若いのに白髪だらけになる人が急増中!?今だからこそ必要な超簡単にできる白髪対策は?

若いのに白髪だらけになる人が急増中!?今だからこそできる超簡単にできる白髪対策は?

いきなりですが、若いのに白髪だらけになる10代・20代の方が増えつつあることはご存知でしょうか。

白髪と言うとある程度年齢を重ねた方が気にし始める物。

そんな白髪がもしある日突然白髪が急に1、2本どころか数十本単位で目立ちはじめたとしたら…

正直恐怖を感じてしまった、という方も多いはず。

学校で馬鹿にされたり会社の人に指摘されたりと、何かと自分だけ急に老けたような気がしてしまう上に、自分自身も気になってしょうがなくなるのは簡単にイメージ出来ちゃいますよね。

でも、一体なぜ若いのに白髪だらけになってしまうのか、ちょっと気になりませんか?

今回はそんな若白髪の理由について詳しくお話しつつ、10代・20代の若いうちだからこそできる、超簡単な対策についてお話していこうと思います。

若いのに白髪だらけになる人ほどやってしまっているタブー、アナタは知ってますか?

若いのに白髪だらけになる人ほどやってしまっているタブー、アナタは知ってますか?

そもそも白髪の原因は、大きく分けると下の4つ。

  • 遺伝
  • 加齢(老化)
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ

パッと見ただけでも、『誰でもすぐに想像できる・調べればすぐにわかるようなこと』のはず。

でも、実はこの4つの中でも”10代・20代の若者だからこそあり得る話”が隠されているんですよ。

特に10代・20代は要注意!?若い世代の白髪の殆どの原因は○○にあった!

というのも、最近ではマルチデバイス化が進み、ゲームアプリをはじめSNSやYouTube、TikTokなどなど…楽しめるアプリやコンテンツが増えてきています。

もっと言うと最近では電子書籍に映画コンテンツなど、バラエティに富んでいる事もあって、通勤中やちょっとした休憩時間、家に帰宅してからの入浴中やベッドに入って寝るまで、スマホを片手に持っている機会が増えてきているはず。

スマホを長時間見てしまう人のイメージ

早い話、10代・20代のほとんどの方ってスマホやらパソコンやらの画面を見続ける時間が増えてきてしまっているってワケですね。

加えてこのようなアプリやコンテンツを見るときって、同じ姿勢でみていたり悪い姿勢になってしまっている事の方が多いです。

こうした眼精疲労が貯まりやすい生活を続けると、頭皮の血流が徐々に悪くなってしまい、結果知らず知らずのうちに白髪が増えてしまっていると言うことになりかねないんですよ。

今ある若白髪はまた黒髪に戻る可能性が高い!?

そう考えると、10代・20代に急増する白髪って”何となく見過ぎていたスマホやパソコン、タブレットなど”が原因だと言えちゃいますし、逆にスマホ等を見過ぎないように意識してあげることで、白髪を減らすことができると思うはず。

もっと言うとスマホ等に意識が向くと、どうしても運動不足にもなりがち。

最近ではスマホで音楽を聴くこともできちゃうので、イヤホンをしながら毎日1時間音楽を楽しみながらジョギングやウォーキングを楽しむ。

さらに自炊している方なら料理系のコンテンツを見ながら、おいしく栄養バランスを整えていく。

中でも乳製品や魚介類を意識した食生活を考えてみるのも一つの手ですね。

このように、毎日にちょっとしたアクセントを加えていく、早い話スマホとの付き合い方をちょっと変えるだけで生活習慣の乱れを防ぐことができますし、これから増えるかもしれない若白髪の対策もできちゃうんですよ。

まだ若いのに白髪染めって…ぶっちゃけアリなの?

まだ若いのに白髪染めって…ぶっちゃけアリなの?

ただし!
今お話してきた内容は、あくまでも”この先白髪が増えないように心がけてほしいこと”。

言ってしまえば『長期プランでどうにかする』話であって、『今ある白髪をどうこうする』話ではないため、やっぱり白髪を染めてしまうことは最低限必要になってきます。

とは言え、「白髪染め」って響きだけでもなんだか実年齢以上に老けたような気もしてしまいますし抵抗感もあるはず。

実際、友達や同僚に「その年で!?www」なんて笑われちゃうのは嫌だと思いますし…。

でも実はそんな周りの人が気づいていないだけで、同じように白髪に悩んでいる若者が白髪染めに挑戦することって当たり前の事なんですよね。

こうして見てもらうとわかるように、今じゃ”白髪が気になる”若者でも普通に白髪染めを使い始めています。

特に、大学生や社会人1・2年の間に白髪が気になり始めた人の身だしなみの1つとして、白髪染めは定着している様子。

そう考えると白髪染めに対する抵抗もなくなる気がしませんか?

白髪染めへの抵抗感があるならちょっと認識を変えてみよう!

白髪染めへの抵抗感があるならちょっと認識を変えてみよう!

とは言え、いざ白髪染めに挑戦しようと思ったときに気になる事と言えば…やっぱり『バレること』ですよね。

(このように、白髪染めしてバレると思っている人も少なくないですし…)

しかし、実はこれって単純に『白髪染めに対する認識を間違えていた』からバレる羽目になっていただけなんですよね。

そもそも白髪染めしたことがバレる一番の理由は「ガッツリ染まること」

その一番の捉え方の間違い方になっているのが、ズバリ『ガッツリ染まる白髪染めに挑戦してしまっている』事。

さっきも言ったように、10代・20代の白髪って遺伝の場合は別ですが、毎日の過ごし方をちょっと変えるだけで、簡単に白髪を黒髪へ戻していくことができます。

それなのに「白髪対策って言えばやっぱり白髪染めだよね!」って安直に考え、わざわざ全部の髪を白髪染めしてしまうと、白髪だけではなく黒髪も余計に暗い色に染まってしまい、結果染めたことがバレる羽目になっているんです。

治る見込みがあるからこそ、わざわざ『髪の中まで染めちゃう』必要はない!?

加えて全体を白髪染めしてしまうと髪はもちろん頭皮への負担も大きいうえに、「明るく染めたい!」と思ったときに予想以上に暗く染まったり色ムラができてしまったり、なにかと後悔することも多くなります。

皆さんが気にしている白髪って正直な話、『抜くにはちょっと多いかな』と思えるくらいの、髪全体を見て10本程度~20本程度くらいのはず。

つまり状態的に見ても「ガッツリ染めてしまう白髪染め」って適していないってワケ。

だからこそ”治る見込みがある今だからこそ”やっておきたい白髪染めって『染める』事よりも『一時的に目立たなくさせること』がキーポイント。

わざわざ髪の中まで染めちゃう必要なんてないんです。

ちょっと待った!確実に誰にもバレずに白髪を染めるためのワンポイントアドバイス

ちょっと待った!確実に誰にもバレずに白髪を染めるためのワンポイントアドバイス

「髪をがっつり染めること」から「白髪を一時的に目立たなくさせること」へ、今だけは認識を改める。

と言われるとイメージするのって、白髪染めというよりも下のような”カラーバター”や”カラートリートメント”と言ったおしゃれな色に変えるものだと思います。

現に今はこういった商品が増えてきていますし、お手軽・気軽に髪色を変えられる!と言って使う人も増えてきているんですが…。

実はここにも落とし穴が隠されているんですよ。

おしゃれ用のカラートリートメントはぶっちゃけ白髪対策にならない!?

というのも、おしゃれ用のカラートリートメントやカラーバターって、ほとんどの商品が原色系の色に染めたり髪に不足している色味を足してあげたりすることが主な役割。

中には、暗い色に染まるおしゃれ用のカラートリートメントもありますが、地毛の色になじむこともなくやや明るく染まってしまうため、『白髪を隠す』ことができません。

加えてこういった商品って『元々髪を明るく染めている人』が別な髪色に色を付けるための物になるため、黒髪と白髪が混在している状態に使っても意味がないんですよ。

やっぱり『白髪を目立たなくさせる』のであれば、元から『白髪』を染めることに注目して暗めの染料を使っている”白髪用のカラートリートメント”がベストってワケですね。

白髪用のカラートリートメントにも染まる・染まらない商品の見極めが必要です

ただ、”白髪用のカラートリートメント”と言ってもピンキリ。

そのため、確実に染まりを体感するためにも、以下の3つのポイントは最低限抑えて置きたい所ですね。

1回の利用でもある程度染まってくれること

カラートリートメントは基本的に髪の表面にだけ染料が定着するため、徐々に白髪が目立たなくなって行くんですが、商品によって定着しやすいかどうかは違っています。

そのため、まずはどれくらい髪に色が定着してくれるかどうか、実際に使った人の意見などを参考にしましょう。

使うたびに髪をトリートメント出来る事

10代・20代の若い方の髪を見てみると白髪のない事はもちろんですが、まとまりがあってツヤが出ていることが多いはず。

つまり、ただ単純に白髪を染めるだけではまだ足りないって言えちゃうんですよね。

そのため、白髪を染めながら髪をしっかり労わることができるかどうか、ここも意外と大切なポイントになってきますよ。

(親御さんと一緒に使えること)

そして上記の2つを満たす白髪用のカラートリートメントって、意外に値が張るため自分一人では買えないと感じてしまうことが多いです。

とは言え、単純に安い”だけ”では上の条件を満たしません。

だからこそ、例えば「親の白髪も気になるから、一緒にコレ使ってみない?」と言うように親御さんを巻き込み、使っていくことができるかも見ておいて損はないと思いますよ。

今はコレがベスト!おすすめの『白髪用』カラートリートメントはコレだ!

今はコレがベスト!おすすめの『白髪用』カラートリートメントはコレだ!

そしてここからは、上記の条件を満たしている白髪用のカラートリートメントの中でも、まずは試してみて欲しい!って商品を2つ紹介しちゃいます!

どんな商品が良いの?

何から選んだらいいかわからない!

なんて思っていたら参考にしてみてくださいね!

定番中の定番?ドラッグストアでも買えるおすすめ商品はコレ!

まず紹介しておきたいのが、皆さんもドラッグストア等で見かけることも多い、『利尻ヘアカラートリートメント』!

利尻ヘアカラートリートメント 商品のイメージ画像

利尻ヘアカラートリートメントは元々『かぶれた人・敏感肌の人の白髪対策』として開発された背景があり、染まりの良さは折り紙付き。

利尻ヘアカラートリートメント 各色の染まり具合について

※白髪30%の毛束に放置時間30分で使用しています。

こうして見てもらうとわかるように、1回でも白髪がある程度目立たなくなっていることがわかるはず。

また、画像ではちょっとわかりにくいと思いますが、使うたびに髪にまとまりやツヤが生生まれています。

加えて、利尻ヘアカラートリートメントは親御さんでも確実に見ていますし、気になっている方も多いので、一緒に買って試してみやすいと思いますよ。

白髪染めに見えない!?おしゃれなパッケージのカラートリートメントもあります!

次に紹介したいのが「ルプルプ」という白髪用のカラートリートメント。

LPLP 商品のイメージ画像

パッと見白髪用のカラートリートメントに見えない!と思った方も多いはず。

そんなルプルプは利尻ヘアカラーと同様に、白髪用のカラートリートメントとしては超優秀で、個人的には特にダークブラウンやナチュラルブラウンが白髪を目立たなくさせることが出来ていると思います。

LPLP 各商品の染まり具合について

※白髪30%の毛束に放置時間30分で使用しています。

実際の染まり具合をみてみると、1回の使用でかなりしっかり色が定着していることがわかるはず。

10代・20代の若いうちは、やっぱり白髪染めしていることは隠したい所…

だからこそ、白髪染めには見えないルプルプを使ってみるのアリだと思えませんか?

まとめ

若いのに白髪だらけ。

そんな状態になりたくはない!と思っている人は多いと思いますが、現代社会を生きる10代・20代の若者であればあるほど、白髪が急増する可能性は十分にあります。

だからこそ毎日の生活の中でスマホとどう向き合っていくか、どう白髪を染めていくかもある程度気にしておきたい所になります。

キレイな髪色・髪質を取り戻すためにも、今回紹介したことを是非参考にしてみて対策を考えてみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です