白髪染めが思ったより暗い色に!明るくできる?

白髪染めで髪を染めたけど思った感じの色に染まらなかった…

という経験はありませんか?

思っていたより暗くなったり、明るくなったりとバッチリ決まることの方が少ないでしょう。

このような失敗の中でも一番厄介なのが、【思っていたより暗い色】に染まった時です。

こうなってしまったら失敗したからと言ってすぐに染め直すことが出来ません。

それはなぜか?

そしてどうしたら暗い色を明るく染め直し出来るのか?

などこれから詳しくお伝えしていきます。

最後までお付き合いください。

白髪染めで思ったより暗くなった場合、髪を明るく染め直せる?

そもそも暗くなった髪を明るい色に染め直しが出来るのでしょうか?

暗い髪を明るくは出来ない

結論から言って、

所長

暗い髪を明るく染めることは基本的に無理です。

これは白髪染めだろうがヘアカラーだろうが美容院だろうが同じこと。

髪を染めるという行為は、どのように染めるにしても元の髪より暗くして髪に色を付けているように見せています。

例えばヘアカラータイプの白髪染めはいったん脱色(ブリーチ)することで、髪を明るく(白く)してから色を入れているんです。

ヘアカラートリートメントの白髪染めは、もともと明るい色である白髪の表面をコーティングして色を付けているので、黒髪は染まりません。

分かりやすく言うと、黒に何を混ぜても黒にしかならないのと同じ理屈です。

白髪染めで思ったより暗くなった場合、ブリーチの染め直しはおすすめしない

先ほど暗い髪を明るくするのは基本的に無理と言ったのは、ブリーチ(脱色)をして無理やり色素を抜いてからなら明るい色に染め直しが出来るからです。

所長

しかしこの方法はおすすめしません。

ハッキリ言って、この方法を勧める人はあまりいないでしょう。

ブリーチというのは髪のキューティクルを無理やり開いてから髪の色素を抜く行為です。

これが髪に優しいはずがありません。

もしこのような行為を何度も何度もくり返しながら髪を明るくしていったら、やがてあなたの髪は光り輝くボサボサの箒(ほうき)のようになるでしょう。

これでは理想の髪色になったとしても美しくありませんよね。

白髪染めで思ったよりも暗い髪を明るく見せるテクニック

白髪染めで暗い髪を完全に明るく染めることは出来ませんが、明るい印象になる様に染めるテクニックはあります。

それをこれから紹介していきましょう。

テクニック① 根元を白髪染めでリタッチする

髪全体を白髪染めで明るい色に染め直すのでなく、新しく生えてきた髪(根本)をリタッチすることで全体の印象を明るくすることは出来ます。

そして根本以外の暗い髪もシャンプーの度に自然に色落ちしてくるので、そうなったら今度は全体を明るい色で染め直しましょう。

これならブリーチをしなくても、白髪染めで少しは明るい色に見せることが出来ます。

所長

ただし注意して欲しいのが、根元をリタッチする場合にあまりに明るい色で染めるとプリン頭になってしまうんです。

ですから既に染まっている暗めの髪より、1トーン明るいカラーで染めることをおすすめします。

テクニック② ヘアカラートリートメントの白髪染めで染める

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めは、ヘアカラーと違って安全な染料成分を使っているため毎日使用しても髪や頭皮を傷めません。

そのためヘアカラートリートメントで毎日色落ちしてくる髪を徐々に染めていけば、理想の色に近づけることが出来ます。

また色落ちは毛先から始まるので、髪全体に使わなくても毛先に毎日ヘアカラートリートメントを使うだけでもだいぶ髪の印象が明るくなりますよ。

所長

特に白髪の割合が多い人は若干暗めのカラートリートメントでも、徐々に明るく見えてくるのでおすすめです。

思ったより暗くならない白髪染め選びのポイント

これまで述べてきたように、一度暗い色に染めてしまった髪はなかなか明るい色には出来ません。

ですから初めから自分にベストな明るさの色に染めるのが一番です。

所長

そのために暗くなりすぎず失敗しない白髪染め選びのポイントを紹介しましょう。

ポイント① 白髪染めヘアカラートリートメントを選ぶ

白髪染めには脱色をして髪を染めるヘアカラータイプや、脱色せずに髪の表面に色を付けるヘアカラートリートメントタイプがあります。

所長

この2つなら絶対にヘアカラートリートメントがおすすめです。

理由は2つあります。

まず1つ目は、ヘアカラートリートメントのほうが安全で髪や頭皮に優しいからです。

脱色をしないので髪を傷めることなく、危険な成分も含まれていないので安全性もヘアカラーより高いんです。

2つ目の理由が染色力の違いになります。

ヘアカラータイプは脱色力が高く、染色力は高くありません。

一方、ヘアカラートリートメントは脱色に頼らないので染色力が高く、白髪がより明るく染まります。

所長

ですから特に白髪が多めの方は、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめなんです。

ポイント② カラーバリエーションが多い白髪染めを選ぶ

昔に比べ白髪染めのカラーバリエーションは増え、明るい色に染めることも出来るようになりました。

しかし、今でもカラーバリエーションが少ない白髪染めもあり、その場合は例えカラー名がブラウンとなっていてもかなり暗いブラックよりの色合いに仕上がります。

所長

ですから白髪染めを選ぶ際はカラーバリエーションが多いものを選ぶようにしましょう。

ポイント③ 赤みの多い白髪染めを選ぶ

白髪染めはカラー名称が同じでも色の染まり具合が違います。

なぜ色の違いが出るのかというと、赤みの割合がメーカーごとに異なるからです。

赤みが強いほど茶色っぽくなり、より明るく見えます。

所長

ですから明るく染めるなら白髪染めは赤みの強いカラーがある商品を選ぶといいでしょう。

思ったより暗くなりすぎないおすすめ白髪染めランキング

白髪染め 暗い

暗くなりすぎた!なんて失敗をせず、明るい髪色に染まるおすすめの白髪染めをいくつか紹介しましょう。

所長

今まで白髪染めで失敗したという方は参考にしてみてくださいね。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント(★★★★★)

利尻ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

【カラーバリエーション】
ブラック、ダークブラック、ナチュラルブラウン、ライトブラウン

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,200円(税込)
通常価格3,300円(税込)
送料550円(2本セットで無料)

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

利尻ヘアカラーは今一番売れている白髪染めで、【白髪染め界の王様】と言っても過言ではありません。

所長

安全性、染まりやすさ、美髪効果などどれを見ても高品質な商品です。

具体的な利尻の特徴は、トリートメント成分に利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されていることです。

フコイダンとは昆布やワカメのネバネバを構成している成分で、高い保水効果があり髪に潤いを与えて艶のある指通りのいい髪にしてくれます。

カラーバリエーションは以下の4色から選択可能です。

カラーバリエーション

・ライトブラウン・・・赤味のある明るいブラウン

・ナチュラルブラウン・・・自然な明るさのブラウン

・ダークブラウン・・・落ち着いた色合いのブラウン

・ブラック・・・自然な黒髪のブラック

この中でより明るい髪にするなら「ライトブラウン」か「ナチュラルブラウン」をおすすめします。

赤みを十分感じられるのがライトブラウンで、自然な明るさになるのがナチュラルブラウンです。

また落ち着いた明るさにしたいなら「ダークブラウン」という選択肢もありますよ。

所長

ただ前述している通り「暗→明」では出来ないので、明るめにしたいなら「ナチュルブラウン」から試してみるのがいいでしょう。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

第2位 ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント(★★★★)

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)、ガゴメ昆布エキス

【カラーバリエーション】
ソフトブラック、モカブラウン、ダークブラウン、ブラウン

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,178円(税込)
通常価格3,300円(税込)
2本定期便1,782円(税込、送料無料)

ルプルプはここ数年で人気が急上昇している白髪染めで、白髪染めの王様である利尻に負けないくらいの人気です。

そして白髪染めとしての特徴も利尻に似ていて、低刺激で頭皮や髪に優しい成分で作られトリートメント成分にはガゴメ昆布エキス「フコイダン」が使われています。

利尻昆布エキス同様にガゴメ昆布エキスも高い保水効果で、髪に潤いと艶を与えてくれるんです。

そしてルプルプのカラーバリエーションは以下の通りになります。

カラーバリエーション

・ブラウン・・・赤味の強い明るいレッド系のブラウン

・ダークブラウン・・・赤味が少しある落ち着いた色

・モカブラウン・・・明るすぎず暗すぎずベーシックな色

・ソフトブラック・・・暗くなり過ぎない自然な黒

暗くなり過ぎない明るい色に染めたいなら「ダークブラウン」か「ブラウン」がおすすめです。

そしてルプルプのカラー選びで注意して欲しいのが、「モカブラウン」よりも「ダークブラウン」のほうが明るいということです。

カラー名だけ見るとダークブラウンのほうが暗そうですが、実際はダークブラウンのほうが明るく、モカブラウンは明る過ぎず暗過ぎない中間色となっています。

所長

ですから明るい色を好まれる方は、まずダークブラウンから試してみるといいでしょう。

第3位 プリオール カラーコンディショナー(★★★★)

プリオールカラーコンディショナーN 画像

プリオール カラーコンディショナー基本情報

【主な成分】
水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

【カラーバリエーション】
ブラック、ダークブラウン、ブラウン、グレイ

【内容量】
230g

【価格】
通常価格1,408円(税込、送料無料)

プリオール カラーコンディショナーは、化粧品メーカーの資生堂が販売しているカラートリートメントの白髪染めです。

プリオールはトリートメントタイプの白髪染めでありながら染料成分にHC染料や塩基性染料を使っていないのが特徴で、よりヘアカラートリートメントの中でもより安全な白髪染めと言えます。

また保湿効果を期待する天然海藻エキスや髪のボリュームアップの効果があるマイクロクリスタリンワックス成分を使っていて、艶のあるフワッとした髪に仕上げてくれます。

選べるカラーバリエーションは3色で、明るめの色にするなら「ブラウン」や「ダークブラウン」がおすすめです。

所長

プリオールは若干赤みの強いカラーとなっているので、明るさを求める人におすすめの白髪染めになります。

白髪染めが思ったより暗い色まとめ

このページのまとめ

・黒に何を混ぜても黒にしかならないように、暗い髪を明るくは出来ません。

・明るくするならブリーチ(脱色)をして白にしてから染める方法がありますが、髪へのダメージが尋常ではないのでおすすめできません。

・明るい印象になるテクニックとしては、白髪用カラートリートメントで染めるという方法があります。

・中でも当ラボが明るい髪色にするためにおすすめしているカラートリートメントは『利尻ヘアカラートリートメント』『ルプルプ』『プリオール』です。

白髪染めで失敗して暗くなりすぎた場合、気分も暗くなってしまいますよね。

でも、ヤケになってブリーチをかけて無理やり明るく染め直してはいけません。

せっかく綺麗な髪がボロボロになってしまいます。

時間さえかければヘアカラートリートメントの白髪染めで、髪を明るい印象にすることは出来るんです。

もし失敗してもめげずに綺麗な明るい髪を手に入れましょう。

所長

また失敗しないためにも、今回紹介した白髪染めを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。