肌にやさしい白髪染めを使いたい…!髪や頭皮の痛みを気にせずに自分で染めるならこれ

「もしかして私、白髪染めでかぶれた?」

仕事面でも家庭面でもバタバタし始めたあたりから増え、染めるようになった“白髪”

白髪染めし始めた頃からピリっと傷むことはあったけど、コンディションが悪かっただけだと思っていたから、特に気にせず白髪染めを繰り返していくうちに…

最近では白髪染めの度に、頭皮だけじゃなくうなじ辺りがものすごく痒くなるし、赤みがかった発疹やジュクジュクと膿まで出るように!

色々と調べてみたけど、どうやらカラー剤の成分が原因でかぶれているみたい。

辞めなきゃいけないのはわかっているけど、
やっぱり白髪交じりの状態で行動するのは、老けて見える・疲れて見えるからイヤ!

かといって、かぶれるのを我慢しながら白髪染めを続けるのも、身体に悪そうだし…

1度かぶれてしまったら、そんな染めたくても染められずにヤキモキすること、多くなりますよね。

でも、これってただ単に、”肌にやさしい白髪染め”に切り替えていくだけで、簡単に解決することが出来るんですよね。

そこで今回はその中でも、しっかり白髪を目立たなくさせるためにはどんなものを使えばいいのかを、皆さんにお話していきたいと思います。

50歳からの白髪対策

肌にやさしい、その上しっかり染まる!かぶれない白髪染めはこれだ!

かぶれない白髪染めとは?

「我慢して染めたのにまた白髪…正直うんざり…」

それでも“染めなきゃ”と思ってしまうのは、やっぱり白髪=老け感と感じているからですよね。

でもやっぱり、ジュクジュクとした膿が出て、ひどいかゆみや痛みに耐えながら白髪染めに挑戦するのも嫌…。

ハッキリ言います。

もうそんな不安や恐怖におびえながら、白髪を染める必要はありません。

まずは実際に、どんな白髪染めが肌にやさしく、そしてしっかり白髪を目立たくなくさせるのか、見ていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの紹介

【利尻ヘアカラーの染まり具合】

利尻ヘアカラートリートメントで染める前と染めた後

【利尻ヘアカラーの口コミ】

37歳の時に白髪が目立つから…と思って白髪を染めた時に、思いっきりただれてしまい、それ以来染めたくても染められず。

でも最近、利尻ヘアカラーを見つけて変わりました!

驚くくらいにヒリヒリしないし、液だれせずにしっかり塗ることが出来ますし、仕上がりも大満足。

髪にツヤも出てきたので、20代の頃のような髪を楽しむことが出来てます!

リピート確定ですね♪(40代・女性)

昔から髪を短くしていたので、この年になって白髪が少しでも生えてくると、かなり目立つ!

それなのに肌が弱いのか、白髪を染めるとすぐかぶれてしまい、染めたくても染められず…。

そんな時に、妻が勝ってきてくれたのが、利尻ヘアカラーでした。

使ってみると、特にかぶれることはないし、髪も元気になったのか、コシが出ていいですね。

この先薄毛も気になるので、この商品を使って髪を元気に保ちながら、白髪を染めていきたいと思っています。(50代・男性)

悪くない…むしろ良いかもというのが、率直な意見です。

前までサロンで白髪を染めていたんですが、つい最近からかぶれてしまい、どうしようと悩むように。

その時にこちらの商品を知って、使ってみたんですが、ニオイも穏やか。

塗布して10分待っている間も、洗い流した後も頭皮へのピリピリ感やツッパリ感もなく使うことが出来ます。

白髪を何とかしたいと思った方が、初めて使うのにぴったりかなって思いますよ。

ただ、パッケージがダサいし半分以下になったら出にくいのがちょっと改善してほしいかなって思います。(40代・女性)

ちらほらと白髪がキラッと見えるように。

しかし敏感肌で白髪染めを使うとかぶれるため、できることなら頭皮が傷まないものを…とネットで人気だったコチラを購入。

素手で使ってもOKとのことだったので使って見たら、思いのほか指先が真っ黒に…

お風呂で洗い落とせはするけど、手袋を使った方が安心できるかな。

肝心の染まり具合は5日位の連続使用でやっと染まったって感じ。

もうちょっと染まりが良くても良いかなって思います。(30代・男性)

皮膚の弱い方、と言うよりアトピーの方はちょっと注意した方が良いかも…

天然成分で肌に優しそうだと思って購入したんですが、つけた後すぐに頭皮全体にかゆみが。

ジアミン等の危険な成分は不使用なのは良いけど、他の成分がヤバい時もあるみたいですね。

良さそうだと思って期待した分、残念な結果になり、買ったことを後悔しています。(50代・女性)

LpLp(ルプルプ)

LpLpの紹介

【LpLpの染まり具合】

LpLp(ルプルプ)で染める前と染めた後

【LpLpの口コミ】

昔から皮膚が弱くてカラー剤だとすぐかぶれていたんですが、この商品に出会ってからはかなり助かってます。

何よりパッケージが超オシャレ。普通に洗面台においても、白髪染めって思われません。

完全に目立たなくなるまで時間はかかるけど、お手頃だしかぶれず髪もツヤツヤするから、何回もリピ買いしちゃってます!(40代・女性)

サイド側の白髪がかなり目立つようになってたけど、以前カラー剤でかぶれが起きたので使えず困っていた時に、LPLPを見つけました。

こういった商品って、色のトーンが明るすぎることが多くて女性だけの商品ってイメージだったけど、男性でも扱いやすいなって思いました。

それに、染まり具合もムラにならないから、自然な色合いを出すことが出来ていいですね。(30代・男性)

アレルギーでカラーが出来ないけど、白髪が目立つから…と思ってLPLPを購入。

アレルギー反応のかぶれもないし、髪が本当にサラサラ・しっとりしてくれるので助かりました!

個人的にはここまで安心して使えて、使用感が良いのもないと思ってます。

ただ、もうちょっとお得な価格だったらな…って感じますね。(50代・女性)

白髪を染めるとかなり痒くなるようになり、かぶれない白髪染めを…と思ってコチラを購入。

でも2度、3度ではあまり染まらないし、やっとキレイにできたと思っても、すぐ色が落ちて白髪が目立つように。

ロングヘアなのでコスパも悪いなって思い、リピ買いはしてません。(40代・女)

産後で頭皮が敏感になってたけど、ちらほら出てきた白髪用にと思って購入。

でも、こめかみの根元はうまく染めることが出来ても、後ろの方がうまく染めれないので、ちょっと面倒。

それにかなり手に付くので、赤ちゃんのことを考えると、結構扱いづらいなって思ったのでリピ買いはナシです。(30代・女性)

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレの紹介

【マイナチュレの染まり具合】

マイナチュレ ヘアカラートリートメントで染める前と染めた後

【マイナチュレの口コミ】

頭皮が敏感な私にとって、マイナチュレは必須。

ジアミンだけじゃなく8種類が無添加なので、かぶれる心配もなく使うことが出来ますし、放置時間が短いのに染まり具合も大満足。

それに付属のリーフレットにつけ方のコツが写真入りで乗っているので、とても分かりやすく、不器用な私でも簡単にできました!

これはもう手放せないですね!(笑)(40代・女性)

超敏感肌なので、カラーリングは避けてたけど、どうしても白髪が気になる!

なんて思っていた時に、旦那が勝ってきてくれたのがマイナチュレでした。

正直恐る恐る使った感じですが、無添加で皮膚にも優しいのか、しっかり時間をおいてもかぶれないし、発色良く染まってくれます。

それに染めた直後のニオイも気にならず、白髪がそこまで多くないけど、リピートして使いたいと思いました。(30代・女性)

以前白髪染めをしたときに、頭皮がヒリヒリしてしまい、それ以来染めたくても染められずにやきもき。

でも、カラートリートメントはそのような不快感もなく、使用後のパサつきもなくてとてもよかったです。

ただ、素手で扱うととにかく落ちにくい!

石鹸でごしごし洗って、それでも無理だったので、使う時は手袋必須の方が良いと思います。(30代・女性)

以前、特に生え際の白髪が気になって白髪染めを利用した時に、フケが増えるだけで全く染まらず…。

それ以来白髪が目立っても我慢してたんですが、見かねた嫁がこの商品を買ってきました

使った感じは、硬めのクリームで垂れにくいなとは思ったけど、思ってたより染まりにくくて面倒。

それに自分の場合は3日位で色落ちするので、色持ちがもう少し良ければ…と思いました

なのでまた買うかどうかは未定ですね。(40代・男性)

かぶれない白髪染めを…と思ってこちらの商品を購入して1週間。

4回目の染めを終えましたが、毎回色が出なくなるまで流すのに時間がかかって大変です

その上、私の場合は分け目のみに染める部位を絞って使っていたけど、うっすらと茶色っぽくなる程度でほぼ白いまま。

もう使うのが疲れてしまったので、リピートはしません。(40代・女性)

なぜ一度でもかぶれたら白髪染め”トリートメント”なのか。その理由。

なぜ白髪染めトリートメントが良いのか。その理由

さて、上記で紹介した白髪染めは、基本的にパラベンやジアミンといった、染色力が強く危険な成分が含まれていない、『トリートメントタイプ』の白髪染めです。

でも、ジアミンやパラベンが含まれていない白髪染めってこれ以外にも多くありますよね?

ヘナやインディゴと呼ばれる植物染料だったり、ヘアマニキュアだったりオハグロ式とかだったり。

だからこそ気になるのが、なぜ「白髪染めトリートメント」がおすすめなのか。

実はこれには、アナタも納得のワケがあったんです。

他の白髪染めにはかぶれ以外の危険も潜んでいる

まず一番の理由はコレ!

これはヘアマニキュアやオハグロ式の白髪染めが当てはまるのですが、これらの白髪染めは基本的に避けるべきです。

ヘアマニキュアは爪に塗るマニキュアのように、髪の表面をコーティングする形で白髪を目立たなくさせるものですが、染料に『タール色素』と呼ばれる成分が使われることが多いです。

この『タール色素』がなかなか厄介な存在。

実は発がん性のある物なんです。

そのため、使い続けると別な危険が伴う可能性もあるんですよ。

また、オハグロ式の白髪染めは、ヘアマニキュアのようなタール色素は使われていないモノの、鉄イオンとポリフェノールの『化学反応』で染める仕組み。

ヘアカラーほどではありませんが、それでも髪や頭皮に負担がかかり、かぶれの原因となることともあります。

そう考えると、特に敏感肌の人やこれから先も長く使える白髪染めを求めているなら、避けた方が良いかもしれませんね。

正直手間がかかるのも避けたい理由の一つ

そしてもう一つ「白髪染めトリートメントがおすすめ」と言えるのが、手間がかからないこと。

他のジアミンフリーの白髪染めの使い方を見てみると…

ヘアマニキュアは生え際や根元の気になる白髪にさっと塗るだけだけど、頭皮に付着するとなかなか落ちないため、頭皮につかないために気疲れしながら使う必要がありますし、

オハグロ式は1剤と2剤を混ぜて髪に塗布する、普通の白髪染めとあまり変わりません。

それ以上にヘナやインディゴといった植物染料は粉末に水を加えてマヨネーズくらいのペースト状にしてから塗布し、さらにかなりの放置時間が必要とかなり面倒。

その一方で、白髪染めトリートメントはどうでしょうか。

塗布時間が30~1時間程度で、バタバタと忙しい合間にも利用が出来、素手で扱えるほど安全性が高い。

その上、美髪成分も豊富に含まれているため、ダメージを受け傷んだ髪を整えてくれる。

そう考えると、総合的に見ても白髪染めトリートメントは肌にやさしい白髪染めの中でも、最初に使いたいものと言えるんですよ。

ただ一つ、美容院での白髪染めはもうやめよう!

かぶれたら美容院はやめるべき?

そして、もう一つ言っておきたいのがこれ。

美容院でも「地肌につかないように白髪染めしてもらうこと」は確かにできますし、カラー剤の中でも比較的低刺激な薬剤を使ってくれることもあります。

しかし、だからと言ってかぶれないかと言うわけではありません。

地肌につかない、根元ギリギリまで染料を付けたとしても、放置する際にどうしても付着してしまうことも多いです。

その上、仮に地肌につかず、キレイに染まったとしても、生え際まで染めれないため、2~3週間もすればすぐにまた白髪が目立つようになってしまいます。

ハッキリ言ってしまうと気疲れしてしまう上に、お金と時間もかかってしまうんです。

白髪染めは、気になる間はずっと続けていくこと。

だからこそ、ストレスやかぶれにおびえながら続けるものではありません。

ストレスフリーでポジティブに白髪と向き合える、白髪染めトリートメントで安心、そして気軽に白髪対策してみてはどうでしょうか

まとめ

1度でも白髪染めで頭皮やうなじ、手などにかぶれの症状が出てしまうと、

「あぁ…白髪はもう染められない…」

なんて思ってしまうことも多いですが、それは全くの間違い。

肌にやさしい白髪染めに切り替える”だけ”で、またキレイな髪色を保つことは出来るんです。

キレイな髪色をこれからも維持して、ヘアスタイルやおしゃれを楽しんでいくためにも!

これからはトリートメントタイプの白髪染めで、白髪ケアをしていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です