思っていた色と違う!白髪染めした”後”に赤っぽく色落ちする原因とキレイな髪色を保つ秘訣

「白髪染めで真っ黒に染まるのが嫌!」
「できれば染めた髪に色味が欲しい!」

そう思って赤系の白髪染めに手を伸ばす人、多いのではないでしょうか?

確かに髪色に『赤』が加わると、艶と深みが出て落ち着いた色になってくれるし、顔の印象も柔らかくなって優しく見えます。

赤系の色に染める『白髪染め』商品一覧

それにもっと言うと、上の画像のように赤系の色に染まってくれそうな白髪染め商品もたくさんありますし。

でもさ、いざ実際に使ってみようと思ったり、美容院にお願いしたりしても

  • 予想以上に暗い色に染まった
  • どこに”赤”色なのか全く見当も付かない!
  • なりたい”赤”系と違った色に染まった!

このような後悔の元に繋がってしまった方も多いはず。

そこで今回は、そんな失敗した人やこれから赤系に白髪染めしていきたい!そんな人に向けて確実に失敗しないために心掛けてほしいことをまとめて紹介していこうと思います!

えっマジ!?赤系の白髪染めって実は染めた後が超大変だった!?

えっマジ!?赤系の白髪染めって実は染めた後が超大変だった!?

まず最初にズバッと言っておきたいんですが、そもそも赤系の色に白髪染めする事って、簡単そうに見えて実は意外と難易度が高いこと。

それこそ、美容師さんにお願いしても「暗く染まるよ?良いの?」なんて言われるのも納得できてしまう理由があるんですよ。

『日本人の髪質』を考えると、退色したら余計に赤く見えやすい?

そもそも私たち”日本人”の殆どの髪色って”黒髪”であることが多いはず。

実はこれって髪の色にかかわる、メラニン色素が多く密集していることが関係しているんですが、このメラニン色素って赤みも結構多いんですよ。

しかも、冒頭でも触れた一般的な”赤系”に染まる白髪染めはもちろん、赤系の染料が多めに含まれているため、染めてすぐの状態はキレイに見えても日にちが経つごとにだんだん赤っぽい髪になってしまいます。

その上にリタッチしようものなら、さらに赤い色素が堆積しちゃうから薄汚いような理想とは違う、赤系の髪色に染まってしまっちゃうってワケです。

さらに“普通”の白髪染めって○○するから余計に色が抜けやすかった!?

もっと言うと、白髪染めにも赤くなりやすい原因が。

市販の赤系の色に染まる白髪染め商品

皆さんがイメージしている上記のような白髪染めって、アルカリ剤が髪の表面にあるキューティクルを開き、酸化染料(ジアミン等)や過酸化水素と言った薬剤が髪に浸透することで色素を参加させて発色させています。

そのため当然髪は傷みますし、一度開いたキューティクルは完全に閉じることがないため、毎日の何気ないシャンプーで染料が洗い流されやすくなってしまっている状態なんですよね。

そのため、余計に納得できない赤色に退色していってしまうことにもつながっています。

失敗する人多数!白髪染めした後にヘアカラーするのだけは辞めておけ!

ちなみに、例えば白髪染めした後に予想以上に暗く染まったから、ヘアカラーで赤系の色味を足す。

これは、絵の具を想像してもらうとわかると思うんですが、黒色に赤系の色をちょっと足しただけじゃ黒のままのはず。

つまりやるだけ無駄ってワケです。

そもそも白髪染めとヘアカラー(おしゃれ染め)は基本的には同じものなので、髪の中まで色を入れるための薬剤が2倍になって余計に髪が傷むだけですし、染めた髪が余計に色落ちしちゃうだけなんですよね。

そう考えると、黒く染めた後に赤く染めようなんて考えること自体が間違いだってことに気づけるのではないでしょうか。

赤系のキレイな髪色を維持したい!そんな時ってどうすればいいの?

赤系のキレイな髪色を維持したい!そんな時ってどうすればいいの?

「いったいどうすれば赤系のキレイな髪色に染めることができるの?維持できるの?」

ここまで読んでもらうと、このような疑問を抱いた方も多いはず。

やっぱり周りを見渡すと、赤系の茶髪に染めてキレイな状態を維持している人も多いし、何より見た目が若い!

というような劣等感を抱くことも多いでしょうし。

でも、そう思っている方に1つ質問なのですが、そもそもそこまでして『白髪染め』にこだわる理由あるんでしょうか。

そもそも赤く染めたいのであれば『白髪染め』にこだわる必要はない

確かに白髪染めって白髪も黒髪も自然な感じに染めることはできます。

ただ、さっきサラッと言いましたが、そもそも白髪染めもおしゃれ染め(ヘアカラー)も根本的な部分は一緒。

そのため、例えば赤系の茶髪に染めたい!と考えているのであれば、ヘアカラーでも何も問題はないんですよね。

早い話、白髪染めにこだわらなくてもヘアカラーで茶髪に染めちゃうって選択肢もアリってワケです。

納得いく仕上がりに!実現できるのは『ヘアカラー』した後に”染めず”に暗くすること!?

ただ、ヘアカラーはそもそも『髪を明るく染める』目的で作られているから、白髪染めよりもやや明るく染まってしまいがちだし、色味もどちらかと言うと若者向け。

やっぱり明るすぎますし、かといって暗くなりすぎる白髪染めに手を出しても結局髪が傷んで台無しになってしまいます。

だったら『染める』のではなく、『髪をコーティングする』事に意識を向けて、わざわざ髪の”中”まで何度も染める必要もないはず。

カラー剤などで髪の”中”は明るく染めつつ、髪の表面だけ暗くすることで色落ちしてきた時に丁度良い赤系の色に落ちてくれますし、髪色の調整も非常に簡単。

そう考えると、赤系の髪色に染めつつ「髪をコーティングする」ことで髪を暗くしていく。

これこそが赤系のキレイな髪色を保つためのポイントになってくるって言えるんじゃない?

赤系の自然な髪色を『染めず』に維持するならコレがおすすめ!

赤系の自然な髪色を『染めず』に維持するならコレがおすすめ!

そしてヘアカラーなどで赤系の髪色に染めた後に、染めずにコーティングする形で髪を暗い色に仕上げていくときに役立つのが、利尻ヘアカラートリートメントのような”白髪用”のカラートリートメント。

確かに他にも髪をコーティングする形で暗い色に染めたり、赤系の色に染めたりできる商品ってたくさんあります。

でも、利尻ヘアカラーなどのカラートリートメントのように、赤系に染まりやすく・トリートメント効果があり・退色の仕方がキレイなモノってなかなかないんですよね。

利尻ヘアカラーのライトブラウンの使用時の染まり具合を見てみると赤みが強い色に染まってくれます
利尻ヘアカラーのナチュラルブラウンの使用時の染まり具合を見てみると赤みが強い色に染まってくれます

【画像】染まり具合(ブラウン・ダークブラウン)

こうして実際の染まり具合を見てもらうとよくわかると思いますが、1回目で赤みの強い茶髪に染まってくれますし、

利尻ヘアカラー使用後1週間経った状態を見てみるとこのような感じになります。

退色もゆっくり赤系の色に落ちていきます。

加えてジアミン等の成分を一切含んでいないため、放置時間を短くしたり毎日使ったりすることで簡単に髪色の調整もできちゃうんですよ。

そう考えると、ちょっと使ってみたいと思いませんか?

まとめ

白髪を染めつつ赤系の明るい色に染めたい!

そう思っている女性の方はたくさんいますが、『納得いくキレイな状態にする』ことは意外に難しく色落ちして悲惨な状態になる方が多いです。

だからこそ、白髪にしっかり色を入れるために白髪染めを使うだけではなく、カラー剤+ヘアカラートリートメントにするなど、染め方を工夫することをおすすめします。

ちなみに、カラー後は洗浄力の弱いシャンプーなどで退色を防ぐようにしましょうね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です