白髪染めリタッチのコツ大全!ここさえ押さえておけば簡単キレイな白髪ゼロの髪色に!

白髪染めリタッチのコツ大全!ここさえ押さえておけば簡単キレイな白髪ゼロの髪色に!

「白髪が浮いてきたところだけ染めるのって意外と難しい!」

白髪染めのリタッチをしたことがある人なら、1回は必ずこう思ったこともあるはずです。

確かに、新しく生えてきた白髪は目立って気になるから染めたくなりますし、でもうまく染まらなかったら…と思うとなかなか染められない。

かといって、放置するのは自分の元の髪色に合わなくて逆に色が浮きそうだし、白髪に微妙に色が残っているとカラー選びも何が良いのか分からないですよね。

特に、納得いく仕上がりにするためにはなおさら何をすればいいのか、リタッチのコツがあれば知りたい!と思うのも当たり前だと思います。

そこで今回は、少しでも完璧にリタッチしてキレイな髪色に仕上げるためのコツをまとめてみました!

これさえ押さえておけば、これからの白髪対策もグッと楽になると思いますよ!

これで完璧!白髪染めでリタッチするときはココに注目すれば完璧に染められる!

これで完璧!白髪染めでリタッチするときはココに注目すれば完璧に染められる!

そもそもセルフで染めるのが難しいのは知っているけれど、一番お手軽に済むからどうしても自分でリタッチしたいと考える人は多いはずです。

だからこそまずは白髪染めのリタッチのコツを紹介していくので、二度と失敗しないためにも、要チェックですよ!

使う白髪染めは『クリームタイプ』がベスト

白髪染めって、先ほども言った通り一言で言っても色んな種類がありますよね。

ヘアカラーにも色んな種類があるため選ぶのが大変

泡タイプのものやクリームタイプのもの、液体タイプのものなど様々です。

おそらく、細かいところまで染められる泡タイプが良いんじゃないかと思う人が多いかもしれませんが、実はリタッチに向いているのはクリームタイプの白髪染めなんですよ!

と言うのも、リタッチで基本的に染めるのって白髪が生えてきた根本部分ですよね?

つまり、根元がしっかり染まるものを選ぶのがベストってことになります。

そう考えると、泡タイプは全体を染めるのに向いているため細かいところまではしっかり染まりませんし、液体タイプは液だれの心配もあり根元部分だけ中心に染めると言うのは素人ではなかなか難しいです。

それに比べてクリームタイプは泡タイプや液体タイプと違い、クリーム自体が固めのため根元部分にしっかり白髪染めを塗り込むことができるので、リタッチに向いていると言えるんですよ。

ケチらずたっぷり塗ることは忘れずに

それから白髪染めと言うとつい節約して使いがちになりますが、実はそれはよくない事なんです。

でも髪の毛の量や髪質によっては、使っているうちに足りなくなるため節約しないと…と言う人もいるかもしれません。

実は節約して塗ると色ムラの原因になることがあるため、失敗した!となりやすいんです。

目立ってきた白髪を隠すために染めるのに、色ムラになったら意味ありませんよね。

つまり、ヘアカラー剤は惜しみなく使った方が良いため、足りなくなる人は多めに白髪染めを用意しておいた方が良いんですよ!

細かくブロッキングして髪をかき分けながら染めよう

また、染めるときにそのまま髪全体に塗り込む人もいるかもしれませんが、実はここもコツが必要。

今までのようにそのままヘアカラー剤を全体に塗り込むのではなく、髪を細かくブロック分けしてから塗ると、細かいところまでしっかり出来て良いんです。

特に生え際は髪をよけて塗らないとセルフで行うときは見えづらいですし、塗りやすさをアップするためにも必要な事だというのはなんとなくわかりますよね。

もし髪をブロック分けするのなら、ヘアピンで大体3~5ブロックに分けるとリタッチしやすくなりますよ。

セルフカラーのリタッチには限界があることも覚えておこう

最後に重要なのが、実際に自分でキレイに塗れる範囲はおおよそ決まっているということです。

だいたいフェイスラインの生え際から5センチくらいが、ギリギリ自分で出来る範囲になります。

わかりやすく言うと、上目づかいで鏡を見た時にギリギリ見えるか見えないくらいのところが、セルフカラーが出来るリタッチの限界ラインなんです。

逆を言えばそれ以上の範囲は自分でやってもきれいに出来ませんし、リタッチの意味もなくなってしまうため、それより後ろは家族や他の誰かにやってもらうことを考えた方が良いと思いますよ。

えっマジ?小難しいテクニック不要のリタッチする方法もある!?

えっマジ?小難しいテクニック不要のリタッチする方法もある!?

ここまでリタッチのコツを紹介してきましたが、そこまで細かくやるのなら部分染めの方が良いんじゃない?と思った人も少なからずいると思います。

確かに部分染めの方がリタッチよりも楽に出来そうだし、さっきみたいに細かいところまで気にしなくても済みそうですよね。

しかし、実はリタッチのために部分染めをしようって考えること自体が、失敗の原因になってしまうんです!

こまめに『染める』となると髪や頭皮へのダメージ大!

と言うのも、部分染めはヘアカラー剤の白髪染めを使って気になる部分だけ染めるため、リタッチ(根元染め)に使うのは大変危険。

根元付近は当然皮膚に近い場所となるため、そんな部分に月に何度も白髪染めを塗るのはかぶれやジアミンアレルギーなどの原因にも繋がりやすいです。

それに、ヘアカラー剤を使うってことは頭皮だけではなく髪も傷みやすいってことですし。

特にヘアカラー剤の白髪染めは「染める」ことが目的のため、根元付近の白髪を「隠す」だけのリタッチには不向き。

つまり、リタッチを行うのであれば「染める」のではなくもっと別の方法で白髪を隠した方が、リスクを負わずに済むんです!

ゼロテクでリタッチするなら『白髪染めトリートメント』がかなり使える!

そこで注目したいのが、リタッチにも向いている白髪染め用カラートリートメントの存在。

先ほども言った通り、ヘアカラーの白髪染めは白髪を「染める」ことが目的ですが、カラートリートメントは「染める」のではなく「ぼかす」ことが目的のため、徐々に白髪が目立たなくなるように染めることが出来ちゃいます。

つまり、それだけ髪や頭皮へのダメージを最小限に済ませられるため、根元付近に使っても安心出来る白髪染めなんですよ。

それに、文字通りトリートメントなので髪や頭皮を保護・保湿してくれるのもポイント。

傷みが少なく済むだけじゃなく、さらに髪と頭皮を守ってくれるため万が一かぶれそうになっても、症状を最小限に抑えられることも出来るんです。

しかも髪全体にべったり付けても気になる白髪だけを隠すため、さっきのコツのように細かい手間いらずにゼロテクで使えるのも嬉しいポイントだと思いますよ。

リタッチに役立つ白髪染めトリートメントを使うならココに注目!

リタッチに役立つ白髪染めトリートメントを使うならココに注目!

そして、そんなリタッチに役立つ白髪染めトリートメントを選ぶには、以下の3つのポイントに注目するとOK!

商品によってどういう特徴があって、効果はどういうものを推しているのかなども理解したうえで、ココに注目すると見つけやすいですよ。

気になったタイミングでいつでも使えるか

最初に重要なのはいつでもすぐに使えるか、という点。

いつでも使えるという事は、ヘアカラー剤の白髪染めのようにジアミンやパラベンと言った危険な成分が配合されていないため、髪と頭皮が傷むことがありません。

見分け方としては、例えば毎日使っても良いものなどを選ぶと白髪が気になった時点ですぐに染めることも出来て良いと思いますよ!

1回の染めである程度しっかり染まってくれること

また、しっかり染めるのなら染まりを見るのも大事!

ヘアカラー剤の白髪染めは化学反応でキューティクルを開いて髪の中まで染めるため染まりが良いのに対し、トリートメントタイプの白髪染めは髪の表面に染料をコーティングして染めるため、染まり具合が落ちるんです。

しかしトリートメントタイプは植物性染料・塩基性染料・HC染料が使われていれば1回でそこそこ染まるため、最低でもこの3つの染料が使われているかどうかは見ておきましょうね。

髪や頭皮への影響がほとんどないこと

それから髪や頭皮をきれいに保てるかも重要です。

どの商品もトリートメント効果がありますが、問題はどのような効果が期待できるかということ。

トリートメント効果が充実していないと染めたときに髪がパサつきますし、場合によっては頭皮がボロボロになることもあります。

例えば潤いを与える効果が高いものなどを選ぶと、ツヤツヤな髪ときれいな頭皮を保てるようにもなるので、どういう効果があるのかはチェックしておくと良いですよ!

中でもおすすめなのが『利尻ヘアカラートリートメント』

そんな上記3つのポイントを満たしているカラートリートメントの中でも、特におすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラーは全体を染めるのにも使えてリタッチにも使える優れもの!

利尻ヘアカラーは無添加のため、かぶれる可能性があるジアミン・パラベンなどを一切使っておらず、毎日使うことも出来ちゃう優れものです!

気になった時にいつでも染めることができ、しかも植物性染料・塩基性染料・HC染料の安全な染料を3つも配合しているため、1回でそこそこ染めることも出来るんです。

利尻ヘアカラーは全部で4色用意されているので明るく染めることも可能

しかもトリートメント効果が強く潤いを与える力が高いため、染め上がりはツヤツヤ、頭皮にも潤いを保って髪をイキイキとさせてくれるんですよ。

頭皮は髪の毛が生えている大事な土台のため、頭皮が健康という事は髪も若々しくなりやすいんです。

このようなトリートメントの効果からも、根元付近を染めるリタッチには利尻ヘアカラーが特に向いていると思いませんか?

きっと一度使うとその効果を実感できますよ!

まとめ

セルフでリタッチを行うコツは色々と手間がかかるため、きっと少し面倒くさいと思った人もいると思います。

部分染めなら楽に済みそうな気もしますが、ヘアカラー剤の白髪染めはかぶれやアレルギーを引き起こす可能性もあるため、根元を染めるリタッチには向きません。

リタッチを行うのであれば、利尻ヘアカラーが特におすすめのため、もし手間暇かけずにリタッチしたい!と考えているのであれば、使ってみることをおすすめしますよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です