ヘアカラーの残りはとっておける?何回も使える白髪染めはコレ!

残りはとっておける白髪染めって実は少ない!余りがちな方必見のこれからの対策は?

白髪染めがめっちゃ余ったー。残りも使えたらいいのに…。

ショートヘアに生えた白髪を染めようとヘアカラー剤を使ってみたら、思っていたよりもめちゃくちゃ余ってしまった…なんて経験をしたことはありませんか?

なんだかもう一回くらい使えそうな気もするし、全部捨てるのは勿体なく感じますよね。

かといって、残りを後日使ってみても髪はまったく染まりませんし、

【仕上がりに満足できて余りもとっておける白髪染め】

を探している方もきっと多いはず。

でも、ちょっと待ってください!

実は残りを取っておける白髪染めって、意外に少ないことは知っていますか?

えっ?ヘアマニキュアとか色々あるんじゃないの?

なんて思ったかもしれませんが、何も知らずに選んでしまうと後悔しちゃうかも!

だからこそ今回は、残りも取っておける白髪染め選びの秘訣をまとめてご紹介します。

自分の髪の量に対して白髪染めが多すぎる…

なんて思っていた方は必見ですよ。

残りはとっておける白髪染めはカラートリートメントが最強

残りはとっておける白髪染めはカラートリートメントが最強だった!?

まず初めに、所長からハッキリ言いましょう。

所長

残りを取っておける白髪染めってヘアマニキュアとか色々思い浮かぶと思いますが、その中でも後悔しないのって実はヘアカラートリートメントだけなんです!

今からそのワケについてお話したいと思います。

白髪染めトリートメントって実は超優秀!でもなんで?

そもそも1剤と2剤を混ぜ合わせるヘアカラー剤以外なら残った余りをとっておくことができますが、その中でも優秀なのは、染めたときの仕上がりに満足できる白髪染めヘアカラートリートメントです。

というのも、ヘアマニキュアやクリームタイプの白髪染めでも残りをとっておくことはできますが、肝心な色持ちが悪かったり色ムラができて不自然になりやすかったりといった欠点があります。

一方、ヘアカラートリートメントで染めれば色ムラがなく仕上がりがとてもキレイになりますし、何回も使うことを前提に作られていますから開封して時間が経っても染まり具合が劣化することはありません。

所長

つまり、ヘアカラートリートメントは仕上がりと継続利用で最も安心できる白髪染めってワケです!

いかに残りをとっておける白髪染めでも肝心な染まり具合に満足できなかったら意味がありませんから、染料をきっちり使い切って満足できるヘアカラートリートメントが一番賢い選択といえるでしょう。

ただ、適当に白髪染めトリートメントを選んでも失敗するだけ!

所長

ただ、いかにヘアカラートリートメントがおすすめと言っても適当に選んでしまうのは失敗の原因になるからダメですよ。

ここさえ押さえておけばばっちり!という3つのポイントを紹介するので、そこに注目してヘアカラートリートメントを選んでみましょう!

ポイント① 1回である程度染まってくれる

同じヘアカラートリートメントでも、商品によって染まり具合は雲泥の差があります。

もし染まりが悪く満足できない白髪染めを選んでしまったら、残りをとっておいてもメリットがまったくありません。

ただの飾りになってしまうだけです…

そのため1回使っただけでもきちんと染まり、継続で使い続けたいと思えるような商品を選びましょう!

ポイント② トリートメント効果が期待できる

そして白髪染めしたときに満足するためにも、色の付き具合だけでなく髪のパサツキがなくツヤっとした髪にできるかも重要ですよ。

おしゃれ染め用のカラートリートメントよりも、白髪染め用には髪の補修や保湿成分がしっかりと含まれています。

その分髪の仕上がりはとてもキレイになりますので、選ぶときは白髪染めヘアカラートリートメントの中でも美髪成分がたっぷりと含まれた商品を選びましょう!

ポイント③ 色持ちがそこそこ良い

最後に、ヘアカラートリートメントを選ぶときは色持ち具合がいいかも確認しておきましょう。

というのも、長期保存できる白髪染めの中でもヘアカラートリートメントは色持ちが良い方なんですが、染料の配合バランスにそれぞれの違いがあり色持ち具合に差があります。

もし色持ちが悪い商品を選んじゃうと頻繁に染めなきゃいけなくなって面倒になるので、一週間以上色が持つヘアカラートリートメントを選ぶといいでしょう。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

残りはとっておける!何回も使える白髪染めトリートメントならコレがおすすめ!

長期保存可能!白髪染めトリートメントを使うなら○○がおすすめ!

おすすめ① 利尻ヘアカラートリートメント

そして、さきほどお伝えした3つのポイントをすべて押さえた当ラボおすすめとして紹介するのが、「利尻ヘアカラートリートメント」という白髪染めトリートメントです。

このヘアカラートリートメントはたった1回染めただけでも、髪の1本1本隅々までキレイに染まっていくのが特徴です。

当ラボで実験した画像を見てください。

利尻ヘアカラートリートメント全4色染めた画像

とても目立った白髪も1回染めれば若々しさを取り戻した髪に大変身♪

染めれば染めるほどにしっかりと色が付いていきます。

画像ではちょっとわかりにくいですが、美髪成分をたっぷりと含んでいるので髪に艶やまとまりが生まれるのもポイント!

そして、肝心な色持ち具合も1週間以上経ってもそのまんまなんです。

利尻ヘアカラートリートメント全4色1週間後の色持ち具合

写真を見比べて見てもどこが変ったのかわからないぐらい色が落ちません。

この口コミのように、愛用者の中には応用テクニックを用いてデメリットである染まりや色持ちの悪さを解消している人もいます。

つまり利尻ヘアカラートリートメントって染まり具合は抜群だし、色持ちもかなりイイ白髪染めなんです!

もちろん長期保存ができるヘアカラートリートメントですので、

ショートヘアで絶対にヘアカラー剤が余っちゃう!

なんて人でもきっちり使い切ることができます。

髪の染まり具合だけでなく染料の持ちも良くて、隅から隅まで満足できる白髪染めを使いたい…なんて思っていた方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか!

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

おすすめ② LPLP(ルプルプ)

完全ネット通販限定商品の為、ネット広告等で見かけることの多いLPLP(ルプルプ)も、皆さんが思っている以上に、先ほどのポイントをしっかり押さえた、使い勝手の良い白髪染めトリートメントです。

さっきの利尻ヘアカラーのように当ラボでの実験結果をご覧ください。

染まり具合も1回使用すれば、しっかり染まってくれますし、1週間程度で色が抜けることもありません。

この点は利尻ヘアカラーとそこまで違いはないですが、どちらかと言うとルプルプの方は赤味の強い色に染まる為、元の髪の色に合わせて利尻ヘアカラーを使うかルプルプを使うか決めた方が良いと思います。

また、そんなルプルプの口コミを見てみると、応用しているというよりか説明書通りに使っている人が多いことが分かるのもポイントですね。

そして利尻ヘアカラーと同様に、長期保存が可能なへアカラ―トリートメントとなっています。

所長

当ラボでおすすめしている「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」は染まり具合と、色持ち、美髪成分など先ほど言ったポイントを押さえた一押し商品です!

残りは即廃棄しないとまずい白髪染めはコレ!

余った分は即廃棄しないとまずい白髪染めはコレ!

さて、残りはとっておける白髪染めについていろいろとお話してきましたが、実は逆にすぐ捨てないとヤバい白髪染めもあるんですよね。

そのため何も知らずにそんな白髪染めを残しておくと超危険なことに繋がってしまうかもしれないってワケです。

だからこそ「早く捨てとけばよかった」なんて後悔をしないように、今から紹介するヘアカラー剤が残っていたらすぐに捨てておきましょう!

所長

余ったら絶対に廃棄してください。危ないですよ。

危険その① 1剤・2剤を混ぜるタイプの白髪染め

冒頭で既にお話しましたが、1剤と2剤を混ぜ合わせる白髪染めは保存しておくことができません。

というのも、1剤・2剤混ぜて化学反応を起こすってことはその分時間の経過とともに染色力がなくなるだけではなく、ガスが発生して容器がボンっと破裂する可能性が高いんですよね。

そのため、このタイプの白髪染めを使って残ってしまったらすぐに捨てるようにしましょう。

ただし捨てるときは容器と染料を分けないと危ないので、残った染料は下水に流し、空の容器は地域の分別に従って捨ててください。

危険その② 「ヘナ」や「インディゴ」で染める白髪染め

ヘナやインディゴで染める白髪染めは粉末をお湯に溶かしてペースト状にしますが、このときに出来た染料が余り過ぎてしまうこともあります。

勿体ないと感じて保存を考える方がいますが、時間が経つと染色力が落ちてしまいますし2日程度でカビも生えてしまうので、余ってしまっても捨てるようにしましょう。

ヘナやインディゴの染料を捨てるときは下水に流すだけで大丈夫です。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

残りはとっておける白髪染めまとめ

このページのまとめ

・残りをとっておける白髪染めはカラートリートメントが最強です。

・当ラボのおすすめカラートリートメントは「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」です。

・逆に即廃棄をしないとヤバいのは、1剤と2剤を混ぜて化学反応を起こすタイプのヘアカラーとヘナやインディゴで染める白髪染めです。

白髪染めを使った時に結構残ってしまう染料ですが、継続的に染めることを考えると捨てるのはやっぱりもったいないですよね。

様々なヘアカラー剤の中でもヘアカラートリートメントタイプなら、保存ができますし仕上がりにも満足できるので、長期保存できる商品を買いたいと思っていた方はぜひ手に取ってみてくださいね。

きっちりと使い切って満足することができるので「もったいない」なんて言葉とはオサラバできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。