地肌に優しい白髪染めは利尻ヘアカラートリートメント!

白髪染めトリートメント 地肌

白髪染めで地肌が痛くなった経験のある人は多いと思います。

症状がひどくなると、痛いだけではなくかぶれや炎症につながることも…。

そんなお悩みを解決してくれるのが、みなさんの安全を考えて作られた【白髪染めカラートリートメント】です。

しかし白髪染めトリートメントがなぜ安全な商品と言われているのか、その理由がわからないと信用することができませんよね。

所長

そこで今回は市販の白髪染めで地肌が荒れてしまう原因や、白髪染めトリートメントがどうして肌に安全なのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

是非、最後までお付き合いください。

ヘアカラーの白髪染めで地肌が荒れる理由

白髪染めトリートメント 地肌 肌荒れ

まずはヘアカラーの白髪染めがどうしてみなさんの地肌を荒らしてしまうのか、原因を見ていきましょう。

ヘアカラーには刺激の強い成分が配合されている

ヘアカラーで地肌が痛くなってしまうのは、配合されている刺激の強い成分が原因です。

原因となる刺激の強い成分には以下のようなものがあります。

ヘアカラーに含まれる刺激の強い成分

・ジアミン

・タール系色素

・過酸化水素水

・香料

これらの成分が配合されているヘアカラーは、頭皮を傷めてしまう可能性がとても高いです。

ヘアカラーを行うと毎回頭皮が痛くなる!

という方は、上記の成分が配合されている商品を使っている場合が多いでしょう。

所長

では、刺激の強い成分は具体的にどんな症状をもたらすのかご紹介していきます。

症状① 一次刺激性接触皮膚炎

ヘアカラーの白髪染めが引き起こす肌荒れの1つが【一次刺激性接触皮膚炎】というものです。

この症状は一般的に「かぶれ」と呼ばれるもので、肌荒れを起こす原因物質と接触した人は誰にでも起こり得る可能性があります。

みなさんの中に、食器洗い洗剤で手が荒れてしまった経験がある方はいませんか?

食器洗い洗剤で手が荒れるのと、ヘアカラーで引き起こされる一次刺激性接触皮膚炎は同じような原理なんです。

所長

つまり、白髪染めに含まれている強い刺激成分が皮膚の炎症を誘発することで肌荒れが引き起こされます。

症状② アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎とは、その名の通りアレルギーによって引き起こされる炎症のことです。

これは上記でご説明した一次刺激性接触皮膚炎とは異なり、すでにアレルギーを持っている人だけが発症します。

また、皮膚炎を引き起こす原因物質の【毒性の強さと症状の強さが相関しない】というのも特徴の1つです。

所長

アレルギー性接触皮膚炎は、これまでに肌荒れを起こしたことがない方でも成分との相性によって急に発症してしまう可能性がありますので、みなさんが白髪染めを使用する前には必ず「パッチテスト」を行うように心がけましょう。

白髪染めカラートリートメントが地肌に優しい理由

白髪染めトリートメント 地肌 優しい 理由

では、白髪染めトリートメントはどうして地肌に優しい商品と言えるのでしょうか。

所長

白髪染めトリートメントが地肌に優しい3つ理由をご紹介していきます!

地肌に優しい理由① 脱色を行わない白髪染め

白髪染めトリートメントが地肌に優しい1つ目の理由が脱色を行わないということです。

一般的なヘアカラーの白髪染めは一度脱色を行い、再度色素を入れることで白髪に色を付けています。

このような方法は染毛力が強い反面、髪や頭皮へのダメージもかなり大きくなってしまうのが特徴です。

そこで考えられたのが、脱色を行わず色素を髪の表面に付着させるという方法!

所長

白髪染めトリートメントは色素で髪の表面をコーティングすることで白髪染めをしていますので、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えることができるんです。

地肌に優しい理由② 髪や地肌に潤いを与えてくれる成分が配合

白髪染めトリートメントはその名の通り、トリートメント効果も兼ね備えています。

所長

つまり、地肌を痛めないだけでなく、現状の髪や頭皮をさらにケアしながら白髪染めができちゃうんです!

これまでのヘアカラーでは考えられない効果ですよね。

これらの効果のおかげで、安全安心に白髪染めを行うことができるんですよ。

地肌に優しい理由③ 地肌に優しい低刺激の成分のみを使用

白髪染めトリートメントは脱色を行わないだけでなく、使っている染料も低刺激で頭皮に優しいものを使用しています。

白髪染めトリートメントで配合されている主な染料は以下のようなものです。

白髪染めトリートメントに配合されている主な染料

・アナトー

・クチナシ

・シコンエキス

・ウコンエキス

・藍

・ベニバナ

上記の成分はすべて天然の原料から抽出されたものです。

これらの染料のおかげで、白髪染めトリートメントの安全性はしっかりと確保できているんです。

上記の3つを見てもわかる通り、白髪染めトリートメントは地肌にとっても優しい商品です。

所長

これまでヘアカラーで頭皮が荒れてしまったり痛くなってしまったりした経験がある方は、ぜひ白髪染めトリートメントで安全に白髪染めを行うことをオススメします。

地肌に優しい白髪染めカラートリートメントランキング

白髪染めトリートメント 地肌 優しい ランキング 

では、地肌に優しくきちんと染まる白髪染めトリートメントランキングをご紹介していきましょう。

各商品が本当に地肌に優しい商品なのか、成分も確認してみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント(★★★★★)

利尻ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

【カラーバリエーション】
ブラック、ダークブラック、ナチュラルブラウン、ライトブラウン

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,200円(税込)
通常価格3,300円(税込)
送料550円(2本セットで無料)

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染め商品の全体の中でも、ナンバーワンの売り上げを誇る白髪染めトリートメントです。

天然成分を豊富に使用することで、地肌にとっても優しい商品になりました。

所長

私はこれまでたくさんの白髪染めトリートメントを使用してきましたが、安全性・染毛力、両方においても利尻を上回る商品は他にないのではないでしょうか。

とにかく良質な商品を使いたい!

と思っている方には1番にオススメしたい商品です。

利尻ヘアカラートリートメントの成分を確認してみました。

それでは利尻ヘアカラートリートメントの安全性から見ていきましょう。

刺激の強い成分

・ジアミン不使用

・タール系色素不使用

・過酸化水素水不使用

・香料不使用

染料

・アナトー

・クチナシ

・シコンエキス

・ウコンエキス

上記のように、刺激の強い成分はすべて不使用でした。

所長

特にアレルギーの危険性がある“ジアミン”も不使用でしたので、利尻ヘアカラートリートメントはとっても安全性の高い商品と言えますね。

それでは髪や頭皮に潤いを与える成分はどんなものが配合されているのでしょうか。

見ていきましょう。

髪や地肌に潤いを与える成分

・ミツロウ

・フコイダン

・アルニカ

・アルギン酸

・ミネラル

・グルタミン酸

・加水分解ケラチン

・加水分解シルク

上記のように利尻ヘアカラートリートメントには豊富な潤い成分が配合されていますので、みなさんの頭皮を優しく守ってくれます。

所長

これまでの特徴を見てみても、利尻ヘアカラートリートメントは地肌を守りながら安心して白髪染めを行いたい方にピッタリの商品と言えるでしょう。

利尻 ボタン
【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

【第2位】ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント(★★★★★)

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント基本情報

【主な成分】
塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)、ガゴメ昆布エキス

【カラーバリエーション】
ソフトブラック、モカブラウン、ダークブラウン、ブラウン

【内容量】
200g

【価格】
初回限定2,178円(税込)
通常価格3,300円(税込)
2本定期便1,782円(税込、送料無料)

白髪染めトリートメント第2位のルプルプヘアカラートリートメントは、第1位の利尻にも負けないぐらいの安全性がある商品です。

添加物は一切使わず主な成分も天然の植物から抽出していますので、安心して白髪染めができますね。

所長

さらにルプルプは白髪染め特有のツンとした刺激臭もなく、ラベンダーの爽やかな香りがほのかに香ってくれますので、楽しみながらオシャレをすることができますよ。

ルプルプヘアカラートリートメントの成分を確認してみました。

それでは、ルプルプヘアカラートリートメントの安全性を確認してきましょう。

刺激の強い成分

・ジアミン不使用

・タール系色素不使用

・過酸化水素水不使用

・香料不使用

染料

・クチナシ

・ベニバナ

・藍

このように、ルプルプも刺激の強い成分はすべて不使用!

しっかりと安全性を確認することができましたね。

所長

第1位の利尻と比べると染毛力で多少劣る部分はありますが、口紅の原料である“ベニバナ”や藍染めで有名な“藍”をたっぷりと使用していますので、実力は十分あると言えるでしょう。

では、潤い成分にはどんなものが使われているのか見ていきましょう。

髪や地肌に潤いを与える成分

・ガゴメエキス(フコイダン)

・アルギン酸

・キトサン

・セルロース

・ステアリン酸グリセル

・グルタミン酸

上記の表を見る通り、たくさんの潤い成分が配合されていました。

公式サイトによると、ルプルプは全体重量の94%が美容成分であると記載されていますので、とっても高い潤い効果を期待することができますね。

所長

安心、かつ手軽に白髪染めを行いたい方には特にルプルプヘアカラートリートメントをオススメします。

ルプルプ 地肌 ボタン

【第3位】マイナチュレ オールインワンカラートリートメント(★★★★)

マイナチュレの基本情報

【主な成分】
HC染料、塩基性染料、水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキスなど

【カラーバリエーション】
ブラウン、ダークブラウン

【内容量】
200g

【価格】
・定期便:3,718円(税込)
・通常価格:4,378円(税込)

最後にご紹介するのはマイナチュレ オールインワンカラートリートメントです。

この商品はオールインワンというだけあって、

・白髪ケア

・スカルプケア

・ヘアケア

・エイジングケア

をすべてこれ1つで行うことができます。

所長

可愛いパッケージで持ち運びも便利な商品ですので、とにかくオシャレを楽しみたいという方にはオススメの商品です。

マイナチュレ オールインワンカラートリートメントの成分を確認してみました。

それでは、オールインワンカラートリートメントの成分を確認していきましょう。

刺激の強い成分

・ジアミン不使用

・タール系色素不使用

・過酸化水素水不使用

・香料不使用

染料

・塩基性染料

・HC染料

マイナチュレで特に注目すべきポイントが【染料】です。

この商品では「塩基性染料」と「HC染料」を豊富に使用しています。

この塩基性染料・HC染料というのはしっかりとした染毛力のある成分で、頭皮を痛める危険性があった今までの白髪染めと比べると、高い安全性もあります。

ですので、地肌を傷めたりアレルギーを起こしたりすることなく、さらにはしっかりと白髪染めも行うことが可能です。

所長

またマイナチュレでも刺激の強い4つの成分はすべて不使用ということでしたので、頭皮が荒れる心配をせず白髪染めを行うことができますね。

それでは潤い成分はがどのぐらい入っているのか見ていきましょう。

髪や地肌に潤いを与える成分

・ウコン根茎

・アシタバ葉

・ローズマリー

・アルテア根

・ホホバオイル

・アルガンオイル

・アルニカ花

・オドリコソウ花

・カミツレ花

マイナチュレはさすがオールインワン商品というだけあって、たくさんの美容成分が配合されている白髪染めトリートメントです。

単純に配合されている量だけで見ると、白髪染めトリートメントではトップクラス!

所長

白髪を染める力もかなり高い商品ですので、マイナチュレはきっとみなさんのオシャレを手助けしてくれる商品でしょう。

マイナチュレ 地肌 ボタン

今回ご紹介した3つの商品は、すべてしっかりと安全性を確保している商品だとわかりました。

地肌を荒らす危険性のある成分はすべて不使用という結果でしたので、みなさんも安心してオシャレを楽しむことができますね。

これから白髪染めトリートメントを購入しようと考えている方でしたら、ぜひ上記の白髪染めトリートメントランキングを参考にしてみてくださいね。

地肌に優しいと言われる白髪染めトリートメントってどんな商品?

白髪染めトリートメント 特徴

ところでみなさんは、白髪染めトリートメントにどんな特徴があるのかご存知でしょうか?

よくわからないという方のため、白髪染めトリートメントの3つの特徴についてご紹介していきます。

特徴① 体に優しい白髪染め

白髪染めトリートメントの1つ目の特徴が、体に優しい白髪染めであるということです。

今回の記事でも説明してきたように、白髪染めトリートメントは刺激の強い成分をほとんど使用していません。

さらには美容成分を配合することで、ますますキレイなツヤ髪を目指すことができます。

所長

これまでに白髪染めで髪がボサボサになってしまったり、地肌が荒れてしまったりした経験のある方にはとっておきの商品と言えます。

特徴② 自然な髪色に仕上げられる

2つ目の特徴が自然な髪色に仕上げられるということです。

白髪染めトリートメントは使うたび徐々に色素を着色することで白髪染めを行ってくれます。

つまり一般的な白髪染めと比べ、急に髪色が真っ黒になってしまうことはないということ!

所長

いかにも「白髪染めをしてきました!」という仕上がりが苦手の方には、白髪染めトリートメントがオススメできますよ。

特徴③ 手軽に白髪染めができる

最後にご紹介する特徴が手軽に白髪染めができるということです。

今までの白髪染めって、服や部屋を汚さないように下準備をする必要がありましたよね。

日々伸びてくる白髪を、毎回市販の白髪染めで染めていくのはとっても面倒です。

しかし白髪染めトリートメントであれば、普段のトリートメントの代わりに使用するだけで白髪染めを行うことができます。

所長

つまり特別な準備や手順もありませんので、とっても手軽にオシャレを楽しむことができるんですよ。

地肌に優しい白髪染めは利尻ヘアカラートリートメントまとめ

このページのまとめ

・ヘアカラー白髪染めで地肌が荒れる理由は刺激の強い成分が配合されているからです。これらの成分がかぶれを引き起こしたりします。

・白髪染めカラートリートメントは刺激の強い成分は含まれておらず、地肌にも安心して使うことができます。またトリートメント成分により髪や頭皮をケアしながら白髪染めをすることもできます。

・当ラボのおすすめするカラートリートメントは『利尻ヘアカラートリートメント』『ルプルプ』『マイナチュレ』です。一度ご使用を検討ください。

「白髪染めトリートメントは地肌についても大丈夫なのか」

ということについてご紹介しました。

これまでの記事でもご紹介したように、白髪染めトリートメントは体に優しい商品です。

つまり、今までに肌荒れをして白髪染めに抵抗がある方や、絶対に頭皮を痛ませたくない!

と思っている方には非常にうってつけのアイテムと言えます。

今回ランキングでご紹介した3つの商品は、すべて安全の成分のみを使用した白髪染めトリートメントです。

まだどの商品にしようか具体的に決まっていない方や、とにかく安全に白髪染めを行いたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。