失敗して当然?白髪染めで確実に茶色(ブラウン)を楽しみたいならこれが無難だった

p=3881_2_top

白髪染めで茶髪にチャレンジしても十中八九失敗に終わります。

ですが、5分だけ時間をください。

そうすれば結果を大きく変えることができます。

まずここを読んでいるあなたは

「思った以上に暗く染まっちゃった…。」

「地毛と全然変わらないんだけど…。」

なんて失敗した経験があるのではないでしょうか。

市販商品を見ればライトブラウンやダークブラウンなど、あたかも簡単に染められそうなものがたくさん売られていますよね。

でも実際に使ってみると、仕上がりに満足できるものが少ないことに気づくはず。

そのワケって実は白髪染めの仕組みそのものに問題があったんです。

ですがご安心ください。

ここであなたの“意識”がちょっと変わるだけで、失敗することなくきれいな茶髪を楽しむことができますから!

そのために今回は、白髪染めで茶色に染めることがどういうことか詳しくお話したいと思います。

白髪を茶髪にしたい方はもちろん、染めようとして失敗したことがある方も必見ですよ!

白髪染めで『茶色に染める』は超難易度が高いって知ってた?

p=3881_2_1

そもそも白髪染めで茶色に染めるのってみなさんが考える以上に難しい作業なんです。

ただ、そう言われても商品には簡単そうに書かれていますから、にわかには信じがたいですよね。

そこでまずは、白髪染めで茶色に染めることがいかに難しいかってことを簡単にお話したいと思います。

白髪染めはそもそも『超染まる』もの!

突然ですが、みなさんはおしゃれ染めと白髪染めの違いってわかりますか?

言葉自体は違っても染めるのは同じだろうから、あんまり違いがなさそうに思いますよね。

ところが、白髪染めとおしゃれ染めって染める仕組み自体は一緒なんですけど、“染める力”は白髪染めの方が圧倒的に上!

そのため、黒髪はさらに真っ暗になるし白髪だけ強く染まってしまうというケースが多いんです。

つまり、白髪染めで茶色に染めようとしても白髪だけが強く染まり「めっちゃ黒く染まって…」なんて失敗をしやすいってわけです。

おしゃれ染めをすると逆に白髪が増える原因になるかも!

だからと言って「おしゃれ染めに手を出そう!」なんて安易に考えてはダメ!

というのもおしゃれ染めって、ブリーチをかけて脱色する分髪全体にダメージを与えてしまいます。

そのせいで黒髪が抜けやすくなり、白髪を増やす原因になることもあるんですよ。

つまり、おしゃれ染めは白髪が生えている人には相性が悪いので手を出さないほうがいいでしょう。

茶色に染まったとしても色の抜けは意外と早い

もっと言うと、髪を染めるときってキューティクルを無理やり開いて色をいれるんですが、この仕組みも失敗の原因になります。

というのも開いたキューティクルって元に戻らず、シャンプーで髪を洗っただけでも染めた色は簡単に落ちてしまうんです。

だから白髪染めで茶色に染めようと思っても失敗してしまうことがほとんど、当たり前のことなんです。

3881_btn_1

茶色の髪形に『染める』のではなく、『きれいな状態を維持する』に意識を向けるべき!

p=3881_2_2

ここまで読んだあなたに聞きたいんですが、「染める」のにこだわる必要ってあるんでしょうか?

あなたが白髪染めで気にしているのは

  •  染めても地毛のように黒っぽくなってしまうから
  •  黒髪を茶色の白髪染めで染めればどうなるかわからない

といった風に、“染めた後の失敗を気にしている”のだと思います。

でも、既にお話したように白髪染めで茶髪にするのは至難の業。

思ったよりも暗くなったり、抜け毛が増えたり、白髪が増えてしまったり。

要するに、白髪染めで茶髪にチャレンジしても失敗するのは目に見えています。

それって無謀な挑戦だと思いませんか?

でも、きれいな髪を維持することに意識が向けば結果もガラリと変ります。

維持するだけでいいなら、髪を傷めてしまったり白髪が増えてしまったりといった可能性を少なくできますから。

そう考えると染めるのにこだわるよりも、髪をきれいなまま維持する方があなたの理想へと近づけるのではないでしょうか?

茶色な髪色を『維持する』に注目するならどんな白髪染めが良い?

「それじゃあ、どんな商品で茶色の髪を維持すればいいの?」なんて疑問に思っちゃうかもしれませんが、選ぶのって実は結構簡単なんですよ。

以下の3ポイントさえ押さえていれば大丈夫なので、どこに注目しておけばいいのかさらっと確認しておきましょう!

使ったときにキューティクルを開かないもの

既にお話しましたが、髪を染めるときって刺激から守ってくれるキューティクルを開いてしまうからダメージになってしまうんでしたよね。

それを踏まえると髪をきれいな状態に維持するなら、キューティクルを開かない商品を選ばなくてはいけません。

キューティクルを開かない商品だったら安心して使えますので、色落ちや色あせすることなくきれいに髪を維持することができますよ。

染める力が強すぎず弱すぎない“バランス”がいいもの

白髪染めって染める力が強すぎる分、仕上がりがどよ~んと暗くなってしまう失敗をしてしまいがち。

でもこれって、逆に考えると強すぎなければ問題ないんですよね。

染める力が強すぎず自分の髪状態に合わせて調整しやすいなら、きれいな状態に維持するのがとっても楽になります。

ただ、染める力が弱すぎると調整が難しくなりますから、染める力がほどよいバランスのよい商品を見極めるのが重要ですよ。

毎日使ったとしても髪への負担がまったくないもの

きれいな状態で維持したいなら髪へのダメージはごくわずかなものを選ぶのは絶対です。

例えば、ジアミンやパラベンといった化学成分が含まれていると、髪へのダメージが大きくて毎日使う事なんてできません。

ですから商品紹介や成分表をよく確認して、毎日使っても問題のない商品を選びましょう。

3881_btn_2

みんなが使う無難な白髪染めはズバリ〇〇!

p=3881_2_3

そして、紹介した条件をばっちり押さえているのが白髪染めヘアカラートリートメント。

ヘアカラートリートメントタイプって普通の染め方とは違ってキューティクルを開かずに、髪の表面に色をつけるんです。

そのおかげで髪へのダメージが少なく、抜け毛が増えてしまったり白髪が増えてしまったりするリスクが減ります。

それだけでなく染色力がほどよく抑えられているのもポイント!

おかげで染めた後に「真っ暗になって失敗しちゃった…。」なんてこともなくなります。

またカラートリートメント効果もあるから仕上がりがとてもきれいになるんです。

きれいな髪を維持するために、ヘアカラートリートメントってまさにうってつけの白髪染めってわけです。

中でもおすすめの商品がこれ!

そんなカラートリートメントの中でもおすすめなのが、利尻ヘアカラートリートメント。

この白髪染めはキューティクルを開かずに使うことができるので、髪へのダメージが少なく安心してキレイな状態を維持することができちゃいます。

それに、気になる色の付き具合もまた絶妙なんです♪

利尻 全色

真っ白だった髪の毛がばっちりキレイになっていますよね。

こうしてみると、ライトブラウンは明るく、ナチュラルブラウンはスタンダードな茶色、ダークブラウンは暗めだけど自然っぽく染めることができる、といったそれぞれの持ち味があります。

そして、染めた後の色が長持ちするのも魅力の一つ!

利尻 全色の染色+色落ち

「なんか変わった?」って思っちゃうぐらい色が全然落ちてないですよね。

つまり、利尻ヘアカラートリートメントって染まりやすいし、長持ちもするから維持するのがとっても簡単。

好みに合わせて明るさも調節しやすいおかげで、おしゃれで100%満足できるあなたでいられることができちゃいます!

3881_btn_4

茶髪を維持しているママさんはみんなカラートリートメントを愛用している

とは言っても、白髪染めってたくさんあるわけですから「本当にヘアカラートリートメントでいいの?」なんて疑問に思っちゃいますよね。

そこで見てほしいのがこのツイート。

p=3881_twiter_1 p=3881_twiter_2 p=3881_twiter_3

このように白髪染めヘアカラートリートメントで茶髪にしている人はたくさんいますが、とても満足して茶髪を長持ちできていることがわかりますね。

特に利尻ヘアカラートリートメントはしっかり染まって長持ちするから大好評なんです!

あなたもこのツイートのように利尻ヘアカラートリートメントを試してみてはいかがですか?

3881_btn_3

まとめ

ヘアカラーの仕組みを知ってしまった途端に、髪を染めることが実はおしゃれから遠ざかることに気づかされます。

それっておしゃれに気を使う女性としてはイヤ~な話ですよね。

でも、きれいな髪を維持するだけなら話は別!

そこまで髪にダメージが入りませんし、今回紹介したら利尻を使えばキレイで茶色の髪型を維持することだってできるんです。

「茶色の髪でおしゃれしたいけど、失敗するのも髪に負担をかけるのもイヤ…。」なんて方はぜひ利尻をお試しください!

なんでもっと早く試さなかったんだろう、なんて思っちゃうかもしれませんよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です