美容院に行かず、安く染められる失敗なしの白髪染めを解説!

白髪染めの値段は安けりゃ大丈夫?それ、絶対に失敗する考え方です!

白髪染めなんてスーパーに売ってる安いもので大丈夫!

なんて思っているそこのあなた!

今すぐその考えを改めてください!

確かにどこでも購入できそうな白髪染めって、お手軽でコスパも良い。

しかも、スーパーやドラッグストアには色んな商品があって安くてめちゃくちゃ手に取りやすい。

それにカラーも豊富だし、選ぶのも楽しくなっちゃいますよね。

所長

でも、そんな「安くて便利!」なんて思いを持ちながら選ぶ白髪染めって結局染まってもすぐに色落ちするだとか、かぶれるだのと、失敗する一番の原因になるんです!

そこで今回は絶対に失敗しない、白髪染めの『値段』についていろいろとお話していこうと思います。

これからお話することを参考にしていけば、あなたの常識がいかに間違っていたのかがわかるはず。

「美容院で白髪染めしてみたいけど、ちょっと高いんだよな~。」

なんて思っている人も参考にしていってくださいね!

白髪染めの【値段が安い=良い】とは言えない!何を使っても失敗するのにはワケがある

値段が安い=良い商品とは言えない?何を使っても失敗するのにはワケがあった!

そもそも白髪染めってどうしても、【値段が安い=正義】と捉えがちです。

もちろん、最低でも毎月1回は染めないといけないから、どうしても安い商品を買い求めるのもわかります。

しかし!安い物の方が良いというのは、そもそも間違った考え!

こういう考えが、白髪染めで失敗した!と感じる、一番の原因になってしまうんですよ。

所長

アナタの体に使うものだからこそ、しっかり考えて欲しいです!

色落ちが早い?安い白髪染めに隠された超やばい落とし穴

というのも、安い白髪染めって言われて皆さんが連想する商品って、下のような「ヘアカラー剤」ですよね。

商品画像①

こういったカラー剤って閉じ切ったキューティクルを薬剤の化学反応で開いて、髪の中まで染める仕組みになっていますが、一度開いたキューティクルは二度と閉じないんです。

今までの白髪染めはこのようにして染めていた

そのため最初は染まりがよく見えても、キューティクルが開きっぱなしになっているせいで隙間からシャンプーなどが入り込み、せっかく入った色が洗い流されてすぐ落ちてしまう原因に。

つまりいくら色の入りがよくても、結局色の出も早いから染め直しがたくさん必要になるってワケ。

所長

だから安い白髪染めは値段がお得でも、結局色落ちが早いので何度も染めることになり、その分使う回数が増えてコストがかさむことになるんですよ。

逆に美容院などの【価格が高い=良い】方法、なんてこともありませんので要注意!

ただ、もう一つ覚えておいてほしいのが、高ければ高いほど白髪染めの方法として良いってわけではないこと。

例えば美容院なんかでやってもらってる白髪染めは、実は先ほど話した『ヘアカラー剤』と同じような働きで染めるので、一度開いたキューティクルはそのままです。

今までの白髪染めはこのようにして染めていた

という事は、髪を傷めながら染めている事には変わりないので、美容院での白髪染めも結局は染めるたびに髪の毛にダメージを与えていることになるんです。

早い話、美容院でやっていることとしては市販商品と何ら変わっておらず、ただ扱う薬剤をその人の髪質に合わせて、少しだけ刺激を弱めてるってだけ。

つまり値段が高い白髪染めでも、結局安いものとほとんど変わらないんです。

所長

そう考えると、むしろ美容院で染めるのってすごく損しているような気分になりませんか?

一番大事なことって「どれだけきれいな髪を保てるか」じゃない?

ただ、ここで皆さんに思い出してほしいんですが、そもそも白髪染めする本当の理由って、「きれいな髪を維持するため」ですよね。

実際に白髪を隠す方法って「染めること」が一番メジャーな方法だし、この考えをいきなり変えるとなっても正直なかなか難しい事です。

しかしよく考えてみて下さい。

所長

白髪を染める事って、本当にきれいな髪を保てることなんでしょうか?

例えばいくら白髪がない髪色に「染めた」としても、ある程度時間がたつと白髪染めした色が落ちて、キラッと浮いてくる。

それが嫌で、目立ち始めたらまた白髪を染め直し。

でもこんなことをこれから先も続けていくと、髪はボロボロ・貧弱になってしまうことは間違いないですし、色落ちもどんどん早くなってしまいます。

これでは「染める」ことできれいな髪を維持するのは、とても難しいことだと思いませんか?

しかもその結果、月に2、3回も白髪染めしないといけない…

なんてことになれば、1つ800円程度の白髪染めでも、長期的に見るとコスパもバカにならない価格になっていくのは目に見えてわかるはず。

所長

だからこそ、今このタイミングで髪を『染める』ことよりも、『いかに白髪を隠してきれいな髪を維持していくか』という事をメインに白髪染めを切り替えていく必要がある。

こう考えることができると思いませんか?

バナー画像①
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

きれいな髪色を確実に保てる『白髪染めの値段』のボーダーライン、教えます

きれいな髪色を確実に保てる『白髪染めの値段』のボーダーライン、教えます

ただ、今までの「染める」という考えから、「隠して維持する」考えへと注目を変えるときに気になってくるのが、選ぶ基準ですよね。

正直、隠して維持するって具体的にどういう事?

と考える人がいると思うので、ここからは誰でも確実に、きれいな髪色を保つことができる白髪染めを選ぶ3つのポイントを紹介していこうと思います!

ポイント① 毎日白髪染めを使っても髪が傷まない

いきなりこんな事を言うとぎょっとするかもしれませんが、要は『超低刺激の白髪染めを選ぶ』ことが大事ってこと。

まずきれいな髪を維持するためには、普通の白髪染めと違って「毎日使っても髪が傷まない」と言う部分が重要です。

ヘアカラー剤などの白髪染めは1回染めただけでも、頭皮と髪に甚大なダメージを与えるため、毎日染める事なんてできません。

しかも染め直すのにも1か月半以上は期間を開けないとダメなので、普通に考えて毎日使うなんて考えられない!

所長

つまり、毎日使える白髪染めはダメージが少ないという事になるので、髪も傷むことがないと見ても良いんですよ。

ポイント② トリートメント効果できれいな髪質を保てる

また、それ以外にもトリートメント効果も期待できると、きれいな髪を保てるようになります。

どういう事かと言うと、トリートメントは髪を補修して、保護してくれる役割があるから。

でも白髪染めにトリートメント効果って、期待できるの?

と思う人もいるのではないでしょうか。

所長

実は、白髪を染めながら髪もきっちりトリートメント効果で保護してくれる白髪染めって存在するんです!

こんな風に染めながら髪質も良くなるなんて、ぜひ使ってみたい!

と思える白髪染めになりませんか?

ポイント③ 髪をコーティングする染め方をするもの

そして、最後に気にして欲しいのが染め方。

普通の白髪染めは先ほど話したように、キューティクルを開いて髪の内部にまで色を入れる方法でしたが、髪をきれいに保つにはこの染め方は良くないやり方!

所長

そもそも白髪を隠すためなら『染める』のではなく、髪に『色を付ける』だけで十分なんです。

つまり、染めない方法で白髪をしっかり隠せるものを選ぶと、髪も傷めず白髪のない髪を保つことが出来るんです!

このように、上記3つの条件を満たす白髪染めとなると、特におすすめなのがだいたい月に3000~4000円程度で済むカラートリートメント商品!

このトリートメントタイプの白髪染めは上記3つの条件を満たしつつ、染まりも良いので染め直しを何回もする必要なし。

1回あたり1,000円以内で使うことが出来るので、白髪染めの値段を気にするあなたにはベストな商品と考えることが出来ませんか?

バナー画像②
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

まず使ってみてほしい白髪染めはコレ!

【コスパ最高!?】まず使ってみてほしい白髪染めはこれだ!

そんな中でも最初に使ってみて欲しい白髪染めが、『利尻ヘアカラートリートメント』です!

利尻商品画像

この商品の良いところは、美髪効果が最高に期待できちゃう部分。

なんと言っても潤いを一番に考えている白髪染めなので、髪のハリ、コシが抜群に良くなるんです!

特にトリートメント効果が高い白髪染めなので、これ一本使えば染めた後にケアする必要がないのも嬉しいところ。

所長

しかも染まりもかなり良いので、これだけで白髪が元の髪色と見分けがつかなくなるぐらい、きれいに染まるんです!

利尻実験画像

このように白髪100%の毛束がこんなにもはっきり染まるので、白髪もあっという間に隠せちゃうのが分かりますね。

しかし、染まりがよくても色落ちってどうなの?

と気になる人もいると思います。

実は利尻ヘアカラーはカラー剤が髪をコーティングしたあと、トリートメントが上から保護してくれるので、カラーも潤いも逃がさないようにしてくれるんです。

ヘアカラートリートメントは髪をコーティングする

では、ここまで利尻ヘアカラーのことについて知ったあなたは、きっと

こんなに色んな効果があるのなら本当はお値段結構張るんじゃない?

なんて思うかもしれません。

確かに、普通の白髪染めよりも色んな効果が期待できる分、高すぎるんじゃ…

と思うのも無理はありません。

所長

実は利尻ヘアカラートリートメントは1本で月2~4回分使えるので、3,300円の利尻ヘアカラーを最大月4回使ったとしても、1回分は約800円とかなり安上がりになるんです!

バナー画像③
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

気になる白髪対策にみんなどれくらいお金をかける?

気になる白髪対策にみんなどれくらいお金をかける?

さて、ここまでで白髪染めの値段についていろいろとお話してきたけど、そもそも今紹介した内容が本当にコスパが良いのか気になった方も多いはず。

アンケート画像

(引用:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw26944_20181025)

ちなみに、利尻ヘアカラー定価は税込3,300円。 こうして見てもらうとわかるように、実は女性の方の1ヵ月あたりの白髪染めの価格とほぼ一緒なんですよ。

しかも、利尻ヘアカラートリートメントは1回じゃなくて複数回利用することが出来る白髪染め商品。

そのため1回800円くらいの金額を年間に計算すると、なんと3,300円も節約できちゃうんです!

貯まったお金はお友達とのランチに使っても、我慢していたちょっといい服の足しにしても良し!

所長

少しの値段の代わり方がちょっとした楽しみの足しに出来るのなら、白髪染めにかけるコストは抑えた方が絶対良いですよ!

バナー画像④
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

まとめ

このページのまとめ

・安い白髪染めの定番である「ヘアカラー剤」は危険な薬剤の温床です。キューティクルを開いて染めるので、髪や頭皮がボロボロになってしまいます。しかも色落ちも早くなってしまいます。

・美容院で染めてもらう方法も結局はヘアカラーと一緒なのでキューティクルを守ることはできません。

・白髪を「染める」ことから「隠す」ことに意識をシフトすると、キレイな髪を手に入れることができ、節約にもつながるんです。

・当ラボのおすすめは『利尻ヘアカラートリートメント』です。美髪成分がたっぷり配合されていながらも、染めあがりもしっかりしています。また、1回当たり800円ほどなので、コスパも良いです。

白髪染めの値段について見てきましたが、ただ値段が安いだけではなく髪のことも考えて白髪染めは選んだ方が良いというのがわかりましたね。

特にトリートメントタイプの白髪染めなら値段も安く済みますし、何より髪質を傷めずに使用できるのが嬉しいところ。

所長

今回で本当に髪をきれいに見せるためなら何が一番大事なのか分かったと思うので、きっとあなたも明日からキレイな髪を保てる、上手な白髪染めを出来るようになれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。