色で選ぶと大後悔?白髪染めで「思ってた以上に暗い!」と後悔する前に気を付けること

白髪を目立たなくさせつつ、オシャレな髪色に仕上げたい!

そう思うからこそ、白髪染め選びの時にまず色を見て『どんな仕上がりになるか』を想像してから購入することが多いと思います。

でも…そんな白髪染め商品に掲載されている色。

アレって実はパッケージ詐欺のことが多いって、皆さんご存知でした?

『ウソ!そんなことない!』

なんて思う方も多いとは思いますが、事実「期待していた色と違うんだけど!」と後悔したこと、皆さんも一度は経験したことあるはず。

もっと言うと似ている色がありすぎて、地毛に合う色を見つけられなかったこともあるのでは?

そこで今回はそんな白髪染めを色で選ぶときに覚えておきたいこと、そして本当に白髪染めでキレイな髪の色に仕上げていくためにはどんな白髪染めが必要なのか、一緒に考えていきましょう!

白髪染めで出来る『色の幅』は本当に増えました!

どちらかというとブラックやブラウン系の色が多い白髪染め。

ちょっと前までカラーバリエーションは少なく、どちらかというと白髪染め=年寄りが使うもの、なんてイメージがありましたが…

最近の白髪染めってただの黒や茶といった地毛に近い色だけではなく、アッシュブラウン系の色や、グレージュと言ったカラーバリエーションが増えています。

そう考えると、ちょっと雰囲気を変えるために白髪染めしてみよう、まだまだおしゃれも楽しめそう…なんて思えるのではないでしょうか。

白髪染めで明るく染めたい?はっきり言ってそれ、無意味な事です!

ただ、白髪染めで染められる色を見て、

「明るい色に染めよう!」

そう思ってしまった方はちょっと待った!

確かに白髪染めで出来る色の幅は広がってきましたが、そんな気持ちで白髪染めをしてしまうと失敗した!なんて後悔する原因になってしまいますよ。

白髪染めは明るい色にならず、暗い色に染まります!

そもそも白髪染めっておしゃれ染めと基本的な染める仕組みは一緒で、髪の内部にある色素を分解(脱色)してから色を入れて染毛します…が!

白髪染めは、元々髪の色素がなくなっている白髪を改めて脱色する必要がそこまでないため、染める力が強くなっているんですよね。

つまり、髪に入れる色の力が濃すぎて明るく染めること自体が難しくなっているってワケ。

そう考えると、「意外と明るいかも」なんて思って手に取った白髪染めを使ったら、暗い色に染まって失敗した!なんて後悔するのって当たり前なのかもしれませんね。

おしゃれ染めすると余計に白髪が増えるかも!

だからと言っておしゃれ染めで白髪も地毛も一緒に染めるのはNG!

おしゃれ染めは脱色する力が強く髪を染める力が弱いため、白髪がさらに増えてしまうことに繋がってしまいますよ。

キレイな色に『染める』よりもキレイな髪色を『保つ』ことに注目して!

そこで一つ皆さんに聞きたいんですが、そもそも白髪を染める必要って本当にあるんでしょうか。

確かに、髪の内側まで色を入れる白髪染めって色が長持ちしますし、おしゃれな髪色に仕上げることもできます。

でも、時間が経てば色は落ちてきますよね?

だったらわざわざ染めなくても、白髪の無い髪を維持できれば何も問題ないはず。

それに白髪を染めて、色落ちして…と繰り返していくうちに色はキレイでもパサついた「頑張って染めてます」感になりかねませんし。

そう考えると、これからの白髪染めは白髪を染めることよりもキレイな髪色を保つことに意識を向けた方が、得策と言えませんか?

髪色を保つなら白髪用のカラートリートメントが無難で確実!

そして、白髪を染めることから白髪の無い髪を保つことに意識を変えた時に、重宝するのが白髪用のカラートリートメントの存在。

というのも、カラートリートメントって髪の中まで染める成分を使っておらず、植物由来の色素などで髪の表面をコーティングして白髪を目立たなくさせるもの。

その上、その名にある通り”トリートメント”なので、傷んだ髪からツヤのある髪へ補修・保護することもできます。

つまり、直接髪にダメージを与えず、さらにキレイな髪色も保つことが出来るってワケです。

キレイな色を『保つ』為に注目しておきたい3か条、教えます!

ただし!そんな白髪用のカラートリートメントも選び方一つで失敗の元になるのも事実。

そうならないためにも、下の3つのポイントは必ず見ておくようにしましょう。

① 1回の染めである程度色が定着すること

いくらトリートメント効果が高かろうが、しっかり染まらなければ買った意味がないですよね。

白髪用のカラートリートメントは染料の成分が比較的低刺激なため、使うたびに色がしっかりと定着していきますが、それでも1回の染めである程度色が定着するかどうかは見ておくようにしましょう。

② 髪や頭皮をしっかり補修してくれるかどうか

キレイな髪色を維持していくためには、白髪染めの『色』だけではなく髪質も超重要!

先ほどお話したように、いくら髪の色がオシャレでもパサパサゴワゴワしていては元も子もありません。

だからこそどれだけ髪にやさしく、そして髪を補修してくれる成分が含まれているかはチェックしておいてくださいね。

③ 比較的色落ちしやすいこと

意外と重要なのがここ!

白髪用のカラートリートメントは特性上放置する時間である程度色を変化させることが出来ますが、予想以上に暗く染まってしまうことも考えられます。

しかしある程度色落ちが早いとその分色の調整がしやすくなるので、色落ちの早さも観ておいて損はないと思いますよ。

ちょこっとした手直しも完璧にこなせる白髪用のカラートリートメントはこれ!

利尻ヘアカラートリートメント

そしてそんな白髪用のカラートリートメントの中でも特におすすめなのが、利尻ヘアカラートリートメント。

カラーバリエーションも豊富に用意されていて、比較的明るめの色合いから暗めの色まで用意されているのはうれしいポイント。

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合

気になる染まり具合を見てみると、染める頻度や時間の調整をすることでいろんな色に仕上げることもできるんですよ。

もちろん上の条件を満たしているので、白髪の無い髪色を楽しんでいくために使って損はないと思いますよ。

希望の髪色を維持している人はみんなカラートリートメントを使ってる!

さて、ここまで読んでくるとこれからの白髪染めはカラートリートメントが良い、ということがなんとなくわかっていただけたと思いますが…。

正直な話、ほんとにカラートリートメントで染めてないんじゃないの?

そう思った方も多いはず。

ご安心ください!実は多くの方が、利尻ヘアカラートリートメントに限らずカラートリートメントで白髪を染めているんですよ

3790_Twitter口コミ① 3790_Twitter口コミ② 3790_Twitter口コミ③

見ていただくとわかるように、白髪のないきれいな髪色にするためにカラートリートメントを利用するのは鉄板中の鉄板。

ただ、利用する方によってはカラートリートメントを利用しても、希望の色に染まらないことも多いみたいですね。

そう考えると染める時間や使い方によって染める色を自分好みにできる、利尻ヘアカラートリートメントを使ってみるのも、一つの無難な手と考えることができるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

白髪のない、きれいな髪色を手に入れることって意外と簡単そうに見えて実は難しいこと。

意外と自分に合っているかも♪なんて思って実際に使ってみたら合わなかった…なんて失敗も意外と多くの方が経験しています。

だからこそ自分でこれからそめるなら、塗布する時間や量によって色の調整ができるカラートリートメントで染めてみてはどうでしょうか。

きっと、あなたの髪をもっともっときれいに仕上げていくことができると思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です