白髪染めヘアマニキュアを選ぶならルプルプで問題なし!

ルプルプ LPLP ヘアマニキュア

白髪染めって皆さん何を使っていますか?

市販のもので染めている方は、白髪染めは大きく2つのタイプに分かれていることをご存知でしょうか。

白髪染めにはヘアマニキュアタイプとヘアカラータイプの2つのタイプがあるのです。

そしてこの2つはそれぞれに特徴があり、どちらかを勧めるなら断然ヘアマニキュアになります。

所長

そこでヘアマニキュアがいい理由と、おすすめのヘアマニキュア「ルプルプ」についてこれからご紹介しましょう。

ぜひ最後までお付き合いください。

白髪染めヘアマニキュアとヘアカラーの違い

まずヘアマニキュアとヘアカラーの違いを説明いたします。

2つのタイプがあるのは知っていたけど、いまいち違いがわからないという方のためにも簡単にご紹介しましょう。

白髪染めヘアマニキュアとは

ルプルプ LPLP ヘアマニキュア

その名の通り、髪のマニキュアです。

どういうことかというと、ツメに塗るマニキュアのようにヘアマニキュアは髪の表面に染料をコーティングして、色を付ける白髪染めです。

ですからブリーチをかけて脱色する必要はなく、髪に塗るだけで簡単にご自宅で染められます。

またヘアマニキュアタイプはトリートメントが配合されているものがほとんどになります。

それではヘアマニキュアのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

デメリット

脱色不要で髪のダメージが少ない

染まるまでに時間が掛かる

トリートメント効果がある

色落ちしやすい

新しい髪との差が目立たない

黒髪は染まらない

アレルギー反応が起こりにくい

生え際が染まりにくい

ヘアマニキュアの一番大きなメリットはダメージがほぼないことです。

白髪染めで髪を傷める原因はブリーチによる脱色が一番大きいので、その脱色を必要としないヘアマニキュアタイプは髪を傷める心配がほぼありません。

対してヘアマニキュアの大きなデメリットは、生え際が染まりにくいという点です。

ヘアマニキュアはヘアカラーのように一度に髪を染め上げる染色力はなく、何度か使って染めるのが基本になります。

ですからうまく生え際を塗らないと、生え際だけ色が薄いなんてことが起きてしまうのです。

白髪染めヘアカラーとは

ルプルプ LPLP ヘアカラー

では続いてヘアカラータイプについて紹介します。

ヘアカラーは髪をいったんブリーチ(脱色)して、そこにキューティクルを開いて色をしみ込ませて染めるタイプの白髪染めです。

白髪染めだけでなく、オシャレ染めもこの手のタイプがメインとなっています。

続いてヘアカラーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

デメリット

色落ちしにくい

髪のダメージが大きい

黒髪も染まる

新しい髪との差が目立つ(プリン現象)

カラーバリエーションが多い

地毛に戻すのに時間が掛かる

 

アレルギー反応を起こしやすい

ヘアカラーのメリットは黒髪も染めることが出来て、カラーバリエーションも多いのでオシャレな染め上がりにすることが出来るのです。

対してヘアカラーのデメリットですが、髪のダメージが大きい点になります。

理由はヘアマニキュアの説明にも合った通り、ヘアカラーだと脱色を行うためどうしても髪へのダメージは大きくなってしまうのです。

また脱色するために化学成分が多く使われているので、アレルギー反応を起こしやすいというデメリットもあります。

白髪染めにおすすめなのはヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュア、ヘアカラーともに長所はあるのですが、白髪染めとして使うならヘアマニキュアをおすすめします。

私たちは年を取るにつれて白髪だけでなく普通の髪も知らぬ間にダメージを負っています。

そこへ、ヘアカラーのような白髪染めを使ってしまうと、さらにダメージが加速してしまうのです。

所長

ですから白髪のない若々しい髪と、ダメージのない艶のある美しい髪を両立させるにもヘアマニキュアタイプをおすすめします。

ヘアマニキュア白髪染めのおすすめはルプルプ

白髪染めにはヘアマニキュアタイプがいいとわかりましたが、その中でもおすすめの白髪染めがルプルプになります。

それではルプルプが白髪染めとしておすすめの理由をこれからご紹介します。

ルプルプはヘアマニキュアタイプなのに染まりやすい

ルプルプは口コミでも染まりやすい白髪染めという好評の声が多く、通常染まりにくい生え際などの細かいところの白髪もしっかり染めてくれるのです。

またルプルプを購入するとシャンプーキャップが付いてくるので、髪全体に塗り終わった後にキャップをかぶり髪とルプルプを密着させ、その上からドライヤーで温めればより深く染めることが出来ます。

ルプルプは1週間色持ちする

ルプルプを染めてから、再び染めなくてはいけないくらい色が落ちるのは大体1週間くらいとなっています。

これはヘアカラーに比べれば短いかもしれませんが、ヘアマニキュアの中ではかなり優秀で、ドラッグストアで売られているような安い白髪染めだと3、4日で色落ちすることもあります。

またルプルプはリニューアルにより、今まで以上に色持ちがよくなっているので、まだリニューアル後のルプルプをお試しでない方はぜひ使ってみてください。

ルプルプは肌が弱い人でも使える

ルプルプは成分にもこだわりを持っていて、体に害のない成分を使用して頭皮や髪に優しい白髪染めなのです。

ですから肌が弱く、白髪染めを使うと頭皮がかぶれてしまう方にもルプルプはおすすめ出来ます。

また詳しい成分についてはこれから紹介いたします。

白髪染めヘアマニキュアルプルプの成分を見てみる

ルプルプ(LPLP)の基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など

【成分評価】
・染料成分:5点
・トリートメント成分:5点
・香料:4点

【価格】
・初回限定34%オフ:2,178円(税込)
・通常価格:3,300円(税込)
・2本定期便:1,782円(1本分)※送料無料

最後にルプルプはどんな成分が含まれているのか見てみましょう。

ルプルプは刺激の少ない染料成分を使用

ヘアマニキュアタイプはもともとダメージの少ない白髪染めですが、ルプルプではさらに安全な成分にこだわっています。

以下の成分がルプルプに含まれる主な染料成分です。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

これらすべての成分は化学反応を起こすことなく、髪を染めてくれるので頭皮や髪に与えるダメージがほぼありません。

所長

またジアミンなどのアレルギー反応を引き起こす危険成分も一切含まれていないので、安全性を求めるならルプルプはトップクラスでしょう。

ルプルプは美髪効果が高いトリートメント成分

ルプルプWフコイダン

ルプルプのトリートメントにはガゴメ昆布エキス「フコイダン」が含まれています。

フコイダンとは昆布やワカメの表面に表れるネバネバのことで、高い保湿効果を持っているのです。

この保湿効果が髪に潤いを与えて、艶のある美しい髪にしてくれます。

ですからルプルプなら今までヘアカラーで傷んだ髪も高いトリートメント効果でダメージケアしてくれますよ。

ルプルプは植物性由来の爽やかな香り

ルプルプ LPLP 香り

白髪染めはツンとした嫌なニオイが定番ですが、ルプルプはなんと爽やかな香りがするのです。

それはルプルプに配合された植物性由来の天然精油「ラベンダー油」、「オレンジ油」、「ローズマリー油」によるもので、リラックス効果もあります。

ですからルプルプなら落ち着いた気持ちで白髪染めが出来るのです。

白髪染めヘアマニキュアを選ぶならルプルプまとめ

白髪染めは今やいろいろな商品が売られていますが、買う前に自分に合った白髪染めなのか見極める必要があります。

その目安の一つがマニキュアタイプかヘアカラータイプかです。

マニキュアタイプであれば安全でダメージケアが出来ますし、ヘアカラーであれば簡単にオシャレな髪色が似て入ります。

ただ白髪染めはこれからもずっと使うものですから、やはり安全を第一に考えて欲しいのです。

所長

だからこそ私はヘアマニキュアの白髪染め、そしてルプルプをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。