白髪染めで明るい茶色は可能?若々しい印象は『明るめ茶髪』で可能!

白髪は暗い黒でしか染められない・・・

なんて思っていませんか? 

これは過去のお話なんです。

今は、明るい茶色に染めることも可能になっています。 

ここ何年かで「日本人女性が若返っている」といわれています。

この現象、化粧や服装、肌質など、様々な要因がそうさせているとは思いますが、

所長

一番は髪色が明るくなったためだとするのが、美容師の見解です。

髪色が明るいと、顔がパァッと明るくなって、くすみやしわが目立たなくなります。

その人が持つ雰囲気もガラリと変わってしまうこともあります。 

今回は、明るい茶色に染めたい人のための白髪染めの選び方、コツなどをまとめました。

白髪も隠しつつ、髪と頭皮を大切にしたい人は必見です。 

ぜひ、最後までお付き合いください。

明るい茶色に染める!白髪染めの選び方 

白髪染め 茶色 1

白髪染めは、染め方や成分が多岐にわたります。

相性が合わないものに当たると、取り返しがつかないほどのダメージを被る可能性があります。 

所長

カラーリングで失敗しないためにも、以下の3つの基準を満たしているものを選ぶと、外すことがなくなりますよ。 

基準① 染料と保護成分をチェック! 

まず、染料に危険性のある白髪染めもあります。

例えば、酸化染毛剤でアレルギー原因物質でもある「ジアミン系染料」です。 

使い続けることで、アレルギーを発症することもあり、なるべくなら肌に近づけたくない成分です。 

ジアミン系染料は、酸化することで発色が始まります。

酸化を誘発する過酸化水素水(ブリーチ剤)も、非常に刺激が強い成分なので、頭皮も大きなダメージを受けます。 

所長

このような危険な染料ではなく、イオンの結合で髪に染料を付着させる「塩基性染料」やミクロの分子がキューティクルの隙間から髪内部に浸透する「HC染料」を使用した『ヘアカラートリートメント』を選ぶと外しません。 

髪や頭皮とのお付き合いは、今後も続きます。

白髪だけならまだしも、薄毛が悩みの種とならないように、カラートリートメントを使って白髪染めを実行しましょう。

 ヘアカラートリートメントは、何度か使用することで白髪に色を定着させます。

普通のトリートメントを使うように、こまめな白髪ケアを自宅で出来てしまうというメリットがあります。 

そして、髪質向上や頭皮環境の最適化のため、保護成分が豊富だと肌荒れの心配なく、印象の良いツヤ髪をゲットできます。

髪のキューティクルを補修する成分もあれば、色もちの良さにつながります。

所長

髪を染めながら、美髪も手に入れられる一石二鳥な商品なんです。

 

基準② 茶色のバリエーションをチェック! 

ヘアカラートリートメントは人気の白髪染め素材です。

なのでカラーバリエーションも、黒(ブラック)だけでなく、茶色の取り扱いをしているメーカーがほとんどです。 

しかし、明るめの茶色と一言にいっても、目指す明るさは人それぞれ違います。

茶色にも、赤みがかったものや、アッシュに近い茶色だってあります。 

所長

このように、好みが違いますから、茶色でもバリエーション豊かな白髪染めがあるとかなりポイントが高くなります。 

基準③ コストパフォーマンスをチェック! 

カラートリートメントは、何度か使用しつつ、色落ちが始まったらまたカラーリングを始めるという特徴を持ちます。

そうなると自然と使用頻度は増えますから、トータルの使用金額がかさむ可能性があります。 

今回は、ミディアムヘアで想定される使用量50gで、コストを計算して比較していきました。 

おすすめ
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

茶色の白髪染め おすすめ商品はコレ! 

それでは、明るい茶色で白髪を染める際のカラートリートメント商品をご紹介していきます。

今回は、以下の基準で紹介します。

白髪染めの基準

・染料と保護成分

・茶色のバリエーション

・コストパフォーマンス

こちらのチェックポイントで比較して、おすすめ順にソートしております。

 

利尻ヘアカラートリートメント(★★★★★)

利尻ヘアカラートリートメント基本情報

【染料】
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

【髪の保護成分】
トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

【香料】
無添加

【カラーバリエーション】
ブラック、ダークブラック、ナチュラルブラウン、ライトブラウン

【放置時間】
10分

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,200円(税込)
通常価格3,300円(税込)
送料550円(2本セットで無料)

【ミディアムヘア1回(50g)のコスト】
825円(税込)

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

元祖白髪染め用ヘアカラートリートメントと言えば、『利尻ヘアカラートリートメント』です。

利尻昆布エキスの保水成分「フコイダン」が豊富に配合されており、髪と頭皮を潤しながらカラーリングできます。

所長

キューティクルの補修成分も多く、一度入ってしまった色の定着が良いのも頷けます。

茶色系では、

【利尻ヘアカラーの茶色系】
・ナチュラルブラウン
・ライトブラウン
・ダークブラウン

3つカラーバリエーションがありますが、1番明るいのは「ナチュラルブラウン」です。 

ナチュラルブラウンは、茶色が強いライトブラウンから赤みを抜いた、明るさを際立出せたものです。

黒髪を染めている人にもおすすめできます。 

使用中に、カラー剤特有の頭皮のヒリヒリといった痛みがないのが、トリートメントの良いところですよね。 

利尻カラートリートメントには、利尻昆布エキスを始めとした28種類の植物由来成分が配合されており、仕上がりの良さも評判です。 

白髪を明るめの茶色に、そして無香料で使用感良く染められるので、リピート率が高く、累計2,000万本の売り上げ実績があります。

所長

女性にはもちろん!男性にもおすすめできる一本となっております。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

ルプルプ ヘアカラートリートメント(★★★★★)

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント基本情報

【染料成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

【髪の保護成分】
ガゴメ昆布エキス

【香料】
ラベンダー、オレンジ、ローズマリー

【カラーバリエーション】
ソフトブラック、モカブラウン、ダークブラウン、ブラウン

【放置時間】
10分

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,178円(税込)
通常価格3,300円(税込)
2本定期便1,782円(税込、送料無料)

【ミディアムヘア1回(50g)のコスト】
825円(税込)

利尻ヘアカラートリートメントでも使用されていた、頭皮に優しい成分「フコイダン」を配合し、ダメージなしで白髪染めができるのがルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントです。 

ルプルプのpH値は、「8.0」で微アルカリ性です。 

所長

髪と頭皮を傷めることなく美しく染められる、ギリギリのラインを保っています。

フコイダンなどの保湿成分を豊富に配合しているため、染めた後もしっとりとツヤのある髪に整えてくれます。 

成分の安全性が高く、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌などの、肌が弱い人にも人気があります。 

ただ、明るめというよりも、落ち着いた茶色のラインナップなので、明るさが欲しい人には物足りなく感じてしまうかもしれません。

一度暗めにすると、後に明るい色が映えなくなるので、ご注意ください。 

初めて使う人向けのキャンペーンを利用することで、お得に試せますよ。

POLAグローイングショット ヘアカラートリートメント(★★★★)

POLAグローイングショットの基本情報

【主な成分】
HC染料、塩基性染料、

【髪の保護成分】
セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

【香料】
シトラス

【カラーバリエーション】
ブラック、ブラウン

【放置時間】
5分

【内容量】
200g

【価格】
・通常価格:3,190円(税込)
※送料無料

【ミディアムヘア1回(50g)のコスト】
797円(税込)

高級スキンケアやエステで有名なポーラの白髪染めです。

10分~30分の放置時間が基本のカラートリートメントですが、

所長

ポーラでは独自のピグメント処方によって染料が内部へ早急に浸透するので、5分という短い放置時間で済んでしまいます。 

この独自ピグメント処方で、色の入り時間が早くなったからと言って刺激が強くなったわけではないのでご安心ください。 

キューティクル保護のセラミド、頭皮を潤すコラーゲンなどを配合し、安全な白髪染めであることに違いはないでしょう。 

ただ、ポーラのカラートリートメントは、茶色のバリエーションが1つであり、そこまで明るくないことは前もって知っておく必要があります。 

最安値は公式で、送料も常時無料です。

ヘアカラートリートメントで白髪を明るい茶色に染めるコツ

白髪染め 茶色 2

使うカラートリートメントが決まったら、次は塗布に移ります。

カラートリートメントを使って明るく白髪を染めるにはコツがありますから、こちらをチェックしてから取り掛かりましょう。

トリートメント時間は長めに

カラートリートメントの説明書には、放置時間が10分~20分とする製品が多いですが、その時間よりも長く、30分以上は放置しておくのがおすすめです。

ここまで放置しておけば、髪が太くてうねりのある染まりづらい髪も、完璧に近い形で染まってくれます。

30分以上頭に置いておくことへの不安があるかもしれませんが、ほとんどのトリートメントは無刺激で髪と頭皮に優しい成分で出来ていますから、問題ありません。

所長

さらにラップで頭全体を巻いて温度・密着度を高めると、より効果があらわれますからおすすめです。

塗る量はたっぷりと

次に、使う量を節約せずにたっぷりの量を使って染めることです。

染めムラをなくするため、特に1回目はしっかりと全体塗布できる量を用意してください。

いつも全体に使うのはコストパフォーマンスが悪くなりますから、染まりが安定してきてからは、白髪が目立つところにたっぷり使うようにしましょう。

乾いた髪に塗る

取扱説明書には、シャンプー前におすすめされたり、シャンプー後に指定されたりと、製品によって使い方にバラつきがあります。

染まりを深くしたいのであれば、乾いた髪に使用することがおすすめです。

髪と染料の隙間に水分が挟まれなくなって、より密着します。

所長

乾いた髪に塗る前はよくブラシでとかし、目に見えない汚れをふるい落として髪の流れを整えましょう。

ボタン
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

白髪染めヘアカラー剤で明るい茶色にできる?

白髪染め 茶色 3

今回は、頭皮と髪にマイルドで白髪を明るくできるトリートメントに絞って解説してきましたが、二剤式カラーリングで明るく白髪染めする場合の情報をお伝えしていきます。

美容院で、明るめの茶色を希望して白髪染めオーダーしても、イメージ通りの明るさがなく、全体が暗くなってしまった、という経験をお持ちの方が多くいます。

・プロがいる美容院で、なぜこのようなことが起きるのか。
・二剤式白髪染めで明るくすることはできるのか。

カラーリングにまつわるお話を始めます。

白髪は明るい色に染まりにくい

まずは、白髪は明るい色に染まりにくいものです。

どうしてこのようなことが起きるかというと、白髪と黒髪の割合に原因がありました。

個人差はありますが、ほとんどの方は黒髪の割合が多い髪の状態で白髪染めを始めますよね。

髪を染めるということ

・白髪を明るい茶色にすること

・黒髪を明るい茶色にすること

この2つは可能で、スムーズにできます。

しかし、

黒と白が混ざった状態の髪を、同時に明るく茶色に染める

ことは非常に難しいのです。

「黒髪は明るく」「白髪には暗く」というように、違うことを同時に行わなくてはいけません。

何万本と髪の毛がある中でこれは至難の業です。

明るい白髪染めを拒否する美容院も

美容院で、白髪を明るい茶色にすることができないと、拒否された経験がある人もいるかもしれませんね。

中には、白髪を短くカットして、黒髪部分だけ明るく染めて対処されることもあります。

髪全体をブリーチして色を抜いてから、白髪染めで明るくする手法もありますが、これでは髪全体の傷みが深刻なので、あまり使われません。

所長

結局白髪染めで染めると、白髪に色付けされることがゴールなので、染毛力が強く、全体がダークで重めな仕上がりになってしまいます。

おしゃれ染めとカラートリートメントの二刀流も

白髪染めを使いながらも軽い印象にしたいのであれば、オレンジブラウン系の茶色にするのがおすすめです。

黒髪と白髪を自然に馴染ませながら、ある程度の明るい印象を維持することができます。

所長

自宅でカラーリングする際も、オレンジブラウン系を選ばれるとよいでしょう。

ただ、顔色と合わなかったり、パーソナルカラー診断でタイプの色を固定したりしている人でしたら

黒髪部分だけをおしゃれ染めで染めてしまって、白髪部分はトリートメントで染めていくやり方も、大いにありだと思います。

カラーリングの頻度も減らせて、日々トリートメントができますので、髪質が良くなります。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

まとめ

このページのまとめ

・白髪染めで明るい茶色、美しい茶色を目指すなら染料と髪の保護成分、茶色のバリエーション、コストパフォーマンスで選びましょう。

・当ラボのおすすめの方法は、ヘアカラートリートメントで染める方法です。染まり具合は徐々ではありますが、美髪成分がたっぷり配合されています。

・当ラボのおすすめ商品は『利尻ヘアカラートリートメント』『ルプルプ』『POLAグローイングショット』です。

・トリートメント時間は長めに、塗る量はたっぷり、乾いた髪に塗るとより効果的です。

明るく染める方法としてカラートリートメントを使うのは、痒い所に手が届くような、使い勝手の良いものだと分かりましたね。

髪は、印象を決める上で欠かせない要素。

損なうことのないよう、お手入れ習慣としてのカラートリートメントを使いこなしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。