アトピー用白髪染めとしてルプルプ(LPLP)はクリアしているの?

ルプルプ LPLP アトピー性皮膚炎 ヘアカラートリートメント 0

アトピーは、慢性的な皮膚炎が続く病気です。もともとアレルギー体質であったり、皮膚のバリア機能が弱まったりしている人が発症します。 

アトピー肌は、良くなったと思ってもちょっとした刺激で再発してしまうなど、とてもデリケートな状態です。 

そんな敏感な肌を持つアトピー患者さんは、ルプルプを使うにあたって問題がないのか検証しました。

  • 白髪染めでアトピーを悪化させたくない
  • 安全な白髪染めをしたい

という方は注目の内容となっています。 

アトピー性皮膚炎でも使える白髪染めの条件

ルプルプ LPLP アトピー性皮膚炎 ヘアカラートリートメント 1

アトピーの患者さんにとって大きな敵は2つあります。それが、

  • 刺激
  • 乾燥

です。 

刺激によって、肌に炎症が生じて悪化します。そして乾燥した肌は、本来のバリア機能が発揮できません。刺激に敏感になって、また新たな炎症を起こしやすくなってしまうのです。 

そういった事態を避けるためには、以下の3つの条件を満たした白髪染めを選んでください。 

ジアミン系染料を使っていない白髪染め 

ジアミン系染料は、2剤式ヘアカラーに含まれる成分で、アレルギー原因物質となるものです。アトピーだからと言って、ジアミン系染料によるアレルギーを発症するとは限りませんが、アレルギー体質であることは確かですよね。 

アトピーの症状を悪化させないためにも、なるべく使用しないことをおすすめします。ひどいときには「アナフィラキシーショック」と言って、命に関わる重篤な症状が出てくる恐れもあります。 

安全性の高い染料は、HC染料・塩基性染料・植物性染料などがあげられます。 

刺激が強い成分を使用していない白髪染め 

2剤式ヘアカラーには、ジアミン系染料の他に、ブリーチ剤(過酸化水素水)やアルカリ剤など、髪と頭皮に深刻なダメージになる成分が含まれています。 

染まりを良くするために必要な成分なのですが、アトピー肌にとっては非常に負担が大きすぎます。そういった成分を配合しなくても染めることができるものを選んでください。 

保湿剤が配合されていること 

刺激が少ないといっても、ジアミン系染料以外の染料にも、少なからず肌の負担はあります。そこで、白髪染め中に、肌の保湿ができる成分が入っていることを確認してください。 

しっとりとした肌は、刺激を柔軟に受け止めてくれ、過剰な反応を起こすことはありません。アトピー肌にとっては、とても重要なこととなります。

ボタン 

ルプルプはアトピー性皮膚炎でも使って大丈夫?

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,833円

【通常価格】3,000円

【送料】無料

 

それでは、ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントが、アトピー肌でも問題なく使用できる白髪染めなのか、検証していきたいと思います。 

成分に刺激なし 

ルプルプは、アトピー性皮膚炎において問題となる

  • ジアミン系染料
  • ブリーチ剤(過酸化水素水)
  • アルカリ剤

を配合しない白髪染めで、肌への負担が少ない染料で構成されています。 

髪の表面に色素を付着させるだけの、特別な化学反応を伴わないトリートメントタイプの白髪染めのなせるワザです。 

保湿はガゴメ昆布エキスのフコイダンでバッチリ 

ルプルプWフコイダン

ルプルプには、ガゴメ昆布から抽出した保湿成分「フコイダン」を、更に調整したオリジナル成分「ルプルプWフコイダン」として配合されています。 

ルプルプWフコイダンとは、フコイダンを高分子化・低分子化して組み合わせた成分です。大きい分子は頭皮に潤いの膜をはって、小さい分子は毛穴に浸透して育毛をサポートします。 

どちらの分子も、皮膚の潤いを守ってくれるため、アトピーの大敵である乾燥を防ぐことができます。 

使用前にはパッチテストをしよう

ルプルプ 成分 パッチテスト

①ヘアカラートリートメントを塗る

腕の内側などの目立たない場所に、綿棒でヘアカラートリートメントを10円硬貨大に、皮膚が透けて見えない程度に塗って、乾燥させる。

服へ着色しないよう、テスト部位は絆創膏などで覆っておく。

②そのまま触れずに24時間放置する

肌荒れ症状(発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激)が出た場合は、直ちに洗い落として商品は使用しない。

③24時間経過後、テスト部位に異常がなければ使用する

皮膚に異常がなければ白髪染めをする。

 

ルプルプは、成分上はアトピーへの悪影響が心配のない白髪染めだと分かりました。ただ、使って見ないと、皮膚との相性は分からないものです。 

ルプルプは、アレルギー原因物質を使っていないので、パッチテストをする必要はありません。ただ、アトピー性皮膚炎のようなアレルギー体質を持っている人は、パッチテストをしてから取り掛かることをおすすめします。 

24時間チェックしてみて、問題なければ白髪染めを開始してOKです。気を抜かず、完璧な安全を求めて白髪染めをしていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎の患者さんがルプルプを試した結果 

ここからは、アトピー性皮膚炎でルプルプを使ってみてかたの口コミを見てみましょう。 

40代 女性 

私の髪質は、量が多くて硬い、そして太いという、染まりにくい条件がそろっているようですが、ルプルプの白髪の染まり具合と皮膚への優しさには満足しています。

1本の目安ですが、

  • ショートヘア全体:3回
  • 分け目と生え際だけ:6回

くらい使っています。

 週に2回くらい使っています。赤みを抑えたいのでモカブラウンを使っています。

 30代 女性 

口コミをみて購入しました。染まりが悪くって、なかなか色の流出が止まらなくて、長時間洗い流すのが大変でした。普通にカラーリングした方が楽。 

50代 女性 

使い始めて2週間で、頭皮にかゆみ・湿疹が出てくるようになって、浸出液まで沁みだしてくるように。外用薬を塗りながら使用したらさらに悪化。 

40代 女性 

白髪がかなり目立たなくなる。アトピー持ちだからか、生え際の皮膚が荒れたため、肌にはつけないようにして使用中。

口コミを見ると、問題なく使用できた方もいれば、肌荒れが起きてしまった人もいるようでした。 

敏感肌のアトピー性皮膚炎患者さんですから、他の人よりも荒れやすいと理解した上でルプルプを始めなくてはいけませんね。 

「一度かぶれても外用薬を塗りながら使い続けた」という口コミもありましたが、トラブルが起きても無理やり使用するのは体を傷つけてしまいます。

使ってみて少しでもトラブルが発生するようだったらすぐに使用を中止しましょう。

ルプルプは、全額返金保証を実施しています。アトピー性皮膚炎で試してみたいという人はこちらからお申込みいただき、パッチテストをしっかりと行ってから試してみてくださいね。

 

まとめ 

肌が弱い傾向があるのは、アトピー性皮膚炎の他に「脂漏性皮膚炎」という症状もあります。脂漏性皮膚炎は、ヒトの肌にもともと存在する常在菌(マラセチア菌)のバランスが崩れることによって、遊離性脂肪酸が発生し、皮膚に刺激を起こしている状況です。 

アトピーと誤診されることも多い脂漏性皮膚炎ですが、対策はやはり同じです。これ以上の刺激を与えず、バリア機能を回復させるための潤いが重要になります。 

皮膚トラブルを抱えた人の白髪染めとして、ルプルプは十分に使用資格があります。まずは1度試してみて、かぶれやかゆみは起きないかの、反応を確かめてください。

 全額返金保証を実施しているのは、公式販売サイトだけです。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です