ルプルプ(LPLP)の色選びをサポート 全4色を情熱解説

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 0

人気の白髪染め「ルプルプ ヘアカラートリートメント」は、4つのカラーバリエーションがあります。その中から、最も自分に合った色を選ぶためには、どのような点を意識したらよいのでしょうか。 

この記事では、ルプルプのカラーを使いこなし、快適な白髪染め生活を送るための手引きとなっております。 

ルプルプの4つの色見本と印象解説 

ルプルプは、トリートメントタイプの白髪染めです。髪表面に染料を付着させることで、白髪を自然に隠してくれます。 

カラートリートメントは、白髪への着色は自由自在です。しかし、暗い髪色を明るくすることができないということを把握しておかなければなりません。 

染める前の色選びは、白髪の量がまだ少ない場合には、周りの黒髪と近い色を選びましょう。白髪が自然に馴染んで、カラーリングがうまくいきますよ。白髪の割合が多くなった方は、好きな色を選択して大丈夫です。 

ただ、どの色を選ぶにしても、放置時間や温度などの染める状況と、その人の髪の硬さ・質・太さなどで仕上がりが変わりますので、実際に使って発色を確かめるのが一番だということを覚えておきましょう。 

早速、ルプルプの4つのカラーを解説していきます。 

ダークブラウンは赤みのある落ち着いた色

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 ダークブラウン

たいていの白髪染めで取り揃えているのが「ダークブラウン」で、ルプルプでも使用されています。

名前から予想される出来栄えは、「黒に近い、暗めの茶色」かと思いきや、ルプルプの場合は赤みが強めとなっていますので、注意してください。

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 モデル

この写真の通り、光が当たると赤みが目立ちます。染め上がりは、元々の髪の色や白髪の量にもよりますが、明るめの茶色だということが分かります。

口コミでは、ダークブラウンでは赤みが強すぎるため、モカブラウンに切り替えた、という経験談が多く見られました。

自然な基本色がモカブラウン

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 モカブラウン

赤みを抑えて落ち着いた茶色にしたい人は、モカブラウンがおすすめです。赤みが少なくて温かみのあるブラウンで、自然な色合いになります。

他社のカラートリートメントの「ダークブラウン」に相当するのが、ルプルプの「モカブラウン」と言えそうです。

明るめの色を希望している方には物足りない可能性があります。

赤みが強く、明るいブラウン

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 ブラウン

ルプルプのカラーの中で、最も明るくて、赤みが強く出ます。

口コミでは、想像以上に赤みが強く出る、という感想がありました。白髪部分に光が当たった時、そう感じる人が多いようです。

周りの地毛をハイトーンの茶色に染めている人や、鮮やかで若々しさを重視する人から選ばれています。

暗くなりすぎない自然なソフトブラック

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 ソフトブラック

ルプルプで最も暗い色です。焦げ茶色寄りの黒となっています。黒々としたくない、日本人の自然な色にしたい人から選ばれています。黒過ぎない黒です。

光が当たって赤く発色することもなく、とにかく落ち着いた印象を相手に与えたい方が購入しています。

明る過ぎないため、男性にも人気のカラーとなっています。自然な染め上がりになるのが嬉しいですよね。

ルプルプの色選びのポイント

染めるならできるだけ自然で違和感のない色にしたいですよね。

自然で違和感のない色に染めるポイントとして重要なのが自分の地毛に近いものを選ぶこと!

地毛に近い色で染めることで、白髪が自然でキレイな色に染めることができます。

色選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ボタン

ルプルプの成分を解説

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,833円

【通常価格】3,000円

【送料】無料

 

ここからは、4つのカラーを取り揃えるルプルプを、成分から解説して、安全性や使用感などを追及していこうと思います。

頭皮と髪に優しい染料を採用

ルプルプヘアカラートリートメントは、頭皮と髪へのダメージがごく少量の、3つの染料を採用しています。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

化学反応を伴わないカラー法です。ルプルプは、2剤式白髪染めなどに配合されているジアミン系染料を使用していないので、カラー剤でかぶれた経験がある人でも安心してご使用いただけます。

フコイダンのトリートメント効果に期待

ルプルプWフコイダン

ルプルプは、ガゴメ昆布由来の保湿成分フコイダンが豊富に含まれています。更にルプルプは「ルプルプWフコイダン」というオリジナル成分を作っています。高分子化したフコイダンと、低分子化したフコイダンの組合せでできているのですが、図のように働きどころが違い、頭皮環境を整えて育毛サポートをする成分となっているんです。

髪への潤いも与える作用があり、非常にトリートメント効果が高い白髪染めとなっています。

4ステップで気軽な白髪染めができる

ルプルプは、自宅で気軽に白髪染めができるアイテム。4つのステップで完了します。

ルプルプを適量手に出す

ルプルプ 使い方 1

シャンプー後、髪の水分をよく切ります。タオルドライや、ドライヤーで軽く水分を飛ばせば、染料と髪が密着しますので、このひと手間を挟まれることをおすすめします。しっかりと染めたい時には、シャンプー前の乾いた髪に塗ってください。

髪のボリュームと対策したい白髪の量にもよりますが、ミディアムヘアではゴルフボール5個分くらいが使用の目安です。

手で髪になじませる 

ルプルプ 使い方 2

トリートメントを、髪全体へたっぷりと馴染ませましょう。特に白髪が気になる部位は、念入りに塗りこんでください。

ルプルプは、素手で扱うことができるトリートメントですが、爪に着色することもありますので、最初から手袋をはめるのもおすすめです。 

コームでムラなくのばす

ルプルプ 使い方 3

付属のコームを使って、素手では難しい生え際やこめかみに、トリートメントをつけます。塗布が完了したら、20分~30分放置してください。

ぴったりラッピングで染まりがアップ

ルプルプ 使い方

放置中は、シャワーキャップやラップを巻いて、髪を包んでおくことがおすすめです。髪と染料が密着し、温度も上がるので染まりが良くなります。

時間が過ぎたら、洗い流しです。すすぎのお湯に色が流れ出なくなるまで行います。 

 

気になる!ルプルプQ&A

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 1

よくルプルプ未経験の方から挙がる質問に回答していきます。

色持ちはどのくらい? 使用ペースは?

ルプルプは、永久染毛剤ではありません。髪表面をコーティングする、ヘアマニキュア形式の白髪染めです。シャンプーをするたびに少しずつ色落ちが始まります。

髪質にもよりますが、2週間~4週間経過すると、元の髪色に戻ってしまいます。

使用ペースは、使い始めは3日程度連続でトリートメントをして、色を定着させます。

色がしっかり白髪に入り終わったら、1週間~2週間に1度使えば、白髪も目立たず美しい髪色がキープできます。

毎日使っても大丈夫なの?

ルプルプは、低刺激の白髪染めですので、毎日使っても大丈夫です。トリートメントとして使えば、染まりは安定し、トリートメント効果によりツヤツヤな髪になります。

ルプルプを使った後に、他のトリートメントを使って大丈夫?

乾いた髪にルプルプを塗って時間を置いた後、お手持ちのシャンプー・トリートメントで仕上げて問題ありません。

黒い髪を明るくすることはできるの?

ルプルプは表面コート型の白髪染めなので、黒髪を明るく見せることはできません。コーティングして発色することができるのは白髪にだけなので、たとえ最も明るい「ブラウン」を使用しても、黒髪部分を明るくすることはできません。

まとめ

ルプルプの色選びについてお伝えしてきました。だいたいの方向性は定まりましたでしょうか。

印象をパアッと華やかにするには、色選びが肝心です。理想の自分を見定めて、近づくための一歩を、ルプルプと一緒に踏み出しましょう。

ルプルプは、公式販売サイトからの購入が最安値です。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です