白髪染めは傷んで当たり前?実は傷まない白髪染めもあるんです!

傷まない白髪染めもあるんです

染めたいけど白髪染めをすると髪が傷む!

バサバサになったら最悪!

な~んて思っているけど、やっぱり白髪が気になって白髪染めしてどんどん髪を傷めてく…

そんな方って結構多いのではないでしょうか。

かといって、白髪染めすること自体も辞めてしまうのも嫌なはず。

どうせなら白髪ゼロのきれいな髪色で過ごしていきたいですし、髪の傷みが激しくて山姥みたいにひどい有様になるのは避けたいですよね。

そんな方に朗報!

実はたとえ毎日染めても、全く髪が傷まない白髪染めがあるんです!

そこで今回は実際に髪だけじゃなく、頭皮も傷まない白髪染めは何を使えば良いのかを一緒に見ていきたいと思います。

あの頃のような黒髪を求めて染めたのに、見る影もなし…。

そんなどんよりした毎日からオサラバ!

荒んだ気持ちもまっさらに、サラサラしたきれいな髪を手に入れちゃいましょう!

毎日白髪染めしても髪は傷まない!?それってどういうこと?

毎日白髪染めしても髪は傷まない!?それってどういうこと?

「白髪染め=髪が傷むもの」そう思っている方は多いはず。

だかこそ、冒頭で「毎日染めても良い!」なんて言われると、ほんとに?って思う方も多いと思います。

でも、実はここまではっきりと言い切れるのは、こんな理由があったからなんです!

髪が傷む一番の元凶は髪を『染める』ことにあるんです!

そもそも普段使っている白髪染め…その中身にどれだけ危険なものが配合されているか、考えたことはありますか?

白髪染めには無理矢理キューティクルを開いて染める効果があり、一度開いたキューティクルは完全に元に戻ることはありません。

染める前

染める前

染めた後

染めた後

開きっぱなしになっていると髪に栄養や水分が蓄えられないので、ボサボサになるんです。

そんな原因を作っているのは『ジアミン』や『過酸化水素水』、『パラベン』などの頭皮にも優しくない刺激が強い成分。

髪の毛にはよく「キューティクルが大事!」なんて言いますが、髪にツヤを出す部分を無理に開いていると考えると、髪染めは傷む!というのも納得できませんか?

頻繁に染めても傷まない白髪染めは髪を『コーティングする』に注目!

ただ、ここで一つ皆さんに聞きたいんですが、白髪を隠すためには「染めなくちゃ…」と考える人が多いですが、髪を染めることにこだわる必要はあるんでしょうか?

わざわざ髪を染めなくても、白髪が目立たなくなりさえすれば、何の問題はありませんよね?

逆に髪を染めることに集中しすぎて、髪を傷めてしまってはいませんか?

そうすることで、髪がボサボサになることもありません。

「でも髪を傷めずに白髪を隠す…そんなことって出来るの?」

そう思っている人におすすめなのが低刺激で髪を『コーティング』する事。

自然由来の優しい成分で白髪をコーティングすることによって、髪をボサボサに傷ませずにサラサラに仕上げてくれるんです!

だからこそ髪を傷ませたくない人こそ白髪を「染める」のではなく、髪を「コーティングする」…これが『絶対に傷ませない白髪染め』の最低条件になります。

【失敗して当たり前】ここに注目してないから髪が傷む白髪染めを選んでしまうんです!

【失敗して当たり前】ここに注目してないから髪が傷む白髪染めを選んでしまうんです!

初めてやることは失敗しても当たり前。

むしろ失敗せずに一発で傷まない白髪染めを使えたのなら、それはある意味とてもすごい事です。

次こそは失敗しない白髪染めをするためには、最低でも今から紹介する3つの条件が満たされた商品を使えば問題ありません。

この条件に注目すれば、きっとあなたも傷み知らずの髪になれますよ!

素手で扱える

最初に注目したい条件は「素手で使えること」、これが大事です。

ほとんどの白髪染めには刺激の強い成分『ジアミン』が配合されています。

それに少しでも扱いを間違うとドクターストップがかかることも。

そのため素人が染める市販の白髪染めは、必ず手袋を付けて染めるように推奨しているんです。

だからこそ、素手で扱える白髪染めはジアミンやパラベンが一切含まれていないので、ここを見るだけで入っている白髪染めかどうか判断できますよ。

1回の染める時間がある程度短くても染まる

白髪染めというと、時間がかかり過ぎて困っちゃう!という人も多いはず。

実際、髪染めは長い時間置くのが非常に面倒ですよね?

染め置きする時間が長いということは、その分染料が髪や頭皮に付着する時間が長いので「髪は傷むし頭皮も痛む!」と考える人も多いでしょう。

しかも時間を短くして染め置きすると髪の染まりも良くないので、結局長い時間置いてしまう…。

長く置けば置くほど髪が傷むので、出来るのなら短い時間の方が良い!という人は多いはず。

つまり染め置きの時間が短くてもしっかり染まる白髪染めが、髪を傷ませない2つ目の重要なポイントになるんです。

1回に染める時間は短い方が、染める側にとってメリットが多いという事になりますね。

トリートメント効果も期待出来る

白髪染めは髪が傷むものです。

実際どれだけ「良い成分を配合しています!」という白髪染めを使っても、髪がボサボサになった経験がある人もいるのではないでしょうか?

そんな風に度重なる白髪染めで髪が傷みまくった人ほど、トリートメント効果が期待できる白髪染めを使った方が良いんです。

トリートメントは傷んだ髪を補修するものなので、元々傷んでいる人には嬉しい効果。

髪を補修するので、つまりトリートメントタイプの白髪染めを使えば髪も傷みにくいという事にも繋がります。

「白髪染めは髪が傷むものなのに、トリートメント効果のあるものなんて存在するの?」

こんな風に首をかしげたくなる人は多いでしょう。

髪を補修しながら白髪を染めることが出来るものが本当にあるのなら、すごくありがたいと思いませんか?

上記の条件を満たしているのは『カラートリートメント』だけ!

そして、これらをきっちり満たしている白髪染めこそが、『カラートリートメント』になるんです。

カラートリートメントは普通の白髪染めと違って、髪を染めるのではなく表面に色を付けるもの。

白髪染めは一度脱色してから髪を染めていますが、トリートメントは髪の表面に色を付けているだけなので傷みが少なく済むんです。

髪の表面に色を付けることが大元なので、染めるものと違い『ジアミン系』も配合されていません。

素手で使っても問題ないという事ですね。

しかも置き時間も20~30分と短い時間でも染まり、トリートメントだから髪もツヤツヤサラサラになります!

こんな一石二鳥な白髪染め他にありません。

髪をサラサラにしつつ染めることも出来るなんて、傷みが気になっていた人にはまさに救世主のような白髪染めですね!

本当に髪が傷まない白髪染めを使うならこの商品から試すべし!

本当に髪が傷まない白髪染めを使うならこの商品から試すべし!

そんなカラートリートメントの中でも、特におすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラートリートメントの商品画像

利尻ヘアカラーは無添加で自然由来のものを中心に作っており、何より髪が傷む成分『ジアミン』、『過酸化水素水』、『パラベン』等の成分を配合していないんです。

代わりに植物性由来のクチナシ等を使った髪に優しい成分を中心に作っているため、安心して使えるヘアカラートリートメントになります。

けれど、髪に優しいとなると逆に染まり具合とかあまり良くないんじゃ…と思う人もいるはず。

利尻ヘアカラーは染めれば染めるほどしっかり髪が染まるので、染まり具合も心配する必要はありません。

検証画像 ダークブラウン

トリートメントも適量を髪に塗りやすいので、クシを使いながらササッと染めることが出来ちゃうんです。

しかもヒアルロン酸配合によりしっかり髪の毛を保護しコーティングしてくれるため、本当に傷みで悩んでいる人だからこそ、使って欲しい商品になります。

とことん髪への負担を減らした白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメントがおすすめですよ!

【注意!】逆にこんな白髪染めを使うと確実に髪が傷みます!

【注意!】逆にこんな白髪染めを使うと確実に髪が傷みます!

トリートメントは髪に安全な白髪染めですが、逆に髪を傷めてしまう白髪染めって何?と気になった人は多いのではないでしょうか。

もしその商品名が分かるのなら、誰でも「じゃあその商品を使うのは控えよう…」となるはず。

髪に優しい白髪染めを知ったら、次は悪いものもしっかり知っておく。

確実に髪を傷めるものを知ると、きっとあなたの白髪染めライフももっと快適になりますよ!

商品画像 シエロ

シエロ ヘアカラーEXクリーム

(ジアミン配合)

商品画像 サロンドプロ

サロン ド プロ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ

(ジアミン・過酸化水素水配合)

商品画像 ウエラトーン

ウエラトーン ハイテッククリーム

(ジアミン・パラベン配合)

これ以外の有名なヘアカラーにも、ジアミンや過酸化水素水等の髪を染める成分は配合されています。

白髪は染めないと綺麗に隠せないと思っている人が多いですが、染めなくてもトリートメントのように「表面に色を塗っていく」だけで十分に隠すことが出来ます。

ヘアカラーは髪にも頭皮にも危険なので、傷ませたくない!と思っている人は使わないようにしましょう!

これからは髪を「染める」のではなく、「色を塗っていく」方法で隠していけば、きっと傷みから解放されますよ!

まとめ

白髪染めは傷むものという意識が強いですが、傷まない白髪染めも存在しました。

傷むとボサボサと潤いのない髪の毛になるので、傷ませないためにはどのようなものが一番良いのか、分からなかった人が多いでしょう。

白髪染めなんてどれも同じようなもの、と思っていた人も多いはず。

今回紹介したヘアカラートリートメントは傷ませずに白髪を隠せるので、「白髪染めで傷むのが怖い!」という人は、ぜひカラートリートメントを使ってみて下さい。

きっと傷まない白髪染めに感動する人も出てきます。

髪を傷ませずに快適に白髪染めが出来る商品は、利尻ヘアカラーだけです!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です