白髪染めトリートメントの超簡単!でもめっちゃ染まる使い方、教えます!

p=4423_2_top

 

どれだけ染めてもなーんか染まった気がしないし、染まってもすぐに色落ちしちゃうしな…

そう思って白髪染めトリートメントで白髪対策するのを辞めようとしている方、ちょーっと待った!

確かに白髪染めトリートメントって徐々に染まる特性上、染まりが悪いように感じるし、髪の表面に色が定着するので、色落ちもそこそこ。

でも、使い方一つで染まり具合も色落ちも良くなるし、なんなら髪質まで良くしていくことが出来るんです!

今回は、そんな「めっちゃ簡単なのに超染まる!」と断言できる白髪染めトリートメントの使い方を皆さんに伝授しちゃいます。

難しいテクニック一切なし!

誰でもできる超簡単な方法を紹介していくので、白髪染めトリートメントをこれから使う、なんて人も是非参考にしていってくださいね♪

>>まだ白髪染めトリートメントを使ったことがない人はこちら

絶対に失敗しない白髪染めトリートメントの使い方はココに注目!

p=4423_2_1

そもそも白髪染めトリートメントを使って失敗する一番の原因は、『間違った使い方』を適当に行ってしまっていること

確かに使い勝手の良い白髪染めトリートメントだけど、絶対に染まらない使い方だと失敗して当たり前です。

だからこそまずは、基本的な使い方の中でも特に注意しておきたいポイントを一緒に再確認していきましょう。

白髪染めトリートメントを使う前にやっておきたい・知っておきたいこと

「それではさっそく白髪染め!」と行きたいところです…が!

事前準備を一切しないまま髪を染めてしまうと大きな失敗に繋がるので気を付けてください。

というのも整髪料や汗、皮脂にホコリなどが付いたままだと、髪に染料がうまく付かないこともあって色ムラが出来やすくなってしまうんですよ。

白髪染めをしたときに鏡を見て色が不自然だったら、当然イヤだって思いますよね…。

それを防ぐためにも白髪染めをするときは事前準備として

  • ブラッシングをして皮脂やホコリを少なくする
  • シャンプーで髪をスッキリキレイにする

という風に、あらかじめ髪をキレイな状態にしておきましょう!

白髪染めトリートメントを髪に付ける時はここに注意しておこう!

そして事前準備が整った方は白髪染めトリートメントをさっそく塗っていきましょう。

このときに髪が濡れていた時はタオルなどで髪の水気を拭き取ってくださいね。

そのうえで

  • 白髪部分を中心に染料を伸ばしていく
  • 髪全体に塗り終わったらヘアキャップをかぶって保温する
  • サッと色を付けたい方は10分。しっかり染めたい方は30分を目安に時間を置く。

という流れに沿って白髪を染めましょう!

白髪部分を中心に染料を伸ばしていくことでムラのないキレイな髪にできますし、髪を保温することで染料や保湿成分がしっかりと浸透させることができますよ。

完璧な染まりを体感したいなら洗い流すときに○○をしない方がいい!

そして、染料を落とすときや乾かすときも適当にやるのはNG

  • 洗い流すときはお湯が透明になるまでしっかり注ぐ
  • タオルで軽く水気を取ってからドライヤーを使う

という風に最後まで意識するのが仕上がりに満足できるコツ!

この注ぎが不十分だとタオルや服などに色が付着するので、何回も注いでお湯の色を確認しながら洗い流してくださいね。

また、アフターケアとしてタオルで軽く水気をとった後にドライヤーを使いますが、温風で髪を温めることでトリートメントがしっかりと定着し、仕上がりが完璧になります。

そのため、ドライヤーを使う時は持ち上げるようにして髪の束を作りながら、気になる部分を優先して乾かすようにしましょう。

以上の流れに沿って染めるだけで、いつも以上にキレイな仕上がりになりますよ!

4423_btn_1

それでも染まらないのは使い方じゃなくて白髪染めトリートメント自体に問題あり!

p=4423_2_2

基本的な使い方ではありましたが、ちょっとしたコツも加えることでかなり染まりが良くなるということがわかったと思います。

ただ、上で紹介した使い方を全て実践したとしても、そもそも染まらない白髪染めトリートメントを使っていたら染まりが良くなることはないんですよ。

白髪染めトリートメントにも『染まる・染まらない』商品はあります!

というのも白髪染めトリートメントにも確実に染まった!を実感できる商品と、どんなに正しい染め方やコツを試してもなかなかキレイに染まらない商品があるんです。

つまりここを読んでいる方の中には、正しい使い方ができているのに使っている商品が原因でうまく染まっていない可能性があります。

せっかく正しい染め方を覚えたのに、実践してもあまり染まらなければ意味ないですよね。

だからこそまずは、基本的な使い方の中で特に注意しておきたいポイントを一緒に確認していきましょう。

だから失敗していた!?失敗しやすい白髪染めトリートメントの特徴まとめ

そこで気になってくるのが「失敗しやすい」白髪染めトリートメントの見分け方なんですが、実は3つのポイントにさえ気を付けておけば簡単に見分けることができるんですよ。

逆にここがわからないとこれからも失敗する可能性が高いので、白髪染めトリートメントを購入する時はよく確認して該当する商品を避けるようにしましょう。

『お風呂で簡単!5分で染まる』なんて書いてたら確実にアウト

そこでまず気を付けてほしいのが髪に付ける時間が極端に短いもの。

一見すると良い商品に思えますがそういった商品はそもそも染まりが弱いことが多いんです。

そのため白髪染めトリートメントを選ぶときは極端に短い時間で染まるのをアピールした商品は避けると良い商品を見つけやすくなります。

使われている染料が1つだけ

また、使われている染料が1つだけの商品も要注意!

染料が少ないと染まりも比較的弱いので、仕上がりに満足したいならこういった商品は避けた方が無難です。

商品の裏面を見たときにHC〇〇や塩基性〇〇といった風に書かれているので、いい商品を選ぶときは複数の染料を使っているものを選ぶといいでしょう。

ある程度色持ちが良いこと

また、その上で最後に色持ちが良いか悪いかも確認してみてください。

いくら染まりが良くてもすぐに色落ちしてしまっては意味がないですからね。

1回で確実に染まり、なおかつ色持ちがいい商品をチェックすることで仕上がりに不満を持つことが少なくなるでしょう。

4423_btn_2

マジで染まる!白髪染めトリートメントを使うならコレ、使ってみて!

p=4423_2_3

そして、失敗しやすい白髪染めトリートメントとは真逆。

染めたときの仕上がりを見て確実に満足できるのが利尻ヘアカラートリートメントです!

このヘアカラートリートメントはHC染料と塩基性染料だけでなく、植物性染料の3つを配合し、それを10分以上もかけてしっかりと髪にコーティング。

当然染まり具合は抜群の一言!

利尻

このように、まばらに生えて目立った白髪も1回染めただけでしっかりと染まっていることがわかるはず。

そして、染めた後の色が長持ちするのもポイント!

利尻 全色の染色+色落ち

一度付けた色はこのように1週間経ってもまったく色落ちを感じさせません。

つまり、利尻ヘアカラートリートメントってかなり染まりやすいし長持ちするから安心できるし仕上がりにも満足できるってワケ。

たった1回染めただけでキレイに隠れた白髪を見て満足し、安心して毎日を若々しい気持ちで楽しむことができちゃいますよ!

【利尻ヘアカラートリートメントは口コミ評価も高かった!】

p=4423_twiter_1 p=4423_twiter_2 p=4423_twiter_3

そんな利尻ヘアカラートリートメントですが、ツイッターでも「いいね!」の声がたくさんあがっています。

正しい染め方+利尻ヘアカラーで染めちゃえば、満足できる仕上がりを見せてくれるので大好評なんです!

ここを読むあなたも利尻ヘアカラーを試してみれば、このツイートのようにオシャレでキレイな自分を簡単に維持できちゃうので興味が出たらぜひ手に取ってみてくださいね♪

4423_btn_3

白髪染めトリートメント愛用者から学ぶ、ちょっと変わった使い方講座

p=4423_2_4

ここまで正しい染め方と商品についてお話しましたが、実は白髪染めトリートメントを使っている方の中にはちょっとユニークな方法で染めている方もいるんです!

正しい染め方以外にも色んな染め方を知って損はないので、最後にどんな方法で使っているのか見てみましょう。

地毛の色に近づけるために『2本を混ぜて使う』!?

p=4423_twiter_4

「白髪染めを2本使って混ぜるなんて言われても難しそう…。」と感じるかもしれませんが、微量だけ混ぜて明るさを微調整するくらいなら意外とイケます。

もしかするとオリジナルよりもあなた好みに近づくかもしれないので興味を持った方は試してみてはいかがでしょうか!

『毎日5分』の染めで納得いく髪色をキープ!

p=4423_twiter_5

基本的に白髪染めって色落ちが気になった時に染め直すもの。

でも「いちいち毎日色落ち具合を気にしてられない!」って方は毎日5分だけ染めている、なんて人もいるみたいです。

毎日染め直すおかげでトリートメントの減りは早くなるものの、キレイな髪を維持できるので毎日染めるのが面倒に感じないなら試していいかもしれませんね。

超独特!マジで変わった使い方をしている人も!

p=4423_twiter_6

これは超独特なやり方ですが、乾いている時と塗らした後に白髪染めトリートメントを使って色ムラをなくしているそうです。

手間もかかりますし染料も多く使うことになるので滅多にはできませんが「今回はガッツリ染めて長持ちさせたい!」と思った時にやってみるのもいいかもしれません。

4423_btn_4

まとめ

適当に白髪染めトリートメントを使っても失敗します。

でも、今回紹介した使い方を実践すればその可能性をガクッと減らすことができるでしょう。

ただそれだけでは不十分でしっかりと色が付く白髪染めも使わなくてはいけません。

今回紹介した利尻ヘアカラートリートメントならばっちりですので、気になる白髪をすっきり綺麗に染めてみてはどうでしょうか!

もう白髪を気にしなくてもいい生活が確実に手に入るはず。

 


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です