ノンジアミンの白髪染めを信用すると絶対後悔する?ジアミンフリーの意外な落とし穴

白髪を染めたら頭皮がかぶれた!ボロボロになってしまった!

いくら白髪を染めたいと思っている人でも一度このような経験をしてしまうと、使う白髪染めは同じ失敗を繰り返さないように、使われている成分には特に警戒するはず。

そんな時にノンジアミンだとかジアミンフリーだとか書かれていると、一目でかぶれない・安心できる白髪染めなんて思って、積極的に使いたくなりますよね?

でも、ちょっと待って!

ノンジアミン・ジアミンフリーって言葉を信用しすぎると、むしろ失敗する原因。

逆に後悔する羽目になるんです!

えっ安全なんじゃないの!?

なんて思ったそこのあなた!

これからお話することを参考にすれば、いかに今までの常識が間違いだったかわかると思いますよ。

『ノンジアミン』『ジアミンフリー』そんな言葉に惑わされたら失敗のもと!?

確かにノンジアミンだとかジアミンフリーだとか書かれている白髪染めって、文字通りかぶれる原因として最もあげられることが多い「ジアミン」は一切使われていません。

だからこそ、ジアミンが使われていない=かぶれない白髪染めだから安心できると信用しがちですが、そんな”勘違い”をしていること自体が白髪を染めて後悔する一番の理由なんです。

かぶれやアレルギーを引き起こす成分はジアミンだけじゃない!

そもそも、かぶれの原因=ジアミン、ここから大きな間違いが始まっています。

というのも、いくらノンジアミン・ジアミンフリーと書かれている白髪染めでも、過酸化水素や界面活性剤、鉱物油にタール色素などなど、「かぶれやほかの病気の恐れのある成分」が使われていることが多いんです。

要は、ヤバい成分はジアミンだけじゃないってワケ。

だからこそ、ノンジアミン・ジアミンフリーと書かれているから…なんて安心しきってしまうことがいかにマズイことで、実は白髪染めって劇薬の宝庫なのかがわかると思います。

一度でも白髪染めで失敗したことがあるなら、白髪染めの認識から変える必要があります!

ただ、ここで一つ聞きたいんですが髪の内部まで染めること自体に、こだわる必要ってあるんでしょうか。

確かに、白髪染めを使って髪の内部までしっかり色を入れることができれば、白髪のないきれいな髪色を長持ちさせることができます。

でも、どれだけ髪の内部に色を入れることができたとしても、必ずと言っていいほど色落ちしますよね?

つまりどれだけかぶれに耐えて白髪染めをしても、白髪のない髪を保ち続けることができないんです。

だったら別に髪の中まで染めなくても、白髪が目立たない自然な髪色を維持できれば問題はないはず。

そう考えると、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めを使って「白髪に色を入れること」にこだわらず、「なるべく白髪が目立たなくなるようにする」ためにやり方を変えていくこと。

これこそがかぶれやアレルギーを心配することもなく、そして積極的に使っても納得いく仕上がりを実現させることができる白髪染めのポイントになってくるんですよ。

別に“髪の中”まで染める必要、なくない?積極的に使ってもOKな白髪染めはここを見ろ!

そう考えると、「白髪を染めること」から「白髪を隠すこと」に意識を向けたときに“どこに注目すればよいのか”がキーポイントになりますね。

そこで注目してほしいのが、下の3つのポイント。

そこそこ色持ちがよいこと

実はジアミンやパラベン、過酸化水素といった成分ってかぶれる原因でもあるんですが、一発で色を入れてさらに色持ちも良くする成分でもあります。

つまり早い話、ジアミン等の成分を使わないとなると、色持ちはどうしても悪くなるってワケ。

ただ、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めの中にもある程度色持ちが良い商品もあるため、白髪をなるべく目立たなくさせるためにも、“そこそこ”色持ちがよいかどうかはチェックしておくようにしましょう。

1回の白髪染めが短時間で終わること

また、白髪染めでかぶれる原因として、白髪染めの染料を長時間付ける必要があることも挙げられます。

かぶれた経験があるからこそできるだけ頭皮が痛んだりかぶれたりしないように、短時間で済ませられるような白髪染めを使うようにすると良いですよ。

必要なものが白髪染めだけでも十分なこと

早い話「素手で扱っても問題のない白髪染め」ってことですね。

そう言われると、そもそも白髪染めって素手で扱うと危険じゃん!なんて思う人も多いですが、逆に考えてみてください。

素手で扱えるほど危険性が低いのであれば、頭皮についても安全といえませんか?

それに必要なものが少ないということは、面倒な準備も必要なくなるため余計な手間もかからないといえます。

気になった時にサッと使える。これもこれからの白髪染めを選ぶときには外せないポイントになりますよ。

 

そして、上の条件を満たしている白髪染めの中でもおすすめなのが、「カラートリートメント」タイプの白髪染め。

というのもカラートリートメントって植物由来の染料や低刺激の染料を使って髪の表面に色をコーティングして、白髪を自然な色合いにするため、髪の内部に染料が入り込むことがないんですよ。

また、髪の表面に色が定着すればある程度色は持ちますし、その名の通りお風呂に入っている間にトリートメントのように使っても白髪を染められますよ。

白髪を目立たなくさせる白髪染めの条件を満たすカラートリートメントが無難!

そこでここからは、そんな白髪染めトリートメントの中でも、実際に使ってみてよかったと感じられた商品をランキング形式でまとめて紹介していこうと思います。

気になった・これだ!と思える商品があったら、ぜひ一度試してみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

天然由来の植物染料と、低刺激の染料で髪をコーティングするため、一回の染めでもかなり白髪を目立たなくすることができる利尻ヘアカラートリートメント。

実際に毛束に染めてみたら、その良さがわかりました。

利尻を使ってみたときの実験画像

その上、髪を保護・保湿する成分も豊富に含んでいるため、傷んだ髪をツヤのある髪へと導いてくれるのもポイントの一つ。

そう考えると、カラートリートメントの中でも特に使って損がない白髪染めと言えるのではないでしょうか。

【利尻ヘアカラートリートメントの愛用者、結構多いです】

また、こうしてみてもらうとわかりますが、意外と利尻ヘアカラートリートメントで白髪を染める人も結構多いです。

そう考えるとかぶれたことのある人が利尻ヘアカラートリートメントを使うのは無難な方法と言えますね。

LpLp(ルプルプ)

利尻ヘアカラートリートメントに次いで愛用者が多いのが、LpLp(ルプルプ)

こちらも、天然由来の染料と低刺激の化学染料で髪をコーティングするのですが、利尻と比べてより暗く染まっていくのが特徴的です。

ルプルプを使ってみたときの実験画像

特にダークブラウンを見てみると、使用してくたびに濃く染まっていくことがわかりますね。

ただ、染めた後の髪の質感は利尻とほとんど変わらず、さらさらとツヤのある髪へと変わっていきました。

そう考えるとLpLpはより地毛に近い色合いに仕上げていきたいと思っている人にお勧めといえるのではないでしょうか。

マイナチュレ

最後に紹介したいのがマイナチュレ。

この商品は天然由来の植物染料を使わず、化学染料のみで髪をコーティングするため、しっかり色を付けることができます。

しかも、白髪を染めるだけではなくスカルプケアやヘアケア、そして髪のエイジングケアといった4役こなすことができるのもポイントの一つ。

ただ、低刺激とはいえ化学染料のみで染めるので、上で紹介した商品と比べて少しかぶれないか心配ですね。

とはいえ、髪の色だけではなくうねりやへたりも気になっている方は使ってみて損はないと思いますよ。

悲惨な思いをした人でも白髪染めで成功した!と感じる日、来てます!

ここまで読んでみて、ジアミンでかぶれた!失敗した!と思った人の、新しい白髪対策として「染めること」から、「染めずに隠すこと」へ意識を変えつつ、使う白髪染めもカラートリートメントが無難。

とはいうものの、本当にカラートリートメントで白髪を目立たせることが、本当に一番無難な方法なのか、納得できていない方も多いはず。

でも、実際にほかの方の意見を見てみると、かぶれから解放されてストレスフリーできれいな髪色に仕上げることができた、成功者も多いのも事実なんですよ。

改めて見てみるとわかりますが、カラートリートメントで白髪を染めるってことは、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めで染めたい人にとっては定番中の定番。

中には染める時間を短くして染める頻度を増やしたり、ドバっと大量につけたりするなど、使い方を自分好みにアレンジしている人も見られます。

そう考えると、ヘアカラートリートメントってノンジアミンの白髪染めの中でも、かなり使い勝手が良く気軽に使えるもの、なんて考えることもできますね。

まとめ

最後にもう一度だけ言います。

ノンジアミン・ジアミンフリーという言葉を信用して白髪染めをあれこれ試しても、ジアミンは不使用でもほかの危険な成分がかぶれを引き起こすので、最後は結局泣く羽目になるだけ。

だったらそもそも白髪を染めるのではなく、隠すように認識を変化させた方が無難であり、確実にかぶれず仕上がりにも満足できるんです!

そのためにも、今回紹介したカラートリートメントはまず何か試そうと思ったときに、最初に使ってみて損はないと思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です