初心者でも確実!白髪染めで可愛らしいピンクにがっつり染めるならココに注目すればOK

p=3896_2_top

「今の髪をドピンクにしたい!」

なんて考えている人はほぼいないとは思いますが、ピンク系統の茶色に白髪染めしていつもよりも明るい色を楽しみたい、と言う方は多いはず。

市販の白髪染めも、そんな皆さんのニーズに合わせて様々な『ピンク』が用意されるようになりましたし。

でも、「全然真っ暗い色に染まったんだけど!」なんて苦い経験をした方、多いのでは?

商品パッケージはとっても可愛い色なのに、染めた後に全然違うとガッカリしちゃいますよね…。

でも、実はちょっとした誰でも確実に理想のピンク色に染めることができるんです!

そこで今回は白髪染めでキレイなピンク色に染める方法を紹介していこうと思います。

これからお話することを参考にしていけば、理想のピンクを手に入れることが出来ると思いますよ。

絶対無理!?市販の白髪染めはピンク系の色には絶対ならない!

p=3896_2_1

まず最初に言っておきたいのがコレ。

実はどれだけ市販の『○○ピンク』なんて書いてある商品で染めようとしても、結局暗い印象に染まっていくだけなんです!

「でも、それってなぜなんだろう…」今一つピンとこないですよね。

そこでまずはちょっとピンク系の色について簡単にお話します。

白髪染めでピンク系の色に染まらないのは『地毛』が多いから

結論から言うと、白髪染めでピンクに染めようと思っても白髪の量が少ないと白髪だけが明るく染まってイメージとは全然違った色になります。

と言うのも、ピンクアッシュとかピンクブラウンといった可愛らしい髪は本来、ブリーチをして黒髪を脱色して染めるからキレイに染まるんです。

しかし、白髪と黒髪がまばらな状態だと白髪だけが染まって、黒髪の部分は染まりが暗くなりがち…。

自分自身の髪の状態を見て、「地毛が多いかな?」と思ったらそれがうまく染まっていない原因かしれません。

白髪染めは『染める』力がおしゃれ染めより強いから失敗する

もっと言うと白髪染めはおしゃれ染めと違って、白髪を目立たなくするために“染色力が強い”という特徴があります。

一方でおしゃれ染めの場合は黒髪を脱色してから色を付けるので、そこまで染色力が強くなくてもいい。

つまり、白髪染めは脱色せずに強い色を加えるので、黒髪部分が予想以上に暗くなっちゃうんです。

「パッケージの見本より暗くなっちゃった…。」なんて失敗する方は多いんですが、黒髪がある状態で使えばそれも当たり前なんですね。

だからと言っておしゃれ染めすると白髪が増える原因に

しかし、だからと言っておしゃれ染めに手を出すのはNG!

というのも、おしゃれ染めはブリーチをかけて黒髪を脱色するので、髪へのダメージが大きく白髪が増えてしまう原因にもなるんです。

そのため、白髪をこれ以上増やさない為にもおしゃれ染めは手を出しちゃダメですよ。

そもそも白髪染めで「ピンク」に染めるってこういうこと!

そして、ここでちょっと質問なんですが、皆さんが考えている『ピンク系の髪色』ってどんな色ですか?

人によってはピンクの濃度は違うと思いますが、ショッピングピンクといったパステルカラーではないですよね。

もっと言うと、ピンク系統の色に染めることができる白髪染めってたくさんあるけど、結局求めている色は『ツヤの入ったような、赤系の色が少ない、柔らかな印象を与える茶色』のはず。

要はピンクって単にわかりやすい目安なのであって、本当に染めたい『色』ではないってわけです。

そう考えると、わざわざピンクに染めなくてもそれに近い色で染めることができれば何の問題もないですよね。

つまり、白髪染めでピンクに『染める』のではなく、なるべく近い色を『維持するようにする』ために色の微調整ができる白髪染めを使うこと。

これが本当の意味での『ピンクに染める』ということになるのではないでしょうか。

p=3846_btn_1

微調整がとにかく大切!それを可能にするのは○○だけ!

p=3896_2_2

白髪染めでピンクに染める本当の意味がわかったところでおすすめするのが、カラートリートメントタイプの白髪染めなんです!

でも、ちょっと待って?別に白髪用じゃなくてもよくない?

そう思う方も多いはず。

そこでここからはカラートリートメントタイプの白髪染めをおすすめするワケをお話したいと思います。

『白髪用』にこだわる理由、それは超簡単な事!

カラートリートメントをおすすめする理由はたくさんありますが、結論から言うと“髪に優しいから”。一番はこの一言に尽きます。

確かにおしゃれ染め用のカラートリートメントはキレイに染めることができるんですが、髪へのダメージが少ない商品がそこまで多くないんです。

しかし一方で白髪用のカラートリートメントは髪にダメージを与えず、白髪を増やす心配が少ない。

だからこそ白髪染めを使うのがおすすめなんですよ。

ただ選ぶのはNG!失敗しないためにも見ておきたいポイントはココだ!

とはいえ、ただ白髪用のカラートリートメントを使ってみる…これは失敗する元。

既にお話した通り、染毛力が強いので「思ったよりも暗くなっちゃった…」なんてことになってしまいます。

そこで以下の3ポイントに注目して白髪染めを選んでみてください。

髪を微調整して染めることができること

白髪染めを選ぶときにまず注目したいのが目的の色にうまく微調整できるかどうか。

染めたときに想像していたよりも暗かったり、明るかったりしたらガッカリしちゃいますからね。

今回であれば明るい茶色や紫で調節してピンクっぽい髪色にできるか?ここがポイントになります。

染めても白髪を増やす原因にならないこと

次に重要なのが髪へのダメージが少ないこと!

白髪染め自体はおしゃれ染めと比べてダメージは少ないですが、それでも髪を染めるときに少なからず負担になります。

白髪染めをして白髪を増やすことになってしまったら本末転倒ですから、商品を選ぶときはできるだけ化学成分が少なく、無添加なものを選ぶといいでしょう。

気づいた時にサッと染めることができること

最後に、白髪染めを選ぶときはサッと1回で染まるものを選びましょう。

というのも白髪染めって時間が経つごとにだんだんと色落ちや色あせが出てしまいます。

もし染まりが悪い商品を選んでしまうと、染め初めや色落ち・色あせが出たときに染めてキレイになるまで時間がかなりかかってしまいます。

さらに、目的の色にうまく微調整するのがとっても大変…。

白髪染めで可愛らしいピンク色を楽しむにしても、できるなら簡単ですぐに染めたいですよね。

そのためには“染まりやすい白髪染めを選ぶ!”。これが重要ですよ。

 

「…でも、そんな白髪染めって都合よくあるの?」なんて疑問に思う方も多いはず。

白髪染め商品でこの3ポイントを満たしているのは“ヘアカラートリートメント”だけです。

このタイプなら普段のトリートメント代わりに使えばいいだけなので、サッとすぐ染めれるのはもちろん、他の白髪染めよりもダメージが抑えめで白髪が増える心配はありません!

それに量をうまく微調整して理想の色を作るのも簡単なんですよ。

p=3896_btn_2

手軽にできてみんなが使う定番商品、教えます!

p=3896_2_3

そして、トリートメントタイプの白髪染めの中でも特におすすめなのがコレ!

『利尻ヘアカラートリートメント』

このヘアカラートリートメントはジアミンなどの化学製品を使わず、髪に優しい成分だけを使っているのが特徴。

そして1回染めるだけでもかなりキレイな仕上がりになるんですよ。

見てもらうとわかるように、、ライトブラウンに染めることで本当の色ではないんですがピンクっぽい明るめの色にばっちり染まっています。

回数を重ねるごとに暗めの色に染まるので、自分好みの色でストップしておけば、簡単に色味を保つことが出来るってワケ。

画像ではちょっとわかりにくいですがトリートメント効果も高いので、染めた後の髪がツヤツヤになるのも大きな魅力!

見本で見るようなピンク色の髪ってただ可愛らしいだけでなく、ツヤがあるのも一つのポイント。

利尻ヘアカラートリートメントはそんな理想通りで可愛らしいピンク髪を安心して簡単に作れちゃうってワケですね。

【オススメのカラーはコレ!】

そんな利尻ヘアカラートリートメントの中でもイチオシはなんちゃってピンクっぽい色に染めることが出来るのがライトブラウン!

染めた後の画像を見てもわかるように、1回染めただけでピンクのベースになる明るい色に染めることができちゃいます。

1回染めた後はこの色に微調整を加えるだけで、可愛らしくおしゃれなピンク髪に大変身です!

p=3896_btn_3

まとめ

市販で売られている白髪染めを使っておしゃれなピンク色にしようにも、見本通りにいかないことがほとんどですよね。

でもそれって実は当然の結果。

髪を染める力が強いから黒髪部分が暗くなってしまうんです。

そんな原因が分かったところで、理想のピンクに近づけるなら明るい茶色と紫色でうまく微調整できればいいことも判明しました。

利尻ヘアカラートリートメントならうまく調整できるのはもちろん、髪に優しく・染めやすいから安心して理想のピンクを手に入れることができるんです!

「ただ白髪を染めるだけじゃなくて可愛い感じにしたい!」なんて方はぜひ使ってみてくださいね♪


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です