絶対失敗する!?紫に染まる白髪染めって正直避けた方が良い商品なんです!

p=3853_2_top

殆ど白髪がある人がやるようなあのド派手な紫色にしたいとは思わないけど、ちょっと紫がかった、イマドキの髪色には憧れる…

なんて思って白髪染めを選ぼうとしてる人、ちょっと待った!

それ、失敗するだけです!

というのも紫って街中でなかなかお目にできないことからもわかる通り、人を選ぶかな~り個性的な色。

いざ染めて見たら思ったよりもイマイチに思うことが当然ありますし、なによりも白髪を染める前より老けて見られることだってあるんですよ。

せっかく白髪染めをしてキレイになりたいのに、前よりも印象ダウンしてしまったら本末転倒ですよね。

そうならない為にも今回、白髪染めで紫に染めるときのアレコレをまとめて紹介したいと思います。

白髪染めを使うとどうしても赤紫や青紫になって納得できない!なんて思っている人も要チェックですよ!

イメージする『紫がかったオシャレな髪色』はとにかく難しい!

p=3853_2_2

まず最初に言っておきますが、紫色に染めること。

これってめっちゃ難易度が高い方法です。

確かにうまい具合に紫色が入れば、普通とは違った上品な雰囲気を楽しむことが出来ます…が!

紫色に染めようと思ってアレコレしたものの失敗してしまったなんて方は多いんです。

その原因について詳しくお話していきたいと思います。

そもそも髪に『紫を入れる』ってこういうこと!

ところで、みなさんは白髪に紫色を入れるとどうなるかご存知ですか?

実は日本人の白髪って本当に真っ白なわけではなく若干黄ばみが入っているんですよ。

でもその色ってあまり綺麗ではなくて、とても好きになれるような感じではありません。

ただ、そこに紫色を加えることで黄ばみがキレイに隠れ、紫色の上品さが際立つんです!

そういった理由で歳をとった方に紫色は好まれているんです…が!

黒髪がまだ多いときに紫色を入れようとするのはNG

というのも、実は黒髪って紫色に全然染まらないんですよ。

そのため黒髪が多い状態で紫色に染めるなら、まずブリーチをして髪を脱色しないといけません。

でもそれって髪にダメージを与えて白髪を増やしてしまう原因にもなるんです。

せっかくおしゃれの為に染めるのに、白髪が増えてしまうなんてまったく意味のない話。

そう考えると黒髪が残った状態で紫色に染めるのってかなりリスキーな行為なんです。

でも、それを知ってもあなたは紫に近い色に染めたいと思っているはず。

だったら紫色に直接染めるのではなく、紫色になるべく近づけてみてはどうでしょうか?

例えば、私たちがイメージする紫色の髪型って『ツヤの入っている・青系の色をした・上品な印象を与える』色なワケです。

そう考えると、わざわざ紫色に染めなくても、それに近い色に染めることさえできれば問題はないですよね。

つまり、紫色で直接染めるのはかなり難易度が高いので、なるべく簡単な紫っぽい色で染める!

これならあなたも染め上げた後に満足できるのではないでしょうか?

「繰り返し使えば紫色に染まる」これは大間違い!

黒髪を紫色で染めようとしても黒髪のままなワケですが、それを聞いて「繰り返し使えば理想の紫色に染まっていくんじゃ…。」なんて考えた方はいませんか?

でもそれって大きな間違い!

というのも黒髪を残したままで繰り返し染めても真っ黒なままなんです。

しかも、イメージとしては黒い絵の具に紫色を重ねている感じで、どんどん暗くなっていくばかり…。

つまり、繰り返し紫色に染めようと思っても色が暗くなるばかりか、決してキレイに染まらず理想から遠ざかります。

あなたの髪の状態を見て、もし黒髪が多い状態なら繰り返し染めても印象が悪くなるだけなので覚えておいてくださいね。

赤紫や青紫のような納得できない色に染まるのはコレが原因

ここまでで「キレイな紫色に染めたい!」という方に向けてお話しましたが、「意図せず紫色になってしまった。」なんて方もきっといますよね。

そうなった方は使った白髪染め商品が原因で紫色に変色してしまった可能性があります。

というのも白髪染めってさまざま成分が使われていますが、その中で『インディゴ』や『硫黄』といった成分が多いと髪が紫っぽくなることがあるんです。

そうすると、本当はブラックを選んだはずなのに紫っぽくなっちゃこともありますから気を付けてくださいね。

紫っぽくなって失敗した方はこの2つの成分に気を付けて商品を選ぶといいですよ!

3853_btn_1

白髪染めで『紫』を強調しすぎないための3か条はこれ!

p=3853_2_3

ここまでを読んで完璧な紫色にするのは難しいことを分かっていただけたかと思います。

それでも「紫色に染めて上品な感じを楽しみたい」なんて方は、それに近い色に染めてみましょう!

そして近い色へ染めるときに失敗しないためにも、以下3つのポイントを押さえて白髪染め商品を選んでみてください。

微調整が出来ること

一番重要なのが色をキープするために微調整ができるかどうか!

実は紫色に染めた後って意外と色落ちするのが早くて欠かさずに手入れをしておかないと、キレイな状態をキープすることができないんですよ。

そのため少しの色落ちに気づいた時にすぐ微調整して戻せるかどうか。

これが白髪染め商品選びの肝となります。

そういった理由で染めるときはまず微調整できるものを優先して選んでみてくださいね!

染める時間の調整がしやすいこと

次に気を付けたいのが染めるのにかかる時間です。

というのも白髪染めって、せっかく染めても時間が経つごとに色落ちしたり、色あせてきたりしちゃうんですよ。

それを時間がないからとそのままにしちゃうのは、かなり印象を落としてしまうのでNG

どんな時でもサッとすぐに染め直してすぐ綺麗にできる。

そんな白髪染めを選ぶことで、いつもキレイなあなたでいることができますよ。

髪にツヤを持たせること

みなさんが想像している紫色の髪型って、きっと濃い紫ではなくてツヤの入った綺麗な髪をしているはず。

それに少しでも近づけるためにも、髪にツヤを持たせるのが染め上げたときに満足できる重要なポイントになります。

そのためにもジアミンといった科学成分があまり含まれておらず、髪に優しい成分が含まれていて髪にツヤを与える商品を選びましょう。

そうすれば理想の髪に近づいて満足できるはずですよ!

3853_btn_2

条件を満たした白髪染めはトリートメントタイプ!

p=3853_2_4

そして上の条件をばっちり押さえているのが「白髪用」のカラートリートメント!

それを聞いて「えっ?白髪用でなくてもおしゃれ染めでもよくない?」なんて思う方もいますよね。

実際に下のような『おしゃれ染め』用の白髪染めも売られているわけですし…。

p=3853_2_1

でも、これからお話することを参考にすればあなたの疑問も納得に変るはずです!

トリートメントタイプの白髪染めが最適?そのワケ

おしゃれ染めではなく一体なぜ白髪染めのカラートリートメントを押すのかと言えば、白髪染めの方は既にお話した3つのポイントがばっちり押さえられているんです!

例えば、“白髪染め”というだけあってそれ以上白髪が増えないように優しい成分だけを配合していること。

それに染毛力がおしゃれ染めよりも強いので、色落ちしたり色あせたりしたときもキレイに染め直しもできる。

つまり、おしゃれ染めよりも白髪染めトリートメントなら安心してキレイに染めれるってワケです!

手軽で簡単に微調整するならコレ!

そんな白髪染めヘアカラートリートメントの中でもイチオシなのが『利尻ヘアカラートリートメント』

利尻ヘアカラートリートメントは髪にツヤを与えるトリートメントタイプの中でも、ダントツに髪をキレイにする成分がいっぱい含まれているので、1回使っただけでもかなり艶やかになるんです。

さらに…染まり具合が抜群なのも人気の秘訣!

利尻 ブラック 1回目~3回目

このように、ブラックに染めるだけで理想の紫色にかなり近い『ツヤの入った・青紫系の色』にばっちり染まっています。

2回目以降はだんだんと暗めの色に染まっていくので、自分好みの色でうまく調節すれば簡単に理想の色をつくれるってワケ!

しかも…染まりやすいから「色落ちや色あせしてるなぁ」なんて思った時に調整するのがとっても簡単なんです♪

画像ではちょっとわかりづらいですがトリートメント効果が抜群なので染め上げた後にツヤがでるのもポイント。

染めるのがかなり難しい紫色も、利尻ヘアカラートリートメントなら超簡単に理想色へ近づけることができるんです。

「どうしても紫色に染めたい」なんて人はぜひ1本手に取って、上品なあなたに大変身してみてはいかがですか?

3853_btn_3

まとめ

紫色の髪型ってうまく染めることができれば、かなり上品な雰囲気が生まれますし、自分を少しだけ目立たせることもできるんです。

でも、うまく染めるのってかなり難しい…。

失敗しちゃえばただ目立っているだけで老けている印象を与えてしまいます。

染めた後でそんな後悔をしないためにも、白髪染めヘアカラートリートメントで紫っぽい色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回紹介した利尻ヘアカラートリートメントならあなたが想像した紫色にかなり近い色に染めることができちゃいます。

「失敗するのは怖いけど…紫っぽい色にしたい」なんて方はぜひ手に取ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です