髪が傷まない白髪染めは染まりが悪い!?使ったから暴露出来るダメージゼロの白髪対策

白髪染めしていくなら髪へのダメージは諦めるべき!

…果たして本当にそう言えるのでしょうか。

確かに白髪染めと言うと染める度に髪がボロボロになるけど、白髪は目立たなくなります。

しかし、周りの同年代を見てみるとハリツヤがあるキレイな髪質で白髪もない、そんな人も多いですよね。

だからこそ、髪が傷まない白髪染め方法があるのでは?と考えた方も多いはず。

さて、どうするか…。

今回はそんな悩みを抱えている人に向けて、いかに髪へのダメージを減らしつつ白髪の無い状態を長く維持していくか、その方法を紹介していこうと思います!

えっホント?美容院の白髪染め=髪が傷まないは大間違いだった!?

美容院の白髪染めが、本当に髪が傷まないとは限らない

まず最初にハッキリと言っておきますが、美容院での白髪染め=髪が傷まないという認識は大間違い!

確かに美容院での白髪染めは染めた直後の髪は傷んでいないように見えますし、白髪も全く目立たないキレイな髪に仕上げてくれます。

しかし、そんな美容院の白髪染めでも髪って傷んでいるんですよね。

美容院の白髪染めも根本的な部分では市販商品と一緒

というのも、美容院の白髪染めも市販商品も根本的な『染まる仕組み』は一緒。

髪の表面(キューティクル)を開くための薬剤を髪に塗布し、髪の中にある色素に働きかけることで、全体的に”染まる”ように働きかけます。

キューティクルは一度開くと閉じません

ただ、市販商品は素人でもガッツリ染められるように『薬剤が強めに配合されているから髪が傷みやすい』だけ。

逆に美容院での白髪染めはその人に合わせて美容師が染料を配合し染める上で、トリートメントもしっかり行ってくれるから『傷んでいるように見えにくい』んです。

現に美容院で白髪染めしてから数週間で毛先が痛み始めたって人は多いはず。

そう考えると、どう頑張っても髪へのダメージは避けて通れない存在だと思えませんか?

髪へのダメージを気にしつつ白髪も染めたいなら『染めないこと』が大切!?

だからこそ、この先『髪が傷まない白髪染め』をしていく為には、『染めない事』に注目していくのが大切なんですよね。

…と言われると、チョット矛盾しているように見えますが、要は”髪の中まで薬剤が浸透しないこと”に気を付けましょうって話。

そもそも髪へのダメージが深刻になってしまうのは、薬剤を髪に塗布して化学反応を起こすことが一番の原因です。

逆に考えると、髪の中まで薬剤を入れずに白髪を目立たなくさせることが出来れば、髪へのダメージを最低限に抑えられると思いませんか?

そのためにも、これからの白髪染めは『染める』のではなく『コーティングする』という形にシフトしていく事。

これこそが髪へのダメージゼロで白髪も目立たなくさせる秘訣と言えるんですよ。

髪が傷まない白髪染めは長持ちしない?それは使い方が悪いだけ!

髪が傷まない白髪染め商品の染まりの悪さは使い方や選ぶ商品が悪いだけ

ただ、髪をコーティングするタイプの白髪染めと言うと、皆さんが連想するのは下のようなヘアマニキュアやヘナ、カラートリートメントだと思うんですが、

カラートリートメント・ヘアマニキュア・ヘナの具体的な商品例

こういう商品って『長持ちしない』のも前提にありますよね。

そのため、使う頻度が増えそうだとか結局すぐに色が落ちてしまうのでは?といった不安や不満が出てくることも考えられます。

けど、実は商品によってはダメージゼロで長持ちでき、そして髪もギシギシしにくく使い続けやすい物もあるんですよ。

染めた髪を長持ちできる、髪をコーティングするタイプの白髪染めの条件

そのために押さえておきたいポイントはたったの2つだけ!

放置時間を長く取れるかどうか

極論を言うと『どれだけ長い時間放置しても、髪へのダメージは最低限』な商品かどうかを見極めようって話。

というのも髪をコーティングするタイプの白髪染めの中には、元から長時間放置するのが前提な染料もあれば、多少髪へのダメージはあるけど短時間で染まる染料もあります。

そのため、使われている染料を見て応用できるかどうか、放置時間を長くしても髪へのダメージを抑えられるかどうかは見ておいて損はないです。

ちなみに、具体的なイメージとしては、『30分程度の放置時間』の商品かどうか見ておけば問題ありませんよ。

トリートメント効果も期待できること

私たちの髪は白髪染め以外にも紫外線や摩擦などが原因で傷みます。

要は、日常の中で常に髪はダメージを追っていると言うワケですね。

だからこそ、髪を保湿したり補修したりしてくれる成分が使われているかどうかは見ておいて損はないと思います。

傷んだ髪にどれくらい働きかけてくれるかは見ておきましょう。

条件を満たしているのは『カラートリートメント』だけ。

そして、上の条件を満たしているのって、実は白髪用のカラートリートメントだけなんですよね。

というのも、例えばヘナは植物由来の染料が100%使用されているため髪へのダメージはほとんどありませんが、その分白髪を染め切る為には最低1時間と、元から長い放置時間が設定されています。

加えてヘアマニキュア等は、短い時間でも染まるようにとタール色素などが使われていますが、放置時間を長くすると髪へのダメージは避けて通れないんです。

一方で白髪用のカラートリートメントは、基本的にHC染料・塩基性染料・植物染料の3種類が主に使われるため、30分~長時間放置しても髪へのダメージは少ないですし、トリートメント効果も十分期待できます。

つまり、『応用しやすく、髪が傷まない白髪染めが出来る』ってワケですね。

具体的にどんな商品を使えば髪が傷まず納得いく白髪染めが出来る?

どんな商品なら仕上がりに満足でき、かつ髪が傷まない白髪染めが出来るの?

ただ、そんな白髪用のカラートリートメントと言っても商品は様々。

どんな商品から試してみたらよいか、迷ってしまう方は多いと思います。

だからこそここからはちょっと具体的に、どんな白髪用のカラートリートメントから試してみると良いのか、ちょっとお話していこうと思います。

利尻ヘアカラートリートメントは定番中の定番

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

利尻ヘアカラートリートメントと言えば、皆さんもドラッグストアなどで見かけたことがある白髪用のカラートリートメントだと思いますが、実力は申し分なし!

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めてみました

※説明書通り30分の放置時間で染めています。

見てもらうとわかると思いますが、1回の染めでもある程度しっかり色が定着してくれますし、画像ではわかりにくいですが使うたびに髪に艶やまとまりが生まれてくれることもわかります。

各色の色の抜け具合

また、染めた髪は1週間程度では落ちない持続性があるのもポイント。

使われている染料も先ほど触れたHC染料・塩基性染料・植物染料が使われているので、応用して使っても問題はなさそうですね。

逆にこんなカラートリートメントはダメ!

ちなみに白髪用のカラートリートメントの中には、『白髪染めとセットで使う事が前提』や『タール色素が使われている』商品も多いです。

逆に使ったらマズイ白髪染め商品の一例

※一例

だからこそ、商品を見る際にはまず成分表や公式サイトを見て、その商品の特性や染料の種類を見ておくことも大切だと思いますよ。

白髪染めトリートメント愛用者から学ぶ!ノーダメージで白髪ゼロを目指すコツ!

愛用者から学ぶ白髪ゼロを実現するためのコツ

さて、ここまで『髪へのダメージゼロの傷まない白髪染め』をする為には、白髪用のカラートリートメントがオススメだと紹介してきましたが、実は実際に愛用している人って結構説明書通りというよりは応用して使っていることも多いんですよ。

そこで最後に、そんな人の中でも『定番』な方法と、特殊な使い方をそれぞれピックアップして紹介しちゃおうと思います。

より確実に白髪を目立たなく、そしてさら艶な髪を維持していく為にも参考にしてみてくださいね。

放置時間を長くとるのは定番中の定番

乾いた状態で1時間くらいつけ置きしますと、カラーリングと同じくらいの染まり具合です。

なるべくたっぷりつけて、汚れてもいいくしでとかしまんべんなくつけて下さい。

ビニール手袋は必須です!

(引用:アットコスメ)

こちらは利尻ヘアカラーの口コミから抜粋しているんですが、他にも似たような口コミって結構多いんですよ。

そう考えると”放置時間を長くすること”って、カラートリートメントを使う人の中では定番中の定番テクニックと考えることが出来ますね。

ちなみに、放置時間を長くしている人の口コミの中には

 髪の手触りもとてもいいです。

(引用:アットコスメ)

このように『髪へのダメージもない』と評価している人も多いんですよ。

使ったその日はシャンプーしない?

「これで染める日はシャンプーはしない。乾いた髪に直接塗った後、30分~1時間くらいキャップをかぶって(あるいはラップして)放置してから、お湯で流すだけでいい」と書かれていました。

いつも流した後は普通にシャンプートリートメントをしていたので、驚きながらもその通りにしてみました。

そうしたら、これまでよりもずっと色の定着が良いし、乾かしてからもシャンプーしたときより髪が柔らかく、つやが出た感じになりました。

(引用:アットコスメ)

これは少しどころかかなり特殊な使い方をしてみた人の意見ですね。

ただ、カラートリートメントって先ほどから何度も言っているように『髪をコーティング形』で白髪を目立たなくさせるものの為、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと染料がガッツリ落ちてしまいます。

そう考えると、意外に理にかなったコツでもあるんですよ。

まとめ

髪が傷まない白髪染めをしたい。

そう考えている人は意外に多くいると思いますが、実際に行っているのは確実に髪へのダメージが入る物ばかり。

確かに白髪を完璧に染める事ができますが、それでは使うたびに髪がボロボロになり、みすぼらしい状態になりかねません。

だからこそ、今回お話した白髪染めの認識から改める事、そして使う商品も切り替えていくこと。

これこそが本当の意味で髪が傷まない白髪染めが出来ると思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です