白髪染めも縮毛矯正も大成功?髪へのダメージを最小限に抑えるなら白髪染めはカラートリートメント!

白髪染めも縮毛矯正も大成功?髪へのダメージを最小限に抑えるならアレが超重要だった

普段から縮毛矯正しているけど、最近白髪が生えてきたから染めたい!

かといって、白髪も染めて縮毛矯正もすることを考えると…

みなさんの悩み

・パーマした髪にちゃんと白髪が染まるのかわからない…

・髪が傷んで色落ちするかもしれないし、下手をすれば髪が変色するかも!

なんてうまくいかない想像がバンバン出てきて、不安になることも多いのではないでしょうか。

もっと言うと、

「白髪染めを先にすればいいのか、それとも縮毛矯正を先にするべきなのか…」

といった疑問がわくこともあり、1日に両方やっても大丈夫なのかどうかや、間隔はどれくらいあけた方がいいのか、等々…。

こんな『わからないこと』ってすごく多いですよね。

所長

しかし、実はたった1つのあることを意識しておけば、超簡単に白髪の無い、スラッとまっすぐキレイな髪にすることが出来ちゃうんです!

これからお話することを参考にして新しいおしゃれな自分、手に入れちゃいませんか?

是非、最後までお付き合いください。

白髪染めも縮毛矯正(ストレートパーマ)も超『ヤバい』もの!

確実に失敗する!白髪染めも縮毛矯正も超『ヤバい』もの!

そもそも、白髪染めも縮毛矯正も超やばい!

ってこと知っていました?

おそらく実際にどちらかやったことがある人は、うっすらと「もしかして…」と思ったはず。

しかし、なんでヤバいって言いきれるの?と聞かれると、「成分のせい?」という認識しかない人がほとんど!

だから失敗して泣く羽目になるんです。

縮毛矯正も白髪染めも『超ヤバい』と言い切れるその理由

そもそも白髪染め(ヘアカラー剤)も縮毛矯正も、薬剤の【化学反応】で髪色や形を変化させます。

もちろん使っている薬剤の成分自体も、「ジアミン」や「パラベン」と言った髪に優しくない危険な成分を配合しています。

所長

このように白髪染めや縮毛は成分で髪が傷むのに加えて、さらに化学反応によってダメージを与えることになるので、白髪染めも縮毛も実は超ヤバい物だったんです。

つまり、想像していなかったダメージを与えられて、髪がボロボロになることもあるってワケ。

確かに、縮毛矯正も白髪染めも髪が傷まないように工夫をしていますが、それは気休め程度。

むしろ髪が傷まないようにしているどころか、めちゃめちゃ甚大なダメージを与えているんです。

だからこそ、ダメージの一環として白髪染めした髪が縮毛矯正で変色したり、縮毛矯正した髪が元に戻ったりするなどの失敗をしてしまうんですよ。

そう考えると、これらのことをして失敗した!

という風に後悔するのも、当たり前と言えば当たり前と思えませんか?

順番なんて考えるだけ無駄?しかも短期間で白髪染めも縮毛矯正すると後悔の元!

所長

白髪染めと縮毛矯正の順番を気にすることははっきり言って無駄です!

というのも、白髪染めも縮毛矯正もある程度周期的にやらないといけないものですよね?

こんな風に最初は気にする必要があるので、強いて言えば『縮毛矯正→白髪染め』の順番でやった方が失敗する確率はグンと下がります。

この二つで失敗しないためには成分や順番を気にするのではなく、短期間や同時に行った方が後悔するってことを覚えておいた方がいいんです。

確かにその方が手間も面倒もかからないけど、短い期間で行うと髪がボロボロになる原因にもなるし、先ほど話したように縮毛がとれることや白髪がうまく染まらないこともあり、二度手間になることだってあるんですよ。

所長

だからこそ白髪染めして縮毛矯正もしたいと考えるなら、最低でも2週間はあけるようにしましょう。

そうすることで、理想の髪を手に入れることができますよ!

バナー画像①
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

完璧に成功させるなら、縮毛矯正(ストレートパーマ)よりも『白髪染め』に注目!

完璧に成功させるなら、縮毛矯正よりも『白髪染め』が超重要?

しかし期間を空けるって言っても、あまり放っておくと白髪が目立ってきちゃうし、2週間経つ前にひどい有様になっちゃう…

という可能性もありますよね。

そう考えると、白髪染めして縮毛矯正することって難しくてなかなか出来ないことのように感じるかもしれません。

所長

実は白髪染めにさえ注目すれば、どっちも完璧に成功させることが出来ちゃうんです!

白髪染めを気にするだけで、簡単に髪へのダメージは減らせます!

確かにさっきも話した通り、白髪染めも縮毛矯正も危険な薬剤がこれでもかってくらい使われているので、同時にやったり短いスパンで行ったりすると超危険です!

でも、専門的な技術や特殊な薬剤が必要になる縮毛矯正と違って、白髪染めは色んな種類が売ってあるし、私たちでも簡単にできるものですよね。

つまり早い話、危険な成分さえ使われていなければ極力髪を傷めずに、縮毛矯正も白髪染めもすることが出来ちゃうんですよ!

所長

縮毛矯正ではなく、白髪染めに注目して成分を確認することが大事なのです。

という事は、どういうものが安全に白髪を染められる商品なのかは知っておく必要があるってコト。

商品画像

特に上のような市販の白髪染め(ヘアカラー剤)はキューティクルを開いて髪の中まで染めるので、ダメージが甚大!

ヘアカラーはこのように髪の中まで染めている

しかも一度開いたキューティクルは二度と閉じないので、髪はダメージを受けたままになるんです。

所長

こういう白髪染めを使うと髪の毛が傷んだままになるので、覚えておいて極力使わないようにしましょうね!

縮毛矯正してもキレイに染まる白髪染めはここに注目!

という事で、逆にどんな白髪染めが良いのか気になる人も多いはず。

今まで通りの市販の白髪染めが使えないとなると、どういうものを使えばいいのか分からないですよね。

要は、上にある条件を満たしていない白髪染めを使えばいいので、見極めるのは超簡単!

こんな風に下のたった3つのポイントをおさえるだけで、ホントに楽に見つけられるんですよ!

ポイント① 髪をコーティングして染めるもの

最初の方にお話しした通り、縮毛の後に白髪染めを行うと髪は大きなダメージを受けてしまいます。

しかし白髪が目立たたないためにも、短い期間で縮毛矯正と白髪を染めたい!

と言う人が多いと思うので、縮毛の後の白髪染めは髪をコーティングするものがおすすめ。

このコーティングして染める方法は化学反応で染めるのではなく、髪の表面に色をつける方法なので、髪の毛を傷ませずに染めることが可能です。

所長

つまり、先ほどまで話してきたリスクを避けることが出来るので、しっかり白髪を染めたい人は、染めるのではなく白髪を隠す方法を選んだ方が安全なんですよ!

ポイント② 白髪染め独特の香りがしないもの

また、白髪染めを選ぶ際に気にして欲しいのがニオイです。

元々白髪染めの独特の香りが苦手という人もいると思いますが、この独特のニオイがするのは白髪染めだけではありません。

縮毛矯正(ストレートパーマ)も同じく特別な薬剤を調合するので、独特の香りがしてしまうんです。

つまり、いくら期間を空けたとしても一度ついたニオイはなかなか取れないので、そこにまた香りのきつい白髪染めを使うと、変なニオイがしてきてしまう事も…。

所長

こういうリスクを減らすには、白髪染めは無香料のものを使うようにすると良いですよ!

ポイント③ 毎日使っても問題ないもの

そして最後に気にして欲しいのが、頭皮へのダメージ。

正直、縮毛矯正も白髪染めも髪の傷みを気にする人が多いですが、髪に近い頭皮も少なからずダメージを受けています。

という事は、縮毛矯正をして頭皮にダメージを負ったまま白髪染めをすると、かぶれを起こすことも!

場合によっては頭皮の傷みで髪の毛が弱くなり、抜け毛の原因になってしまう可能性もあります。

所長

白髪染めは毎日使っても問題がない、安全なものを使うようにしましょうね!

バナー画像②
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

白髪染めも縮毛矯正もするならトリートメントタイプの白髪染めがマスト!

白髪染めも縮毛矯正もするならトリートメントタイプの白髪染めがマスト!

そして上の条件を見たしている白髪染めはズバリ、カラートリートメントタイプの白髪染め!

このカラートリートメントタイプは名前の通り、トリートメント効果がしっかり期待できるので髪をケアしながら白髪を染めることが出来ます。

なにより市販の白髪染めに含まれているジアミン等の成分が配合されていないので、一度でもかぶれたことがある人でも問題なく使える、髪にも頭皮にも優しい作りなんです。

しかも染めれば染めるほど色がついてくるので、使い込むほどにしっかり染まっていく優れもの!

【注意点】
縮毛矯正とヘアカラートリートメントをすれば緑に変色するって噂もあるけれど、短期間でやろうとした結果です。
カラートリートメントを使う場合は、縮毛矯正後だいたい2週間は間隔を空けてから使うようにしてください。

利尻ヘアカラートリートメントは使いやすい!?

そんなトリートメントタイプで特におすすめなのが、『利尻ヘアカラートリートメント』です!

利尻商品画像

利尻ヘアカラーはさっきの3つの条件を満たしているほかに、染まり具合が他のトリートメントタイプよりも群を抜いている白髪染め!

トリートメントタイプは使い込むほど染まっていくと話しましたが、利尻ヘアカラーは1回でしっかり染まるので何回も染める必要がなく、市販の白髪染めのような染まり具合を実感出来ちゃいます。

今回は100%白髪の毛束で染めました。

利尻実験画像①
所長

つまり、市販の白髪染めのように使えるのにも関わらず、きれいな髪を保つ手助けも出来るので、むしろ縮毛やパーマをかける人ほど使うと効果を実感することが出来る商品です!

しかし、いくら染まりがよくても色落ちが悪いと意味がありませんよね。

実は利尻ヘアカラーはかなり色持ちが良く、染めてから1週間経っても髪に色が馴染んだまま、きれいにカラーが保たれるんです。

こちらも当ラボで実験してみた画像があるので、チェックしてみましょう!

利尻実験画像②

ここまでしっかり染まると染め直しもたくさんする必要がないので、白髪を染める手間も少しでも省けて良いと思いませんか?

縮毛矯正する人は利尻ヘアカラートリートメントを使ってます

そもそも縮毛矯正する人って、利尻ヘアカラーをどれぐらい使っているの?

と疑問に思った人も多いはず。

実際に使ってみた人の意見を見てみないと、手を出したくてもなかなか難しいですよね。

実は、意外と縮毛矯正している人って、利尻ヘアカラーを使っていることが多いんです!

ツイッター画像①
ツイッター画像②
ツイッター画像③

このように髪の傷みを防げることから、利尻ヘアカラーを使っている人はとても多いです。

特にこれ1本で白髪のケアが出来るので、楽に出来る、という点も使っている人が多い理由。

縮毛と白髪染めのデメリットも感じずに使えるのなら、これは使わない手はないのではないでしょうか?

所長

特に白髪染めをする回数が多い人ほど染め直す回数も少なく済むので、白髪が多い人ほどおすすめと言えるのかもしれませんね!

バナー画像③
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

まとめ

このページのまとめ

・白髪染め(ヘアカラー剤)も縮毛矯正も髪にとっては、超ヤバイものです。

・しかも短期間で両方すると髪がボロボロになりますし、お互いの邪魔をします。

・白髪染めをヘアカラーからカラートリートメントタイプに変えれば、安心して白髪染めができます。

・当ラボのおすすめは『利尻ヘアカラートリートメント』です。美髪成分もたっぷりで、キレイな髪を保つことが出来ます。

・ただし、縮毛矯正後2週間を空けてから利尻を使ってください。それ以内だと髪の毛が緑色に染まる可能性があります。

これまで縮毛矯正と白髪染めのことについて見てきましたが、縮毛と白髪染めが失敗するのは主に短い期間で両方行う事が原因でした。

どちらもパパッと済ませたい気持ちもわかりますが、短い期間で行うとせっかくかけた縮毛も、染めた白髪も台無しになってしまう事も…。

そんな中でも特におすすめなのが、トリートメントタイプの白髪染めでした。

所長

特に利尻ヘアカラートリートメントは縮毛していてもきれいに染めることが出来るので、理想の髪を手に入れるには必須の白髪染めと言えるのかもしれません。

今日から利尻ヘアカラートリートメントで理想の髪を手に入れて、前向きな日々を送っちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。