白髪染めで茶色(ブラウン系)を楽しみたいときに試したい方法とおすすめ商品を紹介!

35歳ごろから白髪が気になり始めて、もう10年。

周りから「老けた」「疲れて見える」と言われるようになったし、なんだか年々白髪の量も場所も増えて、自分でもかなり気になりはじめたから、諦めて白髪染めするようになったけど、毎回不満。

セルフカラーで白髪を染めると、2週間くらいで色落ちしてキラ浮きした髪色に。

しかも、毎回頭皮がヒリヒリするし、思った通りの色に仕上がらない。

かといって美容院に行っても同じ気もするし、お金もかかるから出来ればセルフカラーですませたい。

もっと言うと、たまには明るい茶色や栗毛色にして、オシャレを楽しみたい!

そう思っていませんか?

そこで今回は、白髪染めで明るい茶色系(ブラウン系)に仕上げる方法と、オシャレな茶色に染める白髪染めをいくつか紹介しちゃいます!

隠すだけの白髪染めを、おしゃれアイテムとして活用していくためにも、是非参考にしていってくださいね。

白髪染めで茶色や栗色を楽しむなら何を使えばいいの?

そもそも、一言で白髪染めといっても、染め方によっていくつかのタイプに分かれます。

アナタに合った白髪染めを見つけていくためにも、まずはどんな白髪染めがあるのか、見ていきましょう。

ヘアカラー

メリット デメリット
  • 白髪も黒髪も1回でしっかり染まる
  • 黒髪を明るい色に染めることが出来る
  • 値段が安いものが多い
  • 1ヵ月~2ヵ月位ほど色が持つ
  • 髪や頭皮がかなり傷む・かぶれる
  • ヘアケアがかなり必要
  • 生え際のリタッチが難しい
  • 髪がギシギシすることが増える
  • 毎回パッチテストが必要(48時間前)

一般的に「白髪染め」と言われるモノは全てコレ。

市販だと1,000円以内で買うことが出来るし、手軽に好みの色に染められますが、かなり髪も頭皮も傷みます。

特に安価のヘアカラータイプの白髪染めには、”ジアミン”や”界面活性剤”等の頭皮の痛みやかぶれの原因となる、危険な成分が含まれていることが多いです。

つまり、「染まりやすいけど、髪にも頭皮にも深刻なダメージを与えやすい」白髪染めってワケですね。

ヘアカラートリートメント

メリット デメリット
  • 手軽に退色防止が出来る
  • 髪や頭皮に優しい
  • かぶれる心配が少ない
  • 根元もしっかり染めることが出来る
  • 色持ちが悪い(2週間~3週間程度)
  • 継続使用しないといけない
  • 染まりにくく3~5回くらいで染まる
  • 価格はやや高め
  • 緑に染まることがある

ヘアカラートリートメントは、脱色(ブリーチ剤)を使って元の髪色を抜かず、髪の表面に定着させることで髪色を染めるタイプの白髪染め。

主成分がトリートメント性の高い成分になっていることが多く、髪のツヤ・コシ・ハリを保ちながら染めることが出来ます。

その反面継続しないとしっかり染まりませんし、配合されている染色成分が限られるので、赤みが抜けやすく人によっては緑っぽい色合いになることも。

そのため、「染まりにくいけど、髪や頭皮に優しく髪質を整えやすい」白髪染めと考えておくと良いでしょう。

ヘナ

メリット デメリット
  • 有害性がなく低刺激なものが多い
  • 髪にツヤ・コシがでる
  • 成分がシンプル・化学物質不使用
  • トリートメント効果が高い
  • 色落ちしやすい
  • 短時間では染まらず、手間がかかる
  • 黒髪を染めることが出来ない
  • 赤やオレンジ色にしか染まらない
  • 有害成分が入っていることがある

ヘナはミソハギ科の植物を主原料とし、100%天然成分で作られている白髪染め。

天然染料で染めるので赤系やオレンジ系の色にしか染まりませんが、かぶれることがなく、安心して使っていくことが出来ます。

ただ、ヘナの白髪染めの中には、染色力を高めるために化学染料を使っている商品もあるので注意が必要です。

また、色の調整をするために調合をしなければいけないですし、コツがいるので簡単に染めると言うことは難しいと言えるでしょう。

お歯黒式白髪染め

メリット デメリット
  • 退色せず髪へのダメージが少ない
  • 1ヵ月位色持ちする
  • ジアミン不使用でかぶれる心配がない
  • 2度塗りの為、使用方法が面倒で時間がかかる
  • 真っ黒になりやすい
  • 使い続けると髪がごわつく
  • 硫黄のような臭いがする

お歯黒式白髪染めは、過酸化水素水やジアミンといった、かぶれの原因となる酸化染毛剤を使わない白髪染め。

アレルギーの原因となりやすい成分が不使用なので、肌が弱くかぶれやすい人にはおすすめですが、基本的に真っ黒にしか染まりません。

茶色や栗毛色に染めようと思っても、予想以上に黒(青や紫に近い色)に染まってしまいますし、2度塗りする必要があるため、時間と手間がかかってしまいます。

そう考えると、お歯黒式は茶色に染めたい人にとっては向かず、むしろ真逆の白髪染めといえますね。

【厳選】茶色や栗色を楽しむなら知っておきたい白髪染め3選

白髪染めといっても、様々な種類があることはわかったと思いますが、「結局、どれが一番いいの?」って思ってしまった方も多いはず。

そこでここからは、特におすすめな白髪染めを厳選して、3つほど紹介しちゃいたいと思います。

多くの人が使って満足している商品から、白髪を隠しつつ明るい色を楽しんで行きませんか?

利尻ヘアカラートリートメント

内容量
200g
価格
初回限定:2,160円
単品購入:3,240円
※送料540円
(2本セットで無料)

利尻ヘアカラートリートメントは、ドラッグストア等でも市販されている、カラートリートメントタイプの白髪染めです。

植物由来の4種類の染色成分を中心に、低刺激の化学染料を加えることで染まりやすく、利尻昆布をはじめとした植物由来の美髪成分が28種類と豊富に含まれています。

そのため、白髪を染めるたびに、キレイな髪を保つことが出来るんですよ。

また、ジアミン系の色素や鉱物油、酸化剤などの有害な成分は含まれていないので、安心して使うことが出来ます。

【利尻ヘアカラートリートメントの口コミ】

45歳★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

白髪が増えてきたなと感じていた時に、CMで見かけて旦那が買ってみれば?といってくれたので、思い切って購入。

使うたびに髪に艶が出ますし、白髪染め特有のツンとしたニオイもないので買ってよかったと思います。

元々地毛が栗毛色なのですが、白髪がどこかわからないくらい自然な仕上がりになるので、2日か3日くらいに1回使って髪色をキープしています。

38歳★★★★★ 5
選んだ色:ナチュラルブラウン

元々髪を明るく染めていたので、かなり浮いた白髪が気になり始め、ついに白髪を染めないといけないのか…と思っていた時に、友人から勧められたのが利尻でした。

初めて使ったときは全く染まって見えなかったけど、3日連続で使用したらかなり色が浮いて、周りの毛と同化できるくらいの雰囲気になります。

地肌への刺激も全く気にならないし、髪がきしむこともないので助かっています。

52歳★★★★☆ 4
選んだ色;ブラウン

白髪にはここ数年悩んでいたんですが、ヘアカラーの毒性がかなり強いって聞いてどうしても使う気になれず…。

そんなときにドラッグストアで見かけて、ちょっと背伸びして買ってみたんですが、私的にはかなり満足!

一過性のカラーなので色落ちは結構早いですが、1週間くらいは持ってくれるので、毎週月曜は利尻の日!と決めて使えば問題なし。

自分のライフスタイルに合わせながら使うことが出来るので、案外苦痛に感じませんね。

26歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ナチュラルブラウン

おしゃれ染めでかなり明るめな茶髪にしていたんですが、かぶれることも増えたし、なんだか白髪が生えてきたような…と思って利尻を使い始めました。

確かに、使うたびに髪がふんわりして天使の輪が出来てうれしいんですが、染まり具合ははっきり言って微妙。

白髪やプリンになった黒髪がなかなか染まらず、黒に近いこげ茶でカッコ悪い。それにすぐ色落ちして白髪も目立つので、コスパ的にどうなの?って思って辞めちゃいました。

48歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:ライトブラウン

2ヵ月に1回のおしゃれ染めで白髪を隠していたんですが、2週間ですぐに生え際が気になるようになってしまい、経済的にも月に何度も美容院に通えないから…と購入したのが利尻。

髪がギシギシすることはなくなったけど、1回でしっかり染まるってことはないですし、2回目でもがっつり色落ちします。

それに、ちょっと色が抜けて緑っぽい感じになったのも残念。

1本使ったら辞めようと思います。

39歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ダークブラウン

部分的にまとまって白髪がある程度なので、わざわざヘアカラーで染めるのもな…と思って、利尻で簡単ケアをし始めたんですが、正直失敗です。

毎日続けて使ってみたんですが、一向に濃くなる上に、毎回放置して洗い流すと言う作業自体も面倒。

かなり暗い栗毛色だったのもあってか、自分に合ったものもないし、何とか1本使いきった後は購入していません。

【利尻を使った人が感じた染まり具合】

  • ライトブラウン・・・赤みのある明るい茶色
  • ナチュラルブラウン・・・黄色が強めな茶色
  • ダークブラウン・・・明るい栗色に近い茶色
  • ブラック・・・自然な色に近い黒色
【利尻を使った人が感じた髪質の変化/白髪の状態】

  • ゴワゴワ・ギシギシしていてた髪が指通り良くサラサラした
  • 天使の輪が出来るほど、髪質が良くなった
  • 違和感がなくなるほど自然に仕上がり、ほかの髪の毛と同化した
  • 2~5回のシャンプーで色落ちし始める

LPLP

内容量
200g
価格
初回限定:2,160円
単品購入:3,240円
※送料540円
(5,000円以上の購入で無料)

LPLPも1位の利尻ヘアカラートリートメントと同様に、染まりやすさやトリートメント効果が期待できるカラートリートメントタイプの白髪染めです。

髪や頭皮に優しい天然色素を中心に、刺激性の低い化学染料で色の染まり具合を良くしており、ガゴメ昆布の由来のフコダインを始めとした美髪成分が髪質をキープ。

ただ、刺激性の界面活性剤が1種類だけ含まれているのが気になりますが、殆どの方が刺激を感じず使うことが出来ているので安全性は問題ないと言えるでしょう。

【LPLPの口コミ】

42歳★★★★★ 5
選んだ色:モカブラウン

白髪をちらほら見かけるようになったけど、美容院やヘアカラーで染めるほどの量がないし、染めるとそれなりにパサついたり痩せる気がして使うに使えないときに、LPLPのことを知って使い始めました。

私の場合、1度染まったら2週間近くは色が持ってくれますし、金髪や赤髪っぽくならず、品よく染まってくれるので大満足!

乾いた髪に白髪が目立つところにサッと濡れるので、気軽に使うことが出来ています。

53歳★★★★★ 5
選んだ色:ブラウン

白髪は全体的に多く、1ヵ月に1回美容院で白髪染めしていたんですが、お金もかかるし強い薬剤を使うので悩みの種だったときに友達から勧められて、言われた通りに使ってみたところ…ニオイも使用感も良かったです!

1日でも割と染まりやすいけど、2日続けて染めるとなおバッチリキレイに染まります。ツルツルサラサラになりますし、ブラウンの赤みが強くないのも好感触。

美容院も3ヵ月に1回くらいになって、助かりました♪

34歳★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

地毛が暗い栗毛色で髪質が良いのが私の密かな自慢だったんですが、この年になってちらほらと白髪が目立つように。

なるべく髪質と色をキープしたいと思って、色々探していた時に出会ったのが、LPLPでした。

思ったより染料が手につくのが難点ですが、白髪なのか地毛なのかわからないくらいに染まってくれますし、髪が健康的につやつやしていくのが分かります。

なかなか美容院に行けないときに、サッと自宅でカバーできるので便利だと思います。

37歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラウン

遺伝的に早くから白髪が生え始め、伸びるのが比較的早く生え際に集中するのもあって、白髪染めを使っても2~3週間で目立ってしまうのが悩みだった時に、LPLPを使ってみることに。

30分放置した後にシャンプーをしていたんですが、色がしっかり入ることもなく、白いところがぼんやり茶色になるかなという程度。

連続使用すれば生え際はごまかせますが、ちょっと色落ちし始めると赤みがかるのが難点ですね。

ただ、髪にボリュームが出てきたのは良いなって思います。

48歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:モカブラウン

市販の白髪染めのジアミンでかぶれるようになってしまい、困っていたところにジアミンフリーのコチラを見つけて、試してみることに。

成分的には安心できますが、染まり具合はかなり悪く、思いのほか染まらなくてキラキラと白髪が残ってしまいました…

染めるのにある程度期間が必要なのと、髪質的な問題で染まりづらい部分があるので、使うのを断念。

トリートメントとしての効果は、普段使っている物よりちょっといいかな?くらいの感じでした。

31歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ブラウン

数本の白髪が出てきたことが気になったので、LPLPを使ってみたんですが…シャンプー前に使うこと3、4回。

全く染まりません。手間は普通の白髪染めと買わないような気もするし、色落ちしたところはなぜか紫…。

もちろん、乾いた紙に使用して30分以上放置したり重ね塗りしたりしましたが、色が定着したってことはありません。

染料の成分だと思いますが、私には合わなかったみたいですぐにやめてしまいました。

【LPLPを使った人が感じた染まり具合】

  • ブラウン・・・赤みの強い明るい茶色
  • ダークブラウン・・・赤みが少しあるやや明るい茶色
  • モカブラウン・・・黒髪に近い自然な栗毛色
  • ソフトブラック・・・黒すぎない自然な黒色
【LPLPを使った人が感じた髪質の変化/白髪の状態】

  • 色持ちが良く、品の良い仕上がりになる
  • 他の白髪染めと比べて赤みがやや弱い茶色になる
  • 地毛が栗毛色でも自然な仕上がりになる
  • 色落ちし始めると赤みが抜け、紫っぽくなることがある

マイナチュレ

内容量
200g
価格
初回限定:3,650円
単品購入:4,298円
※送料750円
(定期コースは無料)

白髪染め・エイジングケア・スカルプケア・ヘアケアの4役を、たった1つでこなすマイナチュレ。

植物成分由来の染料は使われていないものの、低刺激の化学染料を使っているので、色落ちしづらくしっかり色を定着させてくれますし、44種類の厳選された植物由来の成分も配合されているので、高いトリートメント効果を期待することが出来ます。

また、ジアミン系色素や鉱物油、パラベンといった、有害な成分が含まれていないのもポイントです。

【マイナチュレの口コミ】

48歳★★★★★ 5
選んだ色:ブラウン

カラーしてもすぐに白髪が目立って困っていました(特にもみあげ部分)。

そこでコチラの商品を試し始めたんですがかなり良く、1回目で想像以上に染まってくれましたし、2回目には色ムラがない髪色に落ち着き、3回目にはもう白髪がない髪に。

髪が傷まないし、きしまないし、頭皮にも優しいから、長い目で見たらかなり良くなると思います。

髪の量が多めなので、コスパ的には微妙なところですが、気になる部分にちょこちょこ使う分にはとても良いですね。

35歳★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

白髪が目立ち始めたばかりだから2ヵ月に1回くらい染めているんだけど、ケープ等で防具して2液を混ぜて髪に塗布する…って作業がめちゃめちゃ面倒!

そう思った時に、マイナチュレを見かけて良さそうだと思って試したんですが、アタリです!コレ!

面倒な薬剤の混ぜ合わせがなく、直感的に使うことが出来るので楽ですし、初めの日から白髪がある程度染まり、使うたびにほとんど気になっていた部分が分からないくらいに。

私は特に生え際などが気になっていたんですが、鏡を見るとどこに白髪があるかわからないくらい。これからも続けていきたいと思いました。

49歳★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

敏感肌なのでカラーリングは控えていたんですが、この年になって白髪がかなり増えて目立つように。

見た感じみすぼらしく、疲れているように見られてどうしよう…と思っていた時に、マイナチュレのことを知りました。

無添加なので皮膚や頭皮に優しく、安心して使うことが出来ましたし、しっかり時間をおけば発色良く染まります。

ダークブラウンがしっとり落ち着いた大人の色になるので、気に入っています。

ただ、ちょっとハーブ系のニオイ?は気になりましたが、慣れれば問題はなさそうですね。

47歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラウン

白髪染めを定期的にしているのですが、頭皮へのダメージが心配になったため、トリートメント効果もある優しい商品を…と思って使ってみました。

クリームを塗布して10分放置したんですが、1回目ではあまり染まりません(2回、3回で染まった感じアリ)

染まり具合は、若干赤みがあるかな…といった感じ。

それに、使って2週間くらいたった後に、美容院で染めたら思ったように色が入らないので、こっちに切り替える形になるかも。

44歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:ブラウン

現在白髪が所々にあるくらいで、見た感じはまばらに白髪がある感じ。

毎回カラー剤で染めていたんですが、髪がギシギシ傷むので何とかしよう…と思って、4役こなすコチラの商品を使ってみることに。

正直、染まり具合にかなり不満。10分置いて、どれだけ洗い流しても色が出続けるし、案の定白髪がうっすらと茶色に染まった感じ。

それ以外は結構良いです。地肌トラブルは今のところ起きていないし、パサつかずしっとりしています。

59歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ダークブラウン

全体的に白髪が生えて見た感じグレーっぽい感じが嫌だけど、髪や頭皮が傷むカラー剤を使うのもイヤ!そう思っていた時に、地肌に優しそうなマイナチュレを見かけて、使ってみようと思いました。

1回でもしっかり染まった口コミも多い中で、ちょっと期待していた私の場合は5回でやっと染まった感じ。生え際も何とか薄い栗色になったけど、まだ白髪がまばらに残っている感じ。

髪や頭皮には優しそうだけど、その分染まりはかなり悪いですね。

【マイナチュレを使った人が感じた染まり具合】

  • ブラウン・・・赤みが強い明るい色
  • ダークブラウン・・・赤みがある暗い色
【マイナチュレを使った人が感じた髪質の変化/白髪の状態】

  • だいたい3回くらいの使用で色ムラがなく、白髪が目立たなくなる
  • ギシギシした髪がサラサラに。
  • 頭皮にも優しいため、塗布時間を長くしても安心(その分発色が良くなる)
  • 使うたびに色が定着するが、使った後に美容院でのカラーをすると思った色が入れにくくなる

誰が見ても違和感がない、白髪を茶色や栗毛色にする秘訣

さて、茶色に染めてくれる白髪染めについて色々とお話してきましたが、出来ることなら誰が見ても白髪に気が付かないほど、キレイに染めて生きたと思いませんか?

そこで最後に、白髪染めで茶色や栗毛色へ、キレイに仕上げていくための秘訣を伝授しちゃいます。

白髪染めでは黒色を茶色に染めることはまずない

まず、前提として覚えておいてほしいのがこれ。

ブリーチ等が含まれているヘアカラーで髪の色を脱色すれば、黒色を明るい茶色に染めることはできますが、髪や頭皮を傷める可能性が高いです。

一方で脱色する成分が入っていない白髪染めだと、黒色は暗めの茶色にしか染まらず、思いのほか染まりが悪いと感じることも…。

そのため安全な白髪染めほど、黒髪は明るい茶色に染まることはない、そう覚えておくと良いでしょう。

白髪の割合と髪質に合わせて、選ぶ色を決めましょう

  • 白髪の量が少ないor髪が太い人⇒1トーン明るい色で染める
  • 白髪の量が多いor髪が細い人⇒1トーン暗い色で染める

この2点に気を付けることで、キレイなブラウン系の色に染めることが出来ますが、髪の傷み具合や放置した時間などでも、染まり具合が変わります。

白髪染めでよくある「思っていたよりも髪色が暗くなった」が無いように、参考程度に覚えておくようにしましょう。

根元はティッシュなどで蓋をすればキレイに染まります

また、目立たずキレイに染めるときにやってみてほしいポイントが、フタをするイメージでティッシュを張り付ける事。

頭皮の体温で反応が促進され、しっかり色を定着させることが出来ますよ。

まとめ

白髪染めで茶色に染めることは、定番中の定番。

様々な方法で染めることが出来るので、多くの方が白髪の発見をきっかけに、思い切って茶色に染める人も多いはずです。

しかし、染め方一つで髪や頭皮に、深刻なダメージを与えてしまうのも事実。

目立たず染めて、ワンランク上のおしゃれを楽しむためにも、髪や頭皮にダメージを与えないヘアカラートリートメントから試してみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です