これなら大丈夫!白髪染めで明るい色にする超手っ取り早い方法はココが大事だった!

これなら大丈夫!白髪染めで明るい色にする超手っ取り早い方法はココが大事だった!

白髪染めで明るい色に染めたい?それはちょっと無理!

どうしても暗く染まる白髪を何とかしたくて美容院に行ったのに、こんなこと言われたら正直ショックですよね。

それでも!と、いざ染めてもらったら予想以上に暗い色に染まって、「失敗した~!」とさらに落ち込むことも…。

でも、ちょっと待ってください!

きっと中には、街中で見かけた同年代の人が明るい髪色に染めていることに疑問を持ったことや、自分は全然明るく出来ないのに、どうやったらあんな色に染められるのか…とモヤモヤ感じたことがある人もいるはず。

実はそれ、誰でも超簡単にできる方法を実践しているだけなんですよ。

これからお話することを参考にすれば、アナタもすれ違う人に羨ましがられること間違いなし!

今日から超楽な方法で明るい髪色、実践してみませんか?

そもそも『白髪染め』自体が明るい色に染めることが出来ないんです!

そもそも『白髪染め』自体が明るい色に染めることが出来ないんです!

最初にはっきりと言っておきますが、そもそも白髪染めって明るい色に染めること自体が不可能!

実は白髪を明るく染めるのって、結構難しい事なんです。

え?どういう事?と疑問に思った方、まずはその理由を一緒に見ていきましょう!

白髪染めがどうしても暗めの色に染まってしまうのは○○が原因

そもそも白髪染めが暗く染まるのは、おしゃれ染めと少しだけ染まる仕組みが違うのが原因。

と言うのも、白髪染めとおしゃれ染めは基本的には染料に配合されている刺激の強い成分がキューティクルを開き、髪の中に色を浸透させて染めているんです。

しかし、おしゃれ染めは髪の色を抜く作用(脱色)があるのに対し、白髪染めは元々白い髪の毛に色を付けるため、色を抜く必要がない分染まる力が強いってワケ。

つまり、おしゃれ染めよりも白髪染めの方が染める力が強いため、色濃く染まってしまい、暗めの色になってしまうのが多いということなんです。

このようにお互いの染まる仕組みを知れば、白髪染めが地味な色になってしまうのも仕方がないような気がしませんか?

明るい髪色に染めるならどうしても『美容院』にやってもらう必要がある

しかし美容院で白髪染めをお願いすれば、一般的なカラー剤と白髪染めを調合して染めてくれるため、市販で売られている白髪染めより明るく仕上げることが可能です。

つまり、おしゃれ染めと白髪染めを両方行って明るく染めてくれるってワケ。

もちろん事前にしっかりと美容師さんとお話しして、明るく染めたい!という意思は伝えておく必要があります。

ただ明るく染めたい!という意思を伝えるだけではなく、どんな感じに明るくしたいのか、はっきりと伝えた方が理想の明るい髪色に近づきやすくなりますよ!

バナー画像④

完璧な明るい髪色をキープしたいなら○○が超重要!ここに注目してキレイな髪へ!

完璧な明るい髪色をキープしたいなら○○が超重要!ここに注目してキレイな髪へ!

こう考えると、どうしても美容院での白髪染めは必要だし、カッコイイ・キレイと思われるためには髪色を退色させない努力が大事なんです。

こんな風に言うと、「退色させないって難しいんじゃない?」と思うかもしれませんが、実は一回染めた髪色って簡単に留めることが出来ちゃうんです。

特に染めた後のキープの方法によって見栄えがガラッと変わるので、ここからはどうすれば上手に明るい髪色を維持できるのか、紹介していこうと思います。

明るい髪色に染めて「失敗した」と思わないために注意しておきたいこと

まず前提として先ほども話したように、明るい色にするためには美容院での白髪染めは必要なこと。

そもそも美容院で白髪染めしてもらっても、白髪は日が経つごとにキラキラ目立ってきますし、その度に染め直すと髪は傷んでボロボロになってしまい、さらに見栄えが悪くなってしまいます。

こんな事がないよう若々しい髪を保つためには、これから紹介する3つの点に気を付けて髪色をキープすると良いんですよ!

髪色を微調整出来ること

何より重要なポイントになるのがココ!

特に明るい髪色をキープしていくためには、生えてきた白髪や色落ちに気を付ける必要があります。

しかし、色落ちって毎回同じぐらい色が落ちるとは限らず、白髪の目立ち方も生えてきた量によって変わってきます。

つまり、どの様に色落ちしたかによって染め直しも微調整する必要があるんです。

ですから、明るい髪色をキープするためには少しずつ染める白髪染めで染め直しをするのが一番安全なので、微調整しやすい白髪染めを使った方が良いんですよ!

髪にツヤ・ハリを持たせること

そして黒髪(地毛)部分も明るく染めるため、どうしても髪は痛みボサボサしてしまいます。

こんな風にダメージを負ったボサボサの髪の毛だと、せっかく明るい色に染めても老けて見られがちになってしまうことも!

なにより若々しい髪を保つためには、髪のハリ・ツヤ・コシを保つ努力が必要になります。

ですから、染めながら美髪ケアが出来るものを使用するようにすれば、もっと若くきれいな髪を手に入れることが出来ますよ。

抜け毛や切れ毛の原因にならないもの

また白髪染めによっては髪だけが傷むとは限りません。

特に染め直しは何度もする必要がありますし、場合によっては日にちをあまり置かずにもう1回染める必要が出てくる可能性もあるんです。

そう考えると毎日染められるものを選ばないと頭皮も傷むことがあって、抜け毛・切れ毛の原因になる可能性も出てきちゃいます。

要はツヤサラな髪を保つためには、頭皮の健康もとても重要なんです。

白髪染めトリートメントが微調整に適役!

そして上記の条件を満たしているのが、トリートメントタイプの白髪染め!

おそらく、分からない人もいると思うので説明すると、トリートメントタイプの白髪染めは1回でしっかり染まらないように出来ているため、徐々に色を付けることが可能なんです。

しかもたくさん染めても髪をコーティングしていくので傷める心配もありませんし、なによりトリートメントなので使えば使うほど髪がサラサラになっていく効果も実感できます。

特に白髪染め用のカラートリートメントは、トリートメントの補修・保護の効果が強いため、おしゃれ染め用のカラートリートメントにないツヤサラな髪を手に入れることも可能!

要は、普通のトリートメントのように毎日問題なく使うことも出来ちゃうってワケ。

そう考えると、上記の条件を満たしているものはトリートメントタイプしかないと思いませんか?

バナー画像③

誰でも簡単に微調整が出来る白髪染めトリートメントはコレ!

誰でも簡単に微調整が出来る白髪染めトリートメントはコレ!

そんな白髪染め用のトリートメントの中でも、利尻ヘアカラートリートメントは染めやすいので、微調整しならが染めるのにうってつけ!

利尻商品画像

特に利尻ヘアカラーの中でも明るい髪色に染めたい人には、ライトブラウンかナチュラルブラウンがおすすめです。

利尻ヘアカラーは4色のカラーを用意しており、そのなかでもこの2色は明るい色に染められるため、明るく染めた髪色をキープするのに向いているんですよ!

しかも潤いを与える効果も高いので、利尻ヘアカラーを使うほど髪の毛が美髪になっていく効果も期待出来ちゃいます。

しかし2色紹介しても、実際にどのように染まるのかは分かりにくいと思うので、まずは染めてみた画像をチェックしてみましょう!

 

利尻実験画像① 利尻実験画像②

まず、白髪100%の毛束をライトブラウン、ナチュラルブラウンで染めてみた結果がこちら。

この画像を見てみると、ライトブラウンはちょっと赤みがかったオレンジっぽい色をしており、ナチュラルブラウンは黄色みが強い色になっているのが分かりますね。

どちらも染めれば染めるほど色が濃くなるので、染めた髪色をチェックしながら染め直す回数を決めると、色も微調整しやすくキレイに染まりやすいと思います。

そして、白髪混じりの黒髪の毛束で染めてみた結果がこちら。

 

利尻実験画像③ 利尻実験画像④

良く見るとライトブラウンは微妙に色づいてますが、黒髪だと白髪ほど明るくならないので、元の髪色が明るければきっと満足のいく結果に仕上がると思います。

また、ナチュラルブラウンはライトブラウンほど黒髪に色がついていないため、ライトブラウンの方が発色良く明るく見える、という事になると思いませんか?

 

今回のように色味を比べてみると、どちらも明るく染まることには変わりありませんでしたが、しいて言うのなら自然な明るい色に染まるのがナチュラルブラウンで、かなり明るい色に染めた人ならライトブラウンの方が発色が良い、と言う感じになると思いました。

実際に自分の目で確かめてみるとまた印象が変わると思いますので、髪色に近いものを試してみると、明るい色がキープしやすくなると思いますよ!

バナー画像②

おしゃれな明るい髪色を楽しむマダムはみんな白髪染めトリートメントを愛用中!?

おしゃれな明るい髪色を楽しむマダムはみんな白髪染めトリートメントを愛用中!?

そもそも利尻ヘアカラーに限らず、カラートリートメントだけで明るい髪色をキープしている人ってそんなにいるの?と疑問に思った人もいるでしょう。

実は探してみると、意外と白髪染めのカラートリートメントを使って髪色をキープしている人は多いんです!

ツイッター画像① ツイッター画像② ツイッター画像③

いかがでしょうか?

こうやって見てみると、白髪用のトリートメントは明るい髪色を保つために使っている人が多く、中には2か月以上前に染めた色もキープできている、と言う人もいました。

しかも染める時間も少なく済んだり、嬉しいこともあるので使ってみて損はないと思います!

バナー画像①

まとめ

最近の白髪染めは、明るく染められるように工夫しているものが多く、暗い色だけではなくおしゃれ染めのように染められることが出来るのも嬉しいところですね。

特に美容院で染めると確実ですし、髪色を白髪用のトリートメントで上手にキープ出来れば、納得の仕上がりにすることも出来ると思います。

意外と髪色のキープに白髪用のトリートメントを使っている人は多いので、あなたもトリートメントを使うようにすれば、きっと理想の明るい髪色にすることが出来ますよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です