20代の今だからこそ白髪染めを使う必要がある?驚愕な理由に納得

10代は1・2本くらいだったのに20代を過ぎてから、特に社会人になってなぜか白髪がめちゃめちゃ増えた!

そんな方は結構多いのではないでしょうか。

白髪は老いを強烈に印象づける象徴ともいえる存在。

大量に生えてきたら20代で若いはずなのに…とかなりショックを受けるはず。

でも、いざ白髪を染めよう!何とかしよう!って思った時って、

「使ったらおばさん・おじさんになった感じがするからイヤ!」

「”まだ”20代だし、おしゃれ染めでごまかせるのでは…?」

なんて思って白髪染めを使うのを避けようとしている人、結構多いのでは?

ハッキリ言います!

白髪染めを避けておしゃれ染めしても、全くの無駄!

逆に『全く染まらない』『色落ちした』『髪が傷んだ』と後悔する羽目になるだけなんです!

いやいや、そんなことないでしょ!?

なんて思ったそこのアナタ。

これからお話することに耳を傾ければ、そもそも、「20代だから白髪染めしたくない」という考え自体が大きな間違いってことに気づくと思いますよ。

20代からの白髪染めって別に悪いことじゃない!むしろ積極的に白髪を染めている人は多いです!

確かに、20代で白髪が多いと人目も気になりますし恥ずかしいと思う反面、白髪染め=おじさん、おばさんが使うものだから…なんて抵抗感もあるため、なんか自分から白髪染めするのって屈辱的に感じる人は多くいます。

しかも、20代で白髪染めしてるって周囲にバレると、「まだ早いんじゃないか」だとか「えっその年で?」なんて無神経な言葉を投げかける方も多いですし。

でも、実は意外と20代の多くの方が白髪染めしているんですよ。

Twitter画像① Twitter画像② Twitter画像③

こうして見てみると、あなただけではなくみんなが白髪に悩んで白髪染めしている、そう考えることができますし、白髪染めすること自体に抵抗感も屈辱感もなくなるのではないでしょうか。

おしゃれ染めだと白髪は染まらない!20代の白髪染めはちょっとわけが違う!

とは言え、20代はまだ髪色や髪型を変えて遊びたい盛り。

どれだけ白髪がちらほらと目立ち何かと気になるようになっても、冒頭でお話したように

「”まだ”20代だから、おしゃれ染めでなんとかごまかせるはず…!」

と考えてしまう方は絶対にいるはず。

白髪も地毛も、おしゃれ染めで目立たなくすることは可能です。

でも、おしゃれ染めってそもそも白髪が染まらないって知ってました?

白髪対策でおしゃれ染めすると逆に白髪は増える原因に!

というのも、白髪染めとおしゃれ染めって『髪が染まる仕組み』は確かに一緒。

染料を付けることで髪の内部にある色素を分解(脱色)して、新しい色を入れる(染毛)ことで、髪に明るい・暗い色に仕上げます。

でも、おしゃれ染めってこの仕組みの中でも色素を脱色する力が強いんですよ。

つまり、『元々色素が無くて白く見えている”白髪”をどれだけ脱色しても意味がない』ってワケ。

そう考えるだけでもどれだけ無意味なのかが分かりますが、他にも黒髪(地毛の色)も一度脱色して明るい色に仕上げるため、結果的に「白髪が増えたかも…!」と誤解しやすくなってしまうことも。

白髪をおしゃれ染めで目立たなくさせるのは、本当に白髪の無い髪に仕上げるためにも避けた方がいいんですよ。

20代の白髪は治る可能性もあるけど、今の現状は打破できない!

また、20代の白髪は加齢よりも『遺伝』が大きな理由の一つになりますが、他にも

  • 栄養不足
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • スマホやパソコンの見過ぎ

というような『生活習慣の乱れ』も一つの原因になることが多いです。

つまり、もしかしたら白髪がまた黒髪(地毛の色)に戻る可能性もあるってワケ。

それなのにわざわざ髪にダメージを与えてまで白髪を染める必要、ありますか?ないですよね?

だからこそ、今目立っている白髪は『染める』のではなく、『目立たなくさせる(隠す)』ようにしていくことが20代の白髪対策としてベストな方法になるんです!

20代の白髪染めは白髪用のカラートリートメントが無難で欠かせない!

そして、そんな20代の白髪対策として外せない存在になってくるのが、実は白髪用のカラートリートメントが無難な方法!

でも、なぜ”白髪用”なのかピンときませんし、カラートリートメントであれば、おしゃれ染め用のものでも良いはず…そう思う方も多いはず。

でも、あえて『白髪用』にこだわるのには、きちんと理由があるんですよ!

『白髪用』のカラートリートメント、実はめちゃめちゃ優秀だった!

結論から言ってしまうと、おしゃれ染め用よりも白髪用の方が優秀だから。

この一言に尽きます。

確かに、カラートリートメントって一括りにすれば、おしゃれ染め用も白髪用も染まる仕組みは一緒で、髪の表面に色を定着させることで白髪を目立たなくさせる(隠す)ため、ざっくり言うとカラーバリエーションがあるかどうか位の違いしかないんです。

でも染まる仕組みは確かに一緒でも、「どれくらい髪を労わることができるか」という点で見てみると、圧倒的に白髪用が優秀。

白髪用のカラートリートメントには傷んだ髪を補修したり保護したりする成分が豊富に含まれている商品が本当に多く、白髪を目立たせなくするだけではなくツヤのある髪に仕上げていくことができるんです。

つまり、+αの効果も期待できるってワケ。

キレイな髪って、白髪がないのも一つの理由ではあるけど髪質が良いことも大事なポイント。

そう考えるとどっちが優秀なのかはすぐわかると思いますよ。

ただ”白髪用”を選ぶのはNG!白髪の無いキレイな髪を手に入れるための3つのポイント

しかし!一つ覚えておいて欲しいのが、いくら”白髪用”と書かれている物を適当に選んでしまうと染まらなかったり、髪がギシギシしたりと失敗した、後悔したと嘆く羽目になるだけ!

だからこそ下の3つに注目して選ぶようにすることがとっても大事なんですよ!

① 1度の染めである程度染まること

一番に注目してほしいのが、染まり具合。

いくらトリートメント効果が高かろうが、そもそも白髪がなかなか染まらないモノを使い続けるのは全く意味がないはず。

カラートリートメントは成分の特性上徐々に染まっていきますが、それでも一回である程度染まってくれる商品を選ぶのが無難といえますよ。

② トリートメント力が高く、危険な成分が入っていないこと

白髪用のカラートリートメントは先ほどから言っているようにおしゃれ染め用と比べて、トリートメント力が高くなっているのが明確な差となっています。

そのため、成分1つ1つを詳しく見る必要がありませんが、「髪質を良くするため」の成分がどれくらい入っているか、そして髪や頭皮にダメージを与えないかどうかは確認しておきましょう。

そうすることで、白髪の改善にもつなげることができますよ。

③ ストレスなく使えること

意外と見落とす人も多いですが、20代の白髪の原因には「ストレス」もあげられます。

つまり、白髪染め自体にストレスを感じてしまっては、白髪の根本的な改善につなげることはできないってワケですね。

そのことを考えると、染める時間が短かったり扱いやすかったりといったところも結構重要なポイントになりますよ。

20代だからこそ使いたい!白髪用のカラートリートメントで白髪なしでキレイな髪を目指すなら!

そして、上の条件を満たしている白髪用のカラートリートメントの中でも特にオススメしたいのが、『利尻ヘアカラートリートメント』!

利尻ヘアカラートリートメント

簡単に商品説明すると、利尻ヘアカラートリートメントは元々が「敏感肌でも白髪染めしたい」人向けに作られている為、かぶれの原因になる成分は基本不使用。

それにトリートメント力も抜群に高く、使うたびにしっとりツヤのある髪に仕上げていくことができます。

また、手軽に扱うことができるのもうれしいところ。

肌についてもすぐに色を落とせますし、30分くらいの短い時間で下の画像のように、しっかり色が定着します。

利尻ヘアカラートリートメント染まり具合(ダークブラウン)

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントはまさに上の条件を満たしている、使いたい白髪染めといえるのではないでしょうか。

【利尻ヘアカラーで染める20代、実は結構多いんです!】

Twitter画像④ Twitter画像⑤ Twitter画像⑥

そんな利尻ヘアカラートリートメントですが、意外と20代の方の利用者が多いのもポイント。

そう考えると20代の白髪対策に利尻ヘアカラートリートメントを使ってみることって、意外と無難で、みんなやっている方法と考えることができるのではないでしょうか。

まとめ

最後にもう一度だけ言います。

「20代で白髪染めしている人、意外とたくさんいます!」

白髪で悩む人はアナタだけではないからこそ、積極的に白髪は染めてしまった方が良いです。

ただし!ただ染めるのではなく、髪質にも気を使うのが誰もが羨む『キレイな髪』を保つ秘訣になります。

だからこそ、まずは白髪用のカラートリートメントでサクッと気になる白髪問題、解決していきませんか?

その中でも利尻ヘアカラートリートメントは試しておいて損はないと思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です