えっ陰毛って白髪染めして良いの?衝撃を受けたアンダーヘアの白髪は毎日10分前後の習慣で全て解決する!?

「う、ウソでしょ…!?」

入浴中などで何気なく見たアンダーヘアに、キラッと光る白い毛を見つけてしまうとかなりショックですよね。

年齢的に数本白髪があるのは許せますが、アンダーヘアの白髪は『老い』を突き付けられたような気がしますし、何より恥ずかしくてパートナーに見られたくない!

けど、正直どう処理するのが正解かもわからないし余計に白髪も増えるかも…なんて思ってアンダーヘア(陰毛)の白髪対策に悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、そんな皆さんがとにかく気になるアンダーヘアの白髪対策についてお話していこうと思います。

誰にも聞けない悩み、ここで解決しちゃいませんか?

そもそもアンダーヘアの白髪はなぜ生える?

そもそもアンダーヘア(陰毛)の白髪はなぜ生える?

まずはココから解決していきたいですよね。

頭の白髪と違って陰毛の白髪は、1本あるだけで最強の破壊力がある加齢サイン。

でも、実は陰毛の白髪=加齢ってわけでもないんです。

陰毛白髪は大きく分けて4つの原因が考えられる

というのも、そもそも白髪って髪に色を付けるメラニン色素の働きが、何らかの原因で正常に働かなくなることで生えてしまうもの。

早い話、頭の白髪と陰毛(アンダーヘア)の白髪も原因は一緒

陰毛の白髪は頭より後に増え始めるから、どうしても40代辺りから気になり始めるってだけなんですよね。

そんな白髪の原因となるのが、下の4つの原因。

  • 加齢(老化)によるメラニン色素の機能低下
  • ストレス過多によるメラニン色素を作るメラノサイトの異常
  • 生活習慣の乱れによるメラノサイトの異常
  • 栄養不足によるメラノサイトの異常

こうして見てみると、アレ?って思った方も多いはず。

そう!白髪って実は加齢以上にアナタ自身の生活の中で増え始める可能性が高いんです。

だから、例えば過度なダイエットをして栄養不足になったり生活習慣が乱れたりすることで、アンダーヘアに白髪が急に増える…と言うこともあり得ちゃいますし、逆に生活習慣や食生活、ストレスの発散などで治る見込みだってあるんです!

今ある陰毛の白髪の対処法は○○がベストアンサー!?

今生えている陰毛(アンダーヘア)の白髪は○○がベストアンサーだった!?

とは言え、いくら生活習慣を見直したとしても、陰毛に今ある主張の激しい白髪を何とかしたいトコロ。

そんな時に思い浮かぶ対処法といえば、切る・抜く・剃る・脱毛・染めるといった方法だと思いますが、実はこの中にやってはいけない方法が3つも隠されているんですよね。

陰毛に白髪!抜いちゃえ!…コレ、一番やっちゃいけないことだった!?

まずはコレ!
鏡を見て「ギャーこんなところに白髪!」と、ついついプチッと抜いてしまうことって皆さんもやりかねないことだと思います。

しかし、抜いてしまうと毛穴が開き、炎症が起きたり埋没毛になったりと肌トラブルのリスクが高まりますし、髪の毛を作る細胞にダメージを与え周辺の毛まで白髪になることも…。

そのため、”抜く”ってかなり危険な行為と言えちゃうんですよ。

ハサミでチョキン♪と切るのも良いけど待っているのは『痒みとの闘い』

数本程度だからいいじゃん!肌に負担もかからないし!

そう思ってハサミで短く刈ってしまうこと。これもあまりオススメできない方法。

確かに肌に負担がかかりにくい方法ではあるんですが、超チクチクするんですよね…。

ぶっちゃけ、やんなきゃよかったと思えるくらい、毎日痒みや痛みとの闘いが待っている。

もっと言うと、少しずつ伸びてきたら今度は下着の布地から、にょきっとアンダーヘアが出てくることもあります。

そんなみじめな気持ちになりたくないなら、はさみで切ることは避けるようにしましょう。

他の陰毛もまとめてカミソリで剃るのも同様

ちなみに、カミソリや電気シェーバーなどで剃ってしまうのも同じ!

毛先が丸くなるかもしれないけど、伸びてきたらチクチク気になってしょうがなくなるだけなので、辞めておいた方がいいと思いますよ。

脱毛は確実だけど、とにかく費用面が気になるトコロ…

「ムダ毛だし、白髪がこれ以上増える前にまとめて脱毛しちゃえ!」

確かに脱毛して白髪との悩みからオサラバすることはできますし、衛生面でも安心できるかもしれません。

でも、そもそも脱毛って毛根が白くなってしまうと効果ありません。

既に白髪になりきった、一番気になる毛は脱毛されないんです。

それにココだけの話…「白髪が気になるんです!」って言って脱毛サロンに通えるほど、強いメンタルを持っていますか?

先ほども言いましたが、白髪は加齢以外に生活習慣の見直しができれば、また黒髪に戻る可能性もあります。

そう考えると、恥をかきながら高い料金を払って白髪が残ってしまう脱毛って、意味があるのでしょうか。

結局みんな陰毛白髪を『染める』所に落ち着く

このようにアンダーヘアの白髪の対処方法ってなんだかんだ言って結局『染める』所に落ち着いてしまうんですよね。

染めるだけならチクチクかゆくなることもなければ、そこまで費用も掛からないですし。

アンダーヘアに白髪染めを使うことを知った人
アンダーヘアに白髪染めをしている人
アンダーヘアに白髪染めを試そうとしている人

※デリケートな話題の為、ユーザー名は伏せさせていただきます。

もっと言うと、意外と多くの方が頭の白髪染め感覚でアンダーヘアを染めてしまう方も少なくありません。

そう考えると、無難と言えば無難な方法として染めてしまうのが一番と言えるのではないでしょうか。

陰毛の白髪染めは一般的な白髪染めと比べて条件がちょっとだけ違います!

ただ、いくらアンダーヘアの白髪を『染める』と言っても、アンダーヘア用の白髪染めなんて商品はありませんし、ドラッグストアなどで購入できるヘアカラーで染めたいとも思えないですよね。

ただでさえかぶれやアレルギー症状が頭皮で起きかねないのに、超デリケートな部分に塗ると何が起きるかなんて容易に想像できるはず。

だからこそアンダーヘアの白髪染めは以下の3つのポイントが重要になってくるんですよ。

危険な薬剤が使われていないことは大前提!

そもそも、ヘアカラー剤のような白髪染め商品ってジアミンやパラベンなどと言った、耳にしたことがあるような薬剤が毛の中まで浸透して化学反応を起こして発色の良い髪に染めています。

ただその分、先ほど軽く触れたようにかぶれやアレルギーに繋がりやすくなるので避けておきたい所。

そのため、まずはジアミン・パラベン・過酸化水素水と言った『髪の中まで作用する成分』が使われていないかどうかはチェックしておくようにしましょう。

短時間の染め時間である程度染まってくれること

また、アンダーヘアの白髪染めは頭の白髪染めとは少々勝手が違います。

実際に染料を塗った後そのまま長時間放置すると言うことは、その時間ずっと下半身を露出したまま過ごすことにもつながります。

そんな時に来客があったり家事をしたりすることはまずできませんよね。

だからこそ、放置時間は最高で15分。

お風呂に入っている間にパパっと染められるものかどうか見ておくようにしましょう。

扱いやすく、周囲を汚さないこと

そして何より重要視したいのが、肌や床・壁についてもすぐに落とせること。

アンダーヘアってそもそもパートナーやお子さんなどの特定の人にしか見られることはありません。

とは言え、染料が肌についたままなかなか落ちなかったり、浴槽や床に色が残ったりしたままだと明らかに染めたことがバレますし、ドン引きされること間違いなし。

そう考えると、地肌についても色残りせず、サッとお湯や洗浄剤などで落とせるかどうかもチェックしておくことが大切です。

条件を満たしている陰毛におすすめの白髪染めは白髪用のカラートリートメントだけ?

そして、上記の条件をすべて満たしている物になるのが…ズバリ白髪用のカラートリートメント!

確かにヘアカラー剤以外の白髪染めと言うとヘナやヘアマニキュアといったものも考えることができます。

しかし、ヘナはしっかり染まるまでに1時間から2時間はかかってしまいますし、ヘアマニキュアは染料にタール色素と呼ばれる石油由来の染料が含まれている為、若干の不安が残っちゃうんですよ。

その点、白髪用のカラートリートメントは毛の表面に染料が定着し、徐々に白髪を目立たなっていきますし、使われている染料も刺激が少ない染料や植物由来の染料などを使っている為、比較的安心して使えます。

地肌を傷めることもなく、濡れた状態だと飛び散ってもすぐに落とすこともできることも考えると、アンダーヘアの救世主と言っても過言ではないかもしれません。

中でもまず試してみたいのが『利尻ヘアカラートリートメント』

利尻ヘアカラートリートメントの紹介

そんな白髪用のカラートリートメントの中でもまず試してみて損はないのが、利尻ヘアカラートリートメント。

天然染料+HC染料・塩基性染料で染めるため、アンダーヘアの白髪を比較的安全に染めることができますし、美髪成分がたっぷり含まれているのでギシギシすることもありません。

加えてテクスチャが床や手、肌についてもサッと洗い流せます。

ただ、1点だけデメリットとなりそうなのがその価格…と言いたいんですが、アンダーヘアに塗ることだけに使うのであれば、そこまで大量に使うこともないので気にすることでもないですよ。

陰毛の白髪対策で利尻ヘアカラーを使う人って意外に多い

陰毛に利尻ヘアカラーを使って白髪を目立たなくさせている人
陰毛に利尻ヘアカラーを使って白髪を目立たなくさせている人
陰毛に利尻ヘアカラーを使って白髪を目立たなくさせている人

※デリケートな話題の為、ユーザー名は伏せさせていただきます。

もっと言うと、利尻ヘアカラーでアンダーヘアの白髪を対処している人って意外に多いのも事実。

実は定番のアンダーヘア対策と言えちゃうんですよね。

そう考えると、試しに使ってみるのも一つの手と言えるのではないでしょうか。

陰毛の白髪染めって本当に正解?染めて良かった・悪かった話を聞いてみた

さて…ここまでアンダーヘアの白髪対策について、いろいろとお話したうえで「染める」ことに落ち着くと紹介してきましたが…

そもそもの話、陰毛の白髪染めをして本当に良かったと言えるのかも気になるトコロ…。

白髪染めに対する疑問

(事実、こんな声も上がっていますし…)

そこで最後になりますが、陰毛の白髪染めに挑戦した!という人の意見をちょっと集めてみたので紹介していこうと思います。

「まだちょっとアンダーヘアの白髪染めに抵抗がある」

なんて人は是非参考にしてくださいね。

婦人科の検診で恥ずかしい思いをしなくなった

30代後半からちらほらとアンダーヘアに白髪があったけど、家族以外に見せるわけじゃないし、「ま、いいか」って感覚で過ごしていいたんですが、婦人科の検診で見られた時に著恥ずかしくって…。

だから思い切って染めちゃいました!カラートリートメントで!

付いたらヤバそうなところを避ければ問題ないし、染めた後はなんだか若返った気分(笑)

隠れたところで女を維持してるって、結構気持ち的に余裕ができました。

男として自信を持てる

やっぱり陰毛に白髪があると、白髪=老化って感じがして、どうしても精力も落ちてるんじゃないかって気持ちになるんですよね。

だから最初は見つけるたびに抜いたりしてたんだけど、年を食うとだんだんと本数が増えて、抜くのが疲れるし何よりその部分だけ禿げる(笑)

イヤ、笑い事じゃねーだろって思って染めるようにしたら、コレがまた結構いいのよ。

ちょーっと染めるときに気を使わないといけないのが面倒だけど、陰毛に白髪がないだけで、若いもんには負けないぞって気持ちになれるし、自信にもつながる。

そのおかげか、この年になってもまだまだ夜の方も現役です(笑)

1回染めて失敗したので脱毛しちゃいました!

個人的にはナシでしたね。
私の場合、デリケートゾーンギリギリに白髪が数本あったので、結構ヒリヒリしてすぐに洗い流したので白髪も結局そのまま。

だから思い切って脱毛しちゃいました!

ちょっとお値段的には背伸びしたけど、変に気にすることもなくなったので、気持ち的には楽になったかなと。

ただ、40過ぎてツルツルな状態だから、温泉とか行くと結構な確率で凝視されちゃうのが嫌ですね(笑)

まとめ

陰毛(アンダーヘア)に白髪…

1本あるだけでも精神的なダメージは大きい上に急速な『老い』を感じますが、それ故に確実に根絶したいと思うはず。

だからこそ、切る・抜く・脱毛すると言った対処よりも染めてしまうのが無難で手っ取り早いです。

中でも特に白髪用のカラートリートメントは、気が付いたときにサッと気軽に使えるので、重宝しておきたい所。

恥ずかしい気持ちになる前に、誰にも知られない気軽な対策を始めていきませんか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です