらないくらい色鮮やかなカラーリングが楽しめます。

一方、ヘアマニキュアやカラートリートメントは地毛の黒い髪の毛を明るくすることはできません。ヘアマニキュアやカラートリートメントは、白髪や既にカラーリングで明るくなっている髪の毛に色味を入れてくれるカラーリング方法です。

所長

髪の毛を明るくする力はないので、髪の毛にダメージを与えずにカラーリングができるというメリットがあります。

髪の毛を傷つけずカラーリングを行なえるヘアマニキュアやヘアカラートリートメントは当ラボとしても特におすすめです。

カラーリングの方法によって仕上がりが変わってくるので、自分に合った方法を選びましょう。

60代にカラートリートメントがおすすめな理由

引用:O-DAN

いくつかのカラーリング方法をご紹介しましたが、その中でも60代女性におすすめなのが「カラートリートメント」です。

当ラボがカラートリートメントをおすすめする理由は以下の2つ。

カラートリートメントがおすすめな2つの理由

①白髪に色味がしっかり入る

②ダメージがないので、エイジング毛でも使いやすい

カラートリートメントが特におすすめな理由を1つずつ解説します。

白髪に色味がしっかり入る

引用:O-DAN

カラートリートメントはトリートメント剤に色素が入っているので、毎日使うことで白髪にしっかり色味が入ります。

普段と同じように髪の毛全体にカラートリートメントをつけ、少し時間を置いてから流しましょう。

白く目立っていた白髪も、カラートリートメントを流すと色味が入り、全体が馴染みます。さらに、カラートリートメントは美容室でカラーリングをした後に使うのもおすすめです。

髪の毛に色素が残っているところにカラートリートメントを使うと、上から色味が足されるので退色のペースが遅くなります。

長くカラーリングを楽しみたい方にはピッタリなアイテムです。

ダメージがないのでエイジング毛でも使いやすい

引用:O-DAN

カラートリートメントは地毛を明るくする成分が含まれていないので、ダメージがありません。

60代女性にとって髪の毛のダメージは注意しなければいけないポイントの1つです。

グレイカラーを毎回短期間で繰り返すとダメージが蓄積してしまいますが、間にカラートリートメントを挟むことでダメージを抑えながら色味をキープできます。

使っていると髪にコシが出てくるので、髪の元気さと白髪対策ができるのがカラートリートメントとなります。

カラートリートメント使用の際の注意点

白髪染め ピンク 注意

ここまで、カラートリートメントのメリットをお伝えしましたが、カラートリートメントにも注意点があります。

それはカラートリートメントは色素が入っているので、白髪だけでなく皮膚や爪も染まってしまいます。

カラートリートメントは成分の安全性から、素手で染めても大丈夫な商品です。

白髪染めトリートメント 素手 利尻

素手でカラートリートメントを毎日つけていると、やがて手の皮膚や爪に色が入ってしまうでしょう。

皮膚や爪が染まるとなかなか落ちづらくなってしまうので、気になる方はゴム手袋をつけてから使うのがおすすめです。

所長

逆に注意点はこれくらいなので、安全性は極めて高いです。

60代の白髪染めカラートリートメントなら「KAMIKA」がおすすめ

カラートリートメントって色々あるけど、おすすめの商品はある?

カラートリートメントを探してみると、たくさんの商品が出てくるのでなかなかどれを使えばいいのか分からない方も多いでしょう。

数あるカラートリートメントの中でも、特に使いやすく当ラボでもおすすめなのが「KAMIKA」のカラートリートメントです。

おすすめポイントは以下の4つがあります。

KAMIKAのおすすめポイント

①自然な色味で白髪対策ができる

②使うほどに色が馴染んでいく

③髪の毛をしっかり補修できるので、キレイな髪に

④肌や浴室が汚れにくい色素を使用

白髪をしっかり染めながら自然なカラーにしてくれるKAMIKAは、ほんのりピンクを感じるローズブラウンと、クールな色合いのアッシュブラウンの2色展開。

所長

「白髪を隠したいけど重たく見えるのは嫌」という方にうれしい、柔らかい色味が特徴です。

また、肌についたトリートメントが落ちやすくなっているので、カラートリートメントを初めて使う方でも安心して使うことができます。

まとめ

いかがでしょうか。

では、この記事をまとめていきます。

60代の髪形でおばさんぽくなってしまう原因の主なものは、以下の3つでした。

おばさんぽくなってしまう3つの原因

  • 頭のてっぺん部分にボリュームがない
  • 髪の毛がパサついている
  • 白髪混じりで色味にムラがある

60代でおばさんぽくならないオシャレなヘアスタイルのポイントは以下の2つでした。

おしゃれなヘアスタイルの2つのポイント

・髪にふんわりとしたボリュームを出す

・艶やかで輝くカラーリング

60代でおすすめのおばさんぽくない髪型は3つでした。

おすすめの「おばさんぽくない髪型」

・ひし形ショートヘア

・ショートボブ

・ミディアムボブ

見た目年齢を引き下げる具体的な方法は以下の3つでした。

見た目年齢を引き下げる3つの方法

①細くなった髪の毛にハリコシを出す

②パーマで全体的にボリュームを出す

③カラーリングで色味を整える

60代にカラートリートメントをおすすめする理由は以下の2つでした。

カラートリートメントがおすすめな2つの理由

①白髪に色味がしっかり入る

②ダメージがないので、エイジング毛でも使いやすい

また、おすすめのカラートリートメントとして「KAMIKA」をご紹介しました。

60代になると白髪や髪の毛のボリュームなどの悩みが多くなり、どんなヘアスタイルが良いのか分からなくなるでしょう。

今回紹介した対策やおすすめヘアスタイルを参考に、ご自分に合ったヘアスタイルを是非探してみてください。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。