もう悩まない!20代の白髪染めする頻度と、白髪染めする頻度を少なくする裏技紹介!

もう悩まない!20代の白髪染めする頻度と、白髪染めする頻度を少なくする裏技紹介!

「白髪が数本あるだけで老けてる印象を与えちゃうから、何とかしないと…」

こんな風にちょっと早いとは思いつつ、20代から始めた白髪染め。

でも、2ヵ月に1回のペースで染めると根元の白髪が目立って気になるし、このペースで白髪染めし続けると髪へのダメージがすごくて、将来的に大丈夫なのかな?

なんて不安になる人も多いはず。

それに、周りの人はどれぐらいの頻度で染めているのかもわからないし、日頃どんな風に白髪の手入れをしているのかも気になりますよね。

そこで今回は、そんな20代の人に向けて『白髪染めの頻度』はどうすればいいのか、また併せて白髪染めするペースを少なくする裏技を紹介していこうと思います!

これからお話しすることを聞けば、きっと白髪染めに対する悩みがあっという間になくなりますよ!

20代の白髪染めの頻度が増えるのはただただ『悪循環』に陥っているだけだった!

20代の白髪染めの頻度が増えるのはただただ『悪循環』に陥っているだけだった!

最初に言っておくと20代で白髪染めする頻度が増えているのは、まずいやり方をしていたのが一番の原因!

早い話、失敗して当たり前のことをしていたから、染めるペースが増えて悪循環に陥っていただけなんですよ。

ではどうすればその悪循環から抜け出せるのか、これから詳しくお話していきますね!

白髪染めする頻度が増える一番の原因はズバリ『染める』ことにあった

そもそも白髪染めする頻度が増えていたのは、ヘアカラー剤の染め方が関係あります。

というのも、ヘアカラー剤の白髪染めはジアミンやパラベンと言った刺激の強い成分が化学反応を起こし、キューティクルを無理矢理開いて髪の中まで染めていました。

そのため染まりは良くても一度開いたキューティクルは二度と閉じないため、洗髪をすると開いたままのキューティクルから色素が抜け落ちやすくなっていたんです。

正直な話、白髪を隠すために染めていたのに、染める行為自体が一番白髪を増やす原因を作っていたんですよ。

20代の白髪はまた黒髪に戻る可能性だってある!

もっと言うと、20代で増え始める白髪は遺伝や加齢というより、生活習慣の乱れが原因になることが多いです。

例えば偏った栄養バランスの食事をすることや、睡眠時間を6時間以上とっていないなどがあげられます。

でもこういう私生活の乱れって、治そうと思えば少し気を付けるだけで改善出来るものでもありますよね。

それに、こういう生活の乱れで増えた白髪は生活改善をすると減る可能性もありますし、そう考えると無理に白髪を染める必要は全くないんですよ。

だからこそ、まだ白髪が増えにくい20代の白髪対策は、生活習慣の見直しがキモになるってわけです。

20代の白髪染めする頻度を減らすためにも知っておきたい3つのポイント

20代の白髪染めする頻度を減らすためにも知っておきたい3つのポイント

とはいえ、現状ある白髪を何とかしたい!と思う人は多いはずです。

生活習慣を治しても生えていた白髪がすぐに真っ黒になるわけではありませんし、今すぐどうにかしたい人にとっては白髪を染めるのが一番ですよね。

そこで注意して欲しいのが、これからお話する3つのポイント!

今ある白髪を染めたい人にとっては役に立つことなので、必ずチェックして下さいね!

髪をコーティングするタイプの白髪染めを使う

最初に話した通り白髪染めする頻度を減らしたいのなら、『染める』白髪染めではなく『馴染ませる』白髪染めを使うのが大事なんです。

でも『馴染ませる』白髪染めって言っても、具体的にどういうものなのか詳しくは分かりませんよね。

例えば髪の表面をコーティングして染めるタイプだと、キューティクルを開くことがないので色が抜け落ちやすくなることもなく、髪が傷むこともありません。

それに、表面をコーティングするだけならジアミンやパラベンなどの刺激の強い成分も配合されていないので、頭皮がボロボロに傷むこともないんですよ。

1回である程度白髪が目立たなくなるかどうか

また、白髪染めの頻度を減らすのなら、染まり具合がどんなものなのかも見ておく必要があります。

染まりが悪いと結局染める頻度が増えてしまいますからね。

特に、髪や頭皮を労わりながら染めるものは髪の中まで染めない分、色落ちも早いですし染まりもいまいちのものが多いです。

そのため、ヘアカラー剤の白髪染めでないものを使う場合、染料が3つ以上配合されているかどうかをチェックすると良いですよ。

例えば、植物性染料や塩基性染料、HC染料などが含まれていると元の髪色と馴染むくらい染まってくれるので、1回である程度染めることも可能になります。

トリートメント効果も期待できるならなお良し!

それから髪の状態も気になるのなら、やっぱりトリートメント効果がきちんとあるかも見ておくのが大事です。

いくら髪や頭皮に優しい白髪染めでも、染め続けるとダメージを負うのは避けられませんし、だったら染めながら髪を保護してくれるものを使った方が美髪ケアも出来て良いですよね。

しかもトリートメント効果があるものだと、染めて傷んだ髪を補修もしてくれるのでバサバサになりにくく、むしろ染めれば染めるほど髪がきれいになっていく可能性もあります。

その分頭皮にも刺激が少ないので、髪以外も保護しながら染めることが出来ちゃいますよ!

20代の今だからこそ使っておきたい白髪染めはコレ!

20代の今だからこそ使っておきたい白髪染めはコレ!

そんな3つの条件を満たしている白髪染めが、白髪染め用のカラートリートメント!

白髪染め用のカラートリートメントは髪をコーティングしながら染めるタイプなので、刺激の強い成分が配合されていない分、植物性染料と塩基性染料、HC染料の3つの染料が配合されているものが多いです。

そのため1回である程度染まるように出来ており、徐々に染めることも出来ちゃいます。

それに名前の通りトリートメント効果もバッチリなので、染めながら髪質が良くなっていくんですよ!

中でも、特におすすめしたい商品が利尻ヘアカラートリートメントです!

若白髪対策には利尻ヘアカラーがベスト

利尻ヘアカラーは、コーティングする染め方でも1回でかなり染まる商品なので、元の髪色と同じくらい染められることも出来ちゃいます。

利尻ヘアカラーは全色染めてみても色によって染まりが悪いものなどもない

画像を見ればわかると思いますが、染めれば染めるほど色濃くなっているのが分かりますね。

それ以外にもトリートメント効果も高いため、1度染めただけでかなり指通りの良いツヤツヤした髪に仕上がるのが特徴的なんですよ。

若白髪から解放された!そう感じる20代の方は結構多いです

ここまで色々と白髪染め用トリートメントについて話してきましたが、実際のところ使ってみた人はどう感じているの?って気になった人も多いはず。

他の人の意見を見てみないといきなり使うのはなんか怖いですし、知らなかった商品だとなおさらいきなり使うのは抵抗がありますよね。

そこで、ここでは実際に利尻ヘアカラーを使ってみた人の感想を集めてみたので、一緒に確認してみましょう!

p=216_twitter1 p=216_twitter2 p=216_twitter3

いかがでしたでしょうか。

実際に使ってみた人の意見を見てみると、利尻ヘアカラーで若白髪から解放された!っていう人が多かったですね。

他の商品を使っている人もいましたが、利尻ヘアカラーが一番の定番商品のようで、色んな商品を使って結局利尻ヘアカラーに戻ってきた人もいました。

このことから、利尻ヘアカラーは若白髪対策している人に特におすすめの商品と言えると思いますよ!

まとめ

白髪って染め続けているとキリがなくて、出来れば染める頻度を減らしたい!って考える人もいると思います。

染め続けることは髪が傷む原因にもなりますし、白髪が増える原因にもなります。

そのため、白髪を染める頻度を減らしたいのであれば白髪用のカラートリートメントを使うのが一番のおすすめなんですよ。

特に利尻ヘアカラーが一番のおすすめなので、使ってみるときっとその効果を実感できるはずです!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です