もう失敗しない!タイプ別に白髪染めの良し悪しをまとめて紹介しちゃいます!

もう失敗しない!タイプ別に白髪染めの良し悪しをまとめて紹介しちゃいます!

「白髪染め」と一言で言っても、そのタイプは様々。

ネット通販されている物だったり市販商品だったり、美容院で行う白髪染めだったり。

もっと言うと、染める仕組みも髪の『中』まで染めるタイプから髪の『表面』をコーティングして目立たなくさせるタイプまで、あげるときりがないですよね。

かといって『いざ染めよう!』と思った時、例えば美容院のつなぎとして自宅での白髪染めしたいけど、何を使えば一番髪に優しいのか。

他にも泡タイプと普通の白髪染め、さらにはカラートリートメントタイプの白髪染めはどうなの?なーんて悩む人も多いはず。

そこで今回は白髪染めのタイプ別の特徴から、アナタに置かれている状況に合ったベストな白髪染めはいったい何なんのかまで、白髪染めする上での『困った』の解決策を簡単にまとめちゃいました!

この白髪染め、ちょっと気になるんだけど…なんて人も是非参考にしていってくださいね。

髪の『中』まで染めるタイプの白髪染めってこんな商品

髪の『中』まで染めるタイプの白髪染めってこんな商品

まずは数ある白髪染め中でも、一番メジャーな髪の『中』まで染めるタイプの白髪染めについて見ていきましょう!

特に、誰もが一度は使ったことがある白髪染めは初めて知れることもあると思うので、参考になると思いますよ!

ヘアカラー

ヘアカラータイプの白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • 染まりが良い
  • カラーが豊富
  • 泡タイプや液体タイプなどの種類も豊富
  • 髪が傷みやすい
  • かぶれる危険性がある
  • 色が抜けやすい

まず最初に紹介するのは皆さん知っている、ヘアカラータイプの白髪染め。

このタイプは1剤・2剤を混ぜて化学反応を起こし、キューティクルを開いて髪の中まで染めていました。

ただこのように髪の中まで染めるには、ジアミンパラベンと言った刺激の強い成分を使うので、髪が傷むことやアレルギー反応が出ることもあるんです。

それでも発色が良いのがヘアカラーの特徴なので、しっかり染めたい人にはおすすめですよ。

そんなヘアカラーにはムース(泡)とクリームタイプがありますが、色ムラなく染めたい人にはムース(泡)タイプが、髪の傷みを少しでも抑えたい人にはクリームタイプがおすすめなので、何を優先したいかで染めるタイプを選ぶと良いですよ!

オハグロ式

オハグロ式の白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • アレルギーが起きる成分が配合されていないので安心
  • ヘアカラーよりも髪のダメージが少ない
  • しっかり染まる
  • ブラウンなどのカラーもあるが染めると真っ黒になりやすい
  • ニオイがキツイ
  • 髪のケアが出来ない

あまり見たことがないと思いますが、オハグロ式の白髪染めは配合された成分が化学反応を起こしキューティクルを膨張させ、開いた隙間から髪の中まで染める方法です。

と言っても、同じ化学反応を起こす染め方でもヘアカラーと違いオハグロ式は脱色しませんし、何より鉄イオンやタンニン、ポリフェノールなど比較的安全な成分で色をつけるのでヘアカラーより安心です。

また名前の通り「お歯黒」なので髪色が黒く仕上がることが多く、明るい色に染められない人にはおすすめの白髪染めかもしれませんね。

しかし、ヘアカラーと違ってムースやクリームなどと言った染め方が選べず、ニオイも硫黄の様な独特の香りがすることから使う人は選ぶかもしれないです。

髪の『表面』をコーティングするタイプの白髪染めってこんな商品

髪の『表面』をコーティングするタイプの白髪染めってこんな商品

先ほどは髪の中まで染める白髪染めについて見てきたので、次は髪の『表面』をコーティングする白髪染めについて詳しく確認してみましょう。

髪の中まで染めるものよりも種類が豊富なので、名前だけならこちらの方が詳しく知っている人もいるかもしれませんね。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアの白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • 髪のダメージが少ない
  • 髪にツヤが出やすい
  • アレルギーがある人でも安心して使える
  • 色落ちが早い
  • 皮膚に染料が付くとかぶれの原因に
  • 発色があまり良くない

ヘアマニキュアは、ネイルのように髪の表面に染料を塗って染める方法です。

髪の中まで染めないので色落ちが早く発色もいまいちですが、その代わりアレルギーや髪の傷みは少なく済むので、肌が弱くてもある程度しっかり染めたい人におすすめです。

でも、タール系染料という道路の舗装に使われる染料で髪を染めるので、人によっては皮膚に付くとかぶれを起こすこともあり、染めるときは頭皮につかないようにする必要があります。

その代わり、しっかり染まらない分色落ちしても分かりにくいため、染める時間を確保するのが難しい人に向いているかもしれません。

カラートリートメント

ヘアカラートリートメントの白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • 少しずつ染まるので、元の髪色と馴染みやすい
  • 髪や頭皮へのダメージがほとんどない
  • 染める時間が短くて済む
  • 徐々に染まるため染まり具合がすぐに実感できない
  • 白髪にしか色がつかない
  • 色が馴染むまで染め続けなければいけないので手間がかかる

それから最近見かけることが多いカラートリートメントですが、染め方はヘアマニキュアとほぼ変わりません。

髪の表面に染料をコーティングして染めるので染まりがあまり良くなく、徐々に発色していくんです。

そのため、美容院との繋ぎに使う人が多い印象を受けますね。

しかし、カラートリートメントは商品によっては染まりの悪さをカバーするため、植物染料・塩基性染料・HC染料といった3つの染料を使っているものもあり、ヘアマニキュアよりもトリートメント効果が高く染まりがいい白髪染めと言えます。

髪や頭皮に優しくそこそこ染まりを実感できるので、白髪染めを使うたびにアレルギーやかぶれで苦労した人には救世主と言える白髪染めかもしれませんね。

ヘナ(インディゴ)

ヘナの白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • 配合されているハーブによって髪がツヤツヤサラサラになる
  • かぶれが少ない
  • 毛穴の老廃物を取って頭皮環境を良くしてくれる
  • 染めるのにかなり時間がかかる
  • 独特のニオイがする
  • 植物アレルギーがる人はかぶれる危険性がある

また、ヘナも最近使う人が増えてきた白髪染めですね。

ヘナは植物の染料で染めるので、ハーブによって髪のツヤやハリ・コシなどが他の白髪染めに比べて効果が高く、髪質をきれいにしたい人に向いています。

けれどもヘナはインディゴが含まれていないと明るい色に染まるので、カラーは少し人を選ぶかもしれません。

と言ってもインディゴが含まれているものはかぶれが起きやすく、植物アレルギーのある人や漆にかぶれたことがある人などは痒くなることがあるので、使うのは注意した方が良いですね。

上記のように頭皮に負担がかかる可能性はありますが、髪への労わりはかなり期待できるので、染めるたびに傷みが気になる人には向いていますよ!

白髪隠し

白髪隠しの白髪染めはこういう商品が多い

メリット

デメリット

  • 部分的に細かく白髪を隠せる
  • すぐに染められる
  • 他の白髪染めと併用しやすい
  • 一時的な染まりなので色落ちが早い
  • 全体は染められない
  • 汗をかく事や雨に当たる事があるとすぐに色落ちする

そして白髪隠しも白髪染めの一種ですが、あくまで部分染めなので今まで紹介してきた白髪染めと違い、部分染め(リタッチ)に使うものになります。

手軽にサッと染料を塗るだけのため、染める時間をそこまで取りませんし基本的に用意するものもほぼありません。

簡単に出来るものなので全体染めの白髪隠しよりも、安全な成分が配合されているように思うかもしれませんが、商品によってはタール系染料が使われている事などもあるため注意しましょう。

白髪隠しは他の白髪染めと違い細かい部分を染められるのが特徴なので、ファンデーションタイプや口紅タイプ、マスカラタイプと隠したい白髪の量に応じて種類を選べるのが特徴ですよ!

白髪染めタイプも重要だけど『白髪の状況』も結構重要です!

白髪染めタイプも重要だけど『白髪の状況』も結構重要です!

さて今までタイプ別に色々と見てきましたが、白髪染めの種類はあなた自身の『白髪の状況』も重要なピースになってきます。

というのも、使う状況や髪・頭皮の状態によっては使うのが難しい白髪染めもあるからなんです。

そこでここからは、あなたの目的別に白髪染めのタイプをまとめてみたので紹介していこうと思います!

生え際・根元の白髪が気になるならこのタイプの白髪染めから試してみよう!

まず生え際・根元の白髪の状態によって使うタイプが変わってきます。

例えば、こめかみの部分の白髪が気になる人は白髪隠しだと細かい部分を染められますし、白髪隠し以外だと染めもらしがあるかもしれません。

それにしっかり隠すのなら、一時的でも1本ずつ丁寧に染められる白髪隠しが一番良いですね。

1回1回染めるのが面倒な人は、カラートリートメントで徐々に馴染ませるのがおすすめです。

次に根元の白髪が気になる場合、頭皮に白髪染めが付きやすいのでかぶれる危険性が少ないものを使った方が良いですね。

おすすめはヘナかカラートリートメント。

ヘナは植物アレルギーがない人は普通に使えますし、頭皮環境も良くなるので使う前にパッチテストを行うと良いですよ。

1回でもかぶれた経験のある人はこのタイプの白髪染めがベスト!

また、白髪染めでかぶれた経験のある人・敏感肌の人は、肌に優しい白髪染めを使うのが一番安全。

先ほど白髪染めの種類でも軽く触れましたが、ジアミンやパラベンなどの刺激の強い成分を使っているものはNG。

実はオハグロ式も鉄イオンによって、金属アレルギーの人はかぶれを起こす可能性もあるので出来れば避けたいですね。

ヘナも植物アレルギーのリスクがありますし、そうなるとおすすめはカラートリートメントかヘアマニキュアになります。

ヘアマニキュアは頭皮につかないようにすればかぶれる危険性はほとんどありませんが、染め方に工夫が必要のため、頭皮についても安心・楽に染められる点からカラートリートメントが一番おすすめですよ!

白髪の量でどんな白髪染めを選ぶかもポイント

ここまで簡単に状況別によっておすすめの白髪染めを紹介してきましたが、何より一番大事なのは今後どうなりたいか、という点がキモになってきます。

というのも、全体的に見て白髪の量が増えて黒髪よりも多くなったら、最近注目されているグレーヘアに挑戦するチャンスもやってきますし、最近の傾向を見るに必ずしも白髪染めをずっと続けなくてはいけないとは限りません。

なので、白髪の量が多い人はカラートリートメントタイプで白髪染めする方が徐々に染まるので色々工夫できますし、逆にまだ黒髪の方が多い!なんて人はカラー剤などでしっかり白髪染めしていった方が不自然にならずに良いと思います。

こんな風に白髪の量も見てどういう白髪染めを使うべきなのか判断すると、自分に合ったものを見つけやすくなりますよ。

ただし、白髪染めし続けるとヤバい状態になることもある。

でも一つ覚えておいて欲しいのが、髪の中まで染めるためにキューティクルを開くことは黒髪にも影響が出るため、白髪が増える要因になる可能性があります。

開いたキューティクルから色を脱色するため、染め続けるほど黒髪部分の色も抜けていってしまうんです。

また、髪質もボロボロになるので、これから先もキレイな髪を維持したい人は白髪染めし続けることは避けた方が良いんですよ!

どんなシチュエーションにも納得できる白髪染めはズバリコレ!

どんなシチュエーションにも納得できる白髪染めはズバリコレ!

今まで色々紹介してきましたが、結局どんな髪の状態でもある程度仕上がりに納得できるのは、実はカラートリートメントだけなんですよね。

というのも、ヘアカラートリートメントは髪をコーティングして染めるのでかぶれる危険性がありませんし、徐々に染まるので白髪隠しにも全体染めにも使えます。

それにそこそこ染まる白髪染めなので、がっつり白髪染めした!ってことが分かりにくいのも良いところですね。

そんなヘアカラートリートメントの中でも特に定番なのが、利尻ヘアカラー!

オールマイティに使いこなすのなら利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラーはヘアカラートリートメントの中でも特に人気が高く、染める時間が約30分にも関わらず意外としっかり染まるんです。

全色1回できれいに染まるのでどの色を選んでもきれいに仕上がる

画像を見ればわかると思いますが、コーティングする染め方でも1回で意外としっかり色がつくので、何度も染めることにより自分の好きな濃さの髪色に仕上げられるのも嬉しいところですね。

1週間経っても利尻ヘアカラーはなかなか色落ちしない

しかも1週間経ってもなかなか色落ちしないので、染めるたびに色持ちを長引かせることも可能なんです。

その他にもトリートメント効果もかなり高いため、美髪ケアをしながら染めることも出来ちゃいます。

つまり、白髪染めし続けて今まで傷んでいた髪が、逆に改善される可能性もあるってことなんですよ!

【実は愛用者が意外に多い商品なんです!】

p=4138_twitter1 p=4138_twitter2 p=4138_twitter3

実は最近髪の色だけじゃなく、髪質にもこだわってカラートリートメントに切り替える人が増えているんです。

そのためこうして画像を見てみると、髪質にこだわっている人は利尻ヘアカラーを使うのが定番中の定番だというのが分かりますね。

確かに利尻ヘアカラーはトリートメント効果によって指通りの良い髪になりますし、美髪ケアはかなり期待できます。

そう考えると、染めながらきれいな髪を保つには利尻ヘアカラーが一番ちょうど良い商品ってことになるんじゃないでしょうか。

まとめ

白髪染めは色んなタイプがあるため、自分の白髪の状況などによって使うものを決めると染めやすいものを見つけられやすくなると思います。

特にカラートリートメントはオールマイティに使えるので、どれにすればいいか分からなくなった人はとりあえずおすすめの利尻ヘアカラーを使ってみるのも良いのかもしれませんね!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です