赤系に白髪染めしても仕上がりに絶対納得できない?超単純なその理由に納得…!

赤系に白髪染めしても仕上がりに絶対納得できない?超単純なその理由に納得…!

白髪染めで赤系の色に染めたい?無理無理!白髪染めって暗い感じになるのしかないよ!

いざ白髪を染めようとしたのに、こんなことを言われたらちょっとショックですよね。

確かに最近の白髪染めって色のバリエーションが増えてきてますし、市販は不安だけど美容室に行けば何とかして貰えるのでは?と思うかもしれません。

でも、いざ実際に白髪染めしてみると、

・予想以上に暗い色合いに染まってしまった!
・根元だけ妙に明るく染まって、光が当たると逆プリン!ヤバい!

なんて、納得いく仕上がりにならなくて失敗した経験、皆さんも1度はあると思います…が!

実はどれだけ頑張っても白髪染めで『赤系の色に染める』ってこと自体、難易度高めの方法だから失敗していただけなんです!

いやいやいや、染める方法は同じなのにそんなことないでしょ?なんて思うかもしれませんが、これからお話することに耳を傾けると納得できると思いますよ!

白髪染めで赤系の色に染まらないそのワケは超単純だった?

白髪染めで赤系の色に染まらないそのワケは超単純だった?

そもそも白髪染め自体、赤く染めることは超難しいんです!

なーんて言われると『そんなことないでしょ!』って思うかもしれませんが、本当のこと。

しかし、白髪染めって白髪をしっかり染めてくれるのに、なんで赤系は染めるのが難しいんだろうと思いますよね?

確かに染め方はほとんど変わりませんが、実はその染まらない理由って染め方ではなく、もっと超単純なところにあったんです!

赤系の白髪染めで失敗するのはズバリ○○が原因!

というのも、白髪染めと皆さんがよく知るヘアカラー(おしゃれ染め)って、根本的な染める仕組みはほぼ一緒なんです。

簡単に説明すると白髪染めとヘアカラー剤は、ジアミンやパラベンと言った刺激の強い薬剤を化学反応させて、髪の表面のバリア(キューティクル)を開き、白髪や黒髪の内部に直接色を入れて『染める』方法になります。

しかし、この染まり方だと白髪染めを使っても元の髪色が染まるんじゃ?と思う人もいるはず。

実はヘアカラーと白髪染めには大きな違いがあるんです。

その違いと言うのが、白髪染めはおしゃれ染めと比べて「髪の色を”抜く(脱色する)”」必要が無いため、『白い(無色)部分』に色を付ける力が結構強くなっていること。

要は白髪染めって、普通のヘアカラーと比べて『超染まりやすい』ように出来ているってわけなんです。

そう考えると、赤系の色味の白髪染めで染めても予想以上に暗く仕上がるのにも納得できませんか?

毛先に行けば行くほど髪は意外と傷んでいる

もっと言うと、実は白髪・黒髪関係なく、毛先に行けば行くほど意外と傷んでいることが多いため、表面のバリアが弱っている(髪が傷んでいる)=キューティクルが開きやすい状態になっているということになるんです。

髪の傷みって色んな方法を試してなくそうとしても、なかなかキレイにならないですよね。

つまり、どれだけケアしても染まりやすい状態のままになっているってワケ。

そのため染める力が余計に強くなり、毛先は染まったけど根元だけが染まらない!なんてことも起きてしまうんですよ。

白髪染めしてからカラーで赤く染める?

ちなみに「白髪染めの後にカラーで赤く染めたら、キレイに仕上がるんじゃ?」と考えている人もいるとは思いますが、それ、はっきり言って無駄です。

先ほどの失敗する原因を踏まえて考えてみると分かりやすいですが、この染め方って白髪染めしたのに、その上からおしゃれ染めをするため、一度入れた色を脱色してまた染めて…と、一度入れた色を脱色することになるので、せっかく染めた白髪から色が抜けてしまうんです。

つまり、白髪だけ色が抜けてキラキラ目立つ原因になることも。

こう見れば、いかに「無駄な事」なのかがわかるはず。

その他、白髪染めで髪が傷んだ後にヘアカラーで染めるとさらに髪を傷めるので、ちぎれて切れ毛の原因になり、きれいな髪から遠ざかってしまう悲惨な有様に…。

こんな風に、白髪染めとヘアカラーを一緒にするのは良い事が少ないので、そんな考えは今すぐ捨てちゃいましょう!

バナー画像①

白髪染めで『赤っぽく染める』は無理?いやいやそんなことはありません!

白髪染めで『赤っぽく染める』は無理?いやいやそんなことはありません!

ここまで読むと白髪染めで「赤っぽく染める」のは難しいと思うかもしれませんが、それでも赤系の色に染めたい!

なんて思っている方、実はちょっと考え方を変えるだけで簡単に赤っぽい髪色に仕上げていくことが出来るんですよ。

特に白髪染めを選ぶにあたって大事なポイントがいくつかあるので、そこだけはしっかりと覚えておくと良いと思いますよ!

超重要なのは赤系の髪色を『どう保つか』

そもそも白髪染めで色が入りすぎるのは、「髪の中まで染めている」ことが問題。

「それなら放置時間を短くすればいいじゃん」なんて思うかもしれませんが、それだと逆に色がきちんと入りきらず中途半端に染まることもあるし、下手をすれば白髪のまま、なんてこともあるんです。

だったら『染める』のではなく、『髪をコーティングする』ことに意識を向けるといいと思いませんか?

このような白髪の隠し方にすれば白髪の中まで色が入りきらないので安全だし、細かい調整をしてキレイな髪色を保つこともできる。

よくある市販の白髪染めだと決まった色にはっきり染まってしまうし、染め方を調整するのは非常に難しい!

しかし、コーティングする染め方だと徐々に染まるので、自分の手で微調整することが簡単に出来ちゃうんです。

こんな風に赤系のキレイな髪色を保てるように微調整する、こう考えると白髪染めも選びやすくなると思いますよ!

絶対に失敗しないためにもココには注目しておこう!

ただ、白髪染めを選ぶときは注意しておかないと、失敗して後悔する羽目になることもあります。

先ほど言った通り、コーティングする白髪染めを選ぶのは大事ですが、ただコーティングするものを選ぶのではなく、『赤系に染める』ことを前提として考えると、非常に重要なポイントが出てくるんです。

次に染めるときにミスしないために、下の3つは注意するようにしましょうね!

① 毎日使えること

微調整するならまずここに注目しましょう。

そもそも市販の白髪染めのように、ジアミンやパラベンといった強い刺激のある薬剤が使われている白髪染めだと、毎日使うことはまずできないし、他にも発がん性の疑いがあるタール系色素(赤〇号など)といった成分が使われているので、大変危険なんです。

しかもこれらの成分が化学反応を起こして髪の内部にまで色を浸透させているので、染まりが良い原因にも!

つまり、毎日使えるかどうかという部分を見極めるには、「素手でも扱えるほど安全で、すぐ落とせる」かどうか、と言う部分を見ておくと良いんです。

② 使うたびに濃い色に染まっていくかどうか

そして、微調整する上でかなり大事なポイントになってくるのが、徐々に染まるかどうか。

この方法で染めていくのって、使うたびにだんだん白髪が染まっていってることになると思いませんか?

要は、染めるたびに色濃くなっていくものだと、途中であなたの好みの髪色になったら染めるのをストップすればいいんです。

そうすれば、調整しながら自分の理想の髪色をキープすることが出来ますよ!

③ 髪にツヤを与え髪質を整えてくれるかどうか

また、ただ単に赤系の色に染めることが出来ても髪がやせ細っていることや、ボサボサの状態になっているのは老けて見られるだけなので、髪を補修・保護してくれる成分が含まれているかどうかも見ておきたいところ。

確かに自分の好きな色に染められるのは嬉しい事ですが、若々しさを保つためには染まりだけではなく髪質も大事なので、きれいな髪を保つようケアしてくれるものを選ぶようにしましょうね。

バナー画像②

微調整して赤系の色を保つならトリートメントタイプがマスト!

微調整して赤系の色を保つならトリートメントタイプがマスト!

そして上記の条件を満たしているのが、白髪用のカラートリートメントです!

この商品は髪をコーティングして白髪を目立たなくさせるので、危険な成分も配合されておらず、素手で毎日染めることもできます!

しかも徐々に色が定着していくので、微調整も超簡単。

また、赤系に染められるおしゃれ染め用のカラートリートメントもあるけど、髪を補修する成分が使われていないことが多いので、条件を満たしている、と考えたら白髪用がベストなんですよ!

ただ、そんな白髪用のカラートリートメントの中でも、『どんな赤』に染まるのかが違ってきます。

例えばピンク系のブラウンに染まるとか、明るめのオレンジっぽいブラウンに染まるとか。

こんな風に詳しく見ていくと微妙に色が変わってくるので、選びやすいようにいくつか商品をピックアップしてみました!

今回は2つ紹介するので、自分好みのものを選んでみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメントはライトブラウンが特におすすめ!

この利尻ヘアカラーの特徴は、なんと言っても染まりが良いのが良いところ!

利尻ヘアカラー商品画像

特に、徐々に染めていくトリートメントタイプの中でも1回目の色の入りが良いので、トリートメントタイプのデメリットである「なかなか染まったのが実感できない…」という事もほとんどないんです。

しかも美容成分をたくさん配合しており、髪に潤いを与えることを大事にしているので、美髪になるためのケアもバッチリ出来ちゃいます。

この利尻ヘアカラーは全部で4色カラーを用意しており、赤系に染めたい人には特にライトブラウンがおすすめ!

利尻実験画像

今回は白髪100%の毛束で染めましたが、画像を見ればわかる通り、赤みが強いオレンジ系のブラウンに染まります。

このような色合いになるので、いわゆる外国人風の可愛らしい色合いになるのが分かりますね。

また、色持ちもかなり良いので、1週間は同じ色をキープすることが出来ますよ!

利尻実験画像②

この事から利尻ヘアカラーは、1回お気に入りの色に染まったら1週間は好みの色のままでいられることが分かりましたね。

バナー画像③

ルプルプはダークブラウンが自然な赤茶色に染まる!

次におすすめするルプルプカラートリートメントは、目に見えて分かりやすいほどに染めれば染めるほど色濃くなっていくので、染める回数によって調整のしやすい商品と言えます。

ルプルプ商品画像

しかもルプルプは保湿をしてくれる成分が配合されているので、潤いを与えるほかに、その潤いをしっかり髪に閉じ込めてくれるんです。

そんなルプルプで特におすすめのカラーは5色あるうちの1つ、ダークブラウン。

ルプルプ実験画像

こちらも白髪100%の毛束で染めましたが、ルプルプはレッドブラウンに近い色に染まっています。

先ほどの利尻ヘアカラーのオレンジ系のブラウンよりは、自然な赤みがかったブラウンになるので、元の髪色となじみやすいのはこちらの方かもしれません。

次に色落ち具合を見てみると、ルプルプも1週間はほとんど色合いが変わらず、なじんできているのが良いですね!

ルプルプ実験画像②

この事からルプルプも、一度お気に入りの色に染めたらしばらくはその色をキープできることが分かりました!

バナー画像④

今回2つの色味を見てみた感じ、利尻ヘアカラーのライトブラウンはただの赤みのある色とはちょっと違うため、冒険してみたい人におすすめで、ルプルプは無難にとりあえず赤系の色に染めたい!と言う人におすすめ出来る白髪染めだと思います。

あくまで私が検証してみて感じた感想なので、もしかすると若干の差異は出てくるかもしれませんが、あなたがどんな色に染めたいのか、と言う部分で好みの方を選べば、きっと納得のいく仕上がりになると思いますよ!

バナー画像⑤

まとめ

最近は明るい色に染めたい人も増えてきましたが、実際はうまく染まらず、しかも思うような色にならないことも多いです。

そんな人にはカラートリートメントがおすすめ!

特に利尻ヘアカラーとルプルプは若々しい明るいブラウンに染めることが出来るので、本当にオシャレに染めた人には嬉しい白髪染めになること間違いなし!

それぞれ2つとも特徴があるので、あなたに合った方を選んで染めると、きっと満足のいく仕上がりにすることが出来ますよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です