ルプルプを使ったら青や緑色に髪が変色した!?その原因と対策をご紹介

ルプルプ LPLP 緑

ルプルプを使ったら髪が青や緑色に変色した!

なんて声を聞いたことがあります。これって本当なのでしょうか。

結論からいうと十分あり得る話で、ルプルプに限らず他の白髪染めでも起き得ることなのです。

この青や緑への変色はある特定の条件で白髪染めヘアカラーを使うことで起きてしまいます。

そこでルプルプで髪が青緑色になる原因を解明して、不幸にも青緑色に変色してしまったあなたの髪を元に戻す方法を紹介します。

ルプルプで髪が青緑色に変色する原因

ルプルプに含まれている色素は「赤」、「黄」、「青」の3つです。これらの色素が何らかの原因で偏って髪に染色することで、青色になったり、緑色になったりします。

その主な原因が以下の4つです。

激しい髪の痛み

染める髪が激しく傷んでいる場合、ルプルプの色素が均等に入らずに思った色にならない可能性があります。

しかし、このケースはよほど傷んだ髪でない限りあまり考えられず、実際に変色している人は他の原因の場合が多いです。

髪の痛みに心当たりのない人は、他の原因を探りましょう。

濡れた髪にルプルプを使用した

この原因はルプルプの使い方次第で十分あり得るケースです。ルプルプはトリートメントとしても使える白髪染めですが、完全に髪が染まるまでは乾いた髪での使用を推奨しています。

それは濡れた髪だと、水分で染料が薄まりうまく染まらないからです。髪の変色も染料の薄まりが原因で、青の色素が薄まり黄色の色素と混じりあって緑色になることが考えられます。

パーマや他製品との併用

ルプルプで髪が青や緑色になった人の一番考えられる原因がこれです。白髪染めには様々な化学成分が使われているため、他の白髪染め製品や美容院で使われるパーマ液などと化学反応を起こして良からぬ色に変色してしまうのです。

もはやあなたの頭で化学実験が行われているのと同じ状況になります。とは言ってもルプルプをパーマと同時に使っているわけでもないし、なんで?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし同時使用でなくても、あなたの髪にはルプルプの染料やパーマ液、他の白髪染め染料が残っているのです。

ですから、そこに違う化学成分が含まれるものを使用すると髪が変色してしまいます。

髪質とルプルプの相性

これまで紹介した原因のどれにも当てはまらない場合は、もうこれしか考えられません。そう、あなたの髪質の問題です。

こればかりはどうしようもなく、人間というのは指紋から髪質まで個性があります。この個性にルプルプなどの白髪染めが合わなかった場合、髪が青や緑になる可能性があるのです。

具体的にいうと青の色素が入りやすい髪ですと当然、髪が青色に染まり、また赤が入りにくい髪質ですと青と緑だけが入って緑色になる可能性があります。

ルプルプで髪が青緑色にならない対策&元に戻す方法

ルプルプで髪が青や緑に変色するのはそう起こることではないのですが、実際になってしまったら大変です。

そこでルプルプで変色しない対策と、変色してしまった時の対処方法をお伝えしましょう。

ルプルプ以外の製品を使わない

これは鉄則です。ルプルプに限らず、白髪染めは一つの製品に絞って使うようにしましょう。またルプルプを使っておきながら、美容院で髪を染める行為も一緒です。

白髪をいつも染めた状態でいたい気持ちはわかりますが、ルプルプを定期的にしっかり使っていれば常に染まった状態を保てます。

ですから頭で化学実験が行われるような行動はやめましょう。

パーマするなら最低2週間は間を空ける

ルプルプ

ルプルプ LPLP

2週間

パーマ

ルプルプ LPLP パーマ 縮毛矯正

1週間

ルプルプ

ルプルプ LPLP

髪はルプルプで染めていても、パーマは美容院でなくてはならないですよね。

そんな方は安心してください。白髪染めとパーマは間を空ければ、髪が変色することはありません。

具体的にはルプルプを使用してから最低2週間以上、日を空けてパーマをして、パーマ後のルプルプは最低1週間空けてから使用しましょう。

またパーマと白髪染めの順番は理想としてパーマ→白髪染めがいいです。白髪染め→パーマだと万が一、髪に染料が残って変色してしまうなんてことが考えられます。

ですから可能であればパーマの後にルプルプの使用が好ましいです。

完全に染まるまで待つ

濡れた髪に染めたなどの理由で髪が青や緑になっている場合は、重ね塗りすれば本来の色に染まる可能性があります。

ルプルプはヘアマニキュアタイプなので、もし変色していてもその上からまた色を塗れるからです。

ただそれでも青や緑色が治らないという人はおそらく髪質の問題なので、それ以上の利用は控えたほうがよいです。

仕方ありませんが、ルプルプの染料が落ちるまで1週間ほど待ちましょう。

ルプルプの成分・効果

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

成分

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル 、ステアルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、水添コメヌカ油、月見草油、メドウフォーム油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、グリシン 、オレイン酸フィトステリル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、結晶セルロース、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキシルグリセリン 、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル 、イソプロパノール、エタノール (+/-) 、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス「フコイダン」

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,834円

【通常価格】3,000円

【送料】送料別

 

最後にルプルプの成分や効果を見てみましょう。

安全な染料成分

ルプルプは使い方次第で髪を変色させてしまう可能性はありますが、体に有害となる危険成分は一切含まれていません。

その証拠にルプルプの染料成分を大きく3つにまとめてみました。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

これらの成分は他の製品と混ぜない限り、化学反応を起こすことなく髪を染めてくれます。ですから頭皮や髪にとっても優しい成分なのです。

また白髪染めの危険成分として有名なアレルギー反応を引き起こす「ジアミン」も一切含まれていないので安心してください。

ルプルプはこんな人におすすめ!

ルプルプは髪や頭皮にダメージを与えてしまうジアミン系の成分が配合されていないため、気になる白髪を染めた時にダメージの心配なく安心して染めることができますよ。

またトリートメント効果が高く、染めた後の髪の状態がとてもキレイなものに!

髪の染め具合はもちろん!髪をキレイ美しいものにしたい方はぜひルプルプをお試しください。

高いトリートメント効果

ルプルプWフコイダン

ルプルプは染まりやすさの他にトリートメント効果も優秀な白髪染めなのです。というのもルプルプのトリートメントにはフコイダンという高い保湿効果を持った成分が含まれていて、このフコイダンが髪に潤いと艶を与えてくれます。

爽やかな植物性の香り

ルプルプ LPLP 香り

ルプルプには白髪染めによくあるツンとした嫌なニオイがありません。なぜならルプルプは一切、合成香料を使わずに天然精油が配合されているのでラベンダーの爽やかな香りがするのです。

白髪染めのツンとしたニオイが苦手という人にはルプルプはおすすめですよ。

まとめ

ルプルプで髪が青や緑色に変色してしまったという人は、自分に合わなかったとショックを受けてルプルプを捨ててしまう前に、その原因を振り返ってみませんか?

もしかしたら使い方次第で今後はちゃんと綺麗に染めてくれるかもしれません。また変色の原因がわからないと他の白髪染めでも同じことが起こることも考えられます。

ですから、変色の原因と対策をしっかり把握した上で綺麗な髪を手に入れましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です