色落ちしない白髪染めは可能!?実は色落ちを気にせず白髪染めって出来るんです!

「この前白髪染めしたはずなのに…」
「2週間しか経ってないのにもう白髪…しかも長い…」

セルフ染め・美容院での白髪染めに限らず、鏡を見て思っている以上に色落ちが早いなと感じるけど、短いスパンで何度も何度も染めるとなると、髪へのダメージも気にはなる。

髪を染めたことがあるからこそ気になる、そんな色落ち問題にアナタも直面しているはずですし、

  • 一体何が原因でここまで色落ちが早くなるの?
  • なるべく長く白髪の無い状態を維持するためには何をすればいいの?

こんな疑問を抱いていると思います…が!

実は『色落ちしない白髪染め』って出来ないこともないんですよ。

イヤイヤ、どういうことだと思ったのであれば、是非参考にしてみてください。

チョット白髪染めに対する見方が変わってくると思いますよ。

色落ちしない白髪染め=使う頻度が低いとイメージすること自体が大間違い!?

色落ちしない白髪染め=使う頻度が低いというイメージ自体が大間違い

そもそも、白髪染めで色落ちしてしまう原因は『使っている商品』ではありません。

どれだけ染めても無意味な結果となってしまうのは、実は『傷んだ髪にシャンプーする事』が一番の原因なんです。

白髪染めした髪が色落ちする一番の原因は毎日行う○○だった!?

というのも、一般的なシャンプーって皆さんが思っている以上に洗浄力が強いです。

泡立ちを良くするための界面活性剤に、強い洗浄力を生み出すラウリル硫酸・ラウレス硫酸Naといった成分は、傷んだ髪の汚れだけではなく染料も洗い流してしまい、結果的に色落ちが早くなると言ったことを引き起こしてしまいます。

つまり、どんな白髪染め商品を使ってキレイな髪色に仕上げることが出来ても、髪を洗髪することで染料はガンガン洗い流されてしまうってワケです。

結局どんな白髪染めでも『使う頻度が低い』と色落ちする!

そう考えると、例えばヘアカラー剤のような『染めるスパンが長い』物ってもろに影響が出やすいと思えませんか?

髪の中までしっかり色を入れることが出来ますが、髪は当然傷んでしまう上にシャンプーの強い洗浄力のせいで、色落ちが早くなってしまうのは目に見えて明らかです。

とは言え、シャンプーを全くせずに湯シャンのみの生活にいきなり切り替えるのは難しいですし、何より頭皮に汚れがあるって考えると、ちょっと不潔感はあるはず。

だからこそ、極論を言ってしまえば『毎日使える、最悪2日に1回染める事が出来る白髪染め』を使って、染料が落ちないというよりは落ちるスキを与えない白髪染めをすること。

これこそが実質『色落ちしない白髪染め』と言えるのではないでしょうか。

染める頻度が高い=ダメージが増える白髪染め、これを見て本当にそう言える?

染める頻度が高いとダメージが増えるわけでもない

ただ、白髪染めする頻度が高くなる=髪にダメージが入って余計にボロボロになる、そう思った人も多いと思います。

でも、実はそう思ってしまうこと自体も、色落ちしない白髪染めをしていく為には妨げとなる誤解なんですよ。

そもそも一般的な『白髪染め』は色落ちしやすくなっていく方法だった!?

というのも、そもそも白髪染めで髪にダメージを与えてしまうのって、”髪の中”まで薬剤や染料が浸透してしまうことが一番の原因です。

ジアミンやパラベン、アンモニア水に過酸化水素水といった劇薬は、確かにキューティクルを開き、化学反応を起こして髪の中にある色素を脱色・染色することで発色の良い髪に仕上げることが出来ます。

しかし、その過程の中で一度開いた髪の表面(キューティクル)は2度と完璧に閉じることがありません。

そんな状態になった髪に、シャンプーなどの洗浄力のある物が付いたら?

何度も何度も白髪が気になるからと使い続けたら?

これは簡単に想像できると思います。

白髪染めは全ての商品が髪にダメージを与えるわけではない!

つまり裏を返せば『髪の表面で留まる、定着する』ことが出来れば、髪へのダメージは極力少なくすみますし、仮に毎日使ったとしても問題はありません。

という事は、ヘナにカラートリートメント、ヘアマニキュア…この辺りのような商品を使うことが色落ちしない白髪染め対策として必要なものになってくる、そう言えるのではないでしょうか。

どれでもいいワケじゃない?実質”色落ちしない白髪染め”を実現するための注意点!

色落ちしない白髪染めを実現させるための条件

どの白髪染めでも色落ちは確実にあるけど、毎日染める事で実質”色落ちしない白髪染め”は可能、そして毎日白髪染めするためには”髪の表面に留まり定着すること”が大切。

ただ先ほども軽く触れたように商品は色々とある為、どんな白髪染めを選べばいいのか迷ってしまうと思います。

しかし、コレからお話する3つのポイントさえ押さえておけばすぐに見極められますよ。

放置時間の応用や使い方のアレンジが出来る

「髪に色が定着する為には1時間以上放置する必要がある」

いきなりですが、こういわれて毎日使える!って考える人は少ないはず。

仕事に家事にと毎日は、なんだかんだやる事が沢山あります。

そんな毎日の中で白髪染めをし続けていく為にも、例えば平日は1日15分~30分。

休日は時間があるし1時間ガッツリ使おう!

もっと言えばお風呂に入っている間にチャチャっと白髪染めを済ませちゃおう!

そんな放置時間の応用が出来た方が続けやすいし、キレイな髪も維持しやすいと思います。

だからこそ、放置時間の応用が出来るかどうかは大切なピースなんですよ。

1回でもある程度染まってくれる

髪の表面に染料が定着する白髪染めって、当然ですがヘアカラーと比べて染まりはよくありませんし、商品によってもどう染まるかはまちまち。

早い話しっかり染まってくれるものもあれば、全く染まらない物もあるってワケです。

だからこそ、どんな染料が使われていて髪に定着しやすいか見ておくようにしましょう。

具体的にはHC染料・塩基性染料のどちらも使われていて、かつ実際の染まり具合を事前に確かめることが出来るかどうか。

ここに注目するとより見つけやすいと思いますよ。

使い続けることで髪質が良くなってくれるかどうか

いくら髪の表面に定着する白髪染めで髪への負担を最低限にするとは言え、髪にパサツキが出たりまとまりがなくなったりしないわけではありません。

使い続けることでボサボサになって、何故か貧相な状態になってしまうこともあるんですよ。

だからこそ最低限、髪を補修・保湿する為の何かも一緒に入っているかどうかもチェックしておくようにしましょうね。

条件を満たした『色落ちしにくい白髪染め』が出来るのは○○だけ

条件を満たした白髪染めはこれ

そして条件を満たした白髪染めって、実はカラートリートメントしかありません。

ヘナは毎日使うと考えると、放置時間が長く自分の自由な時間の全てを白髪染めにつぎ込む必要が出てきますし、ヘアマニキュアは染料にタール色素と呼ばれる髪に悪影響な染料が使われているので、毎日染めるとなるとやや危ないです。

一方でカラートリートメントはほとんどがHC染料・塩基性染料、加えて植物染料が使われることが多く、髪にしっかり定着し徐々に白髪が目立たなくなっていきます。

加えてその名の通り、トリートメント効果も期待できる商品が多いため、例えば毎日のシャンプーの後のコンディショナーとして使うことも可能です。

具体的にどんな白髪染め”商品”から試してみた方が良い?

利尻ヘアカラートリートメント

そんなカラートリートメントタイプの白髪染めの中でも、まずこれから始めておいて損はないよって商品が、皆さんも見かけたことがあると思う『利尻ヘアカラートリートメント』

利尻ヘアカラートリートメントの各色の染まり具合

※50%白髪の毛束に30分放置し洗い流しています

長きにわたって販売され続けていることもあってか、1回の染めでもかなり色が定着してくれますし、画像では伝わりにくいですが使用するたびに髪へのまとまりが生まれ、艶のある髪へと導いてくれます。

加えて、放置時間も今回は説明書通り行いましたが、下のように長く置いて見たり短い時間で染めてみたりしている人が多く、自分のライフスタイルに合わせて使い方を変えることが出来るのもポイントですね。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ①
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ②

このように、カラートリートメントは使用する人の都合に合わせて、色落ちしない白髪染めを続けていくことが出来る、非常に使い勝手の良い商品なんですよ。

白髪染めが色落ちして服への色移りするのを防ぐのは超簡単

白髪染めの色落ち・色移りを防ぐ超簡単な方法

ここまで『色落ちしない白髪染め』方法についてあれこれお話してきましたが、この記事を読んでいる人の中には、『色落ちもそうだけど色移りも超気になる』という人も多いと思います。

結論から言うと、その心配ははっきり言って”考えるだけ”ムダです。

そもそも先ほど挙げたカラートリートメントを初め、ヘナやヘアマニキュア等の『髪の表面に染料が定着する』白髪染めってよほどのことが無い限り色落ちすることはありません。

早い話、大雨の日に傘なしで街中を歩いたり、プールに入ったりするなど、よほどのことが無い限り色落ちするワケが無いんですよ。

ただ、『髪に余分な染料が残っている』場合だと話は別。

汗やちょっとした雨などで色落ちすることがあります。

だからこそ、洗い流しは丁寧に。
ただしシャンプーは使わずお湯でしっかり落とすようにしましょう。

そして気になるのであれば白いタオルを使わなければいい、たったこれだけで色移りは気にならなくなると思いますよ。

まとめ

最後にもう一度言わせてください。

どれだけ髪に薬剤を浸透させても次の日には必ず色落ちし始めますし、その上使い続けると髪がボロボロになって余計に色落ちしやすくなるだけ。

だからこそ、色落ちしない白髪染めをしたいのであれば、『髪の表面に染料が定着する白髪染めを毎日使い続ける事』が大切だと思います。

今後も気になり続ける白髪をどう対処していくか、今回お話したことに少しでも共感したら、是非カラートリートメントから試してみてはどうでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です