(ノン)ジアミンフリーだけではダメ!本当に良い市販の白髪染め!

白髪を染めたら頭皮がかぶれた!

ボロボロになった!

いくら白髪を染めたいと思っている人でも一度このような経験をしてしまうと、使う白髪染めは同じ失敗を繰り返さないように、使われている成分には特に警戒するはず。

そんな時に「ノンジアミン」だとか「ジアミンフリー」だとか書かれていると、一目でかぶれない・安心できる白髪染めなんて思って、積極的に使いたくなりますよね?

ヘアカラーのパッケージにも安心とか書いてますからねー。

所長

ちょっとまってください!

ノンジアミン・ジアミンフリーって言葉を信用しすぎると、むしろ失敗する原因。

逆に後悔する羽目になるんです!

えっ安全なんじゃないの?

なんて思ったそこのあなた!

これからお話することを参考にすれば、いかに今までの常識が間違いだったかわかると思いますよ。

所長

1つのこと(ジアミン)に着目するのではなく全体をみて白髪染めを選びましょう!

そもそもジアミンって何?どんな危険性があるの?

白髪染めトリートメント ジアミン 危険性

まず初めに、そもそもジアミンとはどういうものなのか、またどんな危険性があるのかについて確認していきましょう。

ジアミンとはなんなのか?

ジアミンとは、正式名称で“PPDA”や“パラフェニレンジアミン”と呼ばれている化学的な染料のことです。

現在市販で発売されているヘアカラーの白髪染めには、必ずと言っていいほどこのジアミンが使用されています。

ジアミンは少量の色素で濃い色を作ることができたり、様々な色を混ぜることで多彩なカラーバリエーションを簡単に作れたりすることから、ヘアカラーではよく配合されている成分です。

このようにとっても便利な性質があるジアミンですが、実はけっこう重いアレルギー反応を起こす可能性もあるんです。

所長

国によってはジアミンの使用を禁止し、劇薬に指定するほど危険視している場所もあるほど害のある成分なのです。

ジアミンが引き起こすアレルギー症状

ジアミンが引き起こす主なアレルギー反応には以下のようなものがあります。

ジアミンが引き起こすアレルギー

①アナフィラキシーショック

②かゆみ

③湿疹

④赤み

⑤顔やまぶたの腫れ

ジアミンアレルギーの症状のあらわれ方は人によって様々ですが、ほとんどの場合ピリピリと痛みを伴った比較的重めの症状が見られます。

このアレルギー反応の中でも特に注意しなければいけないのがアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは赤みや発疹のように外見で分かる変化がなく、一見何ともないように見えてしまう場合があります。

しかし、重症化すると呼吸困難や嘔吐など命に関わる危険な状態になってしまう可能性もあります。

また頭皮に抜け毛が見られた場合にもジアミンアレルギーの可能性がありますので、市販の白髪染めを使う際には十分注意してください。

『ノンジアミン』『ジアミンフリー』『ジアミン不使用』そんな言葉に惑わされたら失敗のもと!?

先ほどからジアミンのヤバさについて説明してきました。

確かにノンジアミンだとかジアミンフリーだとか書かれている白髪染めって、文字通りかぶれる原因として最もあげられることが多いジアミンは一切使われていません。

だからこそ、

「ジアミンが使われていない=かぶれない白髪染めだから安心」

と信用しがちですが、そんな勘違いをしていること自体が白髪を染めて後悔する一番の理由なんです。

白髪染めで「かぶれ」や「アレルギー」を引き起こす成分はジアミンだけじゃない!

そもそも、かぶれの原因=ジアミン、ここから大きな間違いが始まっています。

というのも、いくらノンジアミン・ジアミンフリーと書かれている白髪染めでも、過酸化水素や界面活性剤、鉱物油にタール色素など、「かぶれやほかの病気の恐れのある成分」が使われていることが多いんです。

要は、ヤバい成分はジアミンだけじゃないってワケ。

だからこそ、ノンジアミン・ジアミンフリーと書かれているから…

なんて安心しきってしまうことがいかにマズイことで、実は白髪染めって劇薬の宝庫なのかがわかると思います。

所長

じゃあ、どんなタイプの白髪染めがなぜダメなのかみていきましょう

ノンジアミンの白髪染めの中でも「おすすめできない」白髪染めって何?

ジアミンが原因でかぶれたんだから、ジアミンフリーを使えばいいよね?

いつも使っていた白髪染めでかぶれるようになると、まず最初にこう考える方も多いはず

しかし、非ジアミンの白髪染めといっても、色んなタイプの白髪染めがあります。

白髪染めのタイプ

・ヘアマニキュア

・オハグロ式

・ヘナ(インディゴ)等の植物染料

・カラートリートメント

と言うように、意外と多くのタイプの非ジアミンの白髪染めが日本には存在します。

所長

あなたにとって本当に安全な白髪染めなのは何なのかを一緒に考えていきましょう!

ヘアマニキュアは絶対に避けるべき

まず最初に言っておきたいのが、ヘアマニキュアの白髪染めは極力避けること。

ヘアマニキュアは爪に塗るマニキュアのように、髪の表面だけをコーティングしてくれるため、比較的安全…

と思いきや、実はかなり厄介!

使われているタール色素は、肌についてしまうとなかなか色が落ちませんし、刺激性のかぶれを引き起こすこともあります。

その上、タール色素自体が発がん性があるんですよ。

つまり、ジアミンは含まれていませんが、かぶれる可能性も、癌になってしまう可能性もあるってワケです。

所長

ここまでしてジアミンフリーする意味ってあります?

オハグロ式もオススメできない

また、オハグロ式の白髪染めは、ポリフェノールと鉄イオンの化学反応で髪を染めるため、色持ちは1ヵ月程度と長いです。

ですがやはり髪や肌の上で化学反応を起こすため、負担はかなり大きくなり、結果的に刺激性のかぶれが起きることも考えられます。

しかも、薬剤には硫黄のような臭いがあり、髪に塗布すると臭いが取れるまで2、3日はかかってしまうんですよね。

その他にも、予想以上に真っ黒に染まる、パーマがかかりにくくなるといった弊害もありますし、ジアミンフリーとは言え避けておいた方が良いと言えるでしょう。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

所長

じゃあいったいどんな白髪染めなら、この先安全に利用することが出来るのでしょうか?

ヘナは安全だけど、手間がかかる上に扱いづらい

まず、非ジアミンの白髪染めのなかでも、安全に使うことが出来る『ヘナ(インディゴ)』といった植物染料ですが…

ハッキリ言います。

所長

正直、ヘナは使わない方が良いです!

確かに、ヘナは前項で紹介した非ジアミンの白髪染めよりかは安全です。

植物染料で髪を染めるため、植物アレルギーをお持ちでない限りは、かぶれる心配もありません。

しかし自分で調合する必要があるため、どうしてもイメージと実際の仕上がりに違いが出やすくなってしまいます。

その上、自分でマヨネーズくらいのペースト状にしないといけませんし、放置時間も1~3時間と長時間

所長

かなり面倒ですし、コツが必要になってくるんです

また、ヘナ染料の中には、染まるのを早くするために、ジアミンを配合している「ケミカルヘナ」と呼ばれる商品があるのも厄介です。

安全面ではおすすめですが、自信が無ければ使用を控えた方が良いと思います。

当ラボの提案① 一度でも白髪染めで失敗したことがあるなら、認識から変えましょう!

ただ、ここで一つ聞きたいんですが髪の内部まで染めること自体に、こだわる必要ってあるんでしょうか。

確かに、白髪染めを使って髪の内部までしっかり色を入れることができれば、白髪のないきれいな髪色を長持ちさせることができます。

でも、どれだけ髪の内部に色を入れることができたとしても、必ずと言っていいほど色落ちしますよね?

つまりどれだけかぶれに耐えて白髪染めをしても、白髪のない髪を保ち続けることができないんです。

所長

色落ちしたらまた劇薬を髪に塗布しなければなりません

だったら別に髪の中まで染めなくても、白髪が目立たない自然な髪色を維持できれば問題はないはず。

そう考えると、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めを使って、

「白髪に色を入れること」⇒「なるべく白髪が目立たなくなるようにする」

ためにやり方を変えていくことが必要なんです。

これこそがかぶれやアレルギーを心配することもなく、そして積極的に使っても納得いく仕上がりを実現させることができる白髪染めの最大のポイントになってくるんですよ。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

別に「髪の中」まで染める必要、なくない?積極的に使ってもOKな白髪染めはここに注目!

そう考えると、「白髪を染めること」から「白髪を隠すこと」に意識を向けたときにどこに注目すればよいのかがキーポイントになりますね。

所長

そこで注目してほしいのが、下の3つのポイントです

ポイント① そこそこ色持ちがよいこと

実はジアミンやパラベン、過酸化水素といった成分ってかぶれる原因でもあるんですが、一発で色を入れてさらに色持ちも良くする成分でもあります。

つまり早い話、ジアミン等の成分を使わないとなると、色持ちはどうしても悪くなるってワケ。

ただ、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めの中にもある程度色持ちが良い商品もあるため、白髪をなるべく目立たなくさせるためにも、そこそこ色持ちがよいかどうかはチェックしておくようにしましょう。

ポイント② 1回の白髪染めが短時間で終わること

白髪染めでかぶれる原因として、白髪染めの染料を長時間付ける必要があることも挙げられます。

かぶれた経験があるからこそできるだけ頭皮が痛んだりかぶれたりしないように、短時間で済ませられるような白髪染めを使うようにすると良いですよ。

ポイント③ 必要なものが白髪染めだけでも十分なこと

早い話「素手で扱っても問題のない白髪染め」ってことですね。

そう言われると、そもそも白髪染めって素手で扱うと危険じゃん!なんて思う人も多いですが、逆に考えてみてください。

素手で扱えるほど危険性が低いのであれば、頭皮についても安全といえませんか?

それに必要なものが少ないということは、面倒な準備も必要なくなるため余計な手間もかからないといえます。

気になった時にサッと使える。

これもこれからの白髪染めを選ぶときには外せないポイントになりますよ。

所長

上の条件を満たしている白髪染めの中でもおすすめなのがコレ

当ラボおすすめ!ヘアカラートリートメント

その点、ヘアカラートリートメントといった白髪染めは、お手軽に髪を染められるのでおすすめです。

ジアミンやパラベン、過酸化水素水といった危険な染料・薬剤は使わず、下記の成分を使っています。

ヘアカラートリートメントの成分

・植物色素

・HC染料

・塩基性染料

低刺激の染料で染めるため、髪にダメージを与えることなく、徐々に髪を自然な色合いに仕上げてくれます。

その上、使い方も超簡単でお風呂の前にさっと塗布して10~15分放置するだけ。

また、保湿成分や髪を補修してくれる成分も含まれている為、この先気になり始める髪のツヤやコシといった悩みを解決してくれるのも魅力的なポイント。

生え際や根元の白髪が気になったタイミングでサッと安全に使用しながら、髪のエイジングケア効果も期待したいなら、使ってみることをオススメです。

かぶれない、効果も期待できる白髪染めの条件を満たすおすすめのカラートリートメント3選

そこでここからは、そんな白髪染めトリートメントの中でも、実際に使ってみてよかったと感じられた商品をランキング形式でまとめて紹介していこうと思います。

気になった・これだ!と思える商品があったら、ぜひ一度試してみてくださいね。

① 利尻ヘアカラートリートメント

天然由来の植物染料と、低刺激の染料で髪をコーティングするため、一回の染めでもかなり白髪を目立たなくすることができる利尻ヘアカラートリートメント。

実際に毛束に染めてみたら、その良さがわかりました。

当ラボの検証結果です。

利尻を使ってみたときの実験画像

その上、髪を保護・保湿する成分も豊富に含んでいるため、傷んだ髪をツヤのある髪へと導いてくれるのもポイントの一つ。

そう考えると、カラートリートメントの中でも特に使って損がない白髪染めと言えるのではないでしょうか。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

【利尻ヘアカラートリートメントの愛用者、結構多いです】

また、こうしてみてもらうとわかりますが、意外と利尻ヘアカラートリートメントで白髪を染める人も結構多いです。

そう考えるとかぶれたことのある人が利尻ヘアカラートリートメントを使うのは無難な方法と言えますね。

【利尻ヘアカラーのここに注目】

植物由来の美髪成分が28種類も配合

北海道産の天然利尻昆布をはじめとした、28種類の美髪成分が、髪を保湿・補修してくれます。

カラーバリエーションが豊富

ブラックといった暗い色から、ナチュラルブラウンといった明るい色までを用意。自分にあった色を探しやすいですね。

市販購入可能

利尻ヘアカラートリートメントは市販購入可能なのもポイント。なくなったらすぐに買えるのはうれしいです。

【利尻ヘアカラートリートメントをおすすめする人・しない人】

利尻ヘアカラートリートメントの口コミなどを見てみると、一度白髪染めでかぶれてしまった方でも、安心して利用出来ることが分かりますね。

中には長時間塗布すると、より色が定着するといった声も。これはうれしいですね。

ただ、その一方でかぶれが出た、といった声も少ないですがありました。

これは利尻ヘアカラートリートメントに含まれる、植物性の染料が原因で、敏感肌の人がかぶれてしまったことが考えられます。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントは敏感肌の方はやや注意が必要な商品ですが、基本的には低刺激で安全に使えるもの。

そう言えるのではないでしょうか。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

② LpLp(ルプルプ)

利尻ヘアカラートリートメントに次いで愛用者が多いのが、LpLp(ルプルプ)

こちらも、天然由来の染料と低刺激の化学染料で髪をコーティングするのですが、利尻と比べてより暗く染まっていくのが特徴的です。

ルプルプを使ってみたときの実験画像

特にダークブラウンを見てみると、使用してくたびに濃く染まっていくことがわかりますね。

ただ、染めた後の髪の質感は利尻とほとんど変わらず、さらさらとツヤのある髪へと変わっていきました。

そう考えるとLpLpはより地毛に近い色合いに仕上げていきたいと思っている人にお勧めといえるのではないでしょうか。

【LpLpのここに注目】

色が定着しやすい

染料が微アルカリ性で、染まりやすく傷みにくいため、短い時間でもしっかり色を定着させてくれます。

美髪成分が94%も配合

ガゴメ昆布由来のWフコイダンをはじめとした美髪成分も配合されている為、染めるたびにしっとり美しい髪に導いてくれます。

毎日使いたくなる香り

エッセンシャルオイルを配合することで、良い香りを楽しみながら白髪染めが出来ます。

【LPLPの口コミ】

50代・女性

数年前からアレルギーでカラーが出来ず、色々なカラートリートメントを試していた時に、LPLPを見つけて購入。

早速使ってみたところ、他の商品と比べて1番染め上がりが良いです。

その上、染めた後の髪質もしっとりサラサラで大満足。

それにパッケージがおしゃれで洗面台においても、白髪染めってわからないのもいいですね。

カラー独特の臭いもないので、安心して使うことが出来ています。

40代・男性

30代の頃からサイド側だけに白髪が見られるようになり、なるべく染めるようにしていたんです。

でも、ある時から思いっきり痒くなり、フケっぽいのも増えて断念。

そんな姿を見た嫁が試してみたら?と購入してくれたのがLPLPでした。

最初は正直ビクビクしながら使ってみたんですが、どれだけ時間が経っても一向にかゆみが来ないんですよ

それに白髪も1回でかなり良い感じに染まってくれました。

買ってくれた嫁には感謝しつつ、次は自分で購入しようと思います。

30代・女性

元々アレルギー持ちで染めてる最中も相当ヒリヒリして、しかもカラーリングした後は必ずと言って良いほど数日間は頭が痒くなる。

でも、染めないと白髪のせいで老けて見られるし…って思っていた時にこちらの商品を発見。

染まるワケないじゃんって思いつつも、髪に良さそうだしってことで使ってみたんですが、思いのほか染まってびっくり。

5回くらいで白髪かどうかわからなくなっちゃいました。

色落ちするスパンは短いけど、髪質も良くなるし、手軽に染めれるからついついリピートしちゃってます。

40代・女性

ポツポツと見える白髪にストレスを感じていたけど、白髪染めするたびに頭皮がヒリヒリ、髪はボロボロになるのも嫌。

そう思っていた時に、LPLPを見つけて購入してみました。

素手でも使える!って聞いてたので、何も考えず説明書通りやってみたところ、手に付いた染料はなかなか落ちない!

指紋がなくなるんじゃって位こすらないといけないので、やっぱり手袋必須です、コレ。

それに染まり具合はそこそこで、トリートメント効果もそこまで感じなかったかな。

リピ買い…うーん。どうするか悩んでます。

50代・女性

ジアミンフリーなので安心だとは思いますが、私の場合は染めた後痒くなってしまいました。

それに、そんなキレイに染まることもなかったし…。

正直、ヘナの方がよく染まったし髪や頭皮に優しいのでは?と思って使わなくなってしまいました。

【LpLpをおすすめする人・しない人】

LpLpの口コミを見てみると、利尻ヘアカラートリートメントと同様に、安全・安心して使えることが分かりますね。

その中でも特に多かったのが、パッケージがオシャレな事。

染まり具合もさることながら、見栄えの良いパッケージで、白髪染めとバレないのが魅力に感じる方も多いようです。

その一方で、手についたときに落ちにくいといった使用感に関する悪い口コミや、かぶれたといった意見があります。

そのため、LpLpはカラートリートメントの中でもまだ白髪染めをしていることを隠したい人や、染まり具合を気にする人にはオススメ

逆に若干の手間がかかることが嫌な方、以前似たような商品でかぶれた人にはオススメできない、そう言えるのではないでしょうか。

③ マイナチュレ

最後に紹介したいのがマイナチュレ。

この商品は天然由来の植物染料を使わず、化学染料のみで髪をコーティングするため、しっかり色を付けることができます。

しかも、白髪を染めるだけではなくスカルプケアやヘアケア、そして髪のエイジングケアといった4役こなすことができるのもポイントの一つ。

ただ、低刺激とはいえ化学染料のみで染めるので、上で紹介した商品と比べて少しかぶれないか心配ですね。

とはいえ、髪の色だけではなくうねりやへたりも気になっている方は使ってみて損はないと思いますよ。

【マイナチュレのここに注目】

1つで4役こなすオールインワンタイプ

白髪ケアだけではなく、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケア効果も期待できます。

染まりへの高いこだわり

どのような白髪でも染まりやすいように、染料成分の配合を調節。

そのおかげで、96.1%の利用者から「よく染まる」と評価

※ 2017年11月マイナチュレのカラートリートメントを使用した77人にアンケートを実施

美髪成分のトリプル処方で髪をケア

2種類のケラチンを始め、ヒートプロテクトや疑似CMCのトリプル処方で、使うたびに髪色や髪質を整えてくれます。

【マイナチュレの口コミ】

50代・女性

40代の頃に白髪染めでかぶれるようになってから、染めたくても怖くてできなかった私を救ってくれたのがコレ!

ジアミンだけじゃなく8種類の刺激的な成分が無添加だから安心して使えるし、白髪だけじゃなく髪のうねりも緩和してくれるから大満足!

それに付属してきたリーフレットのおかげで、ムラなく髪につけることが出来るのもいいですね。

それに美容師の方から「染める必要ないね」ってお墨付きをいただいちゃいました!

友達からも「若々しくていいわー」なんて言われちゃって(笑)

これからも愛用させてもらいます!

40代・女性

元々敏感肌でジアミン系の染料が入ったカラー剤で良くかぶれていたんエスが、こちらの商品は全くかぶれない。

しっかり時間をおけば発色良く染まりますし、染めた直後のニオイも気になりません。

それに心なしか髪がボリューミーになったような気もします。

白髪染めトリートメントは色々試してきたけど、リピートして使いたいと思った商品は初めてです。

40代・男性

自分は白髪だけじゃなく薄毛もちょっと気になっていたので、刺激の強いヘアカラーで白髪染め…ってこと自体が怖かった。

そんな時に、スカルプケアしつつ白髪染め出来るって聞いて試してみたんですが、染まり具合はいまいちでしたね。

それにカラーバリエーションが少なくて、ダークブラウンを選んだけど地毛に近い色にはなりませんでした

でも、髪は元気になりましたね。ちょっとボリューミーになってくれたので、そこだけは満足しています。

30代・女性

出産後に体質が変わったのか、市販の白髪染めでかぶれるように。

どうしても老けて見られるのが嫌で、なるべくパッケージがおしゃれで白髪染めとバレない商品を…

そう思っていた時に、マイナチュレを見つけて使ってみました。

1発でしっかり染まることはないとは思っていたけど、思ってた以上に染まらなかったのは残念ですね。

40代・女性

40代・女性

頭頂部の分け目の白髪が目立ち、誰がどう見ても実年齢より年上に見られるのもイヤ。

でも今白髪を染めると後々細くなってヤバいしな…と思って、マイナチュレを買いました。

4回ほど染めたんだけど、毎回毎回色が出なくなるまで流すのに時間がかかる!

それに初めて髪がきしむという状態に…。

お値段も決して安くはないので、次はないと思います。

【口コミからわかるオススメする人・しない人】

マイナチュレの口コミを見て、最初に目についたのが、値段についての意見。

確かに、ほかの商品と比べて値段がやや高く、染まり具合に満足できなければそのような意見は多くなると思います。

しかし一方で、放置時間を増やしたり、使う頻度を多くしたりすることで発色が良くキレイな髪にできるといった意見も。

その上、髪のボリュームが復活した、なんて意見もあります。

このことからマイナチュレは、白髪だけではなく、他の髪の悩みを抱えている人にはおすすめですが、髪に関する悩みが少ない人にはオススメできないといえますね。

悲惨な思いをした人でも白髪染めで成功した!と感じる日、来てます!

ここまで読んでみて、ジアミンでかぶれた!失敗した!と思った人の、新しい白髪対策として「染めること」から、「染めずに隠すこと」へ意識を変えつつ、使う白髪染めもカラートリートメントがおすすめとご紹介してきました。

とはいうものの、本当にカラートリートメントで白髪を目立たせることが、本当に一番無難な方法なのか、納得できていない方も多いはず。

でも、実際にほかの方の意見を見てみると、かぶれから解放されてストレスフリーできれいな髪色に仕上げることができた、成功者も多いのも事実なんですよ。

改めて見てみるとわかりますが、カラートリートメントで白髪を染めるってことは、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めで染めたい人にとっては定番中の定番。

中には染める時間を短くして染める頻度を増やしたり、ドバっと大量につけたりするなど、使い方を自分好みにアレンジしている人も見られます。

所長

ヘアカラートリートメントってノンジアミンの白髪染めの中でも、かなり使い勝手が良く気軽に使えるもの。と考えられます。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

ジアミンフリーの本当に良い市販の白髪染めまとめ

最後にもう一度だけ所長から言いたいことがあります。

ノンジアミン・ジアミンフリーという言葉を信用して白髪染めをあれこれ試しても、ジアミンは不使用でもほかの危険な成分がかぶれを引き起こすので、最後は結局泣く羽目になるだけです。

だったらそもそも白髪を染めるのではなく、隠すように認識を変化させた方が無難であり、確実にかぶれず仕上がりにも満足できるんです!

そのためにも、今回紹介したカラートリートメントはまず何か試そうと思ったときに、最初に使ってみてください。

危険性もなく始められるのでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。